ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル リ・インコーニティのCDの日本語訳(1)
投稿日: 2013/02/04(Mon) 00:48
投稿者カーザヴェーチャ

アマンディーヌ・ベイエ(ベイエールと書くほどはっきり語尾のrを発音しませんので、この表記にしておきます)が2006年に結成した
リ・インコーニティ(世に知られぬ者たち)は、決して気まぐれで付けられたグループ名ではなく、1623年ころにヴェネツィアの貴族
ジョヴァンニ・フランチェスコ・ロレダーノが創設した、ヴェネツィアの人文主義者たちの学芸サロン、アッカデーミア・デッリ・
インコーニティ(世に知られぬ者たちのアカデミー)に因んだものです。前回のアルバム『四季その他の協奏曲』(RV322「キアレッタのために」
の世界初録音を含む)で世間の注目を集めましたが、今回はさらに一皮むけた演奏で、その柔らかな響きは聴く者を包み込んで、
何度聴いても飽きません。ロココ調のギャラントな側面を感じさせる世界初録音のRV194と、それとは対照的に深みのある
内面の思索を思わせる名曲RV235の性格の違いを、狂いのない技量で見事に弾き分けた演奏は特に印象的です。

ところで、そうした楽しい思いを見事吹き飛ばしてくれたのが、添付のライナーノーツの日本語訳です。以前にも、コセンコがアルファから
リリースした"Concerti per il flauto traversier"[α:Alfa 174]の日本語訳で散々てこずらされた苦い思い出があり(このBBS3のスレッド
No.2105「熱くて厚いコセンコのフルート・アルバム」をお読みください)、今回も輸入元が同じマーキュリー社で、しかも、
CD本体の厚さと比較して、妙に分厚い日本語訳が付いていることに一抹の不安を感じていたのですが、悪い予感ほど当たるもの、
フランス語の本文と英語訳に一応目を通してから、日本語訳と称するものを読むうちに前作を上回るそのすさまじさに体が震えました。

「誤訳のない翻訳はない」と言います。イタリア語にも「トゥラドゥットーレ、トゥラディトーレTraduttore, traditore」(翻訳家は裏切り者)
という語呂合わせの警句があります。しかし、このライナーノーツの誤訳はひどすぎます。フランス語を読む力がおぼつかないのなら、
英語訳から訳したと断り書きすればよいのに、無理してもフランス語の原文から訳そうとするため、難解な文章に出会ったとたん、
翻訳はさっさと諦めてフランス語の単語から想像力を働かせて作り話を編み出すか、何ともあやふやな知識を入れ込んで穴埋めをしています。
その知識が本当に必要なものなら価値のあることですが、不要どころか間違った情報を金を払って読まされる方はたまったものではありません。
英語はフランス語の翻訳料に比べて単価がぐっと安くなりますが、正確さこそ翻訳の命です。正直であることが翻訳家の義務であり責任だと思います。

わざわざこのような不愉快なことをサイトに書くのは、被害者は私たちヴィヴァルディ・ファンを筆頭に、他にもいらっしゃるからです。第一の被害者は、
こうした優れた海外CDを発掘して国内で販売するだけでよしとせず、外国語の読めない購入者のために高い翻訳料を支払い、
出版社にそれ相応の金額を払って編集と校正を依頼し、アルバムに合うサイズの大きさに印刷させて、CDのコーティング時に挿み込む
余分な工程に費用をかけても、アルバムの内容を少しでも詳しく紹介しようとした頭の下るほど良心的な輸入会社のマーキュリー社です。
次に、正確に訳されないだけでなく、言った覚えのないことまで自分の言葉であるかのように書かれてしまったライナーノーツの執筆者、
アマンディーヌ・ベイエとオリヴィエ・フーレの両氏です。この「日本語訳」をフランス語に逆に翻訳したものを読み返したら卒倒するでしょう。

では、大々的な修正作業を始めますが、余りにも数が多いので、これはひどい、もうおしまいだ、という致命的な箇所に限らせていただきます。
まず、ベイエが担当した分から。
1)「アンサンブル・リ・インコニーティ」 → 「リ・インコーニティ」
アンサンブルなど付いていません。gliは男性定冠詞複数形で、incognitiはincognitoの複数形です。アクセントの位置はcoにありますが、
英語に入るとgniにアクセントが来て読み方もインカグニートウとなりました。つまりこの翻訳者はイタリア語が読めないということです。

(というより、で始まる段落)
2)「きっと間違いなのでしょう。」「そんな大それた…同時に」「各作品の…深く追いつづけ」「逐一強調…ゆかなくてはなりません」
「それをするには…ならないのです」 → ベイエはそんなこと一言も言っていません。
原文はこうです。
「彼の協奏曲を明白な形のある実体として捉えるのはまず不可能だ。その多様性をきちんと捉えるには、むしろ、各楽章を詳細に調べ、
中間声に分け入り、リズムと和声に宿る絶妙さをじっくり吟味すべきだ。そうしてこそ、彼の音楽を演奏するときに湧き出てくる
得もいわれぬ感情の奈辺の真相を究めることになる(無理かもしれないが!)」
ここで最大の誤訳は、le fin mot de l'histoire(話の裏の真相)のmotを「用語」、histoireを「歴史」と解釈したところで、そのままでは
前後の話とまるで辻褄が合わなくなるので、「音楽史のあらゆる専門用語」だの「語彙まで総動員して」だのとテキトーに話を作っています。
テキトーと言えば、原文のカッコ入りの(ou non!)、英語でいうor not!も、一体どこにかかるのかわからなかったようで、
(そう…いたるまで!)と原文にないことを書いて、ごまかしています。

3)(おそらく、で始まる段落) → この段落はすべて翻訳者の自作です。

(あのドキドキする、で始まる段落) 
4)「懐が深い」 → genereuxをそう訳したのでしょうが、ここでは「気前が良い」ということで、ヴィヴァルディの度量の広さについては一言も述べていません。

(選曲にあたっては、で始まる段落)
5) 「彼が残した…映えるようにできています」 → やや抽象的な譬えを含む文意を何となく捉え、よく分からないところは自作で済ませています。
原文はこうです。
「彼は演奏家に曲の多様性と演奏効果という二つの素晴らしいツールに身を委ねさせて、満足感を与えた。このアルバムの選曲に当たっては、
彼の創意の才能が放つ玉虫色の輝きが映えるよう、変化に富んだ曲目を心がけて、さまざまな演奏家を起用し、多彩な音色をとりあげた。」

6)「気がねなく…しました」 → ベイエはそんなこと一言も言っていません。
原文はこうです。
「今までは『四季』のようなヴァイオリン音楽にスポットライトをあてた活動してきたが、いよいよリ・インコーニティのカラーを変えて」

7)原文は以下のように続きます。
「メンバーの才能が詰まったパンドラの箱を開けて」
le moment etait venu de … ouvrirを翻訳者は「開けてしまった」と誤訳し、「種明かし…」というわけの分からない自作を加えています。
もちろんパンドラの箱とは謙遜した表現です。

次のスレッドではフーレの担当した部分の修正を致します。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー