ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^5: Concerti dell'addio
投稿日: 2015/01/28(Wed) 02:03
投稿者カーザヴェーチャ

奇しくも、今日HMVから注文しておいたCDが届きました。早速、曲を聴きながらライナーノーツを食い入るように読んだのですが、
あいにくと、今私たちが取り上げているテーマについては一言の言及もありませんでした。それと、どういうわけか、
見開きの目次の右下に、ヴィヴァルディがヴィンチグェーラ・コッラルト伯爵の使いの者に出した領収書の写真
(冒頭にAdi 28 Giunio 1741 Vienna 1741年6月28日 於ウィーン)があるのに、解説では14日になっているのです。
おそらくイタリア語原文の単純ミスだろうと思いますが、英語もフランス語もドイツ語もみな右ならえになっています。

> 楽譜が自筆譜ではなく筆写譜であったとすると、
> ヴェネツィアから持ってきた手持ちの楽譜という可能性が高そうですね。
> また、これらの曲を、ウィーンで演奏することを考えていたのかもしれません。

これらの曲は自筆譜がすべてトリノに保管されているので、おそらく筆写譜をあらかじめ作らせておいてから旅に出たか、
あまり考えられませんが、滞在費が心もとなくなってから筆写譜屋の甥に手紙を出して、自宅に置いてある自筆譜から
新たに筆写譜を起こさせたものを定宿に送らせたのかもしれません。いずれにしろ、日本語の前宣伝からイメージされる
最晩年にウィーンで作曲されたものではないことは確かです。

> 確認したところ、そこまでは言われてなかったようです。
> 正しくは、「相当後期の頃の作品のひとつと目され、」でした。

すみません。舌足らずな書き方をしたために、誤解を生じさせてしまいました。


CDの内容に話を移させていただきますと、これは年頭からすごい名盤が出たものだと、手放しで喜んでおります。
円熟期を迎えたビオンディの演奏は、本当に一音一音心を砕いた音作りになっていて、演奏の命と言われる、
右手の弓捌きも非常に精緻で、同じ音型は異なった弓使いで表情を豊かにしています。トゥッティを含めた
全体のアーティキュレーションもどれも納得のいくものばかりです。まるでヴィヴァルディの形見であるかのように
(イタリア語の「さようなら」のアッディオAddioは、もう二度と会わない場合に使います。よく知られているアリヴェデルチ
Arrivederciはもともと「再び会う」という意味なので、ふつう別れのあいさつではこちらのほうを使います。
つまり、Concerti dell'addioとは「最後の協奏曲群」ということです)、一曲一曲をいとおしんで丁寧に弾く姿勢に、
ヴィヴァルディの音楽への深い理解とあふれんばかりの愛情を感じさせます。
ソロとトゥッティの絶妙な呼応の中に立ち現われる詩的な世界に、時を忘れてしばらく陶然としました。

ビオンディ自ら筆をとった解説は、作品ごとに述べるのではなく、ヴィヴァルディのヴァイオリン音楽の真髄を
さまざまな角度からとらえて述べ、「たとえばRV371の第二楽章5小節目からのピアニッシモの扱いは…」
のような書き方になっているので、解説自体、非常に詩的な香りがします。「曲を売却しながら、ヴィヴァルディは、
今日もなお、人々が自分の音楽を研究し、夢中で演奏し、そして何よりも深い愛情を注いでくれていることを知って、
少しは心が慰められたことだろう」と、解説の末尾をするりと現代にワープさせて終わるセンスの良さは抜群です。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー