[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe^6: 室内楽のコンサート
記事No2328   [関連記事]
投稿日: 2018/09/30(Sun) 12:16
投稿者カーザヴェーチャ
なかなか聴きごたえのあるコンサートでした。合奏団リーダーの縦笛(英語でリコーダー、ドイツ語でブロック・フレーテ、
イタリア語でフラウト・ドルチェかフラウト・ア・ベッコかフラウト・ディリット、日本語ってほんと大変です)奏者の
国枝俊太郎氏の演奏は、すべて自家薬籠中の作品の演奏という感じで安心感に満ちていました。柔らかく温かみのある
音色も心地よかったです。あの難しいと言われるバロック・ファゴットを顔色一つ変えず、さらっと奏した永谷陽子女史も
見事な出来栄えでした。しかし、他を差し置いて素晴らしかったのは、チェロの永瀬拓輝氏の演奏でした。通奏低音にも
きちんと表情をつけましたし、チェロ・ソナタの演奏はまさに圧巻でした。ヴィヴァルディの弦楽のための作品の演奏で
最も大事な点は、正確無比な音作りです。そうすれば楽器が自ら歌いだし、楽器本来の艶やかな響きが湧き出てくるのです。
そこをクリアしてこそ、初めて運弓による表情付けが行われるものと思います。永瀬氏は、その点をしっかり踏まえていて、
作品の解釈も聴衆の心を強く惹きつけるものでした。この方は、将来、バロック・チェロの第一人者になるかもしれません。

池之端さん、お会いできて本当に良かったです。演奏会後に珈琲店でヴィヴァルディについていろいろと深く語り合えて、
私にとっては貴重な一日となりました。どうもありがとうございました。


タイトルRe^5: 室内楽のコンサート
記事No2327   [関連記事]
投稿日: 2018/09/29(Sat) 21:53
投稿者池之端
ヴィヴァルディの室内協奏曲を集めた貴重な演奏会でした。特に、前半のチェロ・ソナタRV40、後半のRV95「ラ・パストレッラ」が面白かったです。
カーザヴェーチャさん、会場では色々お話させていただきましてありがとうございました。頓珍漢なことも言っていたかと思いますが、ご容赦ください。 カフェ・オレ(特典?)ご馳走様でした。

タイトルRe^4: 室内楽のコンサート
記事No2326   [関連記事]
投稿日: 2018/09/28(Fri) 19:18
投稿者カーザヴェーチャ
では、どうぞよろしくお願い致します。明日のコンサートを楽しみに致しております。

タイトルRe^3: 室内楽のコンサート
記事No2325   [関連記事]
投稿日: 2018/09/28(Fri) 13:14
投稿者池之端
お言葉に甘えて会場でお見かけしたら挨拶させていただきます。
私も特典ございませんので、ご安心ください。

タイトルRe^2: 室内楽のコンサート
記事No2324   [関連記事]
投稿日: 2018/09/27(Thu) 11:15
投稿者カーザヴェーチャ
コンサートにいらっしゃる場合は、私の面はFacebookですでに割れていると思いますので、
機会がありましたらご遠慮なくお声をおかけくだされば幸いです。チケットが安くなるなどの
特典は何もございませんが。

タイトルもう1つの世界初録音
記事No2323   [関連記事]
投稿日: 2018/09/27(Thu) 10:58
投稿者カーザヴェーチャ
もう1つは、Sony Classicalからリリースされるヴァイオリン協奏曲集『アマート・ベーネ』[19075860302]で、
演奏はこのアルバムでCDデビューとなるウクライナが生んだ才媛、アナスタシア・ペトリシャクとローマの
国立聖チェチーリア音楽院管弦楽団弦楽部です。

収録されているのは、RV761「アマート・ベーネ」、『四季』、ヴァイオリン協奏曲RV342の6曲です。
宣伝文には、「ペトリシャクは作品(『四季』)を深く読み込み、4つの協奏曲を結びつけることで、
作品で表現されている自然風景だけでなく、人生観に至るまでを克明に描き出していきます。」とあり、
これは、以前から申し上げている、『四季』はオノマトペ的な描写部分に注目するよりも、そうした自然の
様々な姿に触発された人間の行為や心の状態を描いている点に注目すべき作品だという私見と重なり
ますので、どんな仕上がりを見せてくれるか、早く聴いてみたいものです。

今回の世界初録音はRV342で、自筆譜のファクシミリはケンブリッジ大学のフィッツウィリアム美術館が
所蔵しています。リオムによると第二楽章と第三楽章に削除部分があるそうです。かなり高度な技巧を
要する作品で、作品の透明感をどこまで伝えているか楽しみです。

蛇足ですが、今年24歳のペトリシャクは、10歳の時にイタリアに移住してサルヴァトーレ・アッカルドに
師事しているので、ウクライナのヴァイオリニストというよりイタリアのヴァイオリニストとして捉えた
ほうが良いかと思います。それと、Amato(愛されている) bene(よく)のbeneの読み方は「ベネ」ではなく
「ベーネ」です。イタリア語の「愛している」にはTi amoとTi voglio bene.がありますが、後者の読み方は
ティ・ヴォッリョ・ベーネです。ティ・ヴォッリョ・ベネでは、肝心の場面で相手が吹き出すと思います。

タイトルRe: naiveからBiondiの新譜
記事No2322   [関連記事]
投稿日: 2018/09/27(Thu) 02:53
投稿者カーザヴェーチャ
池之端さん、ちょうど書き込もうと思っていたところでした。ありがとうございます。
この「『ラ・ボヘミア』〜ヴァイオリン協奏曲集」というアルバムは、ヴィヴァルディ全作品録音企画の
ヴァイオリン協奏曲集第6巻になります。各曲にビオンディが自作のカデンツァを付けているそうです。
6曲のうち、RV288はおそらく世界初録音ではないかと思います。不思議なのは、RV288はボネットゥの
新アルバムに収められているRV226と同じくらい、技術的に易しい初心者向けの曲なのにカデンツァが
付けられたということです。どうせなら、未レコーディングの難曲であるRV289 にしてほしかったです。
しかし、易しい曲にカデンツァを付けるには、きっとなにか意図があるのでしょうから、それも楽しみです。
また、RV186は、昔、ナタン・ミルシテインがLPを出して以来の収録なので、50数年ぶりの登場となります。
なかでも第二楽章のシチリアーナは心休まる名曲です。
実は、もう1つ世界初録音となる新譜のリリースがあるのですが、それについては明日書き込みます。

タイトルnaiveからBiondiの新譜
記事No2321   [関連記事]
投稿日: 2018/09/26(Wed) 15:48
投稿者池之端
naiveの新譜です。次はオペラ(ジュスティーノ)かと思っていたら、ヴァイオリン・コンチェルトでした。これはこれで楽しみです。
Concerti per violino VI "La boemia"
(Fabio Biondi, Europa Galante)
がリリースされるそうです。
収録曲は、RV 282、278、380、186、288、330です。

タイトルRe: 室内楽のコンサート
記事No2320   [関連記事]
投稿日: 2018/09/26(Wed) 15:32
投稿者池之端
貴重なコンサート情報ありがとうございます。
ヴィヴァルディの室内協奏曲を集めたコンサート、まだチケット予約できました。

タイトルRe^7: オペラと器楽曲の新譜登場
記事No2319   [関連記事]
投稿日: 2018/09/25(Tue) 22:42
投稿者カーザヴェーチャ
通りすがりさん、ありがとうございます。これはご紹介したCDではなく、ファソリス率いるイ・バロッキスティが
Deccaからリリースしたものですね。『グロリア』に異稿はありませんので、楽譜の校訂者か、あるいはファソリス
自身の判断で、今までとの違いが出たかと思われます。