[リストへもどる]
一括表示
タイトルOP11−1
記事No193
投稿日: 2002/08/03(Sat) 10:46
投稿者ガラリオ
OP11−1って、もしタイトルがついていれば「嵐」かな?と感じています。全くの私見ですが。どっかにあるかも?

もし、この曲にタイトルがついていれば、こんなんかな?みたいなものを
奇特などなたか聞かせてほしいわん。

タイトルRe: OP11−1
記事No196
投稿日: 2002/08/06(Tue) 06:28
投稿者ブリリン
「 嵐 」と言うよりも、「 ゼフィルスのときめき 」って感じかなぁ・・。

RV583はタルティーニみたいだと思うのは私だけかしら。

第2楽章のアンダンテ(パッサカリア)は良いですね。
お気に入りなのです。(^o^)

タイトルRe^2: OP11−1
記事No197
投稿日: 2002/08/06(Tue) 21:24
投稿者arlecchino
ガラリオさんのスレッドを見ていて、私もブリリンさんと同じように感じました。 

11-1. は、「 嵐 」と言うよりも、高原の林を渡る微風と言う印象ですね。短い夏休みで五色沼、猪苗代湖と行ってきました。 CDを聴き直しまして、まさにその印象を髣髴とさせてくれました。 トーゾの弾くC.シモーネの演奏ですが、改めてこの組み合わせの存在に感謝します。

11-1.はRV207ですよね、 RV583は録音を持っていないんですが、私、タルティーニのV協も大好きなので、是非聴いて見たいです。 演奏はどちらがお奨めですか。

タイトルRe^3: OP11−1
記事No205
投稿日: 2002/08/14(Wed) 13:09
投稿者キアレッタ
作品11-1のイメージ、私は「雲の中の乱気流」かな〜。
イムジチの演奏で聴いています。
もしかしたらシモーネとは演奏解釈が違うのでしょうか。(^-^)

RV583って、第3楽章にヴィヴァルディ自身の書いた長いカデンツァのある曲ですよね。
私はシモーネとソリスティ・ヴェネティで聴きました。
LPです。CDが出ているのかどうかわかりません(汗)。
編成の大きな、重厚な曲という感じがします。

それにしても、いろんな曲の断片的なイメージはたくさん持っているのですけれど、
いざタイトルを付けるとなると、なかなか思い浮かばないものですね。(^-^;

タイトルRe^4: OP11−1
記事No206
投稿日: 2002/08/15(Thu) 20:14
投稿者和高丸
うーん、嵐か・・・。
なんか、これからすごいことが始まりそうな印象です。
第2楽章のピチカートが良い感じです。Tactus のイ・フィラルモニチで聴いています。
ハンニバルと戦ったローマ軍の行軍のイメージかな。今読んでいる本の影響ですが。

RV583 は、キアレッタさんが言っていたイソリスティと同じものなのかな。
CDでは手持ちが無く、LPはすぐに聴けない状態で、はっきりとした印象が湧きません。
オーケストラが2群有るというのだから、さぞかし大がかりな曲なのでしょうね。

タルティーニのコンチェルトの印象は、ラルテデラルコの演奏で一変しました。
なんだかブツブツ言っていて、何が言いたいのかのよく分からない彼のコンチェルトでしたが、
ラルテデラルコは実に上手く解読してくれました。
でも、タルティーニの本領は、ヴィヴァルディと違って、ソナタにあるのかも知れません。
しかし、コンチェルトはラルテデラルコが、 Dynamic からシリーズものを出してくれたおかげで、
ずいぶんたくさん聴くことができるようになりましたが、
彼のソナタは、有名な曲以外は未だに、なかなか手に入れることが出来ません。

タイトル恐る恐る
記事No208
投稿日: 2002/08/15(Thu) 21:16
投稿者ガラリオ
えっと、なんとなくOp8−5「海の嵐」に似通っているような気がしたので
また、Op11−2にも「お気に入り」なんてタイトルが冠されているものだ
から、またまたファンタジーで物言ってしまいました。第三の「海の嵐」だと
。イ・ムジチ盤も聴きますが、ベネティ盤もそんなに変わらん、と思いますが、私は刷り込みでベネティ盤に一日の長を感じます。
RV583のカデンツァについては、カーザ様のビバルディのビルトォジティーでも触れられそうです。お願いしましょう。ところでピゼンデルの無伴奏曲
については一曲だけテレマンの「忠実な音楽の師」に無伴奏Vnのジーグが聴けるのですが、他に今ピゼンデルのこの手の曲はCD化もしくはレコーディングされているのでしょうか?どなたか御情報を。ドイツ人達は無伴奏Vnの重音が好きなんでしょうか。ドイツ物には多いようです。ジェミニャーニにも無伴奏Vn曲がある、ようですが、マンチーニのチェンバロ・ソナタの編曲物だそうで?(どちらも未聴、ひどく無責任!20年ほど前にレコードあった。)な〜んだ、伊にはロカテリのカプリッチョ位しかないんかなーガッカリ。最近になってやっとこシンフォニア・レーベルからガッティが出したCDにG.コロンビの無伴奏のシャコンヌがあって、少しホッなの。しかしなんでD.ガブリエリの無伴奏Vcは結構レコーディングがあるのに、伊無伴奏Vn曲はレコーディングが少ないのかな。
やっぱもともと少ないんかな?逆に独の無伴奏チェロ曲はバッハ以外にもあるのかな?
ちなみに私の持っているピゼンデルのジーグはE.メルクスの演奏です。数分の短いジーグですが、カーザ様のおっしゃる通りの印象を持っています。余談ですが、メルクスといえばあのコレリのOp5の装飾版が思い出され、コレリといえばヘンデルの指揮で演奏していて、うまく弾けないコレリにヘンデルが「こうやってひくんだよ!!」と凄まれて「ザクセンの人(ドイツ人)よ、これは私の?私達の?(失念した!!)流儀ではない!」なんて反駁した、という逸話?が浮かんできます。

私もビバやん自身の手になるRV583のカデンツァが残っていることに感謝します。私もLPです。やっぱ姉妹ね〜、ブリリン姉さまもパッサカリア好き
だなんて!RV222の第二楽章も583に比べて控えめながら、同類として
楽しめますが。カルさん達は次のベスト・ヒットはこの曲、といっていた(FMで)そうですが、どうかね?

タイトルカデンツァなど
記事No209
投稿日: 2002/08/17(Sat) 12:44
投稿者キアレッタ
> RV583のカデンツァについては、
> カーザ様のビバルディのビルトォジティーでも触れられそうです。
> お願いしましょう。

賛成です。ヴァイオリン奏法を知らず、
ヴィルトゥオジティーの小指の先ほどの事もわからない私ですけれど、
カーザヴェーチャさんのお話は楽しみに読ませていただいております。
RV583やRV212aのヴィヴァルディのカデンツァについての印象のお話など、
是非聞かせていただきたいです。(^-^)

無伴奏といえば、以前にバッハのトッカータとフーガニ短調(BWV565)の原曲を
私はチェロ曲と書いてしまいましたけれど、武久源造さんの放送では
無伴奏ヴァイオリン曲というお話でした。失礼しました。
無伴奏曲は、通奏低音付きのソナタよりも、もっとムツカシそうだにゃ。