ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 同(5)+ムガール朝インドそれとも大帝?
投稿日: 2013/04/23(Tue) 22:52
投稿者ペパーミント

このBBS3のNo.28のスレッド
> 「Anna Mariaのための26曲の作品リスト」でご紹介したとおり、ヴィヴァルディが1717年にボローニャからヴェネツィアに
> 帰る途中にチェントCentoという町に立ち寄り、そこの教会でヴィオラ・ダモーレを即興演奏したときのエピソードですから、
> 楽器はヴァイオリンではなくヴィオラ・ダモーレです。その際、教会に押し寄せて入りきれなかった聴衆が路上に溢れ、
> 押しあいへしあいで演奏に聴き入ったそうです。その一節を引用して・・・
この記事を読みたいと思って探したんですが、BBS3のNo.828ではないでしょうか?
>
> 56)「半数は街路に放り出され」 → se repandaient は「放り出され」ではなく「(人々が通りを)埋めていた」という意味です。
> jusqu'a la moitie de la rueも「半数は街路に」ではなく「通りの半ばまで」です。この修飾関係の間違いなど中学生レベルです。
> 原文はこうです。
> 「あまりにも人でいっぱいなため、命がけの押し合いへし合いで、通りの半ばまで人が溢れていた」
> (1725年頃に、で始まる段落)
> 57)「ヴァイオリン奏者は…トランスしてしまう」 → 「〜へトランスしてしまう」と、藪から棒に言われても、transfer、
> transform、transport、transposeとあって、何のことか分かりません。いずれにしてもフーレの「トランス」は"trance"なので、
> この翻訳者が考案したカタカナ語は空振り三振です。そのあとに音楽用語が続きますが、どれもきちんと訳されていません。
あまりにも酷いので、読んでると悲しくなってきます。せっかくなのに残念です。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー