[リストへもどる]
一括表示
タイトル先生思わず眉を、最悪の、、、、、
記事No33
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:20
投稿者ガラリオ
 こんにちは。
これは、と言うディスクに
シモーネ、クレメンチッチのビバルディ・フメート(リコーダー)協奏曲集があります。
収録曲はイ短調RV108/へ長調RV442/ハ短調RV441
あとイ長調2VnRV552ロンターノです。
当ディスクは故長岡鉄男氏が優秀録音盤として外盤が紹介されていましたが、
90年頃日本でもCD発売がされたと思います。
クレメンチッチはビバファンなのかオペラ、セレナータ、Op13−1(6番もあったかな?)等、
積極的なデイスコ・グラフィを提供してくれてます。
 いつだったかビバルディ嫌いの先生の話がありましたよね。
先生はシモーネを「片足は下駄を履き、もう片足は靴を履きバタバタ走っているようだ。」と評し、
クレメンチッチは中世、ルネサンス期の音楽を非常に○品に演奏する、
と仰ってFM放送の際にも、これまたボロクソにやっつけていた事を、思い出します。
(先生つまらん事思い出してすんません。悪気はありません。)
教え子さんがVSOP(ベリー・スペシャル・ワン・パターン)と揶揄したのを
たいそう御気に召されていたようです。
ビバルディ・シモーネ・クレメンチッチ、三位一体となったこのディスク、先生聴かれましたか?
先生の辛口評を聞きたいですよねー。きっと、、、
想像しただけでゾクゾクするわ。
(当ディスクにもG.カルミニョーラが登場しますが、やっぱあのカルさんですかねー。)
 と言う訳で「最悪の」としましたが、、、、このコーナーでよかったかしら。
--------------------(2001年12月17日(月) 11時56分)