[リストへもどる]
一括表示
タイトル新たなる「四季」の世界
記事No191
投稿日: 2002/07/28(Sun) 22:14
投稿者tombi
参照先http://www.janis.or.jp/users/kaito
今日、MB(ミュージック・バード)で「新しい人は新しい『四季』をするという」テーマで4時間の番組を行っていました。今、丁度終わる所なのですが、楽しかったです。(時間が時間なので、全部が全部聞いてないのですが、録音してます。)
コンベルスム・ムジクム主宰の武久源造氏とコンサート・マスターの桐山建志をゲストに、アムステルダム初版譜ではなく、マンチェスター手稿譜に基づく最新の校訂版を用いた彼らの演奏をメインに、過去8種類の四季を聞き比べるというもの。古楽器もあれば、モダーン楽器もあってのこれらの聞き比べと、専門家のトークは実に面白く聞きごたえのあるものでした。私の持っているのは6種類かと思いますが、いやあ、四季もどんどん進化しているんですね。彼ら(コンベルスム・ムジクム)の演奏も滅法面白いですよ。春の第一楽章の雷というか(稲妻というか)をとっても通常2回鳴るところを4〜5回鳴らせています。演奏会に行けばもっと楽しめそうです。

タイトルRe: 新たなる「四季」の世界
記事No192
投稿日: 2002/07/31(Wed) 23:39
投稿者安奈次朗
参照先http://home.att.ne.jp/sea/vierzehn/hato/
tombiさん、こんにちは。

先日、演奏会を聴きに行ったのですが、
(BBS 3 No.263 「武久源造コンヴェルスム・ムジクムによる「四季」)
そうなんですよね、本当に刺激的!な「四季」でした。
武久源造さんと桐山建志さんのトーク、
どんな内容だったのか興味あります。(^^)

タイトルRe^2: 新たなる「四季」の世界
記事No194
投稿日: 2002/08/03(Sat) 12:28
投稿者tombi
参照先http://www.janis.or.jp/users/kaito
> 先日、演奏会を聴きに行ったのですが、
> (BBS 3 No.263 「武久源造コンヴェルスム・ムジクムによる「四季」)
> そうなんですよね、本当に刺激的!な「四季」でした。
> 武久源造さんと桐山建志さんのトーク、
> どんな内容だったのか興味あります。(^^)

芸大のヴァイオリン科同期生が24名で男が3人、桐山氏の他の2人が葉加瀬太郎やG−クレフだったなどの話から始まって様々なエピソード。

四季の様々な演奏(8種類)を紹介しつつ、コンヴェルスム・ムジクスはどのように解釈し、演奏しているかの比較紹介。

そしてCDによる全曲演奏。最後の1時間は鳥に関しての様々な演奏・話題。

といったように安奈さんが実演で聞かれ、BBS3に書かれた内容を舞台裏から話してくれる内容。きっと実演を追体験できることと思います。
私も放送を聞き、実演に接したくなりました。

勿論、安奈さんには送ります。4時間番組でしたのでDAT120をLPで録音しています。元々は48kHzのものが32kHz(BS−A放送並)の音質になってしまってTalkは兎も角、特に四季の全曲CDは残念ですが。MP3はPCとオーディオ装置が遠いため、CD−Rの青焼き4枚組で送りますね。(放送番組なのでおおっぴらにかけて良い(¨;))

タイトルRe^3: 新たなる「四季」の世界
記事No195
投稿日: 2002/08/04(Sun) 18:06
投稿者tombi
参照先http://www.janis.or.jp/users/kaito
青焼きしながら聞いていると6月21日安奈さんが出かけていった演奏会の話も続々。プログラムのミスとか桐山氏の酔っぱらい振りだとか色々。

MP3の方も出来ましたので、CD−RとMP3と両方で送ります。
ただMP3量的には1枚で済むので良いのですが、PCの前で4時間番組を聞くというのもねえ。汎用のMP3player少ないですし。圧縮で音はその分落ちるわけですし。

あ、コンヴェルスム・ムジクスの「四季」は正規盤を買いましょう。恐らくこの番組を聞けば絶対買いたくなるはずです。

又、このスレをご覧の皆さんでこの番組を聞きたいという方は私か管理人さんの方にご連絡下さい。

滅茶苦茶楽しいですよ。ソネットを読み直し、又尚かつ楽譜を見直して(私が最初に買ったイムジチのLP、楽譜付きだったのです。昔は良かった・・・・とおじさんはぼやく)、目から鱗です。四季ってこんなに情報がいっぱいだったのかと思われること必至です。

タイトルRe^4: 新たなる「四季」の世界
記事No202
投稿日: 2002/08/13(Tue) 15:49
投稿者キアレッタ
tombiさん、ありがとうございます。m(_ _)m
安奈さんの御相伴にあずかる恰好で、私も録音を送っていただきました。
tombiさん、お手数をおかけしました。本当にありがとうございました。m(_ _)m

武久氏の「四季」はテンポがゆっくりめですね。
ポルタメントがいっぱい尾を引く感じで、不協和音も目立つというか・・・。
第一印象、思わず「『四季』が発酵しちゃってる〜」なんて思ってしまいました(笑)。
カマンベール・チーズみたい・・・。変なたとえですみません。
でも、おもしろかったです。
抵抗なく「おもしろい」と思えたのは、
武久氏の演奏解釈やソネットの説明を同時に聞いて、
この演奏がソネットに沿った解釈がされているという事が納得できたからなのかも。
BBS3でジムプチリウスさんが
「ヴィヴァルディがもしこの演奏を聴いたら怒るかもしれないけど」
って仰っておられましたけれど、私は、
「ヴィヴァルディが聴いたら、笑うかも〜」なんて思ってしまいました(こらこら)。

ところで、この放送のあった日、7月28日はヴィヴァルディの命日だったのですけれど、
放送の中で、「そういえば今日はバッハの命日ですね」という話題は出てましたけれど、
「ヴィヴァルディの命日」という話は出てましたでしょうか・・・。
ヴィヴァルディはもっともっと、全人格的な人間像が
理解されても良い音楽家だと思うのは、やっぱり私だけ?(^o^;

タイトルRe^5: 新たなる「四季」の世界
記事No203
投稿日: 2002/08/13(Tue) 22:27
投稿者tombi@実家
参照先http://www.janis.or.jp/users/kaito
キアレッタさん、今晩は。実家からのカキコです。
普段の常時接続とは異なって全く普通の電話+モデムですので一旦回線を切ってからの
メモ帳でのレス、保存した後の投稿になります。電話代節約。

> tombiさん、お手数をおかけしました。本当にありがとうございました。m(_ _)m

いえいえとんでもないです。この番組の面白さ、コンベルスム・ムジクムが何を狙って
やっているのか、更にはヴィヴァルディって四季だけでもこんなに楽しめてしまうのか
って共感していただける方がいるだけでも大満足です。

> 武久氏の「四季」はテンポがゆっくりめですね。
> ポルタメントがいっぱい尾を引く感じで、不協和音も目立つというか・・・。
> 第一印象、思わず「『四季』が発酵しちゃってる〜」なんて思ってしまいました(笑)。
> カマンベール・チーズみたい・・・。変なたとえですみません。
> でも、おもしろかったです。

さわやかなイムジチの四季から始まってドイツ的なミュンヒンガーの四季、そこに殆どまだ無名の
アーノンクールの四季を聞いたときには、革新的ではあるものの「ゲッ」と感じたものです。
嫌いではあったけれどまだまだカラヤンのレガートな四季の方が良いかと。しかし今回の
コンベルスム・ムジクムの四季を聞くに及んで、いやいやたとえ四季であってもまだまだ研究の
余地があるぞと感じさせてくれました。アーノンクールは遥かに先に行っていたのかもしれません。
なにせ私の持っているアーノンクールの四季はLP盤ですので。

> 抵抗なく「おもしろい」と思えたのは、
> 武久氏の演奏解釈やソネットの説明を同時に聞いて、
> この演奏がソネットに沿った解釈がされているという事が納得できたからなのかも。

まさにその通り。私もこれを聞いて、一番最初に買った時についていたイムジチ盤の四季の
ソネット・楽譜をもう一度最初から見直すようになりました。今までそれほど注意することなく
眺めていたものですから。鳥の鳴き声やら、稲妻、雷、犬の鳴き声、酔っ払い、暖炉の火など
今まで以上に注意するようになりました。恐らくは演奏者の視点から語られているのでその面白さ
ではなかろうかと思えます。時代とともにヴィヴァルディは生きているのだなあと実感できます。

> BBS3でジムプチリウスさんが
> 「ヴィヴァルディがもしこの演奏を聴いたら怒るかもしれないけど」
> って仰っておられましたけれど、私は、
> 「ヴィヴァルディが聴いたら、笑うかも〜」なんて思ってしまいました(こらこら)。

いや、私もキアレッタさんに同感です。安奈さん始め実演を聞いた方はみんな楽しんでいる様子が
伝わってきますよね。ラテン気質、恐らくは笑って楽しんでしまうのではないでしょうか。

> ところで、この放送のあった日、7月28日はヴィヴァルディの命日だったのですけれど、
> 放送の中で、「そういえば今日はバッハの命日ですね」という話題は出てましたけれど、
> 「ヴィヴァルディの命日」という話は出てましたでしょうか・・・。
> ヴィヴァルディはもっともっと、全人格的な人間像が
> 理解されても良い音楽家だと思うのは、やっぱり私だけ?(^o^;

私も知りませんでした。あの放送を聴いた後、こちらの掲示板に来て「あらら、7月28日は
ヴィヴァルディの命日でもあったのか。」と知った次第です。(^^ゞ

放送録音て割と何回も聞くことが多いと思います。私、今でも宝にして何度も聞いているのは
かつてNHKFMの「音楽夜話」という番組でドイツ文学者の小塩節さんが語られたシャリアピン
との出会い音楽です。きっとこの武久氏と桐山氏の話もきっとこれから何回も聞くことになる
だろうと思ってます。

タイトルRe^6: 新たなる「四季」の世界
記事No204
投稿日: 2002/08/14(Wed) 13:04
投稿者キアレッタ
tombiさん、皆さん。
ヴィヴァルディの命日は、バッハと抱き合わせでもいいから、
覚えてやってくださいませ〜。(^-^;
バッハは1750年7月28日、ヴィヴァルディは9年遡って、1741年7月28日です。

タイトルtombiさん、ありがとうございます
記事No207
投稿日: 2002/08/15(Thu) 21:07
投稿者安奈次朗
参照先http://home.att.ne.jp/sea/vierzehn/hato/
tombiさん、こんにちは。

お気遣いいただきましてすみません。
CD-R、どうもありがとうございました。m(_ _)m

また後日、感想など書き込ませていただけましたら・・・と思います。(^^)