ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^3: Concerti dell'addio
投稿日: 2015/01/27(Tue) 01:03
投稿者カーザヴェーチャ

> 現在の日本円ではおいくらぐらいなのでしょうか?

ヴェネツィア発祥の貨幣ドゥカートには金貨と銀貨がありますが、ハンガリー・ドゥカートが、果たして、
ヴェネツィアのドゥカートと同じ金や銀の含有量だったか一寸わかりかねますので、大まかにしかお答えできません。
ヴェネツィアの金貨なら純金3.44グラムの含有量だったそうです。本日のキロバー建ての純金1グラムの相場が5千円強なので、
12ドゥカートはだいたい6、7万円ということになると思いますが、その時代にどれほどの購買力があったかを正確に知るには、
その時代の経済のしくみや社会構造を深く調べないとなりませんので、この数値はあまり参考にならないかと思います。

> また、すべての曲の所在は明らかなのでしょうか?

チェコのBrtnice(ブルトゥニチェ。ドイツ語名のピルニッツのほうが日本では知られているようですが)にある
伯爵の城館に伝わってきたコッラルト・コレクション(表紙がInventario per la Musica(音楽目録))に含まれる
この16曲の筆写譜は、現在はBrnoブルノのモラヴィア博物館Moravske(アクセント付きe) Muzeumが所蔵しています。
このことはタルボット(2011)もホワイト(2013)もそれぞれの著書の中で述べていることなのですが、
ここにどうもすっきりしない謎が残ります。と言うのも、リオムのカタログには一部しか載っていないからです。
これはとても奇妙なことで、不完全な形でもRV番号が付けられ、自筆譜Autographや筆写譜Abschriftの項には、
楽譜の所蔵場所が略号で示されているのですが、チェコのモラヴィア博物館を表すCZ-Bmを手掛かりに探しても、
該当するシンフォニーアが見当たりません。Rv Anh.の項目にも見当たりませんでした。

>ところで、このCDでは、RV273も録音されているようです。

あっ、すみません。書きもらしていました。

>以前、本サイトで、RV273は相当後期の作と推定されると解説されていましたので、

BBS2No.2142のことでしょうか?そのように解説した記憶がないのですが…。この作品の作曲推定年はリオムでも表記がありません。
いずれにしても、魂を揺さぶられる作品ですね。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー