[リストへもどる]
一括表示
タイトルセーヌの祭典
記事No23
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:02
投稿者和高丸
すでにbbs3で推薦されている、R.キングのシリーズはどれをとっても実に聴き心地がいい。
彼はきっとそういったツボを心得ている指揮者に違いない。
「勝利のユディーダ」の出だしの部分なんか、なかなか圧巻だと思いました。

さてここで私が推薦しようと思っているのは、
ルパルルマンドゥムジーク(Le Parlement de Musique,M.Gester)の
「セーヌの祭典(La Senna Festeggiante)」[Accord 206172]です。
Ouvertureもさることながら、殊にCD1.トラック12のS.MacLeodのバリトンにしびれてしまいました。
それと、Y.今村の弾くテオルボが実に小気味よい。
ひょっとしてこのアンサンブルに限らず、フランスのアンサンブルが奏でるヴィヴァルディは
皆このように小気味のよいものなのでしょうか。
--------------------(2000年12月20日(水) 22時15分)

タイトルRE:セーヌの祭典
記事No24
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:04
投稿者黒猫地蔵
ああ、Geterという人はこの曲もやっていたのですか。知りませんでした。
私はクイラウディオ・シモーネ&カペラ・コロニエンシスで聴いています。
この曲はオーケストレーションが多彩で面白いですね。
ただこの演奏は歌手は上手なのですが、
寄合い所帯のバロックオーケストラをシモーネがうまく制御でていないところがあり、
響きがややがさつで重くなっています。
ご紹介の盤は未聴ですが、Gsterが指揮するシャルパンティエを引っ張り出して聴いたところ、
まさに「小気味よい」という表現がぴったりですね。
一般にフランスの古楽団体にはある種の「軽さ」があると思います。
人によってこれが頼りなく感じられることもあるようですが、
例えばマルゴワールの指揮するDixit Dominusなどは大変な快演だと思います。
--------------------(2000年12月30日(土) 23時22分)

タイトル「セーヌの祭典」入手しました
記事No25
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:06
投稿者安奈次朗
和高丸さん、こんばんは。

今日、前々から聴きたいと思っていた「セーヌの祭典」を入手しました。
前々から、渋谷、新宿などのCD店を機会があれば覗いて探し廻り、
それでも見つからず、もうなかば諦めていたのですが、
今日、銀座の山野楽器でようやく見付けることができました。(^_^)

> さてここで私が推薦しようと思っているのは、
> ルパルルマンドゥムジーク(Le Parlement de Musique,M.Gester)の
> 「セーヌの祭典(La Senna Festeggiante)」[Accord 206172]です。

まさにこのCDです。(^_^)

> 殊にCD1.トラック12のS.MacLeodのバリトンにしびれてしまいました。

今、このトラック12を聴きながら書き込みしているのですが、
本当に、颯爽としたオケをバックに朗々と歌うバリトンが気持ち良いですね!

これから聴き込んでいくのがとても楽しみです。
--------------------(2001年5月27日(日) 0時42分)

タイトルRE:「セーヌの祭典」入手しました
記事No26
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:07
投稿者和高丸
安奈さん、失礼しました。ちょっとBBS4を見るのをサボっていたら、
私に対するメッセージがあって、恐縮の至りです。

バロック音楽を聴くようになってからでも、声楽曲は言葉の意味も分からないし
レチタティーヴォがくどくどと長たらしくつまらないなと、当初は思っていたのですが、
そのイメージを崩したのが、AAMのバッハのマニフィカトと、
ヴィヴァルディのグロリアがカップリングされていたCDでした。
それから更に、ヴィヴァルディの声楽曲の魅力にとりつかれたのが
この「セーヌの祭典」なのです。
次から次へと沸き上がる楽想を、
得意の速筆で楽譜に書き込んでいる情景が目に浮かぶようです。

今、最近国内版で出たピケットのCDを注文中です。
このうちの「ディクシット・ドミノス」への序唱(RV635)が、未聴なので楽しみにしています。
--------------------(2001年5月30日(水) 21時39分)