[リストへもどる]
一括表示
タイトルマニフィカトRV610
記事No7
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:12
投稿者のりあき
「マニフィカト」というとほとんどの人は
「ああ、あのバッハの(BWV243)」とおっしゃるでしょうが、
ヴィヴァルディのマニフィカトも捨てたもんじゃありません。
というより個人的にはヴィヴァルディの方が好きなくらいです。
この曲は受胎告知を受けたマリアが親族のエリザベツを訪問した際の
神への讃美を典礼文にしたものですよね。
まずバッハは冒頭でトランペット、ティンパニを交えた華々しい演奏に
合唱をのせていますが、ヴィヴァルディは派手な楽器の演奏を押さえ
厳かな合唱により構成しています。
こちらの方が僕の心情にマッチするんですよ。
キリストを受胎したマリアの、
うれしいけど神妙な気持ち両方を含んだ思いは
こういう感じじゃないかなと思って。
また「その憐れみは」もバッハはアルトとテノ−ルの二重唱で
確かに名曲で僕も大好きなのですが、
それ以上にヴィヴァルディの厳かな合唱が心を揺り動かします。
古今東西の宗教合唱曲の中でも指折りの名曲じゃないでしょうかね。
自分の葬式にかけて欲しい曲の候補にしたいくらい好きなんです。
ヴィヴァルディってこういう合唱曲作らせたらホント天下一品です。
未聴の方はぜひ聴いていただきたいものです。
つづく「主は御腕により力をふるい」では一転して速いテンポでの合唱。
ヴィヴァルディ得意のヴァイオリンにのせて、静かで厳かな前曲とコントラスト
をなして、その劇性がいやがうえでも強調されます。
迫力ある力強いこれまた素晴らしい曲です。
安奈さんもおっしゃってましたが、なんで今日こんないい曲が
演奏されないんでしょうか。不思議です。
一応お薦めのCDをあげますと、この前買ったばかりですが
キング盤がいいと思います。
「主は御腕により力をふるい」の疾走感が最高です。
でも「その憐れみは」はコルボ盤の方が一枚上手のような気もします。
できれば両方聴き比べていただきたいものです。
なんか尻切れのコメントになってしまいました。
どうもすみません。しかしエネルギ−がさすがに切れてきたので(笑)..
また追伸するかもしれません。
それではひとまずこのくらいで。
--------------------(2000年12月10日(日) 1時29分)

タイトルRE:マニフィカトRV610
記事No8
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:15
投稿者安奈次朗
バッハの「マニフィカト」は最初の合唱曲の祝典的なイメージが
強烈なためか、受ける印象は「陽」ですよね。
それに対してヴィヴァルディの「マニフィカト」はどちらかというと
「陰」のイメージがします。

のりあきさんが触れられている「その憐れみは」を
改めて聴き直してみましたが、
本当に心に染みいってくるような静謐な雰囲気に満ちた曲ですね。

「主は御腕により力をふるい」の「Deposuit potentes de sede,」
から始まる部分の弦と合唱の力強いユニゾンの表現も素晴らしいですね。
これほどシンプルで、かつ劇的な表現は、
まさにヴィヴァルディが得意とするところだと思います。
--------------------(2000年12月10日(日) 3時34分)

タイトルRE:マニフィカトRV610
記事No9
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:16
投稿者のりあき
安奈さん、おはようございます。
安奈さんが聴かれた「その憐れみは」はネグリ盤ですか?
ネグリ盤は持っているCDの中であっさりしちゃってて
一番よくないですよ(独断(笑))。
バロック的な様式からすれば外れるのでしょうが、
多少歌わせるのが好きなんですよ。
ただ「主は御腕により力をふるい」はすごくいいと思います。

ところで前から密かに感じていたのですが
マニフィカトの冒頭の「マ−ニフィカ−ト」と歌う部分って
バッハのロ短調ミサの冒頭の「キ−リ−エ−」と歌う部分と
すごく似てませんか。
最初のほんの数秒ですけど。
きっと、バッハは参考にしたんでしょうね(独断 一人説(笑))。
ただ真面目な話、バッハは劇的に始まる音楽の処方をイタリア音楽から
学んだそうですから、あながち独断というわけでもないのかもしれません。
--------------------(2000年12月10日(日) 8時38分)

タイトルRE:マニフィカトRV610
記事No10
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:18
投稿者黒猫地蔵
安奈次朗さん、のりあきさん、こんにちは。
マニフィカートもRV610と611がありますね。
マニフィカートに限らず、ネグリの演奏にはどことなく厳しさがありますね。
バッハにおけるリヒターのような。
最近ではあまりこういうスタイルははやらないのでしょうかね。
ところで、611に関してはアレッサンドリーニ盤が凄いです。
Fecit potentiamでは、神様が本当に怒り狂っているような恐ろしさです。
現代イタリアの古楽演奏主準の高さを知りました。
この人にも色々声楽曲を録音してほしいと思います。
--------------------(2000年12月10日(日) 17時28分)

タイトルネグリ盤です。(^_^;
記事No11
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:19
投稿者安奈次朗
のりあきさん、黒猫地蔵さん、こんばんは。

> 安奈さんが聴かれた「その憐れみは」はネグリ盤ですか?
> ネグリ盤は持っているCDの中であっさりしちゃってて
> 一番よくないですよ(独断(笑))。

はい、ネグリ盤です。(^_^;
のりあきさんがおっしゃるようにもっともっと良い演奏があるのに
それを聴いていないというのは、ほんと勿体ない話ですよね。
今度、のりあきさん、黒猫地蔵さんがお薦めされている
CDを購入しようと思います。(^_^)

> マニフィカトの冒頭の「マ−ニフィカ−ト」と歌う部分って
> バッハのロ短調ミサの冒頭の「キ−リ−エ−」と歌う部分と
> すごく似てませんか。

確かに似ている感じがしますね。
最初の和音に全霊を込めて歌う感じが…。

そうそう、ヴィヴァルディの「キリエ」も素晴らしい曲ですよね。
--------------------(2000年12月11日(月) 22時36分)