[リストへもどる]
一括表示
タイトルRV106
記事No15
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:32
投稿者和高丸
以前体調を崩してしばらく会社を休んでいたとき、この曲を聴いて癒しとしていました。
癒しとするような明るい曲ではなく、どちらかというと暗い曲です。
あの奔放に生きていたようなヴィヴァルディが一人になったとき、
自分の老い先をふと映し出したような曲です。
自分でもこんな曲を聴いたら余計に暗くなるなあと思った記憶があります。
いくつかCDがありますが、
Il Giardino Armonico "Concerti da Camera Vol.3" [Teldec] で聴きました。
--------------------(2001年1月2日(火) 20時26分)

タイトルRE:RV106
記事No16
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:33
投稿者安奈次朗
和高丸さん、こんにちは。
RV106をL'ASTREEの演奏(OPUS111, OPS 30-264)で聴いてみました。

第一楽章は暗めの曲調ながらもフラウト・トラヴェルソのソロが
コロコロと軽やかに活躍していて、私はむしろ華やかな印象を受けました。
第二楽章の出だしは、Op.4-1の第二楽章を思い出しました。
短いながらも美しい楽章ですね。
第三楽章が最も気に入りました。
ヴィヴァルディらしい、軽快な3/8拍子の楽章だと思います。

それにしても、この弦楽を伴わない室内協奏曲というジャンルは
とても耳に優しい印象を受けますね。
各楽器の音色を存分に楽しむことができ、
静かな夜に耳を傾けると本当に充実した気分に浸ることができます。
--------------------(2001年1月8日(月) 1時23分)