ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 同(4)+Siberとは何者??
投稿日: 2013/03/02(Sat) 01:47
投稿者カーザヴェーチャ

([…]彼女こそ、で始まる段落)
29)「アンナマーリア」 → イタリア語が読めない何よりの証拠です。「アンナ・マリーア」です。日本語で「マリア様」というと、
アクセントはマに来るので、間違えたくなる気持ちは良くわかります…。

30)「本当にそうなのだ、…降ってくるようなのだ」 → いかにもバロック・オペラの舞台演出にありそうですが、降ってくるのは
「天使たちで」はなく「楽の音」です。「合奏・合唱の娘たち」を天使に見立てているのですが、天使たちはjouent(楽しんでいる)だけです。
(ピエタ慈善院付属教会は本当に小さく、幅10メートル奥行き20メートル程度で、両側の壁に腰掛がしつらえられていて、
上の聖歌隊席から降り注ぐ音楽を全身に浴びていました。)si vraimentは「実際」や「事実」です。
原文はこうです。
「ここで注目すべき存在はアンナ・マリーアだ。耳にした者に天国の扉が開かれるような奏法でヴァイオリンを愛で、
実際、その高みでは天使たちが同様に楽の音を愛でているのだ」

p.5
31)「仮説をたてる…いくつもある」 → フーレはそんなこと一言も言っていません。

(この協奏曲の楽譜、で始まる段落)
32)「不完全な形でしか」 → 「[ソロ]ヴァイオリンのパートしか」 

33)「これは専門家たちのあいだで…知られている」 → フーレはそんなこと一言も言っていません。

34)「多少の手直し…内容になっている」 → フーレはそんなこと一言も言っていません。
原文はこうです。
「最終楽章のシャコンヌは協奏曲RV114のシャコンヌの変奏曲だ。」

([…]年若い、で始まる段落)
バーニーの文章は原文が英語なので、それほど苦労しなかっただろうと思うのですが、これもきちんと訳せていません。
35)「くりだす遊び心」 → tricksは「人を楽しませる芸当」であって「遊び心」ではありません。

36)「実践的なノウハウ」 → trial of skillは「腕試し」という意味です。

37)「誰が高い音を…受け持つのか」 → どこに「受け持つ」と書いてあるのでしょう。これでは各声部の話になってしまいます。
原文はこうです。
「だれが一番高い音を、だれが一番低い音を出せたか」

(アントーニオ、で始まる段落)
38)「手にした…ごとくであった」 → ここでも、翻訳者は思いきり創作していて、フーレが伝えたいことを捻じ曲げています。
intermedeは「オペラの幕間の音楽」であって「余興音楽」ではありません。applaudi a l’excesも「極端なまでの絶賛」ではなく、
文字通りの「割れんばかりの大拍手」です。
原文はこうです。
「アントニオ・ヴィヴァルディ師は、バッグパイプの幕間音楽を己がヴァイオリンで奇跡のような素晴らしいものにした[…]
その後、我らが大オルガンと自分のヴァイオリンの間で掛け合いをし、これには割れんばかりの拍手が沸き起こったが、
最後をすべての楽器を使ったフーガで締めくくると、全員が「ヴィヴァ(万歳)!」の歓声をあげた。」

(ヴィヴァルディが、で始まる段落)
39)「すべて」 → フーレはla quasi totalite「ほとんどすべて」と言っています。

40)「…といった流れは…通じるところがある」 → フーレはそんなこと一言も言っていません。翻訳者の自作です。

(このアルバムには、で始まる段落)
41)ここで、「イグナツィオ・シエベル」なる人物のことが書かれていますが、翻訳者はフーレの原文には書かれていない、
Sieber本人にはどうでもよいドイツ語式の読み方などを補ってみせますが、肝心の翻訳のほうはここでも不正確です。
なぜ、本人にとってはどうでもよいかというと、Ignaz Sieberはミラノに生まれて、一時期ローマにいたこともありますが、
一生の大半をヴェネツィアで過ごしたからです。苗字もタルボットやサルデッリによると、ドイツ語のSieberではなく、
北部イタリア語風にSiber(スィベール)で当時の文献に出てくるほうが多いそうです。
原文はこうです。
「フルート協奏曲RV431とRV440(1730年頃)は、同様にピエタのために作曲されたようだ。というのも、ピエタ音楽院は、
すでに1728年の段階で、当時まだヴェネツィアではあまり使われていなかったこの楽器のための特別な教師、イグナツィオ・
スィエベルを雇っていたからだ。」
せっかくですから、ピエタ音楽院、それにヴィヴァルディとの関連からスィベールについてもう少し書き込みます。

もともとはオーボエ教師として1713年から1716年まで雇われ、その後、ローマで数年過ごしたあと、再びピエタに
1728年から1757年までフルート教師として奉職しました。同時に1730年から1750年までドージェ(ヴェネツィア共和国統領)専属の
儀式のための管楽器奏者グループでフィーファ奏者として、さらに1748年から亡くなる1年前の1760年まではヴィヴァルディの父親ジャン・
バッティスタも一時期オーケストラの一員だった、サン・マルコ大聖堂内のドージェ用の礼拝堂付きオーケストラの
メンバーとしても活躍しました。1717年に出版した12曲からならリコーダー・ソナタ集の一曲は、ヴィヴァルディの
ヴァイオリンのソナタ作品2第3番RV14から大きく引き写したものです。また、このソナタの終楽章は俗に「パリ弦楽合奏曲」
と呼ばれる12曲のうちの1つRV127の第三楽章の影響が色濃く残っています。わざわざ調べるのなら、せめてこれくらいのことは
書いてほしかったですし、その分、すぐ後に続く個所の翻訳に力を注いでほしかったです。とんでもない事態が待ち受けているからです。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー