ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^3: Vivaldi con moto
投稿日: 2013/07/15(Mon) 20:42
投稿者カーザヴェーチャ

例によって、皆川達夫と言う人は、ヴィヴァルディを取り上げた優れたCDを無視するか過小評価するしか能がないようです。
しかし、それにしても、『レコード芸術』7月号に寄せたCD評はあまりにもひどいと思います。見当はずれの批判といい、
耄碌を疑わせるような連想といい、芸術に定年はないと言いますが、創作家ではないので、そろそろ勇退を決意したほうが
晩節を汚さずに済むのではないかと衷心思います。

「ヴィヴァルディの晩年、おそらく1729年以降」と書き出していますが、ヴィヴァルディが亡くなったのは1741年ですから、
「晩年」という日本語の使い方もお忘れになったようです。ライナーノーツの執筆者フレの該当箇所のフランス語原文では、
la dernier (ママ) la (ママ) periode du compositeur「(この)作曲家の最後期」となっています。ドイツ語訳もここは
der letzten Schaffensperiode des Komponisten「(この)作曲家の最後の創作時期」で、人生の終わりではありません。
ところが、残念なことに、英語訳はthe final period of their composer's lifeと、「晩年」と見紛うあいまいな表現です。
もっとも、his last daysやlast years of his lifeなどの表現とはちがうので、英語話者なら早とちりしないでしょうが。
たしか、氏はアメリカで3年、ドイツとスイスでそれぞれ1年ほど学究生活をしていたのでしたよね?
※フランス語の原文はタイプミスかと思われますが、以下の可能性で大きく意味が変わります。
periodeが女性名詞ならla derniere periode「最後期」、男性名詞ならle dernier periode「絶頂期」となります。

このアルバムのいたずら心いっぱいのジャケットの構成と名前については上に書きましたが、ジョークが通じないだけでなく、
あらぬ方向へと発想は捻じれていきます。「マカロニ・ウエスタン」(氏はマカロニ・ウェスターンと英語を気取っていますが、
英語はSpaghetti Westernです)と聞いて、「ああ、あれか」と懐かしむのはよほどの年配であって、若者や中年層からは
「なに、ソレ?」と不思議そうな顔をされるのがせいぜい関の山でしょう。1960年代から1970年代前半にかけて作られた
イタリア製の西部劇で、荒涼とした風景はアメリカではなくスペインなどヨーロッパで撮影されたものでした。もちろん、
すべてイタリア語です。西部を根城にする荒くれ共のドンパチを、派手なガンさばきと独特な効果音、スタントマンの命がけの
撃ち殺され場面で観客をひきつけていく、安手の勧善懲悪ものの映画のことです。カルミニョーラとダントーネの作品解釈に
絡めて書いてはいますが、実はもっと単純な発想でしょう。カルミニョーラの名前のジュリアーノと、オートバイにまたがる
その姿からマカロニ・ウエスタンで一世を風靡した男優ジュリアーノ・ジェンマを連想した。それだけの話ではないでしょうか。

圧倒的なデュナミークで迫ってくる、カルミニョーラのソロとアッカデーミア・ビザンティーナのトゥッティの演奏を、
平板極まりないルネッサンス音楽を無上の悦びとする己が感性から許せないにしても、一応バロック音楽を含めた
「大御所」の看板で世渡りしているのですから、作品を正しく評価すべきです。それがもう出来ないというのなら、
数多いる後進に道を譲るべきではないでしょうか。昔から、タブラ・ラーサの初心者が読む「バロック音楽入門書」に、
ヴィヴァルディがいかに嫌いかを連綿と綴ったり、『忠実な羊飼い』がシェドゥヴィルの贋作と見抜けなかったばかりか、
『四季』に続くブームを巻き起こすことになると予言したりと、やりたい放題でしたが、今回のCD評の捨て台詞
「所詮ヴィヴァルディの音楽というものは、そういったものであろう」も実にお粗末な批評です。学者ならではの
学識と矜持をここまでかなぐり捨てるとは、流行りの「暴走老○」でしょう。作品と演奏家をまっすぐ見据えた
美山良夫さんの的を射たCD評を読んだあと、ことさらその思いを強くしました。

と、ここまでが枕で、各作品については後日改めて書きこみます。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー