ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 同(3)+和声と創意が競演??
投稿日: 2013/02/23(Sat) 14:12
投稿者カーザヴェーチャ

p.4
(まずは1711年、から始まる段落)
この段落、実は原文そのものに問題があります。何とフーレ自身がこともあろうにイタリア語の意味を誤解してしまい、
作品8のタイトルであるIl Cimento dell'Armonia e dell'Invenzioneの中のcimentoの意味を「試み」や「試練」ではなく、
「競い合い」と解釈して、フランス語訳をLe Combat entre l'Harmonie et l'Inventionにしてしまったのです。
これには驚きました。伊和中辞典には載っていない語義ですが、全5巻のイタリア語大辞典には稀な語義として、
「戦闘」もしくは「挑戦」を指すと書かれています。ただし、基本はprova, specie ardua, rischiosa「危険を伴う困難な試み」です。
ヴィヴァルディはオペラRV739"La Verita in Cimento"にもcimentoを使っていますが、意味はここでは「試練」です。
そもそもcimento はフランス語のentre(の間の)にあたるfraやtraをとりませんので、万万が一「挑戦」を意味したとしても、
ArmoniaとInvenzioneが「競い合う」のではなく、「共に手を携えて何かに戦いを挑む」という意味にしかなりません。
つまり、フーレの「和声と創意の間の競い合い」という解釈は、こじつけということになります。

因みに、ヴィヴァルディ研究家のタルボット(2011)はcimentoの英語はtrialなので、The Trial of Harmony and Inventionとしています。

いっぽう、Wikipediaを覗いてみると、英語版がContest between、ノルウェー語版が英語版と同じくKonkurransen mellom、
スペイン語版もLucha entre ですが、正しく訳せばTerrible experiencia de(のヤバイ体験)と褒めているのか貶しているのか
よくわからないコメントが付け足してあります。ほかにフランス語版、オック語(俗に言うプロヴァンス語)版、ポーランド語版、
それにインドネシア語版のタグが付いていますが、オック語は同じくjosta enterで、ポーランド語版には該当する記述がありません。
インドネシア語版は私にはまったくお手上げです。ところが、何よりも肝心のフランス語版にこうした記述がまったくないのです。
管見に過ぎませんが、この「競い合い」説がフーレの説だとすると、フランス語版に反映されていても良いのに、どうも不思議です。
まあ、この説は今のところ、一部の間に伝わっているに過ぎないということでしょうか。

それにしても、ヴィヴァルディ自身は、命名の際に「競い合い」というめったに使わない語義を念頭においていたのでしょうか。
どうもこれは後付けの理由のような気がします。

23)「「調和のarmonico…働かせるべし」 → フーレはそんなこと一言も言っていません。
原文はこうです。
「四大曲集につけたタイトル自体、紛れもない拘りの証となっている。『調和の幻想』(1711)では調和のおかげで幻想が実体を得て、」

24)「これはイタリア語で…連れ出される」 → この箇所の前半でストラヴァガンツァを「荒唐無稽」という意味だとしていますが、
それこそ荒唐無稽で、「風変わり」ぐらいの意味です。緩急緩の三楽章形式とリトルネッロで確立した独奏協奏曲という
新スタイルの曲集に「荒唐無稽」だの「常軌逸脱」などというタイトルを一体どこの誰が、付けるでしょうか?
しかも、曲集は自分の弟子とは言え、有力貴族に献呈するのですから、ダリーのような近現代芸術家でもない限り、
侮辱以外の何物でもありません。イタリア語が読めないのに辞書に書いていない語義まで勝手に作り出すのですから、
私たち購買層も随分と侮られたものです。もちろん、フーレの原文には、次のとおり、一言も書いてありません。
後半の訳文は支離滅裂で何が言いたいのかさっぱりわかりませんでした。
原文はこうです。
「『ストラヴァガンツァ』(1714)では、幻想が幻想という領域を超えて調和を操り、」
訳文では『チェートラ』の部分が、自作に没頭するあまり,ごっそり抜け落ちているので、ここで以下に補っておきます。
原文はこうです。
「そして『チェートラ』(竪琴、1727)の、詩歌と詩神たちの楽器という寓意で譬え話が終わる。」

(実のところ、で始まる段落)
25)「実のところ…「知」は必要なのだ。」 → ここも原文はわずか3行余りに内容を煮詰めた抽象的な文ですが、例によって訳文は
だらだらと不必要なまでに言葉を付け足して原文の研ぎ澄まされた抽象性をぶち壊し、真意を十分伝えていません。
原文はこうです。
「実際、ヴィヴァルディは概念を対立させることはなかった。[対立する]概念を不可分のものとし、互いに関連付けたのである。
すなわち、本能は出発点であり到達点であった。とは言え、無自覚から自覚へ、理解から悟りへと進み、さらにその智を得たのは、
[音楽そのものを]学んだからであった。」

(独奏協奏曲は、で始まる段落)
26)「楽章のはじめに…それがリトルネッロ形式だ」 → ここで原文にないリトルネッロの説明を滔々と述べていますが、
間違っています。リトルネッロはトゥッティ(総奏)の主題の転調を含めた繰り返しですが、常に第一主題とは限りません。

「自分をうまく馴染ませていった」 → リトルネッロはヴィヴァルディ自身が確立した形式ですから、訳文は矛盾しています。
原文はこうです。
「リトルネッロはソロのエピソードを極端なまでに自由にし、グループと個人の対比を際立たせるが、ヴィヴァルディは、リトルネッロという
安定した構造により独奏協奏曲をゆるぎないものとし、独奏協奏曲という枠組みに自らを合わせていったのである。」

(さきに名をあげた、で始まる段落)
27)「旅行家ド・ブロス」 → シャルル・ド・ブロス高等法院長は旅行家ではありません。翻訳者はバーニーと取り違えているようです。

「個人の心から…マスターしてみせた。」 → フ―レはそんなこと一言も言っていません。
原文はこうです。
「ヴィヴァルディは…この自家薬籠中の形式が持つ表現力の可能性と、あらゆるジャンルの楽器と演奏者を念頭においた
構想を練らせてくれるピエタ音楽院が持つ能力にいち早く気付いていた。」

([…]必要最低限度のこと、で始まる段落)
28)「必要最低限度…同時に」 → ホメーロスの『イリアス』をイタリア語ではなくヴェネツィア語に翻訳したことのある
カーザノーヴァが、外来語に対するフランス人とイタリア人の態度の違いを取り上げて、何でも一番と考えるフランス人に
ちくりと皮肉の針を刺した警句ですが、どうもわけのわからない訳文にしてしまっています。
原文は実に明快です。
「必要なものを持っていないのが貧乏人だ。外国語の単語を一語たりとも受け入れようとしないフランス学士院の頑なさは、
自尊心に貧しさが伴っている何よりの証拠だ。我々[イタリア人]は気に入った単語なら、それが外国語だろうと
すべて頂くことにしている。常により豊かであることを好むからだ。貧乏人から奪うことにすら我々は喜びを感じる。
それが金持ちというものだからだ。」


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー