[リストへもどる]
一括表示
タイトル作品8の第5〜12番
記事No2
投稿日: 2002/01/13(Sun) 09:56
投稿者安奈次朗
参照先http://home.att.ne.jp/sea/vierzehn/vivaldi/
作品8の第5〜12番が好きです。
初期の「調和の霊感」ももちろん素晴らしいのですが、
この1725年前後のヴィヴァルディの最も勢いのある時期の作品は
また別の魅力で眩しく輝いている気がします。

今日、久しぶりに第12番を聴きましたが、
第3楽章の終わりの部分など、その躍動感と眩しさに圧倒される思いがしました。
--------------------(2000年11月17日(金) 10時33分)

タイトルRE:作品8の第5〜12番
記事No3
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:10
投稿者黒猫地蔵
こんにちは。黒猫地蔵でございます。
作品8というのは、前半の4曲が「四季」のやつでしたね。
作品8は何種類か所有しているのですが、
4番まで聴いてあとは聴かないでしまうことが多かったように思います。
これって、チャーシューメンを注文して、
チャーシューを食べずに残してしまうようなものですね。
アカデミア・ビザンティーナの新盤で聴いてみました。
録音のせいもあるのでしょうが、
この演奏は特に弱音部分がはっとするほど美しく鮮明で、
色々発見させられる不思議な演奏です。
--------------------(2000年12月6日(水) 16時57分)

タイトルRE:作品8の第5〜12番
記事No4
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:13
投稿者安奈次朗
黒猫地蔵さん、こんばんは。
黒猫地蔵さんの「チャーシューメンを注文して、
チャーシューを食べずに残してしまうようなもの」という表現、素敵ですね。
まさにその通りだと思います。(笑)
この第5〜12番の演奏ですが、
私には、どうしてもイ・ムジチ+アーヨの録音が刷り込まれています。
「海の嵐」での人の叫び声のような32音符で駆け上がるパッセージ、
第8番第2楽章でのオペラの叙情的なアリアを思わせるような歌いっぷり…、
ほんとアーヨのソロは素晴らしいと思います。

今回、黒猫地蔵さんが挙げていらっしゃる、
アカデミア・ビザンティーナの演奏も聴きたくなってきました。(^_^)
--------------------(2000年12月7日(木) 1時29分)

タイトルRE:作品8の第7番
記事No5
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:18
投稿者木曽 博
はじめまして。木曽と申します。
「招き猫」で見て、やってまいりました。
よろしくおねがいいたします。

> 作品8の第5〜12番が好きです。
私も作品8の第7番が大好きです。
もちろん「四季」も好きですが、第7番は、
「上品な哀愁」みたいなものが感じられて美しい。
きょうも「作品8」を2枚目からかけています。
短い曲なのもいいですね。
「もっと聴きたい!」と、思わされてしまいます。

今聞いているのは、ホグウッド盤です。
--------------------(2001年1月8日(月) 8時4分)

タイトルRE:作品8の第7番
記事No6
投稿日: 2002/01/13(Sun) 10:20
投稿者安奈次朗
木曽 博さん、はじめまして。
「赤毛の司祭」へのご来訪どうもありがとうございます。

> 私も作品8の第7番が大好きです。

第7番のニ短調の協奏曲ですね。私もとても好きな曲です。
第一楽章の出だしから、リトルネルロ主題がとても良く歌っているのが
いいですね。
ソロとトゥッティが巧妙に気分を盛り上げて進行してゆくところも
素晴らしいと思います。
ソロが切々と歌い上げる第二楽章に続くのは、
リズミカルな主題がいかにもヴィヴァルディらしい第三楽章ですね。
途中ユニゾンで主題を活き活きと奏する部分がとても印象的です。

> 今聞いているのは、ホグウッド盤cです。

ホグウッド盤は、私は聴いたことがないのですが、
とても興味があります。

これからもよろしくお願いいたします。(^_^)
--------------------(2001年1月9日(火) 0時35分)