[リストへもどる]
一括表示
タイトルあなたのお気に入りの「四季」は?
記事No43
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:57
投稿者木曽 博
木曽でございます。
このページに来られる方なら誰でも良くご存知の「四季」。
いったい何種類の録音が存在するのか知る由もありませんが、
皆様のお気に入りのディスクは何でしょうか?
これって、意外とその人の音楽観の根幹にかかわる問題だったりして。
そんなオーバーなものじゃないか・・・(^o^;)
まあ、お遊びとして楽しくやりましょう。

私のお気に入りは、ビオンディ/エウローパ・ガランテ盤です。
あのスピード感がけっこうしっくり来ます。
イル・ジャルディーノ・アルモニコは、ちょっとやりすぎかな。

次点はホグウッド/アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック。
春・夏・秋・冬でソリストを変えるという遊び心が粋です。

ちなみに最近発売されたレコ芸別冊「リーダーズ・チョイス」では、
イ・ムジチの59年盤が、ダントツの1位でしたが、
私これ、聴いたことありません・・・すみません m(_ _)m
--------------------(2001年1月11日(木) 22時36分)

タイトルRE:あなたのお気に入りの「四季」は?
記事No44
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:59
投稿者黒猫地蔵
四季に限らず本当に色々なタイプの演奏があり、同じ曲とは思えませんね。
私の場合は、メリハリがあって弱音部が透明で美しいことがポイントとなっています。
この観点では、
●アカデミア・ビザンティナ(ARTSの新盤):弱音部の異様な透明感
●カルミニョーラ&ヴェニスバロックオーケストラ(エラート)
 :恐れ入りました。文句はございません。
などが最近のお気に入りです。
イル・ジャルディーノ・アルモニコは過激さでは一位で、
嫌いではありませんが私もちょっと手放しでは・・・という感じです。
全く異なった傾向のものとして
●マルゴワール&ラ・グランド・エキュリ・エ・ラ・シャンブル・デュ・ロワ(SONY)
 :ソロは、ホグウッド盤でも登場するホロウェイです。
  素朴で洗練されておらず、切れ味がというものが無い弦楽合奏が妙な味わいを醸し出しています。
●シモーネ&イ・ソリスティ・ヴェネティ(エラート)は、
 出だしからしてとろけるような甘さですが、劇的なところはそれなりに劇的です。
ところで最近のイ・ムジチは、古楽器を操れる人も参加しているという話なのですが、
アーヨやミケルッチのころとはだいぶ違った感じなのでしょうか?
このあたりは安奈さんがお詳しいのではないでしょうか?
--------------------(2001年1月12日(金) 1時2分)

タイトルRE:あなたのお気に入りの「四季」は?
記事No45
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:00
投稿者のりあき
とうとうこのスレッドが出ちゃいましたか。
ヴィヴァルディのHPという事で
いつ出るのかとドキドキしていたのですが...(笑)
実は自分はヴィヴァルディは「四季」からでなく
「スタバト・マ−テル」RV621という声楽曲からファンになった
経緯からまだ「四季」に目覚めてないクチなんです。
ですから持っているCDもイ・ムジチ(Vn;カルミレッチ)、
ア−ノンク−ルの2枚しか持っていません。
そんな僕でもなんとか皆さんに推薦できるのはギタ−・デュオによる
編曲版の「四季」です(プロゲット・アヴァンティ ワ−ナ−ミュ−ジック)。
たった2本のギタ−による演奏ですが、その表現の多彩さは
オ−ケストラに勝るとも劣らない素晴らしさです。
確かに多少単調なところもなきにしもあらずですが、
「夏」の第三楽章(僕が「四季」の中で一番好きなところなのですが)では
甘いギタ−の音と音楽の激しさが相まって最高です!
もしギタ−にも興味がおありならぜひ一度聴いてみて下さい。

あっ、あと近日発売されるチョン・キョンファのCDにも期待しています。
発売されれば試聴できるはずですからぜひ一度聴いてみたいものです。
--------------------(2001年1月12日(金) 22時16分)

タイトルイ・ムジチ+アーヨ(モノラル!)
記事No46
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:01
投稿者安奈次朗
私もこのスレッドを待ちわびていました。(笑)
「四季」ほど演奏によって表情を変える曲というのも珍しいのではないでしょうか?

何度か書き込ませていただいている内容と重複してしまうのですが、
私はやっぱり「イ・ムジチ合奏団 Vn.:フェリックス・アーヨ/1955年モノラル盤」です。(^_^)
--------------------(2001年1月13日(土) 1時43分)

タイトルアーヨ+ベルリン室内管弦楽団
記事No47
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:02
投稿者けん
なんだけど、指揮は誰だったか忘れてしまった。
人に貸したきり返ってこないと言うかあげちゃったんだったかナァ。
CDで買いたいのだけれどどうも廃盤の予感が・・・
圧倒的な低弦と自由奔放なチェンバロが特徴です。
--------------------(2001年1月17日(水) 5時25分)

タイトルRE:アーヨ+ベルリン室内管弦楽団
記事No48
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:05
投稿者安奈次朗
けんさん、こんにちは。

実はこの演奏、私も大好きなのです。
ただ、実家にアナログLPを置きっぱなしなので、
もう10年くらい聴いていないのですが…。(^_^;

> 指揮は誰だったか忘れてしまった。

多分、私が念頭に置いているものと違っていなければ、
指揮者はヴィットリオ・ネグリだったと思います。
アーヨとネグリの組み合わせ!
まさにヴィヴァルディの音楽のための顔ぶれという感じです。

> 圧倒的な低弦と自由奔放なチェンバロが特徴です。

そうなんですよね。
「春」の第一楽章から、もうチェンバロが活躍しまくっていて
楽しませてくれます。
アンサンブルが重厚すぎるほと重厚なので、
おそらくアッサリ味がお好きな方にとっては濃すぎる演奏なのでは?と
思いますが、私は好きなのです。(^_^)
それにアーヨのソロが、いつになく艶やかなんですよね。
イ・ムジチの頃とも違った感じ、で。

CDでは発売されたのでしょうか?
私は見かけたことがないのですが…。
--------------------(2001年1月17日(水) 13時11分)

タイトルRE:アーヨ+ベルリン室内管弦楽団
記事No49
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:06
投稿者けん
やっぱりネグリだよねぇ。
コッホじゃないなぁとは思ってたけど。
この盤の僕のお薦めはなんと行っても夏の三楽章!
圧倒的です。
好きだなぁこういう演奏。
--------------------(2001年1月17日(水) 14時49分)

タイトルRE:あなたのお気に入りの「四季」は?
記事No50
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:12
投稿者南風
はじめまして「南風」と申します。
この「四季」については過去よりおびただしい数の演奏者が録音をし、
LP、ステレオLP、CDで出され、そして数多くが消えていきました。
あのカラヤンでさえ二度も録音をしてるありさまです。
最近は古楽器による演奏もかなり増えていると思われます。
確かにこの4曲はヴィヴァルディの作品の中でもヴァイオリン独奏のウエイトが高いので、
著名なヴァイオリン独奏者が挑戦をするという傾向もかなりあると思われます。
パールーマンの演奏などはその最良の例だと思います。
しかしこのヴィヴァルディのOP.8の1〜4までを現代の奏法でバリバリと弾いてしまったのでは
ヴィヴァルディのこの曲に込められた気持ちとはかけ離れてしまうと思うのです。
それはどういう事かといいますと彼はベネチアの修道院の少女達の為にこの曲を書いたのです。
今でも彼女たちが演奏をしている絵が残っていますが、
それを見るとヴァイオリンを腕でかかえて弓で演奏しているのです。
決してヴァイオリンをアゴで固定などしていません。
この事は現代とはかなり奏法が違っていたことを意味しており
テクニックなどもかなり限定されていた筈です。
ヴィヴァルディの音楽を聴く上でこのことをまず理解しておかないといけないと思います。
その事を踏まえたうえで次に「四季」の演奏についてのべていきたいと思います。
ヴィヴァルディの「四季」はOP.8の中でも他の8曲と比べて
独奏バイオリンの出来が演奏を決定してしまう傾向が強いと思います。
たとえばイ・ムジチ合奏団は代表されるアーヨ盤(1959年録音)も含めて
都合6回も録音をしていますが
多かれ少なかれ6回とものこの楽団は近代奏法で演奏を行っています。
特に1959年録音のアーヨ盤はレガートも著しくアタックも弱くBGM風になってしまっています。
音はきれいで間違いなくイタリアのあの底抜けに明るい音色なのですが、
これは明らかに近代奏法(現代の奏法)に置き換えたもので
残念ながらいただけないと思います。
この奏法はモーツアルトの父レオポルド・モーツアルトとパイジェルロによって確立されたもので、
バイオリンをアゴで固定する奏法です。
先ほども述べましたように
それ以前まで(バロック時代)はバイオリンを腕で抱えるようにして弓で奏いていたわけで
無論レガートなど無く音をきざむのが主体の奏法でした。
又クレッシェンドやデクレッシェンドなども同様に無く音が急に大きくなったり、
又小さくなったりする奏法でした。
ですからイ・ムジチの演奏はこれから離れてしまっているわけです。
又イ・ムジチ盤にしろ、ミュンヒンガー盤にしろ現代のオーケストラ的な音量の出し方をしており
ここでもヴィヴァルディの時代の室内楽風な音量の出し方をしておりません。
だからといって古楽器で演奏しなきゃだめだとは決していっているのではありません。
長くなりましたがヴィヴァルディ時代の奏法を忠実に守りながら
しかも素晴らしい「四季」の演奏をしているCDが一枚だけあります。
アントニオ・ヤニグロの指揮でザグレブ室内合奏団が演奏しているCDです。
このアントニオ・ヤニグロという人は「世界的なチェリスト」というもう一つの肩書き持った方で
弦楽の奏法に関しての大変なスペシャリストでもあります。
「四季」の中のチェロやコントラバスの奏法にかなり秀でた奏き方をしています。
春の1楽章と3楽章などです。
又独奏ヴァイオリンを担当しているヤン・トマソウが神業的な独奏を聴かせます。
特に春の1楽章と3楽章、夏の3楽章、冬の1楽章です。
この冬の1楽章の出だしで弦の各パートが音を刻むところがありますがピタッとあっています。
これはついに他のCDやLPでは聴けなかったことで
いかにこのザグレブ室内合奏団の奏者達が名手の集まりであるかがうかがい知れるところです。
このCDはアメリカのバンガード社から輸入盤で出ています。
残念ながら国内盤ではありません。
HMV又は新星堂で入手可能です。
これを聴かれたらきっと目(耳)からウロコが落ちるのではないのでしょうか。
きわめて室内楽風に演奏がされており又録音も1957年ですがステレオで素晴らしい音がします。
「ほらあのヴィヴァルディの修道院での少女たちの演奏する姿が
目にうかんで来るではありませんか。」
是非参考にして頂きたいと思います。
--------------------(2001年1月25日(木) 15時3分)

タイトルA・ヤニグロ+ヤン・トマソウ+ザグレブ室内合奏団
記事No51
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:14
投稿者南風
私が何ゆえザグレブ室内合奏団の「四季」にこだわるのか。
私は今までといっても最近の古楽器での「四季」を除く
一応目に止まるあらゆる「四季」という「四季」を実はほとんど聴いてきましたのです。
又イ・ムジチに関しては彼らの「ヴィヴァルディ大全集」をはじめとして
バロック音楽のあらゆるレコードを現在所有しています。
(注.コンマスがアーヨ、ミケルッチ、カルミレッリの時のもの。
アッカルトの時のものは現在は所有していない)
恥かしい事にそれくらいの「イ・ムジチマニア」だったのです。
確かに彼らの「四季」は全体から見てやはりトップクラスなのです。
昔バースタインがニューヨーク・フィルのピックアップメンバーで
「四季」をメチャクチャにこわしてしまった演奏も聞きましたし、
アバドがG・クレメールといっしょにこれ以上ありえない程のどろくささの漂った演奏に
出くわしたこともありますが、イ・ムジチの四季の演奏いつもセンスがとても良かったのです。
しかしずーっと何かが足りないとこれまたいつも感じていました。
そして出合ったのがアントニオ・ヤニグロ指揮ザグレブ室内合奏団の演奏だったのです。
そのとき感じたのは彼らは一段高いところで演奏していたということです。
これはうまく言えないのですが敢えて申し上げますと
リーダーの年齢の差からくる弦楽奏者としてのリーダーシップと
キャリアとセンスの差ではないのかなと思います。
それ以上はうまく言えません。
これでいままでの不満がすべて解消しました。
しかし個人的には
F・アーヨの1958年録音のRV271の「恋人」の演奏は断然好きなのです。
--------------------(2001年1月26日(金) 0時37分)

タイトルイ・ムジチとアーヨの「恋人」
記事No52
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:15
投稿者安奈次朗
南風さん、こんばんは。

>しかし個人的にはF・アーヨの1958年録音の
>RV271の「恋人」の演奏は断然好きなのです。

私も「恋人」というと、このイ・ムジチとアーヨの組み合わせしか考えられません。
あの甘くもせつないアーヨのソロはまさに絶品!としか言いようがありません。
--------------------(2001年1月26日(金) 1時0分)

タイトル戦前の「四季」:カンポーリ(Vn)、ボイド・ニール・オーケストラ(1939)
記事No53
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:20
投稿者青猫
はじめまして、青猫と申します。
ぼくが持っている「四季」のCDで、戦前に録音された音源の復刻盤があるのでご紹介します。

CAMPOLI:VIVALDI FOUR SEASONS/BRUCH 1st CONC.,etc
[レーベル: Pearl CD番号:GEMM CD9151]


「四季」は、イ・ムジチ、ミュンヒンガー、パイヤールなど
戦後のアーティストたちによる演奏で一般に普及しました。
(BBS2に掲載されている南風さんの「戦後のバロック・ブーム」に関する
すばらしい解説をご参照ください)
しかし、戦前において、ヴィヴァルディはどのように演奏されていたのか?
そもそも、「四季」は誰が最初にレコーディングしたのか?
そんなことを考えているときに出会ったのが、このCDでした。

このCDに収録されている「四季」は、
往年の名ヴァイオリニストALFRED CAMPOLIが
BOYD NEEL指揮THE BOYD NEEL ORCHESTRAと
共演した際の放送録音(1939年頃)のアセテート盤から復刻されています。
そのため音質はあまり良くないのですが、優美な音色とカンタービレな節回しで
聴衆を魅了したと伝えられるカンポーリの芸を楽しむことは十分可能だと思います。

演奏のスタイルは、とてもロマンティックです。
たぶんカンポーリにとっては、ブルッフの曲でもヴィヴァルディの曲でも
「協奏曲」という点では同じ、という感覚で弾いていたのではないでしょうか。
バロック時代の様式や作曲者の意図に忠実であることよりも、
美しく、劇的で、感情に訴えかける演奏で聴衆を楽しませることの方が
大切だったのではないでしょうか。
(もちろん、これらを両立させることも可能ですが。)

ともかく、ここには戦後のモダン楽器やピリオド楽器による演奏とは
一味ちがう「四季」の姿があると、ぼくは感じています。
古い録音をあがめたてまつるのはクラシック・ファンの悪いくせかもしれませんが、
ヴィヴァルディが好きで歴史的録音に興味がある方には、ぜひおすすめしたいと思います。
輸入盤をあつかう店で、歴史的録音のヴァイオリニストのコーナーがあれば
一度探してみて下さい。

それから、もし世界初の「四季」の録音についてご存知の方がいらっしゃったら、
ぜひこの掲示板に情報を書き込んでほしいと思います。
--------------------(2001年4月5日(木) 21時36分)

タイトルRE:戦前の「四季」:カンポーリ(Vn)、ボイド・ニール・オーケストラ(1939)
記事No54
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:21
投稿者安奈次朗
青猫さん、はじめまして、そして「赤毛の司祭」へようこそ!(^_^)

戦前の録音であるというALFRED CAMPOLIとTHE BOYD NEEL ORCHESTRAの
顔合わせの録音のお話、とても興味深く拝見しました。

実は私もバッハの再評価からヴィヴァルディの再発見に至るまでの過程で
埋もれていた作品である「四季」を文字通り再発見した人々の気持ち、
そして実際に音に出してそれを聴いた聴衆の気持ち、反応は
どんなものだったろう?と想像したことがありました。

世界初の「四季」の録音がもし残っているとしたら、ぜひ聴いてみたいですね!

それでは青猫さん、これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
--------------------(2001年4月6日(金) 0時28分)

タイトルRE:戦前の「四季」:カンポーリ(Vn)、ボイド・ニール・オーケストラ(1939)
記事No55
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:25
投稿者青猫
安奈さん、返信どうもありがとうございます。
世界初の「四季」について、さらに調査を進めたところ、
どうやらSPレコード時代には発売されていないようです。

歌崎和彦編著「証言−日本洋楽レコード史(戦後篇・一)」(音楽之友社、2000年)によると、
1954年のミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト室内管弦楽団のLPが
初の「四季」のレコードだそうです。
発売当時の月評も収録されていたので、以下に引用します。

「レコード芸術」昭和二十九年七月号の月評は、
ミュンヒンガーの「四季」を次のように評している。(中略)
「友 こんな楽しい曲がヴィヴァルディにあつたのかね。
ハイドンのオラトリオに「四季」というのがあるのは知つていたが。
私 ミュンヒンガーの生気ある表情は、
これを少しも古臭くなくまるで現代曲のように新鮮なものとした。
これがわれわれの求めている古典の再興だと拍手をおくりたくなるね。
色彩感とリズムが新しいのだ。
今月の新譜の全部の中で第一に挙げるべき傑作だ。
友 録音も上々だし、ロンドンの選曲は決して大衆的ではないが、
よいものばかりを突いている。
どの社よりも変化があるし、芸術的に筋が通つている」(164頁)

「友」と「私」との会話体というスタイルの批評が、
なんか落語や漫才のようなノリをかもしだしていて、
ほほえましく思えます。(たぶん本当は一人で書いていたのでしょう)
文体はさておき、月評の内容自体はとてもまともです。
「四季」を再発見し、実際に音に出して聴いた聴衆の気持ち・反応が率直に語られています。
当時のクラシック音楽ファンにとって「四季」は本当に新鮮な感動をもって受け止められたようです。
前掲書には「ミュンヒンガーの四季やバッハなども私たちの予想以上に好評で、
売れるものは生産が間に合わなくて嬉しい悲鳴をあげたものです。」(161頁)
という当時のキングレコードの担当者の証言もありました。
「クラシックが売れない」といわれている現在の状況と比較すると、なんだかうらやましく思えます。

ちなみに、安奈さんご推薦のイ・ムジチ+アーヨ(モノラル盤)については、
前掲書に次のような記述がありました。

一九五五年録音のイ・ムジチ合奏団の「四季」は、
昭和三十一年十二月に、ミュンヒンガー盤、カンテッリ盤、ローマ合奏団盤につづく
四番目の「四季」として発売されたが、
「レコード芸術」昭和三十二年一月号の月評では準推薦であった。(248頁)
イ・ムジチ合奏団がエピックの稼ぎ頭だったのではないでしょうか。
日蓄工業自体はクラシックよりシャンソンなどで潤っていたのですが、
イ・ムジチの「四季」は、さすがによく売れたようです。(当時の担当者談、248頁)

ミュンヒンガー盤と同様、
イ・ムジチの「四季」も当時のリスナーたちに熱烈に歓迎されていたことが伝わってきます。
このようにして「四季」、そしてヴィヴァルディの音楽は一般に広く知れ渡り、
今に至るまで聴きつがれ、語りつがれていくわけです。
--------------------(2001年4月12日(木) 20時55分)

タイトルRE:戦前の「四季」:カンポーリ(Vn)、ボイド・ニール・オーケストラ(1939)
記事No56
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:26
投稿者安奈次朗
青猫さん、さらに詳しい情報どうもありがとうございます。m(_ _)m
とても感激しました!

「四季」に対して「色彩感とリズムが新しいのだ。」という意見はとても爽快ですね。
当時から考えても、200年以上前の曲にこういう評がなされる、ということに
今更ながらヴィヴァルディの素晴らしさを再確認させられたような気がします。
ミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト室内管弦楽団の「四季」は
今度入手して、この評を思い起こしながら聴いてみたいと思っております。(^_^)

私のお気に入りである、「イ・ムジチ+アーヨ(モノラル盤)」についての情報も
どうもありがとうございました。m(_ _)m
--------------------(2001年4月15日(日) 0時34分)

タイトルミュンヒンガーの「四季」についての補足説明
記事No57
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:28
投稿者青猫
安奈さん、再び返信ありがとうございます。
ミュンヒンガーの「四季」について、補足の説明をさせてください。

前回、ミュンヒンガーの「四季」の出た年を1954(昭和29)年と書き込みましたが、
これは国内盤のデータです。
原盤の英デッカ盤は1951年に録音され、
本国ではおそらく同じ年か翌年に発売されていると思われます。
このあたりの事情も「証言日本洋楽レコード史(戦後篇・一)」に記述があったので、
引用しておきます。

渡辺 「四季」ブーム、バロック・ブームの先駆けとなったミュンヒンガーの「四季」も、
日本で発売される前にずいぶん輸入されていて、
マニアの間では大変話題になっていたのです。
歌崎 ミュンヒンガーの「四季」がキングから出たのは昭和二十九年ですが、
録音は一九五一年、昭和二十六年ですね。
渡辺 名曲喫茶では必ずかかっていましたし、
当時の輸入盤の中で一番売れたのは、ミュンヒンガーの「四季」だったのではないですか。
もっとも、値段は三〇〇〇円前後、高いものは三五〇〇円くらいしていました。(83〜84頁)

ちなみに、1951年の物価は、公務員初任給=5500円、山手線初乗り=10円、
ラーメン=30円、岩波文庫星1つ=40円だったそうです。(同書、79頁)
LPレコードがいかに高価だったか、これらの物価と比較するとよくわかります。

また、「四季」およびバロック音楽の普及に果たしたミュンヒンガーの功績を再認識しました。
復刻されているCDを、ぼくもぜひ聴いてみようと思います。
--------------------(2001年4月16日(月) 19時44分)

タイトルRE:ミュンヒンガーの「四季」についての補足説明
記事No58
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:30
投稿者安奈次朗
青猫さんのお話、いつも興味深く拝見させていただいています。
どうもありがとうございます。

それにしても、当時、LPレコードがどれほど高価なものだったかを知って愕然としました。(-_-;

あれから、いろんな店を廻って1951年録音のミュンヒンガー盤を探し回っているのですが、
見つかりません。
あっても、1958年録音のものばかりなのです。
もう少し探し廻ってみようと思います。(^_^)
--------------------(2001年4月26日(木) 23時18分)

タイトルRE:あなたのお気に入りの「四季」は?
記事No59
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:31
投稿者村上那人
> 木曽でございます。
> このページに来られる方なら誰でも良くご存知の「四季」。
> いったい何種類の録音が存在するのか知る由もありませんが、
> 皆様のお気に入りのディスクは何でしょうか?
> これって、意外とその人の音楽観の根幹にかかわる問題だったりして。
> そんなオーバーなものじゃないか・・・(^o^;)
> まあ、お遊びとして楽しくやりましょう。
>
> 私のお気に入りは、ビオンディ/エウローパ・ガランテ盤です。
> あのスピード感がけっこうしっくり来ます。
> イル・ジャルディーノ・アルモニコは、ちょっとやりすぎかな。
>
> 次点はホグウッド/アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック。
> 春・夏・秋・冬でソリストを変えるという遊び心が粋です。
>
> ちなみに最近発売されたレコ芸別冊「リーダーズ・チョイス」では、
> イ・ムジチの59年盤が、ダントツの1位でしたが、
> 私これ、聴いたことありません・・・すみません m(_ _)m
--------------------(2001年7月20日(金) 15時33分)

タイトルはじめまして!>村上那人さん
記事No60
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:32
投稿者安奈次朗
村上那人 さん、はじめまして、そして「赤毛の司祭」へようこそ!(^_^)

ご投稿どうもありがとうございます。
…が、村上那人さんのご投稿が掲示板に反映されていないようですので、
もしよろしければ、再度ご投稿お願いできませんでしょうか?(^_^)

それでは、これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
--------------------(2001年7月25日(水) 0時1分)