[リストへもどる]
一括表示
タイトルCDを買いました
記事No136
投稿日: 2002/05/11(Sat) 04:31
投稿者SAKAIACE
 
 こんにちは。以前訪問した者です。
 CDを買いました。
 ULTIMAレーベル:指揮CORBOZ:1976年の録音を1997年にREMASTER
 した二枚組みです。元がアナログテープなので音質的な鮮明さが
 今一歩ですがまあまあ良いです。演奏的には、ややシンフォニック 
 で、今の流行と違いますが、すっきりしていながら感情表現が
 豊かな名演の一つだと感じました。 
 曲目はGLORIA:RV589、KYRIE:RV587、CREDO:
 RV591、MAGNIFICAT:RV610、BEATUS VIR:RV597等で,
重要なところをかなり押さえてあるのではないかと思いました。
  
 中でもLAUDA JERUSALEM RV609と言うのは名曲ですね。約7分半
 の演奏ですが、約1分のコーダで主題を最後に展開して見せる
 所はいつもながら「お見事」な手並みです。また2人のお姉さん
 (ソプラノ)の掛け合いも声質の違いまで計算に入った作り方
 のようで、左右から責められて思わずとろけそうな感じです。

 この曲を聞いて何かを思い出すと思ったら、ワーグナーの
 ワルキューレの騎行が同じ三拍子で、出だしのところなんか
 似ているでは有りませんか!! まさかワーグナーがビバルディを
 パクるとは思いませんが、バロックを超越する感覚の新しさ
 と言う事ではないでしょうか?
 いろいろと勝手な事を書きましたが、笑って下さい。
 それではまた。   

タイトル詩篇147(RV609)
記事No139
投稿日: 2002/05/12(Sun) 21:04
投稿者和高丸
SAKAIACEさん。こうして曲名が挙げられると聴いてみたくなり、CDは違うのですが、
早速、"Lauda Jerusalem"RV609 を聴いてみました。
なんともドラマチックですね。映画の始まりのようです。
ヴィヴァルディの宗教曲の素晴らしさは、
コンチェルトやソナタにはない、劇場性があるというところでしょうか。
もともとストーリー?があるのだから、当然と言われれば当然なのですが。

ネットで調べてみると、詩篇147は、
> エルサレムの復興を感謝する詩で、イスラエルに対する主の特別な恵み・・・
と、ありました。イスラエルという国が戦後出来た時、ユダヤの人たちは、
2000年以上前の神の予言が成就した、と彼らの神に感謝を捧げたそうですが、
今の状況を見ると、憎しみが憎しみを生み、
なんだか、やり切れないというか、割り切れないと言うか、そんな思いです。
個々の民族だけのことを考えず、どこの国の人々も、
恩讐を超えたところにある、もう一つ上の世界になって欲しいと思うのですが、
あとは時間が、凝り固まったものを溶かすまで、解決は難しいかな。と、
ちょっと、政治的発言になりました。

個人の純粋さは、場合によっては他の人々にとってずいぶん迷惑な事になるのは、
宮城谷氏の描く世界を読んでも、ローマの歴史を読んでも思うことなのですが、
ここでは、そんな深読みはせず素直にその芸術を楽しみたいと思います。
どのみち、私には歌われている語句が理解できないと言う、
悲しい現実があるので・・

それから、「ワルキューレの騎行」、名前はよく聞くので、
きっと聴いたことがあるのでは、と思いながら試聴してみたら、案の定よく耳にする曲でした。
共に、これから何か始まるぞ。という印象を強く感じました。
でもパクりはワーグナーに悪いですね。
心象を音楽に表したら、優れた芸術家同士たまたま似てしまった、と言うことでしょうか。

タイトルコルボ
記事No140
投稿日: 2002/05/14(Tue) 14:20
投稿者キアレッタ
> SAKAIACEさん

> ULTIMAレーベル:指揮CORBOZ:

ERATO 0630-18969-2 ですね。私も持っています。(^-^)
ヴィヴァルディの宗教曲を初めて聴いたのが、コルボ指揮の「グローリア」でした。
今でも宗教曲のいくつかは、コルボ指揮のものが私の中ではスタンダードになっています。
「LAUDA JERUSALEM RV609」。私も聴きなおしてみました。
合唱と二人のソプラノで、短いけれど盛りだくさんな内容ですねー。
こういう小品に、ヴィヴァルディの良さや「らしさ」がギュッと詰まっていて、
聴かせてもらえる感じがします。(^o^)

> 和高丸さん

> 個々の民族だけのことを考えず、どこの国の人々も、
> 恩讐を超えたところにある、もう一つ上の世界になって欲しい

同感です。世界中の人々の考えがひとつにまとまる事ではなく、
国により民族により、異なる言葉、伝統、価値観、宗教そのままに、
お互いの違いをこそ認め合い、理解し合い、尊重し合う事はできないのでしょうか。
私が言ってもあんまり説得力はありませんけれど(汗)。

> どのみち、私には歌われている語句が理解できないと言う、
> 悲しい現実があるので・・

詩篇や福音書に基づく宗教曲の場合、聖書が一冊あると便利です。
一度買っちゃえば一生モノ・・という事で
(でも結構値は張るのでしょうか)。(^o^;

タイトル声楽曲
記事No141
投稿日: 2002/05/22(Wed) 05:31
投稿者SAKAIACE

皆様

 丁寧なレスありがとうございました。
 詩篇147の内容は、いろいろな聖書の研究サイトに紹介されて
 いました。私はこの部分が聖書全体の中でどんな位置づけ
 なのか分からないのですが、曲は当時の教会や
 ピエタの演奏会でどのような場合に演奏されていたの
 でしょうか。

 Vivaldiの声楽曲についてはどれも素晴らしい魅力にあふれて
 いて、
 彼がオペラ作家として自信を持っていたというのが理解
 できます。今後、この方面が再評価されて行く事を
 期待するものです。本当に「器楽と異なるもうひとつの世界
 が有る!」と思います。 

 また全体に女声の曲が多いように感じますが、何か男声の
 注目曲がありましたら聞いてみたいので、どなたか教えて
 下さい。よろしくお願い申し上げます。
 それではこのへんで失礼します。

タイトルRe: 声楽曲
記事No142
投稿日: 2002/05/23(Thu) 09:52
投稿者キアレッタ
> SAKAIACEさん

> 曲は当時の教会やピエタの演奏会でどのような場合に演奏されていたのでしょうか。

キング盤(ROBERT KING 指揮)のヴィヴァルディ宗教曲集第1集
(hyperion CDA 20769)の英文ライナーの "Lauda, Jerusalem" の
項を見ると、「復活祭の日曜日」といった文字があるようです・・・。
すみません、辞書を引くのをさぼっています。
どなたか訳してくださいませ〜。(^o^;

> 何か男声の注目曲がありましたら

"Deus tuorum militum"(RV612)や "Confitebor tibi, Domine"(RV596)が
好きなんですけれど、注目曲かどうかは・・・?
共に、キング盤宗教曲集第5集(hyperion CDA 66799)に収録されています。
純粋な男声曲ではなく、RV612はコントラルトとテノールの二重唱、
RV596はコントラルト、テノール、バスの三重唱です。
でもコントラルトの部分は、ネグリ盤(10枚組 Philips 462 234-2)では、
カウンターテノールで歌われていて、
私には「男声曲」という印象が強いのですけれど・・・だめでしょうか?(汗)

タイトル2: 声楽曲
記事No149
投稿日: 2002/06/02(Sun) 16:29
投稿者SAKAIACE
> "Deus tuorum militum"(RV612)や "Confitebor tibi, Domine"(RV596)が
> 共に、キング盤宗教曲集第5集(hyperion CDA 66799)に収録されています。
> 純粋な男声曲ではなく、RV612はコントラルトとテノールの二重唱、
> RV596はコントラルト、テノール、バスの三重唱です。

RESをありがとうございます。キング版の第五集はStabat materを
聞こうと思って、丁度手に入ったところです。両方ともVivaldi
らしい名曲でしたが、何となくコントラルトのお姐さんに
リードされている印象ですね。
Vivaldi特有の動きの早いPASSAGEは、女声に合っているの
でしょうか?
でも各声部の掛け合いの見事さはどれも絶妙でした。

タイトルRe: 声楽曲
記事No143
投稿日: 2002/05/23(Thu) 20:24
投稿者和高丸
かなり前に、紹介したことのある曲ですが、
その曲には登場人物が3人いて、セーヌ役はバリトンで歌っています。
そのおすすめ曲とは、セレナータ「セーヌの祝典(LaSennaFesteggiante)」RV693、です。
現在は入手困難のようですが、このレーベル(Accord)が
ユニヴァーサルから新たに出ているようなので、再発売があるかも知れません。
ほかに「主が家を建てられるのでなければ」RV608 などは、
カウンターテノールで歌っているものがいくつか出ているようですね。