ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4:RV807Dixit Dominus他演奏会
投稿日: 2011/11/04(Fri) 01:48
投稿者カーザヴェーチャ

tomokoさん、

素晴らしい演奏をどうもありがとうございました。オール・ヴィヴァルディ・プログラムでどれぐらい観客が集まるのだろうと思っていましたが、
開場少し前に着いたにもかかわらず、ホールのロビーはすでに長い列ができていて、その列もあれよあれよと言う間に建物の外にまで伸びていき、
区民ホールという名前から想像していたのとは大違いの、大きく立派なコンサート会場の席が、八割近くも埋め尽くされたのにびっくりです。

独唱者の技量も大変優れていて、とくにカウンターテナーの上杉さんの奥行きのある歌唱力は、一語一語の意味がはっきり伝わってくる特筆に値するものです。
合唱もかなり質が高く、安定したオーケストラの演奏ともども、安心して三大傑作の宗教曲を楽しむことができました。これは何よりも、両方の専属指揮者である
金井敬さんの日ごろの統率力と指導力の賜物なのだろうと感服しました。

アンコール用に詩篇121篇RV607『ラエタトゥス・スム(わたしは喜んだ)』を念入りに準備していたのもすごくよかったです。ヴィヴァルディの宗教曲は、
教会の厳かな権威を頭から押し付けたり、「人間の原罪」や「イエスを磔刑にした罪」をねちねちと歌い上げる趣のものと違って、神に祈る喜びを
純粋に表現したものが多く、この曲をアンコールにしたのは素晴らしい選択だったと思います。みなさんとても明るい気持ちでコンサート会場を
後にしたのではないでしょうか。蒲田駅に向かうお一人お一人のお顔を拝見して、そう感じました。

ただ、ちょっと残念だったのは、初心者ならだれでも弾く作品3の6の第三楽章で、ソロが音符を一つ二つ飛ばしてしまったことです。指揮者がハッとし、
伴奏者たちもアレアレ?という雰囲気が一瞬漂いましたが、そこはプロ。ソロもトゥッティも「そのとき義経少しも騒がず」で弾き続けたのはさすがです。
誰でも知っている易しい曲だから、余計に素人と違うところを見せなくてはならないと考え、却って緊張してミスるのでしょうか?くわばら、くわばら。

あとひとつ。これはお願いなのですが、今度ヴィヴァルディの作品を取り上げるときは、ウィヴィヴァルディに関する解説で、ピエタ慈善院
(少女孤児院)となっているところを、訂正していただけないでしょうか。男子も受け入れていましたし、孤児と言うよりも捨て子が多かったのです。

ただし、付属音楽院に入れるのは女子に限られていました。

また、晩年から忘れられたのではなく、18世紀後期から急速に忘れられていったので、この辺の記述もよろしくご配慮くだされば幸いです。
つまり、不帰の旅となるウィーン行きの直前まで、オペラ作曲家としてのヴィヴァルディは、ヴェネツィアでの人気が落ちていたとは言え、
器楽や宗教曲の作曲家としてはバリバリの現役で、国外からはアムステルダムの劇場がわざわざ創立100周年の記念行事に作曲を依頼してきたり、
啓蒙家であるブルゴーニュ高等法院長が訪ねてきたり、長年の付き合いのピエタ音楽院も、国賓級の重要人物の来訪時にはひたすらヴィヴァルディを
頼みの綱としていましたし、パリではおそらく無断で、チェロ・ソナタ集が出版され、勝手に作品14と番号付けされてもいます。ウィーンでの客死の翌年も、
生前の予定通りオペラがかかっています。こうしたことすべてが、忘れられた過去の人ではない何よりの証拠です。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー