[リストへもどる]
一括表示
タイトルディクシット・ドミヌス
記事No12
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:23
投稿者黒猫地蔵
ヴィヴァルディの宗教音楽は、
ヴィヴァルディの様々な側面が鳥瞰できるという点でも非常実興味深いと思いますが、
今回ご紹介いたしますのはフランスの鬼才マルゴワール指揮で
英国バッハ祝祭管弦楽団・合唱団によるディクシット・ドミヌス(RV594)です。
2群の合唱とオーケストラによるステレオ効果も面白く、
軽快な曲・しみじみとした曲がバランスよく組み合わさって、
ヴィヴァルディの宗教音楽入門にうってつけと申せましょう。
もう一曲あるディキシット・ドミヌスよりも外面的で深みに欠けると感じる方も
おられるかもしれませんが。
最後のフーガも聞き物です。
この曲に関しては私はキング盤よりもこのマルゴワール盤のほうが好きです。
キング盤では最後の審判の場面のトランペットが、
ややテンポが速すぎて厳かな雰囲気が損なわれているように感じます。
ネギリ盤やコルボ盤ではどうなっているのでしょうか?
マルゴワールの演奏の特色は、
ひと昔前のイギリスの団体のようなこれみよがしな
「きらきら」「ぴかぴか」したところがなく、
やや鄙びた音色を醸し出すのが非常に得意で、
要所要所ではぐっと引き締めるということだと思います。
この指揮者の長所とイギリスの演奏家の長所が組み合わさって
プラスに出た名演と申せましょう。
マルゴワールのヴィヴァルディは私が知る限り他に
「四季」と「聖母マリア生誕の夕べの祈り」が聴けます。
「夕べの祈り」の方は、
ヴィヴァルディの色々な宗教音楽を組み合わせてそれらしくしたものです。
--------------------(2000年12月30日(土) 23時47分)

タイトルRE:ディクシット・ドミヌス
記事No13
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:25
投稿者和高丸
私は、キング盤と下記の盤しか持っていないので、よく分からないのですが、
ご紹介のたぶん「聖母マリア生誕の夕べの祈り」と思うCDが手元にあります。
なにぶんにもフランス語とおぼしき言葉で書かれているためよく分かりません。
AstreeAuvidis E8520 (Direction:J.C.MALGOIRE) とあります。
ここに入っているディクシット・ドミヌスは、作品番号が書かれていないけれど、
キング盤で両方を聴き比べてみると、どうもRV595のようです。
ということは、マルゴワール氏は両方のディクシット・ドミヌスを演奏したと言うことなのかな。
今、改めて聴いてみると、どちらもそれぞれに味わい深いという印象です。

ちと専門的になると、分かったような分からんようなヴィヴァルディファンではありますが
2001年もよろしく。
--------------------(2000年12月31日(日) 21時17分)

タイトルRE:ディクシット・ドミヌス
記事No14
投稿日: 2002/01/13(Sun) 11:28
投稿者黒猫地蔵
先日購入いたしました化け物のような40枚組の中にはRV595の方が収録されています。
●Leusink指揮オランダ・バッハ少年合唱団、
オランダ・バッハ・コレギウム(古楽器による)ソロはあまりよく知らない人たち
合唱・ソロ・オーケストラいずれも技術的にはロバート・キング盤に劣り、
音程もやや甘く不安定なところもあります。
しかし参加者が一生懸命に、しかも楽しんで演奏している有様がひしひしと伝わります。
2曲目の合唱が各パート入ってくるところなどほとんど怒鳴っているように聞こえますが、
決してマイナスの要因になっていません。
スーザン・ウィリアムズの、物怖じしない堂々としたバロックトランペットの吹きっぷりも痛快です。
この人たちは最近バッハのカンタータ全曲録音という快挙を短時間で成し遂げた人たちです。
他の宗教曲も楽しみです。
--------------------(2001年1月16日(火) 21時40分)