ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 祝5刷!作品をめぐる秘話を少々
投稿日: 2011/06/13(Mon) 00:55
投稿者カーザヴェーチャ

この作品が世に出てから4ヶ月しか経っていないのに、もう5刷とは驚きです。何といってもジャンルが純文学なのですから。

今日は、そのこともあって、今まで書き込まなかった秘話を紹介することにします。

実は、3月4日に出版社の方を交えて、作者の大島真寿美さんと会食し、一緒にヴィヴァルディの誕生日を祝ったのです。
まさか、その一週間後に大災害が東北を襲い、人災と言える原発事故が日本を恐怖のどん底に突き落とすとは知る由もなく、
心行くまでヴェネツィア料理を堪能し、赤紫色の美酒を満たした杯を傾けつつ、大いにヴィヴァルディを語ったのでした。

この宴は、不思議な符合が次々と明らかになっていく、それはスリルに満ちたものでした。その辺のことからお話しします。
キーワードの作品3『調和の霊感』は、1711年の出版ですから、大島さんの「ピエタ」はちょうど300年後に世に出たことになります。
ヴィヴァルディが亡くなったのが1741年ですから、そこから数えれば330年後。1678年生まれなので、今年は333回目の誕生日です。
さらに、「ピエタ」は本文が5ページに始まり337ページで終わっているので、正味ページ数が今年の誕生日と同じ333ページなのです!
食卓を囲んだのが、私と大島さんと出版社の方の3人。3人が席に着いたとき、針は6時30分をまわったところでした。

それだけではありません。もう一本ワインを注文しようということになり、ヴェネツィア料理なので、プロセッコ(発泡ワイン)を、
と注文したところ、ウェイターが持ってきた銘柄が「ジュスティーノ」。そうです。ヴィヴァルディのオペラと同名で、
これには3人とも、きっとすぐ近くにヴィヴァルディがいてにこにこ笑っているのではないか、と顔を見合わせました。

大島さんが前作の短編も含めて、ピエタ音楽院とそこの女性たちをテーマとした小説を書こうと思い立ったのは、
『調和の霊感』を聴くと、どういうわけか、長いスカートの裾のようなものがひらひらするように感じたからだそうです。
ピエタ音楽院がどういうところかわかってからは、そこの女性たちについて書いてみたいと強く思うようになったそうです。
書こうと心に決めてからは、次々と当時のヴェネツィアのイメージが浮かんだと言います。そして、こうおっしゃっていました。
ヴィヴァルディの音楽は、そのまま直接に魂に語りかけてくるので、ピエタの「合奏・合唱の娘たち」の演奏は、
聴衆を悦ばすだけでなく、演奏者ひとりひとりの心を慰めていたのではないかと。なるほど、卓見ですね。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー