ヴィヴァルディ 掲示板 CD・演奏会
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 関西でも公演
投稿日: 2010/11/25(Thu) 13:45
投稿者tonia_ir

行ってきました。

最初の3曲は「弦楽と通奏低音のための・・」というプログラムの曲名を見落としていて、
あれ?カルミニョーラ出て来ない?なんて思ってしまいました(汗)
カルミニョーラのソロは4曲目からのヴィヴァルディの曲だけだったんですね。

それにしても、カルミニョーラは、すごい。
パワフルでエネルギッシュな演奏でした。
演奏しながら右を向いたり左を向いたり、
他の演奏家と顔を見つめあったり、足を踏み鳴らしたり。
一緒に行った主人が後で「やっぱり巨匠は違うなあ」と笑いつつ感動してました。

春の最初の小鳥たちが鳴き交わすところでは、カルミニョーラはふっと上の方を見上げて、
ほらあそこで小鳥が鳴いているでしょう、と言いたげなジェスチャーをしたんですけど、
私にもヴァイオリンの音楽が本当に小鳥の鳴き声に聴こえてました。

自由奔放にヴァイオリンを歌わせながら、それでいて正確に音楽を紡いでいく・・・
高い音楽性を保ちつつ、バロック時代のサロンのような
遊び心があるというのかな・・・(うまく言えません)
清清しい開放的な気持ちで聴いていました。

「海の嵐」は久しぶりに聴きました。
この曲を初めて聴いた30数年前の新鮮な驚きの気持ちが
ふとよみがえってきて懐かしかったです。

そしてここ「赤毛の司祭」にキアレッタの名で
毎日のように書き込みしていた頃の
ヴィヴァルディへの深い敬愛の気持ちも思い出していました。

時代も変わり自分の周りの環境も変わっても、
ヴィヴァルディの音楽は変わらずにある、そして何度でも何度でも新しく生まれる、
カルミニョーラの演奏とともにそんなイメージを思い浮かべていました。


(以下のサイトにもほぼ同じ内容で投稿しています。ご了承ください)m(_ _)m
ヤフー・グループ「バロック・ファンの広場」
http://groups.yahoo.co.jp/group/baroque_fan/


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー