[リストへもどる]
一括表示
タイトルL'amoroso 恋人(BBS1より移動) 
記事No402
投稿日: 2004/02/10(Tue) 01:06
投稿者あんに−な
〔以下は、アンニーナさんがBBS1に投稿された画像付きの5本のスレッド
(2004/01/24(Sat) 08:49 No.2093、2004/01/24(Sat) 08:53 No.2094、
2004/01/24(Sat) 08:57 No.2095、2004/01/24(Sat) 09:01 No.2096、
2004/01/24(Sat) 09:06 No.2097)を、管理人がテーマに沿って、まとめてこちらに
移動させていただいたものです。〕

(レスの帯が長くなってしまったので、こちらに改めてすみません)

キアレッタさんのリクエストを頂き、「L'amoroso恋人」の自筆譜を貼ってみたいと思います。
(トリノの図書館で「研究目的」という厳しい制限でコピ−を頂いているため、1ペ−ジ分すべては載せられません、ごめんなさい)

1ペ−ジ目、上半分
http://homepage3.nifty.com/casavecia2/jpg/rv271_01.jpg

1ペ−ジ目上のサイン
http://homepage3.nifty.com/casavecia2/jpg/rv271_02.jpg

右上、タイトル部分
http://homepage3.nifty.com/casavecia2/jpg/rv271_03.jpg

問題の計算式書き込み部分(2ペ−ジ目、左余白)
http://homepage3.nifty.com/casavecia2/jpg/rv271_04.jpg

2ペ−ジ目、下余白部分
http://homepage3.nifty.com/casavecia2/jpg/rv271_05.jpg

タイトルRe: L'amoroso 恋人(BBS1より移動) 
記事No403
投稿日: 2004/02/10(Tue) 01:27
投稿者ガラリオ
〔以下は、ガラリオ さんがBBS1に投稿された2004/01/24(Sat) 10:12 No.2098を、管理人が移動させていただいたものです。〕

あんにーな様
訳詞ありがとうございました。
私の理解力不足で詞の意味がスンナリ分からないのがもどかしいのですが、声楽苦手の私もいっぺんに虜になった曲です。
プレゼントは、、、、自分は嵐とかデーモンとか地獄が何でか!?相性が良いようです。「海の嵐」もそうだし、Op11−1(もしかして?)とかも。自分にしときます。
ビバルディの計算式はいいですね。とても親しみが湧きます。何でも本物を自分の目で確かめる、観察するというのはどんな分野でもとても重要で面白く、新事実を発見する、、、、、。
刺激的な毎日です。 感謝感激!!ビバ・ビバやん!!

タイトルRe^2: L'amoroso 恋人(BBS1より移動) 
記事No404
投稿日: 2004/02/10(Tue) 01:30
投稿者カーザヴェーチャ
〔以下は、管理人カーザヴェーチャ がBBS1に投稿した2004/01/24(Sat) 10:23 No.2099を、自ら移動したものです。〕

これは素晴らしい!
やはり何と言っても自筆のものと言うのは、まるで本人の分身と向き合っているような実在感があります。
おっしゃるとおり、非常に丁寧に記譜されていますね。作曲に十分時間をかけられたのかもしれません。

ところで、管理人としてのお願いですが、できればテーマ別のBBSにお書き込みいただきますと、
検索も含めて後からご覧になる方の便宜ともなりますので、各BBSの分類テーマに沿った話題は
そちらのほうにお張りになるようにお願いいたします。ちなみに、「L'amoroso 恋人」については
BBS4に新たにスレッドをたてております。また、こちらのスレッドは後日移動させていただきますので、
何卒ご了承願います

タイトルRe^3: L'amoroso 恋人(BBS1より移動) 
記事No405
投稿日: 2004/02/10(Tue) 01:32
投稿者キアレッタ
〔以下は、キアレッタさんがBBS1に投稿された2004/01/28(Wed) 08:53 No.7を、管理人が移動させていただいたものです。〕

ある日、アントニオ・ヴィヴァルディは、協奏曲の作曲依頼を受けました。
依頼した顧客の男性は、その時、恋をしていました。
そこでヴィヴァルディは、その協奏曲に
l'amoroso というタイトルを付ける事を思い付きました。
ところがちょうどその頃、ヴィヴァルディ自身もまた、
アンナ・ジローに(片想いの)密かな恋心を感じる日々でした。
この年になってあんな若い娘に恋をするなど、私もやきがまわったか
・・・と多少の自嘲とともに微笑ましい気分にも浸りながら作曲されたその曲は、
期せずしていたる所にアンニーナへの想いが織り込まれたものになりました。
この曲はヴィヴァルディにとっても会心の作でしたので、カール6世にも献呈されました。

ただのファンタジーですので、「史実と違う」というツッコミは無しにしてね。(^-^)

タイトルRe^4: L'amoroso 恋人(BBS1より移動) 
記事No406
投稿日: 2004/02/10(Tue) 01:35
投稿者カーザヴェーチャ
〔以下は、管理人カーザヴェーチャがBBS1に投稿した2004/01/28(Wed) 12:05 No.8を自ら移動したものです。〕

たしかに、こういう可能性も否定できませんから、
あながちファンタジーとしては片付けられないかも。

タイトル>可能性は否定できない (BBS1より移動) 
記事No407
投稿日: 2004/02/10(Tue) 01:39
投稿者 キアレッタ
〔以下はキアレッタさんが投稿された2004/02/03(Tue) 09:34 No.10を、管理人が移動させていただいたものです。〕

ホントですか〜、ホントですか〜。
カーザさん、ありがとうございます。
では「ファンタジー」ではなく「仮説」に昇格させてください〜。
(と調子に乗るキアレッタ)(^o^)

もしあんにーなさんがお気に召してくださったら、
この「想像のファンタジー」をあんにーなさんに差し上げます。
あんにーなさん、元気出してくださいね。
それから、サンちゃんのおっちゃん(失礼、サントゥリーニさん)も、
ゴキゲン直してくださいませ。

ファンタジー万歳。ヴィヴァルディ万歳。
みんなでヴィヴァルディ・ワールドを楽しみましょう。
すべてマエストロ・ヴィヴァルディの思し召しですね。(^-^)