ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル ヴィヴァルディ・フェスティヴァル(1)
投稿日: 2017/12/15(Fri) 00:20
投稿者カーザヴェーチャ

2017年4月18日。夜9時からのコンサート会場は旧市街にあるサン・フィリッポ・ネーリ教会付属集会所Oratorio di San Filippo Neriでした。
オラトリオといえば音楽付き宗教劇をつい思い浮かべてしまいますが、もともとは「祈祷所」という意味で、
このオラトリオも隣接する教会の「祈祷室」でしたが、祈祷のほかにも議論を行ったり、音楽を奏でたりしていたので、
現在は、講演会や演奏会、討論会などの目的で使われていて、回廊部分は現代美術のギャラリーとなっています。
興味がおありの方は、教会の以下のサイトにいらっしゃると、ページ左下に小さな動画のウィンドウがあります。
ttp://www.sanfilippotorino.it/oratorio.htm

このオラトリオの元祭壇と向き合う部分の頭上に聖歌隊席がしつらえてあり、そこには1821年作製のパイプオルガンが
鎮座ましましています。「ヴィヴァルディとその周辺」というタイトルのこの晩のコンサートの演奏プログラムは、
このオルガンの演奏者とバロック・トランペット奏者の二人のためのものでした。
原曲がもともとオルガンとトランペットのために作曲されたものは、ジョヴァンニ・ブオナヴェントゥーラ・ヴィヴィアーニの
『トランペットとオルガンのためのソナタ』からの2曲だけで、あとはトレッリのトランぺット協奏曲ニ長調も、アルビノーニの作品9第2番の
オーボエ協奏曲ニ短調も、アレッサンドロ・スカルラッティのカンタータ『愛の園』のシンフォニーア(トランペットが活躍します)も
弦楽合奏部分はすべてオルガンが代役を務めました。
ヴィヴァルディの作品はバッハによる編曲が2曲(RV299が原曲のBWV973とRV310が原曲のBWV978)だけでした。
聖歌隊席での演奏は、元祭壇部分に張られた大きなスクリーンにテレビカメラで映し出されていました。

入場料無料ということで、開演10分前に着いたのにオラトリオから人があふれ出ていて、ようやくの思いで入り口近くに
立つことができました。演奏はというと、トランペット奏者はほとんどミスがなかったのですが、オルガン奏者は、
音を飛ばしたり、鍵盤を押し間違えたり「えっ、一杯ひっかけて来たの?」と聞きたくなるぐらいでした。
まあ、タダですから、文句を言えた義理ではありませんでした。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー