ヴィヴァルディ 掲示板 お気に入り
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: 作品10の5番
投稿日: 2011/03/11(Fri) 01:17
投稿者ペパーミント

> 作品10の5番ほんと夢心地ですよね。初めて聴いたのは12,3歳の頃でした。おっしゃるとおり半音上昇は不思議で神秘的でした・・・。
> 母の実家にたまたまあったレコードで原曲のリコーダー協奏曲でした。
ヴェニスの休日さん、ありがとうございます。同感していただけて、嬉しいです。なんかこう、聴いていて心地よくて印象的で、小説ピエタも作品10を聴きながら読んだりしていたので、こちらの、お気に入りに書かせていただきました。
おまけに、ここに投稿したとたん、偶然"Ercole"のアリアとして再会するとは…。

BBS2で出ていたRV442を聴かれていたのですね。私はまだ、作品10を.Hogwood/Academy of Ancient Music と T.Pinnock/The English.ConcertのCDと、先に書きました、I.Solisti.VenetiのDVDでしか聴いたことがなく、まだRV442の収録されたCDを聴いたことは無いですが…。

それから、劇場的な協奏曲と教えていただきましたが、T.PinnockのCDでTalbotが、カーザヴェーチャさんが書かれたうちの3曲について書いていました。日本版のHogwoodのほうにも、オペラのアリアを用いた編曲作品ということと共に、原曲のことも解説されていて、また読み直しました。
今回、いろいろ知ることができありがたいです。

> 今でもこれらの曲の第3楽章が終わると別の演奏でも、この順で次の曲が浮かんでしまうのです・・・。
わたしも時々こういうときあります。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー