ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: RV583 チャッコーナ
投稿日: 2017/07/07(Fri) 01:04
投稿者池之端のヴィヴァルディ好き

ベネデッティの演奏の冒頭、派手に音がかすれるのが気になりましたが、ヴァイオリン本体と弓のアンバランスが要因になっているのですね。
ところで、カーザヴェーチャさんから教えていただいた「ぼくは怖くない」を早速取り寄せて観てみました。
ネタバレになってしまうので、ほとんど書けないのですが、
大詰めで、ある救いようのない事態を引き起こす道具となった銃から立ち昇る白煙が画面を真っ白に覆い尽くす中、RV583のシャコンヌが静かに鳴り出します。
人間の陽の面、陰の面が混然一体となっているクライマックスシーンで、ヴィヴァルディの音楽が善悪を包含するといいますか、清濁合わせのみながら流れていくように感じられます。感性繊細な女子高生でない私でも、涙なしには観ることができませんでした。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー