ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4: オペラのCDリリース情報
投稿日: 2012/11/11(Sun) 02:24
投稿者カーザヴェーチャ

復元にいたる経緯とあらすじは、ライナーノーツに、ビオンディとドゥラメアの詳しい解説がありますので、
そちらに譲ることにして、イタリアのWeb誌「イル・コッリエーレ・ムズィカーレ」Il Corriere Musicaleの
2011年11月20日付けの、「ヴィヴァルディのメーロペ、クラコフで世界初舞台」という記事を紹介します。
実は、ビオンディとドゥラメアの共同作業で復元したヴィヴァルディのウィーン版『メッセニアの神託』は、
私もこの記事を読んで知ったのですが、ポーランドのクラコフで開催された「珍しいオペラ」音楽祭で、
2011年12月8日に上演されたのでした。ちなみにこのときの様子が動画となって「珍しいオペラ」の
ホームページにアップロードされていますが、どうりでのっけからポーランド人の芸術監督や歌手が
次々出て来るわけです。記事を読んで得心しました。動画で英語で語るビオンディの肉声が聞けます。

ttp://www.operarara.pl/en/3/193/251/loracolo-in-messenia

音楽祭のこの記事は、世界初の上演に先立って書かれたもので、インタビューの聴き手はモニカ・プルサックという、
ポーランドのビアリストクにあるパデレフスキ芸術学院でフラウト・トラヴェルソを専攻し、
ワルシャワのショパン音楽アカデミーで音楽芸術と合唱の指揮で博士号を取得。さらにシチリアの
パレルモにあるベッリーニ音楽院で声楽を、パレルモ大学で音楽理論を専攻した音楽学者兼歌手です。

プルサック:
 『メッセニアの神託』を復元しようと思い立ったのは?

ビオンディ:
 アンナ・ジローは、おそらくウィーン行に同行し、ヴィヴァルディの臨終に立会い、その後ウィーンにとどまり、
ウィーン版の『メッセニアの神託』の上演に加わったようだという信頼できる情報を入手したからです。
 復元作業はドゥラメアと二人三脚で進めてきました。 リブレットのアリアがどれかを探し当てれば
スコアを復元することは可能です。1734年のジャコメッリ版と1737年のヴェネツィア版と
1742年のウィーン版のリブレットを比較対照すると、ジャコメッリのアリアとヴィヴァルディのアリアを
融合させたのがウィーン版のスコアだった可能性が見えてきました。これは、すでに『バヤゼット』で
ヴィヴァルディ自身も行なっていたことで、当時、ヨーロッパを風靡していたナポリ派の手法を
どこか横目で見ながら作曲しなければならず、自身のアリアだけでオペラを作るのは、
ウィーンの聴衆の趣向がナポリ派に傾いていたことを考えると不可能だったと思います。

プルサック:
 合唱の部分は?

ビオンディ:
 1750年より以前のオペラでは、合唱がどのような意味を持ちどのように扱われていたか
不明な点が多いので、無駄な経費を省くためにもソリストたちに歌ってもらいました

プルサック:
 『メッセニアの神託』の上演をポーランドと協働した訳は?

ビオンディ:
 ポーランドとの付き合いはかなり前からです。クラコフの町は、今やヨーロッパでも屈指の
古楽演奏の地となっています。聴衆の耳も非常に肥えている。私たちエウロパ・ガランテも
年に2,3回は演奏活動をしています。クラコフの後は、フランスのカーン劇場で上演し、
その後レゾナンツェン古楽音楽祭に参加するためウィーンに向かい、コンツェルトハウスで上演します。
ヴァージン・レーベルから出るCDの録音もそこで行ないます。
 このオペラはヴィヴァルディの生涯と作品を理解するうえで最も大事な時期の作品というだけでなく、
時代を感じさせない美しさがあります。だからこそ音楽家として復元にぜひ取り組んでみたいと思ったのです。
ナポリ派の作品と後期のヴィヴァルディの作風の両方が楽しめますし、長時間の作品ではないので、
現代の聴衆も飽きることはないでしょう。

プルサック:
 上演はオペラ形式?それともコンサート形式?

ビオンディ:
 コンサート形式です。急ごしらえの舞台形式では私たち演奏家も出演者も最善を尽くせないし、
聴衆も音楽の質を混じりけなしで楽しめますから。


ところで、上記No.2159のスレッドで、ジャコメッリよりもハッセの作品を多く取り入れて、
ビオンディが作成したパスティッチョである、と言う旨の書き込みをしましたが、
私が入手したニュースの情報に錯綜があったようで、ハッセのアリアは、第三幕第四場で
エトリアの大使リチスコが歌う"Nell'orror di notte oscura"(暗き夜の恐れの中で)だけで、
あとのヴィヴァルディ以外のアリアは、すべてジャコッメリのアリアでした。申し訳ありません。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー