[リストへもどる]
一括表示
タイトルグロ−リアRV588、589
記事No65
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:48
投稿者のりあき
誰が言ったか知らないがヴィヴァルディに美人双子姉妹あり。
調性も両方ニ長調であり曲の構成も似ている事から
ちょっといい加減なレ−ベルでは美人姉妹を取り違えて
表記してしまっているのもあるとか(笑)。
姉RV588と妹RV589どっちが魅力的かと問われれば
一般的には妹の方が人気があるようです。
映画「シャイン」でもRV589が使われてましたね。
結構ラフマニノフの曲よりヴィヴァルディの曲の方が
感動したっていう話も知り合いの中ではちらほら聞きますよ。
では自分はどちらがお気に入りかというと
妹の方が抜け目なく聴かせどころをよく知っており
すぐ曲の良さがわかる感じです。
姉は長子ににありがちなボ−ッとしたところがあって(笑)
多少アピ−ル不足か。
しかしつきあい続けるにしたがって良さがだんだんわかってくる感じ。
安奈さんは姉が好みですか....
さすが通ですね(笑)。
自分は両方好きですよ。
その時の気分であちこち行っています(笑)。
でも一般的に妹が人気があると聞けば姉に肩入れしたくなります。
RV588の2曲目のEt in terra paxとか
6曲目のDomine Fili unigeniteなど
心安らぐ名曲ですし、更に9曲目のQui sedesなどは
アリア集に収録されてもいいくらいの名曲だと思います。
ジャンルは違いますがモ−ツアルト フィガロの結婚の
「恋とはどんなものかしら」にも負けない魅力だと思いますよ。
CDではコルボよりネグリの涼やかな演奏が魅力的。
ただ歌手の声がやや重めか。キング盤に更に期待したいところです。
--------------------(2000年12月9日(土) 22時38分)

タイトルRE:グロ−リアRV588、589
記事No66
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:50
投稿者黒猫地蔵
どうも、お世話になっております。黒猫地蔵でございます。
やっぱり588の方は録音が少ないようですね。
残念なことにネグリ盤・コルボ盤は持っていないのですが、
手元にはダーリントン盤(英ニンバス)と、ファンナ盤(伊アゴラ)があります。
確かに589の出だしと比べても、のん気な所がありますね。
この第1曲と、Qui tollis及び最後の合唱は、
Riggieriという人の「グローリア」を引用したものだそうですね。
だからといってこの曲のよさが減じるわけではないと思いますが。
ところで、ファンナ盤を聴いて驚いたことには、
RV639という「グローリアへの序唱」がついており、
その3曲目がそのままグローリアの第1曲となってしまいます。
つまり、グローリアの1曲目には普通ソロが出てこないはずなのに、
前奏の後まずアルトの人が何かギャアギャア歌っているうちに合唱が始まるというものです。
(RV639A?)
そういえばRV589の方にも642という序唱がついているのですね。
あ、それから、この588と587の「キリエ」を組み合わせた挙句、
「ミサ曲」と称したLPが20年以上前にあったそうですが、
これは根拠のあることなのでしょうか?

どうも、とりとめのない話になってすみません。
いずれにしても、588の方ももっと多くの人に聴いていただきたいと思いますね。
--------------------(2000年12月10日(日) 1時33分)

タイトルRE:グロ−リアRV588、589
記事No67
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:51
投稿者安奈次朗
のりあきさん、黒猫地蔵さん、こんばんは。

そうなんですよ、あの序唱はなかなか興味深いですね。(^_^)
ネグリ盤でもついています。

黒猫地蔵さんも触れられていますが、
グロリアの終曲の合唱フーガは、ジョヴァンニ・マリア・ルッジェリ(1690?-1720?)
という作曲家の「グローリア」のフィナーレをヴィヴァルディが借用し、
さらに手を加えたものらしいですね。
どの程度まで手を加えたのか、はっきりわかりませんが、
完全なヴィヴァルディのオリジナルではないのが、少々残念な気がしないでもありません。(^_^;
--------------------(2000年12月10日(日) 3時23分)

タイトルピノック&ア−ノンク−ルのグロ−リア
記事No68
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:52
投稿者のりあき
今日、本屋に行きましたら
皆川達夫氏著「ルネサンス.バロック名曲名盤100」(音楽之友社)
というのを発見しました。
パラパラ立ち読みすると
ヴィヴァルディ声楽曲では「グロ−リア」のみがエントリ−されていました。
推薦盤としては古楽の雄ピノックとア−ノンク−ルが挙げられていましたが
一度も両盤とも見たことありません。
皆川氏は「生気あふれる」「颯爽とした」「意気揚々たる」「メリハリにみち」
とかなりほめていました。
どなたかこの両盤を聴かれた方いらっしゃいませんか。
ぜひ感想を聞きたいのですが。
あとはコルボ、プレストン盤が挙げられていました(後者はカ−クビ−の
独唱が素晴らしいようです)。
なおこの「グロ−リア」は妹のRV589の事のようです
(姉RV588の存在については一言も触れられていません(泣))。
--------------------(2000年12月10日(日) 15時11分)

タイトルRE:ピノック&ア−ノンク−ルのグロ−リア
記事No69
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:54
投稿者黒猫地蔵
どうも、黒猫地蔵でございます。
アーノンクール盤は、確かにこれを一位に推す方もおられるでしょう。
「メリハリにみち」ているというのも、そのとおりです。
相変わらずの物々しさ、不自然(と私には聞こえる)なアクセント、
内にこもったような合唱など、私にとってはあまり楽しめない演奏でした。
もっとも演奏者の技術的水準は高いようだし、
アーノンクールの他のバロック声楽曲の録音より多少「明るい」とは思います。
最後のフーガは意外と遅めのテンポです。
ピノック盤は確か2種類あって、同じかどうか知らないのですが、
私が持っているのはスカルラッティの「主は言われた」とのカップリングです。
アーノンクールと比べると確かにこちらの方が明く、健康的、「生気あふれる」といえましょう。
ソロの人もアーノンクール盤より「古楽」らしく聴こえます。
驚くようなものではありませんが、標準的な演奏と申せましょう。

私が好きな589は今のところアレッサンドリーニ盤です。
曲によるテンポの差も激しく、非常に劇的です。
イタリア的な明るさもあります。
このCDにはマニフィカート(611の方)も収録されており、
それに関してはマニフィカートの方のレスで述べています。
--------------------(2000年12月10日(日) 17時21分)

タイトルRE:グロ−リアRV588、589
記事No70
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:56
投稿者けん
もうだいぶ前の知識で確かではないのですが、589の方は未完で終わっているはずです。
声楽部は完成したのですが、伴奏の方は通奏低音しか作曲されていなくて、
今世紀初頭に補筆を受けているはずです。
588と比べると589は随分モダンな感じがしませんか?
僕はどうも冒頭のオクターブ進行は安直な感じがしてしょうがないのです。
弦は本来もうちょっと複雑な音型をとったのではという気がするのですがねー
なんとなくクレドのオーケストレーションを参考にしたような気もするし・・・
僕としては588がもっとメジャーになってくれることを願っております。

あぁこうやって書いているとまたグローリア歌いたくなってきたなぁ。
--------------------(2000年12月10日(日) 23時34分)

タイトルRE:グロ−リアRV588、589
記事No71
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:58
投稿者つまじー
> 映画「シャイン」でもRV589が使われてましたね。
> 結構ラフマニノフの曲よりヴィヴァルディの曲の方が
> 感動したっていう話も知り合いの中ではちらほら聞きますよ。
> では自分はどちらがお気に入りかというと
> 妹の方が抜け目なく聴かせどころをよく知っており
> すぐ曲の良さがわかる感じです。
> 姉は長子ににありがちなボ−ッとしたところがあって(笑)
> 多少アピ−ル不足か。
> しかしつきあい続けるにしたがって良さがだんだんわかってくる感じ。
> 安奈さんは姉が好みですか....
> さすが通ですね(笑)。
> 自分は両方好きですよ。
> その時の気分であちこち行っています(笑)。
> でも一般的に妹が人気があると聞けば姉に肩入れしたくなります。
> RV588の2曲目のEt in terra paxとか
> 6曲目のDomine Fili unigeniteなど
> 心安らぐ名曲ですし、更に9曲目のQui sedesなどは
> アリア集に収録されてもいいくらいの名曲だと思います。
> ジャンルは違いますがモ−ツアルト フィガロの結婚の
> 「恋とはどんなものかしら」にも負けない魅力だと思いますよ。
> CDではコルボよりネグリの涼やかな演奏が魅力的。
> ただ歌手の声がやや重めか。キング盤に更に期待したいところです。

のりあきさん 始めまして シャイン見て泣きました。
エンドロールの説明のグローリアを読んでも
バッハか、ヘンデルか、ヴィヴァルディその他?の作曲家が読めませんでした。
やっとRV589と判明してエラート盤 アヴェ.マリア集を買いました。
シューベルト、バッハ・グノー、モーツァルト、フォーレ、ブルックナー、
ヘンデル、パーセル他のコラヴォレートCDを買ってきました。
地においては平安あれ ミシェル・コルボ指揮 ローザンヌ声楽.器楽アンサンブル
わたしは映画のヴィヴァルディのグローリアRV589に泣きました。
が映画はコルボではない。ひたすら切々と歌われるグローリアである。
わたしはデビットのサントラを聴きたい!!
どうか近いものを紹介お願いします。
--------------------(2002年1月4日(金) 20時2分)

タイトルRE:グロ−リアRV588、589
記事No85
投稿日: 2002/01/11(Fri) 20:28
投稿者キアレッタ
つまじーさん、このスレッドは1年以上前に立てられたもので、
のりあきさんは最近まったく御訪問くださっていないのです
(私も直接お話させていただいた事がありません)。(T_T)
私は「シャイン」も見ていないしデビットも知りませんので
(また恥をかいちゃうかしら?)(汗)、レスできないのですけれど、
ご存知のかたがいらっしゃいましたら、どうかレスをお願いします。m(_ _)m

ご参考までに、BBS1でも[171]で木曽さんが「映画に使われたヴィヴァルディ」
というスレッドを立てておられます。
つまじーさんや皆さんが、そちらにももっと書き込みしてくださると嬉しいです。(^-^)
--------------------(2002年1月11日(金) 17時54分)

タイトルグロ−リアRV588、589
記事No86
投稿日: 2002/01/12(Sat) 00:45
投稿者つまじー
キアレッタさん 有難う御座います。
グローリアRV589を聴いたのは映画(シャイン)で始めて聴きました。
何て素晴らしい歌 降り注ぎ、溢れる暖かい光のシャワーのようなイメージです。
オムニバス盤を持っていますが、今度全編盤を買います。
--------------------(2002年1月11日(金) 22時41分)