[リストへもどる]
一括表示
タイトルRV271『恋人』
記事No387
投稿日: 2004/01/23(Fri) 12:50
投稿者 カーザヴェーチャ
BBS1であんにーなさんのお書き込みがありましたが、BBS1のスレッドがどんどん長くなりそうですので、
テーマ別と言うことで、こちらに新たにスレッドを立てます。

この曲は、ヴィヴァルディを知る中で、私を大きくのめりこませていく要因となった曲のひとつです。
若い頃、初めて聞いたときは、初恋の甘酸っぱい思い出で胸がいっぱいになると共に、
成就することのない片思いの相手を思いつつ甘い夢想にふけったものでした。
そして、バロック時代にこれほどロマンチックな曲を書いたヴィヴァルディの作品について、
もっと知りたいと強く思いました。

私も当時は、きっとアンナ・ジローのことを念頭に置いて作曲したのだろうと思っていましたが、
次第に英語以外の外国語に慣れるに従って、大きな疑問にぶつかることとなりました。
そう、l'amorosoとは、恋人は恋人でも、女性ではなく男性なのです。それも愛している相手ではなく、
恋をしている本人なのです。ですから、「恋する男」ということで、
そうなると、もし、ヴィヴァルディが誰かに恋をしていたとすると、
その恋をしている自分を描いていることになり、随分と変わった作曲の動機だなあと思ったものです。
それから少々知恵が付き始め、あるイタリア人の女性にl'amorosoと言う言葉から
どんなイメージを持つか尋ねたところ、大体予測していた答えが帰ってきました。
コンメーディア・デッラルテに登場する恋をしている若い男役がぱっと頭に浮かぶと言うのです。
「恋人」はふつうragazzo(男)、ragazza(女)だし、ちょっと男女の関係を強調したければamante。
「恋をしている人」という第三者的な目で見た言い方ならinnamorato(男)、innnamorata(女)ねと言うのです。

私は、それですっかり目が覚めた感じでした。それ以来、この曲の題名に関しては、
作曲を依頼した顧客が恋をしていて、その依頼主をコンメーディア・デッラルテの登場人物に擬することで歓心をねらったのか、
ピエタの女性達の「あこがれの的」(おそらく面会にやってくる貴族か若い音楽教師)のことを、
コンメーディア・デッラルテの登場人物に擬したのではないかと勝手に想像しています。

それと、この曲の作曲年代ですが、1730年代ではなく20年代後半だろうと思います。
と言うのは、この曲は1728年という書き込みがある、カール6世のために編まれた手書きの協奏曲集、
もうひとつの『ラ・チェートラ』に含まれているからです。それにしても随分と時代を先取りした曲想ですね。