ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: オペラのCDリリース情報
投稿日: 2012/09/06(Thu) 14:30
投稿者カーザヴェーチャ

私も、このCDリリースのニュースがHMVから届いたときは、青天の霹靂に近い驚きを感じました。
1738年のヴェネツィア版のリブレットはあっても、楽譜が見つかったという話は聞いたことがなかったので、
これはキエフでの『モテズーマ(モンテズマ)』の発見に次ぐ、ビッグ・ニュースと期待したのですが、
結論から言うとビオンディ作のパスティッチョだということがわかり、期待していた分、がっかりしました。

近年、ワシントンにあるアメリカ議会図書館で発見されたのはスコアではなく、ヴィヴァルディ他界の翌年、
1742年にウィーンで上演された『メッセニアの神託』のリブレットのほうだったのです。そのときに
同時にいくつかアリアが見つかったのか、それとも1738年のヴェネツィア版のわずかに断片的に現存する
アリアを使ったのかは、CDのライナーノーツで明らかになるでしょうが、要するにヴィヴァルディのほかのオペラや、
ジェミニアーノ・ジャコッメリ(1692-1740)が同じリブレットで作曲し、ヴィヴァルディに先駆けて1734年に
ヴェネツィアで初演したオペラ(ただし、タイトルは主人公の名前からとって『メーロぺ』です)や、
ヴィヴァルディ自身が、あるいは劇場から依頼を受けて、編曲したヨハン・アドルフ・ハッセ(1699-1783)のオペラから
リブレットに適したアリアを集め、レチタティーヴォは今までの経験を生かしてなるべくヴィヴァルディ風に
ビオンディ自らが作曲して拵えたのです。EMIの説明文にはスコアも発見されたと書かれていますが、
これは誤りで、どこかで情報が錯綜したのだろうと思います。本来なら、『ビオンディ作ヴィヴァルディ、
ジャコッメリ、ハッセのアリアによる「メッセニアの神託」』とすべきなのでしょうが、それでは身も蓋もなく、
あまりにもインパクトに欠けると思ったのかも知れません。

リリース元のVirgin Classicsによると、リリースされるのは9月24日で、HMVのサイトにもそう書いてあります。
ところが、前者には通常価格2120円のところ特別価格1800円と表示してあるのに、後者では一般価格2720円、
オンライン会員価格2502円、(他に2点以上購入すれば)マルチバイ特価で1904円と表示されています。
何だか流通の裏事情が透けて見えてきますね。日本はCDが高いので有名ですが、こんなに儲けているのだから、
価格を下げろとまでは言いませんが、ライナーノーツの日本語版を添付して売っても罰は当たらないでしょう。
翻訳料と言ってもこの程度の分量ならたかだか十数万円なので、200枚も売れれば十分に採算がとれます。
日本は英語偏重社会ですから、ライナーノーツも英語のできる社員に訳させればいいやと思うかもしれませんが、
そんなに簡単に考えてもらっては困ります。朝から晩まで英語偏重の環境にどっぷりつかっていると見えてきませんが、
このサイトで機会あるごとに警鐘を鳴らしてきたように、英語訳は本当に誤訳が多いのです。うっかりすると、
会社の信用に関わります。たとえ外注に出さなくてはならなくなっても、原文から直接翻訳させるべきです。

それよりもむしろ注目したいのは、1713年の秋季にサンタンジェロ劇場で上演された『怒りのオルランド』が
今までジョヴァンニ・アルベルト・リストーリ(1692-1753)の作品で、ヴィヴァルディ父子は興行主として
参加したに過ぎないと思われていたのが、ヴィヴァルディの真作と判明して、RV819 として登録されたことです。、
今年の7月20日にボーヌ国際バロックオペラ音楽祭で、他の8作品(オペラとオラトリオ)と共に、サルデッリ指揮で
コンサート形式の上演が行われたのですが、なんと嬉しいことに、11月にはヴィヴァルディ・エディションの一環として
Naiveからリリースされるというのです。真贋を見極めたサルデッリによれば、20曲のアリアは今までに上演も
レコーディングもされたことがなく、この発見にはサルデッリの言葉を借りれば、「興奮が冷めやらない」そうです。
後期の作品ほど音楽的な複雑さはないが、『四季』を作曲している頃の作品で、曲想での繋がりはなくても
音楽的な話法は極めて近いとのことです。実は、数年前からエジディオ・ポッツィなどの研究者の間で、
ヴィヴァルディのオペラの事実上の処女作は、1713年のヴィチェンツァ初演の『離宮のオットーネ』ではなく、
楽譜に残るヴィヴァルディの自筆の多さから見て、1713年の秋季に地元のヴェネツィアで初演された
『怒りのオルランド』ではないかという話が取りざたされていたのですが、今回決着を見てすっきりしました。
ではなぜ、自作であることをリブレットの表紙にきちんと書かなかったのかという疑問に関しては
二つの説がありますが、それについてはCDがリリースされてからのお楽しみということにしておきます。

それと、新発見ということでもう1つ。実は、今年の6月にドレスデンでヴァイオリン協奏曲がまた一つ
見つかったというのです。発見したのはアイスランドの音楽学者、Johannes Agustssonで、
このイ長調の協奏曲はタルボットによると1729年から1733年の間に作曲された可能性があるが、
非常に高度なテクニックを必要とし、今までにない高音域のLa5つまり五線譜の一番上の線から
付き出た音符に横棒が8本も付く超高音に達するそうです。カデンツァ以外の頻繁な高音域の使用は、
今までに知られているヴィヴァルディの作品では見当たりません。発見された場所が
ドレスデンの図書館なので、かつての愛弟子で宮廷オーケストラのコンサートマスターの
ピゼンデルを念頭に作曲したのだろうとタルボットは推論していますが、もしこれが真作なら
1920年代にドレスデンで大量にヴィヴァルディの作品が見つかって以来の大発見だそうです。

現在ヴェネツィアのサン・ジョルジョ・マッジョーレ島にあるイタリア・アントニオ・ヴィヴァルディ協会で
真贋をめぐって審議していますが、今のところ、5人の審議員のうち2名が「イエス」で
2名が「ノー」、残り1名が保留だそうです。ラ・セレニッスィマを率いるチャンドゥラーは、
早くもこれは間違いなくヴィヴァルディの作品だと確信し、9月にコンサートを開くつもりでしたが、
もし、審議会の結論が「ノー」と出たら、チケットやパンフレットを書き変えなくてはならない、
と周囲に言われて断念したそうです。

次のサイトでソロのパート譜の一部を見ることができます。
ttp://classicvoice.com/Mondo_Classico_p10.html


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー