[リストへもどる]
一括表示
タイトル「海の嵐」(作品8-5, RV253)
記事No34
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:22
投稿者キアレッタ
私は瀬戸内海と大阪湾の接するあたりの海の近くで育ちました。
今の自宅はちょっと海から離れてしまったのですが、
独身時代は通学・通勤で使っていたJRの車窓から毎日海を眺めていたものです。
時々は海岸に降りて一人でボケーとしている事もありました。
ほとんど波もない穏やかな海の、季節はずれの海水浴場の砂浜の、
もの寂しいような、ほんのりと暖かいような、
いろんな感情を解放しても受け入れてくれそうな優しい海が大好きです。
ヴィヴァルディの生まれ育ったヴェネツィアの接する地中海も、
このように穏やかなのだろうかと想像したりもするのですが、
イタリア語で「海」は「il mare イル・マーレ」、男性名詞なんですね。
歴史作家の塩野七生さんがどこかでそう書いておられました。
イタリアの海(地中海)は「男」なんですね・・・。

そんな優しい穏やかな海も、台風が近づき風が強まると、鉛色に変色して白い波頭を立てます。
そういう光景は滅多に見る機会がないのですが、
それだけに何度か見たその光景は印象的で心に残っています。
自然の力は限りなく豊かで、そして限りなく容赦のないものですね。

私は自分で勝手に、自分の見慣れている瀬戸内海や大阪湾と、
ヴィヴァルディが見慣れていたであろう地中海とを、
「きっと似ている」と思い込んでしまっているので、
「海」をテーマにしたヴィヴァルディの曲はどれも大好きです。
その穏やかさを謳ったものも、その嵐の激しさを謳ったものも。
中でも一番のお気に入りが「海の嵐」(作品8-5)です。
同じ表題の曲なら作品10-1のフルート協奏曲のほうが有名かも知れませんが、
私はこちらのヴァイオリン協奏曲のほうがイチオシです。
ヴィヴァルディの器楽曲の中では、「四季」に次いで二番目に好きな曲。
第1,3楽章で次から次へと現れては砕け散る白い波頭を、私はいつも「見て」います。
第2楽章は嵐の過ぎ去った後の海辺の様子でしょうか。
打ち寄せられたたくさんのゴミや海の生物の死骸。
漁師たちの壊れた船や破れた網。水中で一息ついている小さな生き物たち。

アーヨ=イ・ムジチ。イル・ジャルディーノ・アルモニコ。カルミニョーラ。
この三つの演奏が印象に残っています。
--------------------(2001年10月10日(水) 18時21分)

タイトルRE:「海の嵐」(作品8-5, RV253)
記事No35
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:23
投稿者安奈次朗
私も作品8-5の「海の嵐」はすごく好きな曲です。
キアレッタさんのこの曲に対する思い入れをお聞きすることができてとても嬉しいです。(^_^)
私が中学生の頃、友人にクラシックの曲(バロック〜現代まで)を選曲して
テープを編集し、プレゼントしたことがあるのですが、
その1曲目にこの「海の嵐」を入れたほど愛着がある曲です。(^_^)

私はやっぱりアーヨとイ・ムジチの演奏が好きですね。
第1、3楽章の無機質的になりがちな音型ですら、
アーヨは朗々とヴァイオリンに歌わせているんですよね。(^_^)
その演奏からは、波と波のぶつかりあい、船上の船乗り達の震えおののく悲鳴…を聴くことができ、
第2楽章は、海が鎮まるのを祈る船乗り達の切なる想い…を描写しているかのようです。(^_^)

ヴィヴァルディが嵐を長調で描写した、ということも興味深いことだと思います。
(作品10-1も長調ですよね。)
ヴィヴァルディは、嵐を短調で悲愴&絶望的には描写することはせず、
長調で生命の躍動、
嵐の後の希望の光みたいなものを表現したかったのでは…などと考えたりもします。

あと、ちょっと余談ですが、この「海の嵐」という邦題、
この曲名を初めて聴いた時から、日本語的に少し違和感があるような…
不思議な印象を今に至るまでずっと持ち続けています。(^_^;
原題が「La tempesta di mare」なので、そのまま直訳で「海の嵐」なのですが、
なんかこう、もっとふさわしい訳はなかったのかなあ、とあれこれ考えたりします。(笑)
--------------------(2001年10月12日(金) 0時44分)

タイトルRE:「海の嵐」(作品8-5, RV253)
記事No36
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:25
投稿者キアレッタ
> 原題が「La tempesta di mare」なので、そのまま直訳で「海の嵐」なのですが、
> なんかこう、もっとふさわしい訳はなかったのかなあ、とあれこれ考えたりします。(笑)

そんな事は考えた事がありませんでしたけれど、そういえば
「海の嵐」より「嵐の海」のほうがまだ似つかわしいのでは、っていう気もしました。
でもそうなると「Il mare di tempesta」になるのでしょうか。
今辞書を引いてみると、「tempesta di mare」でひとつの熟語として
「時化」という意味になるみたいです。
ああっ、「tempesta 嵐」って女性名詞なんですね!
これだから、イタリア人の感覚ってゆーのは・・・っっ。(^o^;
--------------------(2001年10月13日(土) 11時4分)

タイトルRE:「海の嵐」(作品8-5, RV253)
記事No37
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:26
投稿者和高丸
子供の頃、私は神戸の海の近くに住んでいました。
台風が来るたびに、床下浸水になって大変なものでした。
港、といってもあの神戸港でなく、現在はフェリー港になっていて
当時は小さな漁港だったところですが、
そこに行くと、大きな波が堤防を乗り越えて
自然の驚異を子供心ながら感じていたものでした。
キアレッタさんの仰っているあたりも
須磨を過ぎて更に西へ向かうあたりは、
嵐が来れば、電車に波しぶきがあたる程のところです。
また穏やかな日の情景であれば、式子内親王の歌を思い浮かべるところです。
「しるべせよ 跡なき波に 漕ぐ舟の 行方も知らぬ 八重のしお風」

今、私は「海の嵐」をイルジャルで聴いています。
何だかむちゃくちゃ速いですね。
安奈さん。
> ヴィヴァルディが嵐を長調で描写した、ということも興味深いことだと思います。
本当にそうですね。なまじの芸術家であれば、
ことさらにおどろおどろしく表現したかも知れません。

キアレッタさん。
> 「tempesta 嵐」って女性名詞なんですね!
男からみればごく普通の感覚、と感じるのですが・・・。
こんな事言うから、女性の私を見る目がつり上がるのかも知れません。^^;
怒らないでくださいね。
--------------------(2001年10月13日(土) 21時20分)

タイトルRE:「海の嵐」(作品8-5, RV253)
記事No38
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:27
投稿者キアレッタ
和高丸さんのほうが私より、もっと海の近くに住んでいらっしゃった感じですね。
私がよく一人で見に行った海というのは、
須磨とそれより更に西、まさにそのあたりです。
当時はまだ海も埋め立てられておらず、電車からはすぐ目の前が海だったのです。

源平の須磨一の谷の合戦でも有名なところですね。
六甲連山の山々がそのあたりでは一気に海へ下っています。
現在ではそこを階段で降りる事ができます。

JR垂水駅の近くには「海(かい)神社」という
何やら由緒正しいらしい大きな神社があって、
そこでお祭りがあるとなると平日でも男の人たちは
仕事を休み学校を休み、神輿を担ぎに出かけてしまうみたいでした。
高校時代、今日は何でこんなにクラスメートの男子に休みが多いんだろう、
と思っていると、海神社のお祭りだったりしました。
私は氏子でもなんでもないので気楽に夜店に金魚すくいなどしに出かけていたものです。

ほんの数年前にパールブリッジ、明石海峡大橋が完成し、
このあたりの海でいま一番有名なイメージというのは、
淡路島と本州明石(舞子?)を結ぶ、この世界最大級の吊り橋なのかも知れません。
間近で見ると、これほどに美しい人工の建造物は他にないのでは。
と思うほどに美しい橋です。

なんだか思いっきりローカルな話題ですねー。(^o^;

> 男からみればごく普通の感覚、と感じるのですが・・・。
> 怒らないでくださいね。

はい、怒りませんとも〜。私が怒ったら、
「ホラ、やっぱり嵐だ」とか仰るおつもりなのでしょうに・・・っっ。(^-^)
--------------------(2001年10月14日(日) 15時45分)

タイトルザバテッリの「海の嵐」
記事No39
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:33
投稿者ガラリオ
海は、そう、少年の頃海洋学者ジャツク・イブ・クストーに憧れた時期がありました。
海水浴に行くと言うことは、私にとってヤドカリや魚を採りに行くことです。今でも。
ベネチアの運河でもガザミを見つけビデオに撮ってあります。
三月のベネチアの朝は光と風に包まれてとても気持ちが良かったと思い出します。
 さて「La Tmpesta di mare」ですが
ロレンツォ・ガエタノ・ザバテッリ1690〜1764の12の協奏曲集Op1のNo12にも
おなじタイトルが冠されています。
フライブルク・バロック・オケDHM05472773522で聴く事ができます。
ビバルディの「海の嵐」はアーノンクール盤しか知らないので恐縮ですが、
ザバテッリの曲はこの演奏にもよるのか、
古典派に向かいつつある作品なのか作曲家の資質の違いか、
「嵐」というか「ドンブラコ」と言った感じです。ご参考までに。
--------------------(2001年12月17日(月) 13時25分)

タイトルRE:ザバテッリの「海の嵐」
記事No40
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:35
投稿者キアレッタ
ガラリオさん、ザバテッリの御紹介ありがとうございます。
ぜんぜん知らない作曲家なんですけど(すみません)この人もヴェネツィアの人なのでしょうか。
同じタイトルの「海の嵐」を私も聴いてみたいと思います。
ガラリオさんにも、海の思い出がいろいろあるのですね。(^-^)
--------------------(2001年12月18日(火) 17時20分)

タイトルRE:ザバテッリの「海の嵐」
記事No41
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:36
投稿者ガラリオ
こんばんはキアレッタ様。ザバテッリは生まれも育ちもボローニャだそうです。
ですからベネチアにいたビバルディに比べれば
本物の「海の嵐」に遭遇する機会は甚だ少なかったのかも知れません。
やっぱバイオリンの名手だったそうで、トレリとプレディエーリから学んだ、とあります。
ビバルディがコレリのフォリアに対してオマージュを捧げたように、
ザバテッリは「海の嵐」を特に曲集の最後に持ってきているので、
これはビバルディに対するオマージュなのかな?
とあらぬ事を想像してしまいます。
まあ「嵐」はよく使われたネタなんでしょうけれど。
嗚呼!!集え!!バロックの「海の嵐」!!
--------------------(2001年12月18日(火) 19時16分)

タイトルRE:ザバテッリの「海の嵐」
記事No42
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:37
投稿者和高丸
この人の曲もちょっとヴィヴァルディの曲と雰囲気が似ていると思います。
CPEバッハとも、ちと似ているかな。いや似てないかな。

お話の「La Tmpesta di mare」ですが、
ガラリオさんに言われるまで気がつきませんでした。
そこで、慌てて聴いてみたのですが、「ドンブラコ」はちょっとかわいそうです。
それなりに、海の嵐の情景をうたっているように思いましたが、
ヴィヴァルディほどの斬新さはなさそうでした。
作曲家自身の気風かあるいは力量なのか、
それともフライブルクのドイツ気質の手堅く律義な演奏からか、
イルジャルやビオンディが演奏すれば
もっと激しく情熱的な表現になるのでは、と。
一度彼らの演奏で聴いてみたい気もします。

ザヴァテリ(Zavateri,LorenzoGaetano)もこの曲集(2枚組)しか、見たことがないのですが
なかなかいい味をだしてると思いますので
もっと聴いてみたい作曲家だと思います。
--------------------(2001年12月18日(火) 22時25分)