ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 同(完)+シェーンボルンの伯爵?
投稿日: 2013/03/14(Thu) 20:36
投稿者カーザヴェーチャ

(往々にして、で始まる段落)
57)「往々にして…届く」 → 後段はまだしも、前段は何が言いたいのでしょうか。
原文はこうです。
「人は往々にして痛ましい音から逃れるが、耳はだませても心はごまかせない。」

p.7
(この作品は、で始まる段落)
58)「さながら…うってつけではないか」 → 確かに原文は暗喩が多くて訳しにくかったでしょうが、自作はまずいでしょう。
原文はこうです。
「特に、ブーレーの形をとっている最終楽章で、リトルネッロは剣をチャリン、チャリンと弱々しく打ち合わせる音で終わる。
チェロはこうした情景の中に、あらゆるペーソスと、必要なら露出趣味も伴うすべての物語を目の当たりにするのだ。」

(この曲は比較的、から始まる段落)
59)「シェーンボルンの…伯爵」 → 貴族の家名には、土地や家系とのつながりを示す部分が含まれている場合があります。
おおむね所有や帰属を表す英語のofにあたる前置詞が使われ、イタリア語ならdi (あるいは複合省略形のde’やd’)、
フランス語やスペイン語はde、そしてドイツ語はvonで示されますが、訳してはいけません。(指揮者として有名な故カラヤンも、
ヘルベルト・フォン・カラヤンであってカラヤンのヘルベルトではありません。カラヤンの場合は地名に由来するのではなく、
18世紀末にザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世がマケドニア出身の先祖を神聖ローマ帝国の騎士に叙して以来、
マケドニアの家名カラヤンニスを基にフォン・カラヤンとなりました。)原文にはComte de Schonborn (oの上には点が2つ、
ウンムラウトが付きますが、文字化けするので省略しました)とあるので、「シェーンボルンの伯爵」と訳したのでしょうが、
原文はドイツ語表記をそのままフランス語に転換しただけのことですから、「シェーンボルン伯爵」とするべきでした。
江戸時代の日本でも、大名・旗本は武鑑の生国欄で苗字と地名の関係が知れますが、ほとんどが江戸生まれの江戸育ちで、
江戸の拝領屋敷に居住していましたし、大名は国替えもよく行われていたため、多くは苗字と地名が一致しなかったように、
シェーンボルン伯爵家も、現在のバイエルン州ウンターフランケンにあるヴィーゼントハイトに城館を構えていました。
原文に書いていない名前を調べ上げたまではよかったのですが、フォンの位置が違い、洗練名も一部が欠落しています。
ヴィヴァルディと伯爵家との関係は、ルドルフ・フランツ・エアヴァイン・フォン・シェーンボルン(1677-1754)だけでなく、
その兄のフリードリッヒ・カール(1674-1746)も、1729年にヴュルツブルクとバンベルク両方の主教を兼任するようになってから、
カンタータRV683『愛よ、お前は勝った』の献呈を受け、散逸したRV804 『サルヴェ・レジーナ』もコレクションの一部でした。

60)「勿体ぶった歌心あふれる」 → lyriqueというフランス語の形容詞にこのような訳語をあてた例は寡聞にして知りません。
このことばは単に「叙情的な」という意味でしかなく、それ以上でも以下でもありません。

(貴婦人たちは、で始まる段落)
61)「紳士諸氏…程度である」 → hommesは「男たち」です。「紳士」ならmessieursになっていたと思います。
さらに原文を曲げて譲歩節で訳したため、誤訳に近いものになっています。また、ド・ブロスも「旅行家」のままです。
皮肉たっぷりの原文はこうです。
「男たちはといえば、もっと穏やかで、一幕が終わって気に入れば、再び最初から始めるまでわめくことに甘んじている。」

(手書きで、で始まる段落)
62)「冒頭楽章…華を添え続ける」 → 原文のどこに「手付金」と書いてあるのでしょう。jeu de cachesは「かくれんぼう」です。
原文はこうです。
「第一楽章はかくれんぼうのようだ。デュナミーク(強弱法)とテクスチュア(全体の響き)の両方でコントラストの強い
リズミカルな動機に基づくリトルネッロが、ヴァイオリンのパート[第一・第二ヴァイオリン]をステレオのように分けた形で始まる。
分離状態はやがてソロ・ヴァイオリンと第一ヴァイオリンの分離へと受け継がれ、楽章の終わりで同じリトルネッロが再現すると、
その上をソロ・ヴァイオリンが徹頭徹尾アルペッジョを奏していく」

63)「(そういえば…ような)」 → フーレはこんな自信のない書き方をしていません。まだ若いのに、老人の独り言みたいに
訳したのでは失礼ではありませんか。emploieraはemployerの単純未来ですから「用いることになる」という意味です。
また、フーレがわざわざ二番目のヴァイオリン協奏曲son second concerto pour violonと言っているのを飛ばしています。
「メンデルスゾーンと言えばこれ!」のようなあまりにも有名なヴァイオリン協奏曲ホ短調は1844年に作曲されましたが、
実は、それより22年前、わずか13歳の時に、ヴァイオリン協奏曲ニ短調を作曲しているのです。歴史の襞に埋もれていた第一番を
1951年に発見したのがメニューインでした。完成度は第二番がはるかに優っているので、日本ではわざわざ第二番と言いませんが、
こうした私たちの日常の「ジョーシキ」をぶち壊す何気ない一言をきちんと拾い上げるのも、翻訳家の使命ではないでしょうか。
原文はこうです。
「メンデルスゾーンは、二番目のヴァイオリン協奏曲が最高潮に差しかかるところで、同じ効果を用いることになる。」


64)「分散和音は…強調してみせる」 → 音楽用語が続く抽象度の高い文体にはお手上げのようで、支離滅裂な自作で埋めています。
原文はこうです。
「ソロが前打音を多用したり、フレーズを不規則に強調するので、全体的に曖昧で緊張度の高い楽章となっている。
六の和音で弱められたこのリトルネッロのあとで突然ニ短調へ戻り、どこからともなく現れた力強い最後のユニゾンで、
ようやく熱狂に終止符が打たれるかのようだ。」

65)「並行五度進行…印象的だ」 → 上と同じです。
原文はこうです。
「緩徐楽章では織りなす和音の上をソロがさまよい、ソロの終わりの部分で和音が崩れて、オブリガートと並行五度のまま
ニ短調からハ短調になるが、そうすることでソロがこの協奏曲の素晴らしい奥行きを際立たせることになるのだ。」

66)「さまざまな…繋がりを辿れ!」 → とうとう最後の最後まで、誤訳に満ちた自作で埋め尽くしています。
原文はこうです。
「熱狂的なリズムにあふれる最終楽章では、ソロが効果的なダブルストップや、ハイポジション、変わったデュナミーク、
弓を跳ねさせるスタッカート、フレーズの強調やアーティキュレーションに挑むが、ヴィヴァルディはもちろん楽譜を読む者
すべてを信用することなく、これらの上に「スラーやタイを見よ」と書き込んでいる。」


以上です。
この程度の分量のパンフレットに誤訳、自作、間違った情報などが最低66か所も見つかるのは、大きな問題ではないでしょうか。
私たちはCDの代価と引き換えに、こうした情報を頭にインプットしてしまうのですから。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー