[リストへもどる]
一括表示
タイトルわたくし四季のCDを7枚買いました
記事No72
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:04
投稿者つまじー
わたし10数年前の新星堂の1000円CD購入が
クラシックに本腰を入れるきっかけになりました。
1000円で買えるCDは貧乏人のわたしにもクラシックが楽しめる。
FMのクラシック放送を楽しむ程度
アナログ時代に望んで手中に出来なかったレコードやステレオ装置
アナログレコードの針による消耗がCDにはない。コンパクトで嵩張らない。
アナログにはそれなりに良い特徴があることを認めますが、わたしはCDが良い
CD再生精度も飛躍的に進歩している。また直輸入盤は廉価で有り難い。
最初はCDウォークマンで聴いていましたが、
カミさんがヘソクリでSONYの本格オーディオでヤマハのスピーカーを
組んで買ってくれました。
ヤマハのスーパーウーハーを足しました。結構良い音しています。

始めて買ったCDが
ヴィヴァルディの四季 ヘンリック・シェリングとイギリス室内管弦楽団
新星堂オリジナル企画で1000円 フィリップスクラシックより
協奏曲集 調和の幻想 作品3より 第6番と第9番も付いている。1969年録音
技巧派の職人芸のヴァイオニスト NHK交響楽団との共演
ベートーヴェンのヴァイオリンコンチェルトの折り
高難度の技巧を嫌味もなく嬉しそうにN響のメンバーに披瀝してくれたそうです。
それから暫くして彼は亡くなってしまいました。
さてシェリングの四季 切迫感がないマイペースな進行でちょっとたるい感じ
こればっかり聴いていましたが、上手いけど真剣味が足りない演奏です。

イ・ムジチ フェデルコ・アゴスティーニ盤 1988年 録音
パイプオルガンが加わり荘厳でダイナミックな四季
協奏曲第5番 海の嵐 第6番 喜び が入っている。
わたし 秋 アダージョモルト 眠っている酔漢
何故かどうしても好きになれません。この部分が嫌いでこのCDを聴きません。

ナージャ・サレルノ・ソネンバーグとセイント・ルカ教会管弦楽団 1990年 録音
ナージャの熱烈なファンのわたし 即買いました。
大変美音です。線が細く弱い感じが否めない 悲観的で暗いヴィヴァルディみたい。
本来緊張感がきつい内省的な表現の彼女 数年前に最前列で彼女を聞きましたが
暗い情念を心に秘めピンと張り詰めた感じと言うのが印象です。
イタリア出身の彼女ですが
弱音主体で開放音で歌わないタイプのヴァイオリニストですからこれはいまいちです。

定番 イ・ムジチ マリアーナ・シルプ盤 1995年 録音
野入志津子さんのリュートが参加 新譜CDを衝動買いしました。
切々と清清しく切迫したスピードで突き進む現代の四季 見事と言うしかない
だから今回の日本公演を見に言った訳です。何の破綻も見られない完璧な四季です。

バンクーバーの帰りにエア・カナダのお土産CDのなかに
イル・ジャルディーニ・アルモニコの四季の夏が入っていた。
激しいタガが緩んだような演奏
後日 FMでも聞いて面白いと感じ CD探して手に入れました。
其処かしこ弾けて破綻がある
そこが新しくて良いのかもピリオド楽器の耳慣れない新鮮さが魅力??
ほぼ同じテンポのシルプ盤は何ら破綻が見られない。
聴いてて良かったのは最初だけ わたしの素直な感想です。
オーボエ協奏曲と作品8の8が入っています。
わたしの好きな夏のヴァイオリンの音が変です。
今日はここまでにします。
--------------------(2001年12月29日(土) 22時3分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No73
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:06
投稿者つまじー
ファビア・ビオンディとエウロパ・ガランテ FM放送を聞き、
イル・ジャルディーニ・アルモニコ以上に過激な四季に惹かれ、
随分探して買いました。
オーパス111なるレーベルが見つからず
ヴァージン・クラシックの再録盤を手に入れた。2枚組みです。
四季、5番 海の嵐、7番、11番、10番 狩、9番、
8番、6番 喜び、12番の協奏曲がセットです。
手稿譜を採用した演奏は耳新しい個所があります。とても強く激しい四季です。
究極のヴィヴァルディ?壊れてガタガタの演奏でもないマッチョな四季です。
イル・ジャルディーニ・アルモニコを聴き直しこれはこれでまた良かった。

チョン・キョン・ファとセント・ルークス室内合奏団 2000年9月録音
ナージャのセイント・ルカ教会とセント・ルークスは同じ???
おそらく当代一のヴェルトオーゾのチョン 彼女は韓国のみならずアジアの至宝である。
5音譜の歌を歌うアジア人の我々を代弁する四季はいかなるものか?
圧倒的な迫力とテンポ 楽しくパワフル、彼女の韓国語の肉声が聞かれる解説付きです。
わたくしクラシックの手引き書で選択したのは宇野功芳先生の書かれたものです。
先生は他の先生とまつたく切り口が違い、万人の好みとかけ離れた嗜好と選択をされる。
わたしの好みも先生の影響が多いにある。チョンも先生のお奨めである。

とっかえひっかえ比べて聴いても駄目な四季なんてひとつもありません。
ぐちみたいな批評を入れてますが目をつぶても良いようなことです。
貧乏くさいケチなわたしは1枚のCDすら迷って迷って買います。
それでも購入を失敗と思われるCDが多々あります。
同じものを各演奏者で集めるのは無駄と家人から言われますがそれを止められない
--------------------(2001年12月30日(日) 10時23分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No74
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:07
投稿者ブリリン
四季のCDはビオンディとアーヨのイ・ムジチがあるだけで、
他は作品8を買うともれなく付いてくるCDが4つか5つあるだけです。
なんか、聴き飽きてしまったのか、
いつでも聴ける安心からか「四季」って聴いていないんです。

初めて買ったCDは「四季」でした。
2枚目はBACHのプレリュードとフーガ変ホ長調BWV552です。
恥ずかしいのですが何年もこの2枚だけしか持っていませんでした。
なんか、今は聴いていないCDもある位で罰が当たりますね。  (^o^)

ところで、つまじー様のHNって「つまらんじーさん」とか「つつましやかな
じーさん」って事はないでしょう。良かったら教えて下さい!
--------------------(2001年12月31日(月) 9時43分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No75
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:09
投稿者つまじー
ブリリンさん 初めまして わたしのHNはつまんねぇじじいであること。
言う事がつまびらかでないと周りから評判の親爺であること。
ヴァイオリンでも爪弾きしたいが楽器の出来ないおじいであること。
社内では皆 まつじーとかまっちゃんと呼びます。まつとつまを取り替えています。
何故7枚もCDを買ってしまったのか?わたしは四季の夏が好きで好きで
あの切々と切迫したテンポのヴァイオリンに魅入られています。
この部分の激しく悲壮感のある表現のCDを探しています。
今後も好きなヴァイオリニストのCDであれば買ってしまうでしょう。
--------------------(2001年12月31日(月) 14時3分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No76
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:10
投稿者つまじー
ブリリンさん この掲示板のやり方のご指導有難う御座いました。
管理人さんにもご迷惑おかけして すいませんでした。
皆様に来年は良い年がくることを願っています。
末永く良いお付き合いを宜しくお願いします。

正月にアンネ.ゾフィ.ムターの四季買うかも?
--------------------(2001年12月31日(月) 14時25分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No77
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:12
投稿者ブリリン
つまじー様ほんとに「じー」は「じ〜さん」なんですか?
ごめんなさい。ちょっと冗談のつもりでしたから、許して下さいね。 

つまじー様の「四季」はもう、放浪の旅へ誘っていますね。こうなったら、
何枚CDを買っても満たされない。究極の青い鳥を捜してしまうと思いますよ。

細かい部分で、「ここはもっとヴァイオリンが歌って欲しい」とか、ここは、
「もう少しテンポを速く演奏して欲しい」とか、こだわってしまい、買っても
買っても出会えなくて、そのうち財布が寂しくなってきて、「何でこんな一つの
曲に注ぎ込んでしまったのだろう。」と、ふと、我に帰るまで・・・。
ラビリンスに迷い込んでしまうのです。

どうして、こんなに力説するかと言うと、私もラビリンスの住人だからです。
私は、ブランデンブルク協奏曲で迷い込んでしまいました。
第一番のヴァイオリンと管楽器のバランスにこだわりがありまして、
ヴァイオリンが頑張っている演奏が好きなのです。しかも、すごく個性的
なのが良くて、我ながら参ってしまいます。
これは、きっと初めて聴いた演奏が一番心地良いのだと思います。
ハズレのCDはラックの奥深く隠してありますよ。
怒られそうな位もってますもの。  (^o^)
--------------------(2001年12月31日(月) 15時40分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No78
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:13
投稿者つまじー
ブリリンさんへ つまじーは団塊世代です。
リアルタイムでビートルズを武道館で見た世代と言えば解って頂けるかな
定年まで5年の本当におじいです。
はっきり言えばアナログ的でインターネットなんてとても駄目親爺ばかりです。
パソコンが出来るなんて殆ど奇跡です。
同僚は ややこしいパソコンなんて覚えることは止めて定年まで逃げてやる
とうそぶいています。

CDは名曲、名演奏の保存方法や再生に優れた素晴らしいものと考えます。
最初に述べたように廉価で購入できるCDはつまじーは有り難い。
直輸入盤や中古盤もどんどん買っています。
アナログ盤の時代にステレオ欲しくても買えなかった反動があります。
つまじー 青い鳥症候群は承知の上です。
--------------------(2001年12月31日(月) 18時10分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No79
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:16
投稿者和高丸
つまじーさん、はじめまして。
私も同世代のようです。これからもよろしく。

いっべんに同じ曲ばかり7枚も買うと、聴くだけで耳にタコができそうですね。
私は、バッハのゴルトベルクのラビリンスに入ってしまった経験があります。
それもピアノは少しだけで、ほとんどチェンバロです。
他楽器による様々な演奏も、集めたことがあります。
結局、最初に聴いたヴァルハとリヒターがスタンダードになっているみたいです。
この両者はずいぶんと違いますが。
色々聴いても終曲まで聴くには大変なエネルギーを要して、
あとで聴いたCDは、腰を入れて聴いたのが少ないな、と今思っています。

私は、聴き分けるだけの耳がないので、軽い印象程度しか分かりませんが
余程ヘタでない限り、演奏者の個性の向こうにある、
バッハやヴィヴァルディに違いはない、と思って聴いています。
確かに演奏で、イメージが一新したことがあります。
具体的にどれだ、と言われても今思い出せませんが、
最初にこれを聴いていれば良かったのに。と思うこともありました。
--------------------(2001年12月31日(月) 19時32分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No80
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:17
投稿者つまじー
和高丸さん よろしくお願いします。
何分にも物覚えが悪くクラシック鑑賞の初心者のまま 今日に至っています。
どうぞご指導よろしくお願いします。
四季のCD7枚は13年かかって手に入れたものです。
それぞれ皆個性があり、良いです。
わたしのステレオルームが寝床のため寝ながら聴いています。
それゆえ本腰入れて聴いているつもりでも寝ています。
マイカー通勤ゆえ車中のCDプレーヤーを使うことも多いです。
またカーラジオでNHKのfmクラシックを大体欠かさず愛聴しています。
知らない作品 手を出さなかった作曲家や演奏家に触れるきっかけになっています。
バロック、古典、ロマン派まで聞き流す程度の気楽な鑑賞方法で楽しんでいます。
肩の凝る理屈の音楽は苦手 ただ心に響くクラシックを求めてさまようつまじーです。
強いて言えば美的でリリカル ロマンスのあるものが良いでね
だからヴィヴァルディ始めイタリアものは最高です。
--------------------(2001年12月31日(月) 20時56分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No81
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:20
投稿者つまじー
私ども名古屋近郊は雪の正月になってしまいました。
道路も朝は凍結しました。四季 第4番(冬)ヘ短調 RV297
とても似合う風景です。RV589 地においては平安あれ〜(グローリア)
をCDショップで探しました。
エラート盤のアヴェ・マリア集の中にミッシェル・コルボと
ローザンヌ声楽・器楽アンサンブルが入ってました。
映画シャインの後半に流れるグローリア ヴィヴァルディと解るまで4ヶ月かかりました。
バッハを当り、ヘンデルも当り、グレゴリオ聖歌も当りました。
ヴィヴァルディではないかと疑問、質問を出して見ようと言う矢先ここで判明しました。
ついでに四季も買ってしまった。
ニコラウス・アーノンクールとウイン・コンチェルトゥス・ムジクス
古楽器演奏の魁となったもの 1977年録音 当時LPで出され一部で物議があったもの。
エポック・メイキングと言われるもの。やっと買いました。もうコレクターですね。
アーノンクール わたし気になる人でした。モーツァルト・オペラ・アリア集も買いました。
ドン・ジョヴァンニ フィガロの結婚 魔笛 コシファン・トゥッテ 語宮からの逃走
イドメネオ 皇帝ティートの慈悲 ルシオ・シルラ
豪華キャスト エディタ・グルベローヴァ、トーマス・ハンプソン、バーバラ・ボニー
ルチア・ポップ、チュチーリア・バルトリ他総勢14名の歌い手
わたし好みのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、チューリヒ歌劇場管弦楽団
チューリヒ歌劇場モーツァルト管弦楽団、手勢のウイン・コンチェントゥス・ムジクス
アーノンクール関連で3枚CD買いました。

さすが時代を感じますが古楽の四季のアーノンクール夫人のアリスのソロヴァイオリン
丁寧ですね。わたしの好きな第4番ヘ短調(冬)急がず、ゆったり良いですね
--------------------(2002年1月4日(金) 21時58分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No82
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:21
投稿者キアレッタ
青い鳥症候群のラビリンス。
一時期これにはまっていたのは、私の場合ペルゴレージの「スターバト・マーテル」です。
我が子を失った聖母をいたわり、優しく包容する男性ソプラノと男性アルトで聴きたい。
どうも現代では不可能のようですので、最近はあきらめてしまって探していませんけれど(汗)。
あんまりこれを書くと、ブリリンさんがお嘆きになるんですけど、(^o^;
でもペルゴレージって、湯治のために訪れていたポッツオリの修道僧院で
(つまりソプラノもアルトも男声で歌われていた環境の中で)、
病死直前までこの曲を書いていたのですよね。
わずか26歳。十字架にかけられたイエス・キリストより若かったんですよね・・・。

「四季」は大好きです。
私は和高丸さんどころではない出来の悪い耳しか持っていませんので、
演奏家にはほとんどこだわらないミーハー・リスナーです。
つまじーさんの演奏家へのこだわり、
肥えた耳をお持ちのつまじーさんを、とてもうらやましく思います。(^-^)
私のスタンダードはイムジチかな〜。

「冬」の第2楽章。これを聴くと、暖かい家庭の団らん風景が思い浮かびます。
愛する家族とともにゆったりとした時間をすごす、満ち足りた気分のひとときです。

「夏」の第3楽章。激しい嵐。
その自然の力、エネルギーの大きさに、驚きと興奮とを感じます。
そういえば、安奈さんがReferenceで採用なさった、
全音楽譜出版社のソネットの日本語訳によると、
ここで打ち折られる穀物の穂というのは、やはり麦なのでしょうか。
私はやっぱり、トウモロコシにこだわってしまいます。
ヴェネトの穀物畑はトウモロコシでなければ、と。
音楽的にはどちらでも良い事なのかも知れません・・・。(^-^;
--------------------(2002年1月8日(火) 17時50分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No83
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:24
投稿者つまじー
キアレッタさん 初めまして
スターバト.マーテル 久しく聴いていません。すいません。
つまじー そんなに耳が良くありません。好き嫌いだけが判断材料です。
絶対音階なんて持ち合わせておりません。
ヴァイオリンやチェロの音色が好きで好きでたまりませんが、管楽器はそうでもないです。
わたしの音楽鑑賞は聞き流しに近く、何も思わず何となく聴いています。
自分の好きな楽章だけ聴く事もあります。
幼き時より繰り返しクラシックばかり聴かされました。母は歌謡曲が嫌いでした。
Jazzやアメリカンポップス、シャンソンはOKでしたが。
何せ幼稚園児のわたしが好きだったのがモーツァルトのトルコ行進曲付きだったから変でしょう。
母が言うのには戦時中は洋楽を楽しもうにも出来なかった。
だから戦後になっていっぱい大好きなクラシックをわたしに聞かせたと言う。
わたしの音楽嗜好や概念の原点はそんな背景があります。
でも何気なく聴いていて曲名も知らず、演奏者も知らずと言うことでした。
わたしこだわりなんかありません。肥えた耳もありません。
何か聞き覚えがあるものは懐かしくなじめますね。
四季だけでなく他の曲でも重複購入しています。
--------------------(2000年1月8日(火) 21時53分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No84
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:25
投稿者ブリリン
☆演奏へのこだわり
「四季」は演奏家によっていろいろ楽しめる曲で、私の中ではこだわりという
垣根はないのですが、困ってしまう曲があります。
大半の方はこの曲を聴いてヴィヴァルデイらしくて好きだと思われるのでしょうけれど。
シ・モーネの演奏で聴くと、とってもいい曲で好きですね。
イ・ムジチで聴くと涙腺全開!
聴き始めの頃は丁寧すぎて、もう少しテンポが速いほうが好きかも・・。と
思っていましたが、聴けば聴くほど私が拘っていたテンポともう少し荒削りに
演奏して欲しいと思っていた事が崩れていき、今ではうるうるして聴いています。
ヴィヴァルディ(永遠の恋人)の“愛”を感じます。
もともと、危険な曲だったのですが、さらに危険になってしまいました。
ヴィヴァルディ以外の作曲家では、単に好みの演奏かどうかのレベルの事なんですが、
キアレッタ様にとってヴィヴァルディ其のものが特別な存在であるように、私に
とっては、「其の演奏家のこの曲が特別な存在」っていう感じなのかな・・。
リビリンスに誘っておりますが、この先、誰の演奏を聴いても私にはイ・ムジチが
一番なような気がします。
--------------------(2002年1月9日(水) 6時50分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No87
投稿日: 2002/01/12(Sat) 23:07
投稿者つまじー
さて四季の一部分でも聴かれるCDを棚から探して見ました。
ロンドンレーベルよりクラシック早わかりバロック(50テーマ)四季の一部他
アラン・ラヴデイ(ヴァイオリン)ネヴィル・マリナー指揮アカデミー室内管弦楽団

RCA盤 バロック名曲集 冬 第二楽章 ジュラール・ジャリ(ヴァイオリン)
パイヤール室内管弦楽団

SONY ベストクラシック100 非買盤
アイザック・スターンとエルサレムミュージックセンター室内管弦楽団 春の一部

キングレコードサンプラーCD 当然非買盤です。
カール・ミュンヒンガー指揮シュトウットガルト室内管弦楽団
春 第一楽章の一部

これらは本格的にクラシック鑑賞を始めるにあたって手引きとしたCDです。
音楽辞典代わりに使いました。ほんのさわりだけを聴かせるCDですが、
みなさんも持っていらっしゃると思います。
一部分を聴いてどうこう言えるものではありませんがミュンヒンガーの四季
ごつごつして肌触りが悪い感じです。大流行した当時もあれを聞いていたんですね。

つまじーにとっての四季のスタンダードはイ・ムジチ合奏団 マリアーナ・シルプ盤
チョン・キョン=ファ盤 のふたつです。
両方速いテンポで突き進む現代的なヴィヴァルデイですが、
わたし好みの甘美でロマンチックで暖かな四季です。
わたしのヴィヴァルデイは綺麗で甘くメロディックでなければいけません。
間違っても雑音や騒音のように聞こえてはならないのです。

わたしイタリア商品の輸入商社に勤めています。
それゆえイタリア人の生活感や美意識を身を持って実感しています。
イタリア女性の若い頃はスリムでスタイルが良くお洒落でモデルみたいです。
見た目の美的なことが非常に重要視される。最初にカタチありき、デザインの国 イタリア
ローマ、トリノ、ヴェネチア、ミラノ各都市ごとで気風が違いますが、
イタリア人は何処までもイタリア人です。
本音を言うと彼等とのお付き合いは大変です。
--------------------(2002年1月12日(土) 21時57分)

タイトルRE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No88
投稿日: 2002/01/13(Sun) 00:43
投稿者つまじー
フェラーリ、アルファロメオ、ランチア、マセラッテイ、ランボリギーニ、デトマゾ
綺羅星の如く存在する夢のスポーツカー、大衆車のFIATだってスポーツ魂満々
怖いもの知らずで思いきりぶっ飛ばすイタリアーノ、そんな彼等の音楽はそれに近いものがある。
オペラ、カンツォーネ、弦楽器の本場 ヨーロッパ文化の発祥の地、全ての道はローマから始まる。
ダヴィンチ、ミケランジェロらのルネッサンスの偉人たち、ヴィヴァルディの背景を考証する必要もありますね。

タイトルRe: RE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No90
投稿日: 2002/01/13(Sun) 22:07
投稿者和高丸
私の父は船に乗っていました。
とにかくラテン系はちゃらんぽらんだ。というのをよく聴かされました。
イタリア人ではありませんが、特に南米がひどかったと聞いています。
むちゃくちゃ時間にルーズで、日本なら1日で終わる作業が
何日もかかって、全く出港の予定が立たないとか。
反面、ゲルマン系は几帳面で、とくにドイツ人は時計そのものみたいなそうな。
ほんまかいな。

演奏を聴いていると、確かにそんな印象がします。
イギリス・ドイツはある意味で生真面目で、
フランス・イタリアは、とにかく楽しくわいわいやれという印象です。

「四季」の聴き方や演奏法も人それぞれで、
結局はヴィヴァルディを楽しめればよいと思っているのですが、
もし、ヴィヴァルディ本人が聴いて、これは俺より上手く表現している。とか、
「こりゃ、あかん」と思うのはどんなものだろうと、
私はそう思いながら聴いています。
もっともそんなことは知り得るはずがないのですが・・・。

しかし、これらの想いも、現在の自分の置かれた時代や環境から逃れることが出来ないのです。
今から30年前、まだ古楽演奏なんて思いもつかない頃に、いくら想像をたくましくさせても、
現代の演奏家達の演奏法なんて想像することさえ出来なかったと思います。

「四季」は実におびただしい演奏が有るので、
様々な演奏を聴くことが出来るのですが、
他のマイナーな作曲家達は、どんな演奏家であろうとその曲が聴けるだけでラッキーだ、
ということも多々あります。
ちなみに私の「四季」は、入門は世間並みにイ・ムジチ(アーヨ)ですが、
ビオンディとかイル・ジャルがドキドキさせてくれました。

ああ、また長くなってしまった。
しかも大阪弁のバイリンガルだ。(^^;)

タイトルRe^2: RE:わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No93
投稿日: 2002/01/14(Mon) 18:52
投稿者つまじー
わたくし 四季が極めて今日的な曲に聞こえます。
第2番(夏)第3楽章 プレスト 切羽詰ったようにぐんぐん突き進める
激しく、更に追い討ちをかけるヴァイオリン、哀感を持って切々と泣き叫ぶ楽器たち
F1のカーレースで高速コーナーを限界スピードで駆ける様を連想される。
実際これを聞きながらドライブするとついついスピードオーバーになってしまう。
この楽章はわたしにはアドレナリン効果があるみたい。

タイトルRe: わたくし四季のCDを7枚買いました
記事No154
投稿日: 2002/06/09(Sun) 16:03
投稿者つまじー
ヴァイオリンコンチェルト 四季プラスアルファのCDばかり買い溜めても
ヴィヴァルディの奥深い世界が見えてこない。ひとつ奮発して8枚組みCDを買いました。
3300円 1枚400円余りのブリリアントクラシックと言うもの
トレバー.ピノック率いるザ.イングリッシュ.コンソート イル.ジャルデノ.アルモニコ 
ドロシンゲン.バロック.アンサンブル? イングリッシュ.チェンバー.オーケストラ
ムジカ.アド.Rhenum Florilegium 読み方が解らない団体がある(汗)ピリオド楽器の演奏団体を集めたCDです。
短いもので50分以上 長いものは70分以上 ヴィヴァルディ初心者が手に入れて勉強になる優れCDですね。
当然四季が入っています。演奏はザ.イングリッシュ.コンソートです。
これは真っ当で奇を衒った演奏ではありませんが、ソロヴァイオリンの装飾音がちょっこと添えられています。CDの内容は全てコンチェルトで
リコーダーコンチェルト、リュートコンチェルト、バスーンコンチェルト
オルガンコンチェルト、チェロコンチェルトは1曲、ごしきひわはフルートでなくトラベルソ演奏である。
これらの解説がどこかにないか安奈さんにお願いするしかないかな
よろしくお願いします。

タイトルブリリアントの8枚組
記事No155
投稿日: 2002/06/09(Sun) 23:00
投稿者安奈次朗
参照先http://home.att.ne.jp/sea/vierzehn/hato/
つまじーさん、こんにちは。
つまじーさんの元気なご様子、掲示板上で窺うことができて嬉しい限りです。(^^)

> ひとつ奮発して8枚組みCDを買いました。

おそらく、つまじーさんが入手されたこの8枚組セットは、
以前BBS 3で話題になった40枚組セットからの抜粋盤では?と思うのですが…。
このセットには、今では単体で入手困難なものも多数含まれているようで、
コスト的だけではなく、内容的にもなかなかのお買い得品みたいですよね。(^^)

その40枚組セットの内容につきましては、以下のサイトに詳細が載っています。
http://www.joanrecords.com/classical/brilliant/item/99562.html

また、ぜひ曲の感想などお聞かせくださいね。
よろしくお願いいたします。(^^)

タイトルRe: ブリリアントの8枚組
記事No156
投稿日: 2002/06/10(Mon) 23:00
投稿者つまじー
安奈さん 早速の御返答 有難う御座います。
わたしのは40組CDの抜粋盤 わたしもそちらが欲しいけど田舎の新星堂にはありません。
名古屋のHMVかタワーレコードに在庫があるかどうか?とりあえずこれでいい。
NHKfmクラシックでも良く掛かるダン.ラウリンのリコーダー演奏が気に入りました。
収録曲はRV441、RV444、RV433(海の嵐)?、RV443、RV434、RV439”La Notte”
ヴァイオリンコンチェルト第5番RV253海の嵐とRV433は同じ題名か?
素朴なだけのマイナーな感じのリコーダーが闊達で明るく楽しく多彩 流石はヴィヴァルディ先生
弦の人と言ったイメージーではいけないのだ!!
次はリュートかオルガンをじっくり聴かねば

タイトルRe^2: ブリリアントの8枚組
記事No158
投稿日: 2002/06/12(Wed) 21:34
投稿者つまじー
> NHKfmクラシックでも良く掛かるダン.ラウリンのリコーダー演奏が気に入りました。
ダン.ラウリンと呼ばず ダン.ラウランだそうです。NHKはバロックアンサンブル特集をかなりの頻度でやってます。
聴いたり聞かなかったり、つまじーあまり熱心なリスナーではありませんね。
わたしにとっての音楽は子守唄 寝床にオーディオシステムが設けています。
sonyのアンプ、チューナーとCDプレーヤーもsonyです。
一応本格オーディオです。スピーカーはヤマハです。ウーハーもヤマハを使っています。
うっとり聴いていて何時の間にか寝ています。わたしには書斎も自室もありません。寝床だけが自分の領分です。
傍目には可哀想な境遇に見られるがそれにめげず音楽鑑賞を楽しんでいます。
それゆえ不協和音的な現代音楽や耳をつんざくハードロックは聴きません。

協奏曲 第5番 海の嵐 RV253 とフルート協奏曲 RV433を聴き比べました。
フルートをリコーダーでやっているものですね。だいぶ類似しています。
RV253はCD4枚もありました。イ.ムジチ アゴスティーニ盤の四季の中
ニコラウス.アーノンクール率いるウィーン.コンツェントゥス.ムジクス
ファビオ.ビオンディ率いるエウローパ.ガランテ これらは四季のCDの中
ブリリアントクラシック8枚組みの中にトレーバー.ピノック率いるザ.イングリッシュ.コンソートこれは元はアルヒーフから出ていたものですね。
わたし10年前に バロックの愉しみという題のアルヒーフCDサンプラーを手に入れました。それが入っていました。
わたし改めて イ.ムジチのアゴスティーニのテクニック素晴らしいと感じました。

タイトルRe^3: ブリリアントの8枚組
記事No185
投稿日: 2002/07/19(Fri) 22:06
投稿者つまじー
勤め先の近所のCDショップでレオポルド.ストコフスキーが指揮、ニュー.フィルハーモニア管弦楽団演奏による「四季」を見つけ購入しました。

大阪出身でユニークな音楽評論をされる出谷啓先生が以前ストコフスキーを持ち上げておられた。
先生曰くクラシック音楽の真正なる啓蒙家であったストコフスキー先生の「四季」
出谷先生に敬意を抱くわたし 早速買いました。
ギドン.クレメルとアバド 演奏はロンドン交響楽団のCDもあり それも欲しかった。
ストコ先生の「四季」以外にも極端な改竄や装飾がされていません。
録音が1966年 間延びしているようなゆっくりテンポ、時代かかって古い
「夏」第3楽章プレスト3:08 チョン.キョン.ファは2:42で突っ走る。
「冬」第1楽章アレグロ.ノン.モルト4:06 チョンねえさんは3:10 1分弱早い。
わたしにはストコ先生のテンポは好みに合いません。
豪華絢爛、色彩豊かなフルオーケストラの「四季」それなりの良さはあります。
電光石火と言うかどんどん行ってしまうような切迫感や緊張感のある演奏が好きです。
ゆったりしたラルゴは極端に遅くて良いと考えています。

もうやっていませんがテレビでやっていた車のコマーシャルでトヨタのISTで流れる「冬」第1楽章の一部がテクノビートに乗っかって聞こえた
Viva!!と言う曲 気になって仕方が無くCDとDVDを買いました。

タイトルRe^4: ブリリアントの8枚組
記事No186
投稿日: 2002/07/19(Fri) 23:18
投稿者つまじー
> もうやっていませんがテレビでやっていた車のコマーシャルでトヨタのISTで流れる「冬」第1楽章の一部がテクノビートに乗っかって聞こえた
> Viva!!と言う曲 気になって仕方が無くCDとDVDを買いました。

CD盤のViva!!はコマーシャルと違っていました。
DVDのものがコマーシャルと同一でした。「冬」第1楽章のさわりの一部を繰り返すだけの噴飯ものと言って良いでしょう。
お堅いUKではbondなる女性カルテットはクラシックチャートからは除外されている。
第一ヴァイオリン、第二ヴァイオリン、ビオラ、チェロの構成全て電気仕掛け、バックは12人のストリングとサイドギター、ベースギター、ドラムス、パーカッション、キーボードのメンバー
4人の技量は抜群 全員音楽院首席卒業レベルだそうです。
Viva!!の意味なヴィヴァルディ先生と万歳を引っ掛けているらしい
ほんの数秒聞いただけで四季の冬 第1楽章を奏でていることが解りそれがわたしの心を掻き回し、CDとDVDを買ってしまった。
「冬」第1楽章全てを彼女らのオリジナルアレンジで聴かせて欲しい

タイトルRe^5: ブリリアントの8枚組
記事No289
投稿日: 2002/11/12(Tue) 21:37
投稿者つまじー
わたし近所に古本と中古CDのリサイクルショップでアンネ・ゾフィ・ムターのソロヴァイオリン
カラヤン指揮 わたくし大好きなウィン・フィルの「四季」を手に入れました。
カラヤンは大嫌い。でもムターとウィン・フィルは聴きたい。
グラムフォンではなくEMIです。レコーディングは1984年6月18日19日
Zeremoniensaal,hofburg,vienna とある。その劇場?ホール?がつまじーには解りません。またまた教えて下さい。
何せライナーノートが抜かれていて何も解りません。聴けば判る??
ムターの四季 叙情的 甘くロマンチック 美音のヴィヴァルディ
聴き比べたい一番新しいムターのCDが近所のショップにはありません。
予約しようと思います。
新しい「四季」が手に入ったらお知らせします。

タイトルRe^6: ブリリアントの8枚組
記事No315
投稿日: 2002/12/31(Tue) 20:25
投稿者つまじー
大晦日の今日 ムターの「四季」CDが手に入りました。
ムターの言いたいことを見せる写真集みたいな紙のジャケットになっています。
ムターの大好きなゴットハルト・クラウブナーの絵画に触発されて
再度新しい「四季」の録音と相成った次第。新進のトロンハイム・ソロイスツを指揮、ソロヴァイオリンを熱演
1999年5月 コペンハーゲンにてライブ録音「四季」のライブレコーディングは珍しい事だそうです。
ライナーノートも充実していて「四季」初心者には必聴必読のCDですね。
絵的に美形の彼女 音も大変美音です。旧作にない新鮮で色彩が目に見える
「四季」です。
トロンハイムの演奏に少し不満があります。てにおはが抜けているような
端折った演奏に聞えます。
つまじーは端正な楷書的な演奏を好み、省略や簡略で崩した演奏は嫌いです。
このCDを聞かれた方の感想を是非お聞きしたいです。

タイトルムターの「四季」
記事No316
投稿日: 2003/01/03(Fri) 11:59
投稿者つまじー
> トロンハイムの演奏に少し不満があります。てにおはが抜けているような
> 端折った演奏に聞えます。
> つまじーは端正な楷書的な演奏を好み、省略や簡略で崩した演奏は嫌いです。
> このCDを聞かれた方の感想を是非お聞きしたいです。
気になる部分は第4番「冬」第一楽章 アレグロ・ノン・モルトで運弓が滑って緩みが聞かれる。この部分が無ければ最高のCDと言えるのに惜しい。

タイトルRe: ムターの「四季」
記事No317
投稿日: 2003/01/03(Fri) 20:42
投稿者和高丸
ネットで試聴しただけの感想で、しかも正月早々、やや否定的感想で恐縮ですが・・・。

迫力はすごくありますね。弦が切れるのではと心配するくらいです。
パワフルなのは、以前のバルトリを聴いたときと同じ印象で、ひょっとしたら将来好きになるかも知れません。
しかしヴィブラートも強すぎるし、トロンヘイムの方のタルティーニに至っては非バロック的な伴奏があって、
古楽志向のものにとってはちょっと苦手の演奏です・・。
一言で言えば、良くも悪くもヴァイオリンのグールドかなと言う印象です。
それまで私の持っていた「四季」のイメージとは違う表現であり、これもまた一つの表現なのでしょう。
以前、イルジャルディーノアルモニコの「四季」が出たときも、
世間からは破壊的な演奏だと言われ、賛否両論が渦巻いたそうな。
しかし、今をときめく現代楽器奏者のヴィヴァルディを聴いてみるのも悪くはないですね。
でも「四季」でなく作品3とか4で聴いてみたいものです。

タイトルムター
記事No318
投稿日: 2003/01/09(Thu) 05:45
投稿者松永藤彦
参照先http://www.nets.ne.jp/~kagetsu/
バーゲンシーズンに突入して、ムターのCDで安いの見つけて買い
ました。カルメン幻想曲とかツィガーヌに混じって「悪魔のトリル」。
ウィーンフィルをバックの編曲版、情熱的でいいです。

ムターは時々嫌いなヴィブラートをするんですが、ここでは全く
気になりませんでした。最近きいたコンサートやCDでは
ますますやりたいことやってる度が高まってるようで楽しみです。
ヴェンゲーロフがアンコールでバロックバイオリンに持ち替えて
バッハを弾いたのを聴いたけど、ちょっと酷かった。
モダンはモダンで気にせず行って欲しいですね。
ムターの四季は未聴。四季ばっかり増えるのもなーと
中古屋で見かけても控えてしまってます。