ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: Concerti dell'addio
投稿日: 2015/01/01(Thu) 03:07
投稿者カーザヴェーチャ

> 最晩年にコッラルト侯爵という人物に売却された協奏曲を演奏したCDが出るようです。
> CDのタイトルが悲しいです。

1月10日発売と言うことで、私も予約しました。ヴィヴァルディは亡くなる1月前の1741年6月28日に
この人物の秘書から総額12ハンガリー・ドゥカート(英語ならダカット、ドイツ語ならドゥカーテン)を、
ヴァイオリン協奏曲15曲とシンフォニーア一曲の代金として支払われています。

今年の2月29と3月1日にパスティッチョRV726『メッセニアの神託』がビオンディ率いるエウロパ・ガランテの手で
神奈川県立音楽堂で開館60周年記念の一環として上演されます。すでにCDが出ていますが、
演技付きの舞台上演とのことで、期待に胸をふくらませております。このオペラの上演は
日本だけではないでしょうから、おそらく「最晩年の不遇の中のヴィヴァルディ」を強調したくて、
このアルバムを企画したのではないかと勝手に想像しております。

> 解説では、晩年に作曲された曲ばかりのように書いてありますが、そうとは言い切れないと思いますが…

ご指摘のとおりで、どれもヴェネツィアから持ってきた手持ちの楽譜の中から売却したものと思われます。
作曲年代についてリオムの新カタログでは、RV189が17年頃から28年頃、RV259(作品6の2)が17年頃、
RV286『聖ロレンツォの祝日のために』が17年頃から27年頃、RV367が20年頃から24年頃としています。
リオムが推定していないRV371もRV390も比較的に新しい作風ですが、最晩年つまりウィーン滞在中に
作曲したものとは言い切れないと思います。誰が書いたのか存じませんが、HMVの前宣伝にある
「晩年のヴィヴァルディの作風の証人であり、次代のタルティーニやロカテッリへと続く」という部分が
何を根拠としているのか大いに疑問を感じざるを得ません。例によってマーキュリー社が輸入して、
おかしな日本語訳付きで販売するのなら、あの誤訳王・創作王の専属翻訳屋さんの仕業かもしれません。
何しろコッラルト伯がいつのまにやら昇進して侯爵になっているぐらいですから。あな恐ろしや。


> ただし、晩年に作曲家自身により補筆がなされたものかもしれませんので、CDが出るまで分かりませんね。

ライナーノーツを読むのが楽しみです。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー