ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^3: オペラのCDリリース情報
投稿日: 2012/10/11(Thu) 02:06
投稿者カーザヴェーチャ

名無しさん、ペパーミントさん、貴重な情報を頂き、ありがとうございます。

『メッセニアの神託』については、長くなりますのでまた今度書き込みます。
処女作『怒りのオルランド』、これは仕上がりを期待できそうですね!

8月7日のリ(CD業界はグリと読ませていますが間違いです)・インコーニティGli Incogniti(未知なる者たち)のHPに、
このアルバムのリリースのことが書いてあり、世界初録音のRV194とRV808が入ると予告しています。
(なぜかスペイン語版で、フランス語版になっても英語版にはなりません)

以下でポルトガルの教会での録音風景が見られます。リーダーのアマンディーヌ・ベイエが熱く語っています。
www.gliincogniti.com/en/novedades/104-nuevo-disco-vivaldi

この前のアルバム"Les Quatre Saisons et autres concertos"(四季その他の協奏曲)[ZIFZAG:ZZT080803]では、
RV322のヴァイオリン協奏曲「キアレッタのために」を世界初録音してくれましたが、今回もBBS1のno.520の
「ぜひ聴いていただきたい名曲」の中でご紹介したRV194が取り上げられていて本当にうれしいです。
この曲は、いかにも女子オーケストラのために書かれたような愛らしい旋律にあふれています。
実は、プロモーション・ビデオで最初に演奏しているのが第一楽章冒頭のソロ導入部のトゥッティです。

RV808ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲「アンナ・マリーアのために」はヴァイオリンのパートしか残っていないので、
ほかの欠けている部分を、リ・インコーニティをいつも支えてきた音楽学者でヴィヴァルディ研究の第一人者である
オリヴィエ・フーレが持っている知識を総動員して再現した言うのですから大いに期待できます。
その第三楽章がこのビデオの最後に流れる曲です。原曲はRV114弦楽合奏曲第三楽章のシャコンヌですね。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー