ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: RV271『恋人』
投稿日: 2004/01/27(Tue) 00:49
投稿者カーザヴェーチャ

> より正確な訳語は「恋する人」で良いのでしょうか。

こればかりは、ヴィヴァルディ自身に聞いて見なければ本当のところは分からないのですが、
可能性は少なくとも4つあると思います。
@作曲の依頼主、あるいは献呈先をコンメーディア・デッラルテのお定まりの登場人物である恋する若い男に擬した。
この場合は『アモローソ』。目的は歓心を得るためでしょうか。
Aピエタの合奏団合唱団団員、あるいは生徒のあこがれの的を、コンメーディア・デッラルテの
お定まりの登場人物である恋する若い男(アモローソ)に擬した。この場合なら『愛しい貴方』。
彼女達をちょっと喜ばせたかったのでしょうか。作曲したのが50歳に手が届きそうな頃とすれば、
国際的な名声をも手中にした大の大人ですから、若いハンサムな男に対してそれぐらいの度量は持てたのでは。
Bこれはあまり想像したくないのですが、恋している自分を何とコンメーディア・デッラルテのアモローソに見立てた。
この場合は『アモローソ』などという客観的な題名より、思い切って『恋する男』にしたほうがよいでしょう。
ただし、当時は筆写譜で流布させますし、その前に当然ピエタの女子達に演奏させたでしょうから、
若い頃の作曲ならいざ知らず、陰では彼女達から相当顰蹙を買ったのでは。
Cこれは、もう絶対に想像したくないのですが、自分の恋人から見た自分。
この場合は紛うことなく『愛しい人』。これはもう天地がひっくり返るほどの大大ナルシスト!!

それと、もうひとつ、この時すでにアンナ・ジローに恋をしていたという線にも、
私は今では大きなハテナマークを付けいています。アンナは歌手ですから、
もし彼女に対するわが思いを音楽に託したければ、アリアに手を加えて歌わせるほうが、
より手っ取り早いわけで、わざわざヴァイオリン協奏曲を書く必要もなかったでしょうし、
Bや最悪のCの場合なら、ピエタの演奏家たち(かの有名なアンナ・マリーアは1696年生まれ、
もう一人の名手アンナ・マリーアは1707年か08年生まれ)や生徒達(キアレッタは1718年生まれ)から、
「先生、どなたのことを想って作曲されたのですか?」と質問されてやぶへびになってしまったでしょう。
それに、作曲の頃のアンナ(17歳ぐらい)はヴィヴァルディのオペラに登場し始めて2年も経っていませんし、
ヴィヴァルディの専属のオペラ歌手ではなく、ガルッピやハッセのオペラにも出演しています。
また、おそらく12歳の頃から彼女のパトロンをしていたマッサ・ディ・カラーラ公爵の影響力もまだ薄れていなかったでしょうから、
わざわざ公の不興を買うような危ない恋のゲームに手を出すほど分別がなかったとは思えません。
何しろ、ウィーンの宮廷への奉職という可能性も目の前にぶらさがっていたのですから。

> たまたま、雑誌を見ていたら、表題が「アモローソ Amoroso 」というCDが載っていて、
> プロコフィエフの「愛を込めて(アモローソ)」という曲が収めているとのことです。 
> はて、アモローソとは ?

これは作品102の「バレエ音楽『シンデレラ』からの6つの小品」のことですね。
この場合は音楽用語のアモローソ(愛らしく、愛情を込めて)ではないでしょうか?


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー