[リストへもどる]
一括表示
タイトルRe: RV271『恋人』
記事No388
投稿日: 2004/01/25(Sun) 18:47
投稿者和高丸
この曲名は結局のところ「恋人」では不正確ということで、
とは言っても、世間での言い方を簡単に変えるわけにも行かないでしょうから、
当面はそのままでいいでしょうが、
それではということで、より正確な訳語は「恋する人」で良いのでしょうか。
> たまたま、雑誌を見ていたら、表題が「アモローソ Amoroso 」というCDが載っていて、
プロコフィエフの「愛を込めて(アモローソ)」という曲が収めているとのことです。 
はて、アモローソとは ?

ラモーやクープランにも、わさわざ女性冠詞をつけて、
日本語では表現しきれないものを表現していることがあります。
それらにはよく「〜の女」という訳を付けていますが、
これでは本来のニュアンスがなくなっているようにも思うのですが、
もっと絶妙な訳はできないかな。どんなものなのでしょう。

タイトルRe^2: RV271『恋人』
記事No389
投稿日: 2004/01/27(Tue) 00:49
投稿者カーザヴェーチャ
> より正確な訳語は「恋する人」で良いのでしょうか。

こればかりは、ヴィヴァルディ自身に聞いて見なければ本当のところは分からないのですが、
可能性は少なくとも4つあると思います。
@作曲の依頼主、あるいは献呈先をコンメーディア・デッラルテのお定まりの登場人物である恋する若い男に擬した。
この場合は『アモローソ』。目的は歓心を得るためでしょうか。
Aピエタの合奏団合唱団団員、あるいは生徒のあこがれの的を、コンメーディア・デッラルテの
お定まりの登場人物である恋する若い男(アモローソ)に擬した。この場合なら『愛しい貴方』。
彼女達をちょっと喜ばせたかったのでしょうか。作曲したのが50歳に手が届きそうな頃とすれば、
国際的な名声をも手中にした大の大人ですから、若いハンサムな男に対してそれぐらいの度量は持てたのでは。
Bこれはあまり想像したくないのですが、恋している自分を何とコンメーディア・デッラルテのアモローソに見立てた。
この場合は『アモローソ』などという客観的な題名より、思い切って『恋する男』にしたほうがよいでしょう。
ただし、当時は筆写譜で流布させますし、その前に当然ピエタの女子達に演奏させたでしょうから、
若い頃の作曲ならいざ知らず、陰では彼女達から相当顰蹙を買ったのでは。
Cこれは、もう絶対に想像したくないのですが、自分の恋人から見た自分。
この場合は紛うことなく『愛しい人』。これはもう天地がひっくり返るほどの大大ナルシスト!!

それと、もうひとつ、この時すでにアンナ・ジローに恋をしていたという線にも、
私は今では大きなハテナマークを付けいています。アンナは歌手ですから、
もし彼女に対するわが思いを音楽に託したければ、アリアに手を加えて歌わせるほうが、
より手っ取り早いわけで、わざわざヴァイオリン協奏曲を書く必要もなかったでしょうし、
Bや最悪のCの場合なら、ピエタの演奏家たち(かの有名なアンナ・マリーアは1696年生まれ、
もう一人の名手アンナ・マリーアは1707年か08年生まれ)や生徒達(キアレッタは1718年生まれ)から、
「先生、どなたのことを想って作曲されたのですか?」と質問されてやぶへびになってしまったでしょう。
それに、作曲の頃のアンナ(17歳ぐらい)はヴィヴァルディのオペラに登場し始めて2年も経っていませんし、
ヴィヴァルディの専属のオペラ歌手ではなく、ガルッピやハッセのオペラにも出演しています。
また、おそらく12歳の頃から彼女のパトロンをしていたマッサ・ディ・カラーラ公爵の影響力もまだ薄れていなかったでしょうから、
わざわざ公の不興を買うような危ない恋のゲームに手を出すほど分別がなかったとは思えません。
何しろ、ウィーンの宮廷への奉職という可能性も目の前にぶらさがっていたのですから。

> たまたま、雑誌を見ていたら、表題が「アモローソ Amoroso 」というCDが載っていて、
> プロコフィエフの「愛を込めて(アモローソ)」という曲が収めているとのことです。 
> はて、アモローソとは ?

これは作品102の「バレエ音楽『シンデレラ』からの6つの小品」のことですね。
この場合は音楽用語のアモローソ(愛らしく、愛情を込めて)ではないでしょうか?

タイトルRe^3: RV271『恋人』
記事No390
投稿日: 2004/02/03(Tue) 13:40
投稿者キアレッタ
> ピエタの演奏家たち(かの有名なアンナ・マリーアは1696年生まれ、
> もう一人の名手アンナ・マリーアは1707年か08年生まれ)や
> 生徒達(キアレッタは1718年生まれ)

キアレッタってそんなに若かったんですか〜。
アンニーナよりまだ8歳も年下ですね。
やったね!(って何を無意味に喜んでいるんだか・・・)(^^;
これからはあんにーなさんの事をお姉さまって呼ぼうかしらん?

カーザさん、キアレッタの出自についての史料は何か残っていないですか。
やっぱり捨て子ちゃんだったのでしょうか。

タイトルキアレッタのこと
記事No391
投稿日: 2004/02/04(Wed) 09:13
投稿者カーザヴェーチャ
キアレッタなど、ピエタの演奏家達については、ミッキー・ホワイト女史が、
INFORMAZIONI E STUDI VIVALDIANIの第21巻(2000年刊)に、
"Biographical Notes on the "Figlie di coro" of the Pieta' contemporary with Vivaldi"
(ヴィヴァルディと同時代のピエタの「合唱・合奏の女子」に関する伝記風覚書き)
という題名の論文を発表しています(pp.75-97.)。
それによると、キアーラChiara愛称キアレッタChiarettaは、1718年4月21日に、
生後わずか2ヶ月でピエタ慈善院に引き取られました。両親については不明です。
付属音楽院の合奏団合唱団に入ったのが1729年。9歳のときです。最初はヴァイオリニストとして活躍し、
アンナ・マリーアの後を継いでソロ・ヴァイオリンを受け持ちましたが、
その後ソプラノ歌手となり、ヴィヴァルディが亡くなった翌年の1742年(24歳)には
オルガンの勉強を始めます。そして、1754年8月23日(36歳)に特待団員
(フィーリア・プリヴィレジャータfiglia privilegiataというのは特に優秀な団員で、
ピエタの外から弟子を取ることが許されていました)となり、1762年7月30日にはマエストラ
(女性のマエストロすなわち教師)にまで登りつめています。カタル性の発熱で亡くなったのは1796年10月23日。
享年78歳でしたから、当時としてはかなりの長寿でした。
弟子には、ヴァイオリンが2名、歌とオルガンが各1名いましたが、皆無名です。
ヴィヴァルディはキアレッタのために、少なくとも7曲作曲しています(RV222, 372a, 787, 792, 794
それにRV609と611のソプラノのパートです)。また、ヴィオラ・ダモーレ奏者でもあったことから、
ヨハン・バプティスト・ルンカー、アントニオ・マルティネッリ、ロレンツォ・モリーニ通称レッジャーノが
それぞれ彼女のためにヴィオラ・ダモーレ協奏曲を、そしてフルジェンツィオ・ペロッティがオルガン協奏曲を、
さらにはジェンナーロ・ダレッサンドゥロが『ミューズの合唱』(1740年)を、
ニコラ・ポールポラが宗教曲を彼女のために捧げています。