[リストへもどる]
一括表示
タイトルカンタータ「愛よ、おまえの勝ちだ」RV651, RV683
記事No27
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:10
投稿者キアレッタ
これもヴィヴァルディの「海もの」と私は位置付けているのですけれど。(^-^)

同じ歌詞で2曲あります。
RV651がソプラノと通奏低音のためのもの。RV683がアルトと弦楽のためのもの。
構成はレチタティーヴォ〜アリア〜レチタティーヴォ〜アリア。
せつない恋の歌です。歌詞がとっても私好みで(笑)、
とにかくその歌詞を生かしきるヴィヴァルディの感性がすばらしいのです。

女性への恋を歌った内容なので、女声ではなくカストラートが歌ったものかも知れません。
前半のレチタティーヴォは揺れ動き悩み悲しみ痛む心が、
そしてそれに続くアリアでは、それらの心が嵐の海の小舟に例えて、歌われています。
後半のレチタティーヴォはさらに切迫した想いを歌い上げ、
そして最後のアリアは少し希望が見えて終わります。
これだけ書くと、「どのカンタータもそうですね」で終わっちゃいそうなんですけど、
ああ、言葉でなんかとても伝えられません。
興味のあるかたはぜひ聴いてみてくださいませ〜。(^o^;

私の持っているCDでは、
RV651はカークビーとホグウッドで国内盤があります[DECCA POCL-4774]、
RV683はサラ・ミンガルドとコンチェルト・イタリアーノで[OPUS111 OPS 30-181]に、
それぞれ収録されています。

前半のアリアは、RV651もRV683も好きなんです。
波の音の聴こえる伴奏と、切ない美しい旋律と。
レチタティーヴォもそれぞれに全部いいです。
後半のアリアはRV683が好きなんですけれど、このアリアの中盤の弦楽で、
高音から低音へ、ヴァイオリンからチェロへ、でしょうか?
何オクターヴかストーンと降りてくるところがあるんですけれど、
これは本当にヴィヴァルディ自身が楽譜にこのように書いている箇所なのでしょうか?
ものすごく斬新な表現のような気がします。心の嵐が収まって凪になる様子なのですよね。

このカンタータの歌詞は、ヴィヴァルディ自身の作詞によるものではないか、
という説もあるそうなのですが、そうだったらいいのになあ!
--------------------(2001年10月22日(月) 18時56分)

タイトルRE:カンタータ「愛よ、おまえの勝ちだ」RV651, RV683
記事No28
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:11
投稿者和高丸
ヴィヴァルディのカンタータを初めて聴いたのは、
チェチリア・ガズディア[MondoMusica]ででした。
このときの第一印象は、それまで持っていたヴィヴァルディのイメージから遠く離れ
あまりも地味なと言う印象で、しかも一度に2枚組を3つも買ったせいもあるのか、
そのほど身を入れず、軽く流して聴いてしまったと。今、思っています。
あらためて、紹介のあった曲を聴いているのですが
RV651は、近所の人が自分の家の前の道で、
自ら伴奏しながら歌っていると言うイメージです。
こうして聴いてみると、実に素朴なヴィヴァルディの思わぬ側面が見えてきます。
これは思わぬ示唆です。改めて聴くべきジャンルと思いました。
MondoMusica のこのCDは"Il Grande Barocco Italiano"というグループが演奏しているようです。
モダン楽器による演奏のようですが、写真を見ると当時の装束をして演奏しているようです。

RV683は、オーケストラをバックにした、言ってみれば普通の演奏スタイルでした。
キアレッタさんが仰っている、
> 何オクターヴかストーンと降りてくるところがあるんですけれど、
が何度か聴いてみても分かりません。
ただCDは違っていて、[Dynamic CDS222 "Marco Lazzara ,Orchestra da Camera di Genova"]
です。ただ見つけられないだけなのか、
コンチェルト・イタリアーノや編集者独自のアドリブなのか、どうなのでしょうね。
Opus111盤は遅ればせながら、たまたま注文中なのです。

いずれにしても、盲点を突かれたような気分です。
カンタータと言えば、ついついバッハのイメージなのに、
バッハのカンタータとは、カンタータの定義さえ違っていそうです。
--------------------(2001年10月24日(水) 22時50分)

タイトルRE:カンタータ「愛よ、おまえの勝ちだ」RV651, RV683
記事No29
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:12
投稿者キアレッタ
> それまで持っていたヴィヴァルディのイメージから遠く離れ
> あまりも地味なと言う印象で、

私もそう思います。思うにカンタータというのは
詩の朗読にちょこっとメロディーを付けてみたというか、
大切なのは詩(歌詞)のほうで、曲はあくまで従属的なもの、という印象があります。
(私の個人的な見解ですけれど)。
それで私は、歌詞の意味のわからないカンタータは聴く気になれず、
和訳もなく、英訳さえついていないカンタータ全集といったものには、まだ手を伸ばしていません。
和高丸さんの持っていらっしゃるCDには、英訳がついていますでしょうか?
和訳や英訳のついているヴィヴァルディのカンタータ全集のようなCDがありましたら、
どなたか是非お教えくださいませ。

> これは思わぬ示唆です。改めて聴くべきジャンルと思いました。

歌詞の意味さえわかれば、ヴィヴァルディのカンタータの世界は一気に目の前に開けるだろう、
って思うのです。ああ、イタリア語勉強しなくっちゃ・・・(って、かけ声ばっかり)(爆)。

> > 何オクターヴかストーンと降りてくるところがあるんですけれど、
> が何度か聴いてみても分かりません。

RV683の後半のアリア、ダカーポABAのBの部分の、
歌詞でいうなら一度目の "come la calma in mar" と二度目の "Non teme piu periglio"
の間にかかる部分の弦楽なのですけれど・・・

> コンチェルト・イタリアーノや編集者独自のアドリブなのか、どうなのでしょうね。

そうかも知れないですね。そうだったらちょっと残念な気もしますが、
そのような演奏解釈をしたコンチェルト・イタリアーノの演奏を
私の決定盤という事にしておきます。(^-^)

> カンタータと言えば、ついついバッハのイメージなのに、
> バッハのカンタータとは、カンタータの定義さえ違っていそうです。

バッハのものは「教会カンタータ」、ヴィヴァルディのものは「世俗カンタータ」
という分類のようですが(あ、でもバッハのものにも世俗カンタータってありましたよね?)、
当時の音楽用語は私の頭の中でも混乱しまくっております。(^o^;
--------------------(2001年10月25日(木) 18時22分)

タイトルRe:> 和高丸さんの持っていらっしゃるCDには、英訳がついていますでしょうか?
記事No30
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:14
投稿者和高丸
そう言った意味では、この"MondoMusica" というレーベルは不親切です。
英文が有るにはあるのですが、歌詞がどこにも載っていないなど、
そのほか、気の利かないレーベルだなと言う印象が多々あります。
ただ歌っているガズディアは、なかなか良いと思います。
スレッド[146]でエールさんが紹介されている、"Tactus" はどうなんでしょうね。
このたび「カンタータ集」の第4集も出たそうなので、買って見ようかと思っています。
RV651は第1集に有るようですが、RV683は新しい第4集にもないようです。

このヴィヴァルディのカンタータというのは、単独で作曲されたものなのでしょうか。
これらの伴奏付アリアを聴いたとき、失われたオペラの断片かと思いました。
どう言った機会に、ヴィヴァルディはこのようなカンタータを作ったのでしょうね。
--------------------(2001年10月27日(土) 19時56分)

タイトルカンタータ作曲の背景
記事No31
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:15
投稿者キアレッタ
和高丸さん、和訳や英訳の歌詞のついたCDが見つかりましたら、
是非お教えくださいませ。(^-^)

> どう言った機会に、ヴィヴァルディはこのようなカンタータを作ったのでしょうね。

カンタータというのは多分、単独で作曲され、王侯貴族の宮廷のサロンなどで、
余興や音楽会のような形で歌われたものだと思います。
ヴィヴァルディが宮廷勤めをしていたのは生涯を通してたったの3年間だけ、
1718〜20年の間マントヴァのヘッセン・ダルムシュタットのフィリップ方伯のもとで
活躍しただけだったのですが、その頃にたくさんのカンタータを作ったそうです。
でもここに挙げた2曲は1726年以降の作だそうですから、
いつでも、誰からでも、依頼があれば書いていたという事でしょうか。
--------------------(2001年10月29日(月) 15時55分)

タイトル言葉と音楽の密接な関係
記事No118
投稿日: 2002/01/29(Tue) 00:54
投稿者松永藤彦
参照先http://www.nets.ne.jp/~kagetsu/
最近ジェラール・レーンによるカンタータ集を買ったところで、
この中にRV683も入ってました。

> RV683の後半のアリア、ダカーポABAのBの部分の、
> 歌詞でいうなら一度目の "come la calma in mar" と二度目の "Non teme piu periglio"
> の間にかかる部分の弦楽なのですけれど・・・

確認できました。ヴァイオリンから低弦へ受け渡すパッセージですよね。
ただ、この録音では普通の経過句の様にそっけなく演奏してて、
「静かな海のように」の描写にはちょっと物足りないかなという感じです。

解説ではこのアリアの前のレシタティーボで、s'aggira, in calma, s'adira
につけられた音楽的な効果に触れられてました。
単語レベルで気を配ると確かに色々見えてきそうですね。

イル・セミナリオ・ムジカルの演奏にはビオンディ、ミンコウスキーが加わってて
おお、こんな時代もあったのかとびっくり。アコールからカタログ付きで再発された廉価版です。

タイトルRe: 言葉と音楽の密接な関係
記事No119
投稿日: 2002/01/29(Tue) 17:14
投稿者キアレッタ
> 松永藤彦さん

レスありがとうございます。(^-^)

> 確認できました。ヴァイオリンから低弦へ受け渡すパッセージですよね。

他の演奏でもそうなっているものがあるのですね。嬉しいです。

> ただ、この録音では普通の経過句の様にそっけなく演奏してて、
> 「静かな海のように」の描写にはちょっと物足りないかなという感じです。

高音から低音へ、短調から長調へ、嵐から凪へ、
心の状態が移行してゆく様子の表現かなあ、と思いながら聴いています。

> 解説ではこのアリアの前のレシタティーボで、s'aggira, in calma, s'adira
> につけられた音楽的な効果に触れられてました。

「さまよう想いは奇妙に混乱し 私の心はねじれ移ろい
時に静まり また激しく湧き上がる・・・」
と英訳を頼りに自分で訳しちゃうとこんな感じになるんですけれど、
激しく揺れ動く心を表現したとても印象的な箇所ですよね。
"in calma"(静かで穏やかな気持ち)と"s'adira"(激しい怒りの気持ち)
の対比の表現は、聴くだけで実感が伴ってしまうっていうか、
心を打たれるレチタティーヴォです。
でもこれも、意味のわからないまま聴けば聴き流してしまうものかも知れません。

> 単語レベルで気を配ると確かに色々見えてきそうですね。

そうありたいといつも願っているのですけれど、
なにしろ語学力(伊語はもちろん英語も)が限りなくゼロに近くて・・・。(T_T)
好きな曲だけは、単語のひとつひとつから、一生懸命辞書を引きます。
そうするといろいろ見えてきて、もっとその曲が好きになります。(^-^)

> イル・セミナリオ・ムジカルの演奏にはビオンディ、ミンコウスキーが加わってて
> おお、こんな時代もあったのかとびっくり。
> アコールからカタログ付きで再発された廉価版です。

そのCDは日本でも入手できるでしょうか?
よろしければCD番号をお教えくださいませ。m(_ _)m

タイトルCD番号
記事No120
投稿日: 2002/01/30(Wed) 06:07
投稿者松永藤彦
参照先http://www.nets.ne.jp/~kagetsu/
ジェラール・レーヌのCDですが、Accord 464 234-2です。
日本で簡単に手に入るのかはちょっと分かりませんが、フランスでは
名の通ったレーベルです。

タイトルRe: CD番号
記事No122
投稿日: 2002/01/30(Wed) 07:01
投稿者ブリリン
松永様初めまして!
CDの情報をありがとうございます。
私は「キアレッタ様のように歌詞の意味を理解して聴く」という努力もしないで聴いてしまっています。
ヴィヴァルディのカンタータは声楽の中でもオペラについで苦手な分野なんです。
この、RV651は私にとっては渋い曲でして、難しくて曲の良さが充分に理解できずにいます。
もっと聴いて耳を肥やさないといけませんね・・。

タイトルRe^2: CD番号
記事No123
投稿日: 2002/01/30(Wed) 17:31
投稿者キアレッタ
> 松永藤彦さん

CD番号をありがとうございました。
入手できて何か感じる所がありましたら、また書き込ませていただきます。m(_ _)m

> ブリリンさん

横レス失礼いたします。

私はまだ、ブリリンさんほどたくさんのカンタータを聴きこなしておりません。
RV661「いとしきおまえと別れて」も未聴ですし、
RV675「私は涙し、うめく」も全曲は未聴で、
いろいろな作曲家の「涙」をテーマにしたアリア集の中で、
最初のアリアだけが収録されているのを聴いただけです(ASTREE E 8634)。

歌詞と音楽の結びつきに興味があります、と言えばカッコイイ?のですけれど、
その分、ブリリンさんや皆さんが楽しんでおられる
オブリガートへの興味は薄いかも知れないです。
私ももっと耳を肥やさないといけない、って思っています。m(_ _)m

タイトルRE:カンタータ「愛よ、おまえの勝ちだ」RV651, RV683
記事No32
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:16
投稿者安奈次朗
このBBS4では初登場のヴィヴァルディのカンタータですね。

私は、RV651は和高丸さんと同じくチェチーリア・ガズディア盤を所有しているのですが、
RV683の方は未聴です。(汗)
ぜひとも入手して聴いてみたいと思っています。(^_^)

今、RV651を聴きながら書き込みしているのですが、
2曲目のLargoのアリアの通奏低音の付点リズムが心地良いですね。
中盤の曲想ががらりと変わるスリリングな箇所も
変化があって惹き付けられます。

ヴィヴァルディのカンタータ、これからじっくりと親しんでいきたい分野です。(^_^)
--------------------(2001年10月26日(金) 22時44分)

タイトルRe: RE:カンタータ「愛よ、おまえの勝ちだ」RV651, RV683
記事No114
投稿日: 2002/01/26(Sat) 11:02
投稿者キアレッタ
超亀レスで失礼します。(^o^;
BBS1でカンタータの話題が出ましたので、
ふと思い立って、歌詞の訳文を載せたくなりました。
(ガラリオさん、編曲もんトピのお邪魔になっちゃってごめんなさいね。
それにしても、すごい情報量ですねー)(驚)。

もしよろしかったら、お暇な折にでも、
歌詞を読みながらこの曲を聴き返してみてくださいませ。(^-^)
[DECCA POCL-4774]にある、濱田慈郎氏の訳です。
本当は対訳なのですけれど、
イタリア語を書き写すのは私の能力を超えますのでお赦しください。
なお、もし著作権問題が生じるようでしたら、どなたか御指摘くださいませ。m(_ _)m


「愛よ、お前は勝った」

(レチタティーヴォ)

愛よ お前は勝ったのだ
ごらん ここを 私の胸はお前の美しい矢に貫かれて
苦しみに寄辺もないこの魂を 今は誰が支えてくれよう?
この身のあらゆる血管に 凍えた血が流れるのを私は感じる
私はもはや悩みと悲しみに生きるばかり
胸のなかでは心が 新たな痛手にふるえている
無慈悲なクローリ! それにしてもいつまで
お前のこの酷いつれなさはつづくのだろう?

(アリア)

私はまるで小舟のように
悲しみから悲しみへと渡って行く
こちらの波 またあちらの波と
ぶつかり ぶつかりしながら進む

空には雷 稲妻が走り
海はすっかり時化模様
港も浜辺も見えはせず
いったいどこへ舟をつけよう?

(レチタティーヴォ)

このように奇妙な 入り乱れた 考えの渦のなかで
私の分別はおろおろする
あるいは静まり あるいはいきり立ち
恋心の落ちつく先を見届けかねる
ときには石 ときには塵に身を変えてしまいたくなる
おお 神よ!
だが なぜにこれまで嘆いてきたのだ 誠のない 不実な心のために?
ああ なぜに憂うるのだ!
知っているはずではないか クローリの胸こそわが港 わが浜辺だと

(アリア)

もしも 私の愛する宝が
いまいちど眼差しを向けてくれたなら
私はもはや殉難の責苦を忘れ
息を吹き返すことができよう

もはや危険を怖れることなく
もはや悩み 苦しむことなく
海に凪が訪れるようにして
魂は再び安らぎに戻るだろう