[リストへもどる]
一括表示
タイトルマンドリンEnsのビバやん、こんなんありですか?
記事No94
投稿日: 2002/01/19(Sat) 19:08
投稿者ガラリオ
 これはBBS3に入れる物かもしれない、、、、あの話題の、、、
 かつてマンドリンEnsが演ったビバルディを、中古屋さんでチョー安価だったので面白半分で買いました。まるっきりマンドリンばっかし、というわけでなくて、ビオラ・ダ・モーレ、リュート、オーボエ、ギターも出てくるんです。
 日本盤テイチク・レコードより75年ごろ発売されました。
ちなみに内訳は
 マンドリン協奏曲RV425
 ビオラ・ダ・モーレ、リュート協奏曲RV540 
 2オーボエ協奏曲・ハ長調RV534
 2マンドリン・2ギター協奏曲・ハ長調RV558
 マンドリンとリュートのためのトリオ・ソナタ・ハ長調RV54
 オーボエ協奏曲・ハ長調RV448
 ジークフリート・ベーレント/ジャーマン・ストリング・オーケストラです。ソリストのリュートやマンドリンには日本人のお名前があります。
 はっきりいって全く期待はしていませんでしたが、裏切られました?
個人的に気に入っています。特にリュート・トリオは室内コンチェルトのような緊張感が薄いせいか、オリジナル編成でいくつかあるものを聞いても、
途中で止めてしまうことが多いのですが、(カミソリ・メールを止めねば。)これはスーッと聴けてしまうのです。RV558は元々大編成ですが
なかなかいいんです。オーボエ協奏曲も端正で決まっているし。
 うーんなんで私はこんなん好きなのかなあー?まあこれはあくまで編曲物
と、はっきり割り切っているからかなあー。それと自分でなんでもかんでもリコーダーでやってしまうから、オリジナルに忠誠心が薄いせいか?
かつてD.マンロウがコレリのフォリアを色々な楽器で演奏していた、そう私はどーもルネサンス・ダンスリーもよく聴く人間なのでこんなのかな?
 と、こんなガラリオなのでペルージャの感想などあてにはならない。
 バッハの無伴奏VnパルティータNo3プレリュードもカンタータNo29シンフォニアのオルガン、トランペット、ティンパニのガンガン壮麗にぎやか版のほうが発狂ちょーうれし大好きなんだから。レイチェル・ポッジャーの無伴奏は音が一つ一つ聞こえすぎで、すんごく疲れました。パイヤールのNo29聴こっと。そのうち年を取ればまた変わってくるでしょう。バッハ公認のこのことと、聴いたことのないペルージャの比較は適切ではありませんが、年頭バーゲンで買った無伴奏と残響、音の一つ一つは聞こえるべきか?おなじソースによるバッハ自身のオルガン、チェンバロ、シンフォニアについて考えさせられていたので、つい、、、、。
 ペルージャはまだ入手すらしていません。時がくるまでひたすら待つだけです。私は金沢人なので「利家とまつ」なのです。くだらん〜。 
 時がきて聴ける頃にはどういう気持ちでいるかで評価はかわるし、なんとも、、、、でも(カミソリやめてね)皆さんの評価を推察するとやっぱガラリオ好みの線が強いなあー。あんましあおらんといて!!でもブリリン姉さんもイマイチって言ってたしー。困ったわ。

 リュート・トリオは他にもブリームとマルコムによる二重奏によるレコードもあります。
 この際、「この曲のこんな編曲もんがある特集」でもしてみませんか?

タイトルRe: マンドリンEnsのビバやん、こんなんありですか?
記事No95
投稿日: 2002/01/20(Sun) 09:32
投稿者ブリリン
ガラリオ様にレスするのって超ムズ!
レコードやCDなど、音源をたくさん持っていらっしゃるのですね。ついていけませんよ〜。

>それと自分でなんでもかんでもリコーダーでやってしまうから、オリジナルに忠誠心が薄いせいか?

ひょっとして、変人気取りですが、ガラリオ様って本当は超有名リコーダー奏者なんですか?

> バッハの無伴奏VnパルティータNo3プレリュードもカンタータNo29シンフォニアの
オルガン、トランペット、ティンパニのガンガン壮麗にぎやか版のほうが発狂ちょーうれし大好きなんだから。

BWV1006はBWV1006aで、リュートに編曲しています。BWV29のシンフォニアは“謹賀新年”!!
って感じで、本当に賑やかです。それが、無伴奏ヴァイオリンになるとヴァイオリンの
いい曲になり、、1006aになると、さらに、明るいけれど落ち着いた雰囲気になります。
また、その他、リュートのパルティータ(組曲の形式を取っていますが、微妙に違いがあります。)
BWV番号はリュート組曲と同じく、BWV1006aが、ありますが、それだとプレリュード
の演奏時間が私の持っているCDでは5分20秒です。全体は22分30秒!!
就寝前のゆったりとした雰囲気にぴったりです。ちなみに、私は、リュート組曲の方が好きかな・・。
BWV29のシンフォニアを聴いたら覚醒してしまいます!(爆)

>私は金沢人なので「利家とまつ」なのです。くだらん〜。 

私も、心は金沢人です。寺町の周辺の景色がとっても好きです。でも、いつも
思うのですが、金沢人って短気ではありませんか?狭い道でも、対向車が来ようと
平気でぶっとばして怖〜い!
 
>でもブリリン姉さんもイマイチって言ってたしー。困ったわ。
あの〜・・。“お姉さん“って勝手に決めないで下さいよ〜。一卵性双生児の妹とゆって!

> この際、「この曲のこんな編曲もんがある特集」でもしてみませんか?
いいけれど、私は参加できないでしょう・・。あまり、知らないですもの。

タイトル新企画挫折か?反省の日々
記事No96
投稿日: 2002/01/20(Sun) 11:25
投稿者ガラリオ
 ブリリン様こんにちは
> ひょっとして、変人気取りですが、ガラリオ様って本当は超有名リコーダー奏者なんですか?
 すみません、ちょー下手の趣味変人です。 

> 私も、心は金沢人です。寺町の周辺の景色がとっても好きです。
 今度御立ち寄りの際はご連絡下さい。家は近くなんです。

> 思うのですが、金沢人って短気ではありませんか?狭い道でも、対向車が来ようと
> 平気でぶっとばして怖〜い!
 そんな人もいます。私は譲る方ですが、譲られる方のマナーは最低です。
特にいい車に乗っている人は。いい車に乗れるようになってもこんな人間には
なりたくありません。ちょつと短気な私です。

> > この際、「この曲のこんな編曲もんがある特集」でもしてみませんか?
> いいけれど、私は参加できないでしょう・・。あまり、知らないですもの。
 即刻この企画はボツにしましょう。多くの人に参画していただけなければ
つまりません。ごめんちゃい、ねぇーさまー!!

タイトルトピズレですが・・・
記事No99
投稿日: 2002/01/22(Tue) 09:21
投稿者キアレッタ
あの・・・。ガラリオさんに、いちど言っておかなきゃと思って・・・。(^-^;
私も、「母様」と呼ばれる事には、抵抗があるんですけど・・・。(^o^;
だってガラリオさんって育ちすぎちゃってて、もう抱っこもしてあげられないしー、
「こんな事しちゃダメ」って叱ってあげるのもむつかしそーだしー。

それでも「おかあさん」と呼ばれる事は、
私にとっては特別の感情の波をともなう言葉ですので、
現実の日常生活の中だけではなく、「赤毛の司祭」でも
「おかあさん」やらなくちゃならないのかなあ、って思うと、
ちょっと複雑な心境になってしまいます。
私にとっては「母様」という言葉は、多少は重みのある言葉だから・・・。

軽いノリで、ジョークで、ユーモアで、うまく切り返せなくってごめんなさい。m(_ _)m
どうか私の事は、普通に「キアレッタさん」と呼んでくださいね。(^-^)

「赤毛の司祭」は、ひとつの大きな「家族」なのではなく、
安奈さんがマスターをしていらっしゃる「喫茶店」なんだ、って私は思っています。

タイトルついでに、私もトピズレですが・・・
記事No100
投稿日: 2002/01/22(Tue) 18:18
投稿者ブリリン
12月に受けた国家試験の発表が今日ありました。私の受験番号がありました。(^_^)
もう一つの方は絶望的な状況ですので、多分不合格ですね。(何で、受験日が遅い方が先に発表なんでしょう・・?)
私みたいな人が多いから、ショックを和らげようとした親心かも・・。
あ〜、今度は何を受けようかな。

タイトル何たる不覚、猛省の日々
記事No101
投稿日: 2002/01/22(Tue) 19:57
投稿者ガラリオ
 じゃーさあー、あたいが夜の部のママになったげる。ダメかしら?
ダメでしょうねー。うちはネスクさんと22時までの契約になってるから。
 とまたまたバカをいうガラリオであります。
 キアレッタ様ごめんなさい。
それでは気を取り直して(何たる勝手!!)編曲特集とでもいきますか。
と言いながら、実はあまり私も持っていないのです。(と言って持ってい
たりして。)ただいまレコ棚を調べています。でもTrp協奏曲も含める
のかなあー。皆様の熱いカキコに期待しちゃうわ!!
 ブリリン様もごめんちゃい、ゆ・る・し・て・ね。

こんなんでいいんかなあー。

タイトルRe: 何たる不覚、猛省の日々
記事No104
投稿日: 2002/01/23(Wed) 16:18
投稿者キアレッタ
> ブリリンさん

合格おめでとうございます。(^o^)
それからレスが遅れてしまいましたが、BBS2の「Re: 三位一体って? 」で
感想を書いてくださった「LA CETRA U」、注文はしているのですけれど、未入手です。
早く聴いてみたいな〜。(^-^)

> ガラリオさん

わかってくださって嬉しいです。(^-^)
なんだか大袈裟な書き方しちゃってすみません。
でも大袈裟に書かないとガラリオさんには伝わらないかしら、って悩んでいたもので・・・。(^o^;

> じゃーさあー、あたいが夜の部のママになったげる。ダメかしら?
じゃあこれからは私が、ガラリオさんの事を「ママ」って呼ぼうかな?(^o^)

ところで、BBS3の「ビバルディのハ短調」で書いてくださった
テルツ少年合唱団の歌う、ペルゴレージの「スターバト・マーテル」はCDでしょうか?
入手可能なら聴いてみたい気もします。
でも私がペルゴレージの「スターバト・マーテル」に惹かれていたのは少し以前の話で、
昔は夭折って美しいものだと思っていたのです。
本当は美しくなんかありません。もっと壮絶なものです。
その事に気付いてからは、ペルゴレージの白鳥の歌に惹かれる自分を
拒絶したい気分もあって、まあ、いろいろ・・・
ペルゴレージには複雑な心情を抱え込んでいる私です(うまく言葉にならない・・・)。

そうそう、話は変わりますけれど、安奈さんもBBS1で書いておられましたけれど、
ガラリオ・ママのハンドルネームの由来って、結局何だったのでしょう??

タイトルRe: マンドリンEnsのビバやん、こんなんありですか?
記事No97
投稿日: 2002/01/20(Sun) 19:31
投稿者和高丸
ガラリオさん、何という奇遇?
実は私も、金沢人なのです。とは言っても両親とその一族がですが。
金沢弁を聞くとうれしくなります。「だちゃかん」とか、「〜まっし」「〜なーがか」とか・・
生粋の金沢人が聞いたら、「ちょっと、ちゃうで」と言われそうですが。
「ちゃう」は金沢弁にはなかったか?

マンドリンといえば、以前その音色に惹かれてこんなCDを買ったことがあります。
"Mandoline Galante"[Caliope CAL9274] C.Schneider
"Concerti Napoletani per Mandolino"[Dynamic CDS193] D.Frati
特にオススメというものでもありませんが、
マンドリンのあの繊細な音色を存分に聴くことが出来ます。
マンドリンというのは、いかにもイタリアらしくて良いものです。
ヴィヴァルディの曲を聴くまでは、全部トレモロで弾くものばかりだと思ってました。
リュートソナタは、ヴィヴァルディの「わび」の部分が出ていて
個人的にはおおいに気に入っています。

フランスの某作曲家が、ヴィヴァルディを騙って色々編曲したのもあるのですから、
色々楽器を取り替えて演奏しているのを聴くのも、面白い企画かも知れません。
どこかのレーベルから、そんなCDが出ることを期待しましょう。

バッハが話題に上ると、久しぶりに聴いてみたくなった。
では話題にあった BWV1006aと、私にとって昔懐かしい BWV807 ということで・・

タイトル「こんな編曲もんがある特集」
記事No98
投稿日: 2002/01/20(Sun) 23:12
投稿者安奈次朗
参照先http://home.att.ne.jp/sea/vierzehn/vivaldi/
>  この際、「この曲のこんな編曲もんがある特集」でもしてみませんか?

とても面白そうですね。(^_^)
私はあまり話題を提供できそうにありませんが、
ガラリオさん、ぜひいろいろとご紹介いただけると有り難いです。
楽しみにしています!

タイトル葦華第と書くそうです
記事No102
投稿日: 2002/01/22(Tue) 20:19
投稿者和高丸
編曲ものといえば、「四季」を琴で演奏したものがあったそうです。
それはなんとも奇妙なものだった、というような否定的な評がされていたように思います。
いまここに、中国楽器による「四季」のことが載っていました。
http://www.asahi-net.or.jp/~WG3A-SKMT/

実際の音が聴けないのが残念ですが、
名演だと絶賛しています。ちょっと聴いてみたい気もします。
さて、どんなものなのでしょう。
結局は、みそ汁の具にブロッコリーを入れるようなもので、
調理の仕方次第と、好みによるのかな。うまく口にあえばいいのですが。
お好み焼きに、ケチャップは是か非かという、
どこかのBBSの話題にあったのを思い出します。

ブリリンさん、合格おめでとう。
> あ〜、今度は何を受けようかな。
ということは、再挑戦ではなくて、今度は違うのを受けるのですか。
私は、受験と聴いただけで、トリハダがたちそうなので、
また受験しようという意気込みには感服します。(^_^)

タイトルとりあえず,バッハの巻
記事No103
投稿日: 2002/01/23(Wed) 01:12
投稿者arlecchino
琴の編曲版は、ホテルの大広間で、立礼席のBGMに使われていたのを聴いたことがあります。 ヴィヴァルディの曲は、綺麗な御着物を召したお姉様が、大勢集まるところも縁があるようですね。

TACTUS(TC672216)では、バッハと編曲者不詳のハープシコードへの録音が8曲聴けます。 バッハ:BWV972(原曲Op.3‐9)、BWV973(原曲Op.7‐8)、BWV976(原曲Op.3‐12)、BWV978(原曲Op.3‐3)。 編曲者不詳:原曲はOp.4 - 6, Op. 3 - 7, Op.4 - 1, Op. 3 - 5。

ハープシコードを弾いている人が素人っぽく、笑っちゃうくらいに下手で、心配のあまりドキドキするのがこのCDの特徴です。 (TC672215)でも、バッハがオルガンに編曲した作品が収められているようですが、このCDは持っていないのでまだ聴いたことありません。

「音楽演奏の社会史」大崎滋生 著 東京書籍 には、なんでバッハがヴィヴァルディの曲を編曲したか等の考察も含めた興味深い切り口で“過去の音楽”を解説してくれています。 これも是非御一読をお勧めします。

タイトル「こんな編曲もん」
記事No105
投稿日: 2002/01/23(Wed) 16:26
投稿者キアレッタ
昔、「四季」を琴で演奏しているのをテレビで見た事があります。
その時の印象は、なかなか雅でいいなあ、って思ったものでしたけれど。
中国楽器による「四季」もすごくおもしろそう。
みそ汁にブロッコリー、今度作ってみようかしら(もちろんヴィバルディ味噌で)(笑)。
巻き寿司にレタスとマヨネーズのサラダ巻きなんて定着して久しいですし。
って何の話やねん。
和高丸さん、「ちゃうで」は私もよう使とうけど、たぶん大阪弁やね。
「使(つこ)とう」(使っている)は神戸弁でしょうか?

TACTUS(TC672216)、私としてはめずらしく、持っています。
バッハと作者不詳者の編曲を聴き比べて、やっぱりバッハはすごい、という素直な感想です。
このチェンバロ奏者ってそんなに下手だったんですか。私には全然わかりません。
私はこんなんだから演奏者による聴き分けができないのですね(すごく納得)。

マンドリン協奏曲ハ長調(RV425)と2マンドリン協奏曲ト長調(RV532)を、
ギター、2ギター協奏曲に編曲したものを聴いた事がありますけれど(PHILIPS 454 415-2)、
なんだか原曲のマンドリンのほうがいいな〜、っていう印象しかなくって、
なんとも言えないです。

そういえば、時々話題に上がっている、
「春」を編曲したコレットの「主をほめたたえよ」、CDにはならないのでしょうか。
私の持っているレコードはもう傷んでしまっていて。
きれいな音源で聴いてみたいものです。

タイトルRe: とりあえず,バッハの巻
記事No107
投稿日: 2002/01/24(Thu) 12:28
投稿者ガラリオ
 arleechino様にちょこっと付け加えさせて下さい。ゆるしてね。

 ビバルディ=バッハの編曲はH.Jシュルツェの研究(1973〜1977)にて説明がなされています。次の2点が主なポイントと思います。
@先進な伊協奏曲を学ぶのに、なんで?エルンスト公やテレマンの曲まで
 編曲すんの?
A同僚のワルターも同様な編曲があるが、一曲として重複がない。
 詳しくは季刊「リコーダー」84年No4に樋口隆一先生のご紹介があ
ります。

 このワイマール時代にもうひとつ重要な仕事としてバッハはビバやんの
カンタータ「私は涙し、」RV675をパクッてBWV12を作ったこと
でしょうか。さらに、のちにロ短調ミサのクルチフィクスにも転用されて
ますが。これはベルンハルト・バウムガルトナーにより発見された、と
レオンハルト/ロ短調ミサの解説に触れられています。詳細は判りません
が、エルンスト公がアムステルダムから持ち帰った楽譜の中にRV675
があったことを想像させます。アルビノーニのOp4も、もともとはカン
タータ集だったようですから、ビバやんのカンタータも国外に出る機会
はあったのかもしれません。

 しかし「バッハの伊協奏曲をビバルディが協奏曲に編曲したのを聞かせ
てあげようか?」と悪魔に言われたら、魂を売ってしまうかも知れない。
と言われたのは坂崎 紀様ですが、どうでしょうか?聴きたいなー。(TT)
でも、誰だったか?出してませんでしたかねー。

 こんどはバッハ編のさらに編、偏を言っちゃおうかなー。

 ペルゴレージのあのスタバーはCD化されたと思いますが、不確かです。
コレットの方は今度はモンドンビルとカップリングされてCD化されまし
た。ERATO 0630−11228−2です。

タイトルホント!びっくり(^_^;)
記事No108
投稿日: 2002/01/24(Thu) 16:41
投稿者ブリリン
> カンタータ「私は涙し、」RV675をパクッてBWV12を作ったこと
> でしょうか。

そう言われてみれば、パクリだ!知りませんでした。


>  ペルゴレージのあのスタバーはCD化されたと思いますが、不確かです。
BWV1083の事でしょうか?それでしたら、DHMから出ています。
BVCD-31004 指揮がトーマス・ヘンゲルブロック マヤ・ボーク(S)・マイケル・チャンス(カウンターテナー)が
単品で購入可の物です。

タイトルRe: ホント!びっくり(^_^;)
記事No111
投稿日: 2002/01/25(Fri) 21:34
投稿者和高丸
カンタータでもアルトのものは手元にありません。
BWV12は持っていたけれど、RV675がない。聴き比べようと思ったのに残念です。
どうか、RV675の入ったCDを紹介してください。m(_ _)m
余談ですが、このBWV12は、BCJで聴いているのですが、
そのあとに入っているBWV54の最初のアリアは、
ブランデンブルグ・コンチェルトの何番か忘れたけれど、良く似てますね。

タイトルRe^2: ホント!びっくり(^_^;)
記事No112
投稿日: 2002/01/26(Sat) 05:42
投稿者ブリリン
今、ちょっと聴いてみたら、ブランデンブルク協奏曲の第1番の第3楽章に似ていますね。
でも、指揮者がターフェルムジークのRV143のように扇風機のような回転で、タクトを
振らないと、これは、ちょっと無理があるかもしれませんね。(爆)

タイトルRe^3: ホント!びっくり(^_^;)
記事No121
投稿日: 2002/01/30(Wed) 07:00
投稿者ブリリン
ブランデンブルク協奏曲の第6番第1楽章でした。ごめんなさい。m(__)m
こっちの方がそのままのテンポで、似ていますね。(^_^;)

タイトル魔女はビバ好み、それともモツ好き。
記事No109
投稿日: 2002/01/24(Thu) 19:26
投稿者arlecchino
ガラリオさん

バッハ編の偏、続編が楽しみです。 悪魔はやだけど、“魔女とグラスを酌み交わしながら聴いてみたい偏”なんてあればいいですね、楽しみにしております。

それから、昨日カンタータのRV682を聴いていて、びっくり。 ここのAllegro楽章の第1主題と、ベートーヴェン・4番・P協・3楽章。 序奏からピアノソロが始まり、オーケストラの強奏の始まる直前のフレーズが同じ。

バッハ等のドイツ・プロテスタント系作曲家にヴェネチアのエエ加減な司祭が影響を与えているのが面白いです。

隠れモツ・ファンの私は最近G. ガブリエリにも触手を動かし始めています。 お勧めCDありましたらどうかお教えを。P. McCreeshの録音がえらく気に入りまして….。 ここに書いて、安奈さんごめんなさい。。

タイトルRe: 魔女はビバ好み、それともモツ好き。
記事No110
投稿日: 2002/01/24(Thu) 21:52
投稿者和高丸
このTactus の演奏はそんなにヘタなのですか。
オルガンの編曲物も聴いてみましたが、そう言われれば、
確かにぎこちないというか、少し雑な感じはします。
でも、こういった人達の本当のレベルとはどの程度な物なのでしょう。
よくCD評に、オペラ歌手をあまり良く言っていないことが、まま見受けられますが、
少なくとも技術的な面では、一応CDを出すくらいのレベルの人なのだろうから、
ある程度の水準は保っているようには思うのですが。如何なものでしょう。

オルガンというのはリズムが取りにくいのか、
Op.4をオルガンで演奏したCD ["DISCANTICA", 18 (E.Belloti)]の演奏を聴いていても、
リズムがやや不安定で、味気ない部分もあるように思います。
バスがよく響いてオルガンらしさの良く出た、いい雰囲気の録音だなと思っているのですが。

皆さんのお話を聞いていると、これは是非とも
バッハのカンタータをもう一度聴き直さなければ。と思うのですが、
あまり持っていないし・・・。声楽とオルガンは私の弱点。
BWV1083も聴いたことないし・・・、
ベートーヴェンのピアノコンチェルトは、
私にしては珍しく持っているので、これは聴き比べてみようと思っています。

タイトルミカラ・ペトリの作品10
記事No106
投稿日: 2002/01/23(Wed) 18:18
投稿者木曽 博
参照先http://www.h2.dion.ne.jp/~kisohiro
ヴィヴァルディ作品を別の作曲家が編曲したものではないので
このスレッドの趣旨からは外れてるのかもしれませんが
作品10をミカラ・ペトリがリコーダーで吹いたディスクがわりと気に入ってます。
BMG 09026 68543 2 です。
この曲集は、ヴィヴァルディみずから楽譜の表紙に、
フラウト・トラヴェルゾのための協奏曲と書いているそうで、
作曲者の意思には完全に反した演奏なのですが、
ミカラ・ペトリはさすがに水際立った技巧で、
「誰にも文句言わせないわよっ」とばかりに吹ききっています。
トラヴェルゾに比べると硬質な響きのモダン・リコーダーですが
かなり面白い聴き物です。

ミカラ・ペトリは実はもっと凄いこともやっていて、
アルビノーニのオーボエ協奏曲を8曲も、リコーダーに編曲したディスクを作っています。
BMG 60207-2-RC です。
これまた楽しい1枚です。

タイトルビバ様にお勧め、Hp協の「パドバの舌」
記事No113
投稿日: 2002/01/26(Sat) 07:13
投稿者ガラリオ
 ランドフスカが「もしシャンボニエールやL.クープランが墓から這い出してきて、私に”そんな演奏をするな”と私に言っても、私は自分の演奏を
止められない。」と、本に書いてありました。
 ビバ様が墓から這い出してきて、やめれ!と言うか分かりませんが、たまたま出てきて「何か聞かせれ!」と言われた場合を想定して、とりあえず
  Hp協奏曲版「パドバの舌」C.メルタン、B.トマ室内O
  RV556「ロレンツッオ」、RV566パイヤールほか
をビバ様にお薦めしてみます。
 パイヤール盤は元々豪華版なこれらをさらに超豪華にした感じです。
2Trp.Fl.Ob.Vc.Hp.Org.Cemb(RV566は2Trp省)が登場します。
こんなん「おもしー」と思うのは私だけか?ビバやんは楽器の特性というか、
機能的な面での創作はありましたが、単に音色だけに興味があって、持ち替え
を指示したものが幾つかある。特にF−12のこれらはその権化のようなものと思われるので(多彩な音色という点で)、面白く聴けます。
 「パドバの舌」もよい出来、と思います。選曲の時点である程度決まる
ような気もします。バッハの無伴奏をバッハ自身が、もしくは現代の名手が
こぞって編曲し挑戦するのを見るとね。ヒバ様のOp1−2,3を片Vnを
Flに替えたアルス・レディビバ盤があるけど、2Vnによるエセクトリ盤の名演が刷り込まれているせいか、それほどの感興を得られないわ。演奏家の姿勢にもよるのかなあ。近年の古楽器Ensにも挑戦願いたいものです。

 シモーネはRV556の第二楽章をClソロとし、RV576「サッソニア」の2Bflを2Hrnに替えましたが、どうでしょうか?私は不幸?にもシモーネ盤が最初の出会いであったので、原版では少し力が抜けました。
 シモーネにはリュート協奏曲RV93をマンドリンに替えたものもがありますが、オデット盤でソプラノ・リュートが使われたように、ソプラノ・リュートとマンドリンの類似性に着目して行われたもののようです。良かったのはソロをマンドリンとしたため、BCにリュートを配すことができ効果を上げている、と思います。特に第二楽章の後半は、Vcもピチカートで奏され、「癒し系」が後半「元気系」になっているようです。
 脱線しますが、以前話題にあったRV558ですが、ちょっと気になる、G.ロベール/器楽Ensのレコードです。私はこの曲は「昼のイメージ」なのですがロベール達のこれは「夜のイメージ」です。このレコードはM.アモリックのリュートを立てるアルバムのはずですが、なぜかRV558では第二楽章後半からマンドリン・ソロとなり、他Ensがせいぜいマンドリンをトレモロで重ねている位のところを、やってくれました。「月夜のマンドリン・アリア」と言った感じで気に入ってます。全体として低音の線が良く出ていて、サルモも他Ensが使用しているものより低く深い響きと、リコーダーを使うEnsが多い中、トラベルソによっており幻想的な響きとなり、全く個人的に「夜」を感じさせるものです。同レコードのリュート協奏曲RV93の第二楽章の後半はアモリックのカデンツァ、アタッカで第三楽章へなだれ込む!と、またまたやってくれます。よいでしょ?
 トラベルソついでに、2群のオーケストラのための協奏曲イ長調RV585
イゾアール、P.ケンツ盤でそれぞれの群の”2つのフルート”を「2つのリ
コーダー」と「2つのフルート」としたものも見識と思いました。
 F−12/44、RV162シンフォニアのCD出てきました。コンチェルト・ケルンでカプリッチョ10233です。残るはF−12/49のみか?
消失なら仕方ないけど。ああ脱線。
 なんかあたいマンドリン好きみたい。あの硬質な音が。
tombi様ご紹介のFgソナタはVcソナタOp14−1でございます。
レコードの解説に「人の声を思わせる」とありなかなかよいものです。Fgコンチェルトが沢山あるんだからソナタも作ってほしかったところですが、当時の興味はやっぱ協奏曲にあったのかな。
 サファイア・インターコード830.847ハノーバー・バロックEnsでRV106がソプラニーノ・リコーダー、オブリガート・チェンバロ、Bcで聴けますが、しかしこのCDではシックハルト編曲のコレリOp6−3、2リコーダーとBc版が目玉かな。

 バッハの伊協奏曲の主題はムファットの「フロリレギウム」より想を得た、
とドレフュス盤で礒山教授の解説があります。これもパクリなのか、、、
原曲を特定したら誰か教えてね。お願い!!

タイトルフロリエギウムに、こじ付けヴィヴァルディ
記事No115
投稿日: 2002/01/26(Sat) 12:44
投稿者arlecchino
フロリエギウムは、1695年に発表された彼のArt of String Playing というタイトルの論文で書かれた、「17世紀後半のフランスとイタリアの演奏形式の相違」の後ろに掲載された3曲の弦楽のための組曲につけられた題で、フロリエギウムは文字通り“Flourishing”だそうです。

フランス風序曲とイタリア協奏曲は、イタリア様式による協奏曲とフランス様式による管弦楽組曲をチェンバロのための独奏用に編曲したのではなく、オリジナル二段鍵盤のチェンバロ楽曲なのに、ここでは敢えて編曲のようにしたのも、ムファットのフロリエギウムに想を得たと書かれた理由なのだと思います。ここでは、形式の方までもおおパクリしたようです。

と、ここまでは知ったかぶりで、手元の資料を見て書きましたが、ムファットはコレッリ繋がりでヴィヴァルディに縁があるということで、彼の主題は何処〜のCD探しに行ってきます。 (でも現役カタログには第1組曲と第2組曲の抜粋しかないようですね〜)。

タイトルFlorilegium
記事No116
投稿日: 2002/01/26(Sat) 19:57
投稿者和高丸
arlecchino さんのレスにならないのですが・・。
ポッジャーが所属しているグループの名前を、
本人の発音では"フロリレジウム"というのも、ここからとったのかな。
そのチェリストにウィスペルウェイという人がいますが、
この人、色々実験的なことをするのは結構なのですが、
ヴィヴァルディのあちこちの楽章を集めて、一曲まとめ上げたりしています。
[CHANNEL CLASSICS, CCS10097]
これも一種の編曲でしょうか。面白い試みだ、と思う前に、
ヴィヴァルディをオモチャにするのはやめて欲しい。
という気持ちが先に立ちました。