[リストへもどる]
一括表示
タイトル忘れられたくない曲
記事No61
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:43
投稿者ブリリン
ヴィヴァルディの曲の中でこんな何でもない曲がどうしていいのでしょう・・・。
他にいっぱい良い曲があるのに。と、叱られそうなのですが。
RV113のGraveが好きなんです。
父(Bach)の曲のようでもあり、弟(コレルリ)の曲のようでもあり、
恋人(ヴィヴァルディ)←これは経験が無いので良く分かりませんが・・。^_^;
みたいな存在ですね。
「私の周波数に一番合ってる」唯、それだけの理由なんですが・・・。
--------------------(2001年12月19日(水) 6時29分)

タイトルRE:忘れられたくない曲
記事No62
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:45
投稿者和高丸
この曲もまた、あわててCDを探して聴いてみました。
Grave というから、ついヘンデルの曲をイメージして聴いてみたら
どらかというとアンダンテに近くて、優しい可憐な曲でした。
これは、なかなか目の付けどころが良い。
「良きものは人知れずあるもの」のひとつと思いました。

ほんとに、弦楽のためのコンチェルトは、
どれもこれも微妙に味わいが違っていて、
聴いているとその世界にとけ込んでいってしまって、
実に心地よい気持ちになります。
ただ一つ難点といえば、演奏時間がちょっと短いということくらいか。
何度も何度もリピートしたくなります。
--------------------(2001年12月20日(木) 20時29分)

タイトルRE:忘れられたくない曲
記事No63
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:46
投稿者キアレッタ
RV113のGrave、短いけれどとても印象的な、優しい優しい曲ですね。
ブリリンさんのお心にこの曲が合うという事が、とてもよくわかるような気がします。
そして私たち女性ファンにとっては、ヴィヴァルディの音楽は永遠の恋人かも知れない、
なんて思いました。(^-^)
--------------------(2001年12月21日(金) 18時22分)

タイトルRE:忘れられたくない曲
記事No64
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:47
投稿者安奈次朗
弦楽のための協奏曲 ハ長調 RV113の第2楽章!
すごく素敵な楽章ですよね。
聴いていると心が洗われるような、
大きな愛で聴き手を優しく包んでくれるような、天国的な響きを持った曲だと思います。

作品4-12の第2楽章と同じ主題を使っている、ということからも
ヴィヴァルディにとってもきっとお気に入りのメロディだったのではないでしょうか。(^_^)
--------------------(2001年12月24日(月) 14時26分)