[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe: バロック・ダンスパーティ―の企画
記事No2258   [関連記事]
投稿日: 2017/12/15(Fri) 12:41
投稿者カーザヴェーチャ
baroqueさん、初めまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

これはまた楽しそうな企画ですね。バロック舞踊のガボットやメヌエットを当時の様式で踊るのでしょう。優雅ですね。いいですね。
貸衣装があれば、ハロウィンが爆発的なブームになったように、日本人は江戸の昔から仮装パーティーが大好きですので、大受けすると思います。
この企画、今度はぜひ首都圏での開催もご検討ください。及ばずながらお手伝いさせていただきたいと思います。

タイトルバロック・ダンスパーティ―の企画
記事No2257   [関連記事]
投稿日: 2017/12/15(Fri) 10:00
投稿者baroque
参照先http://hazama1973.wixsite.com/baroque
(同じ内容のNo.2256のお書込みを、こちらの新スレッドに統合させていただきました。どうぞ、悪しからず。−−−管理人カーザヴェーチャ)

バロック・ダンスパーティを大阪・神戸で企画しています。

主体はダンスパーティ―ですが、音楽は、バロック・オリジナル楽曲の生演奏です。

バロック音楽の舞踏会を楽しみたいと思われる方は、ホームページをご覧になって、

希望されるいずれかの会場と、連絡先をお知らせください。

宜しくお願いいたします。

http://hazama1973.wixsite.com/baroque

タイトルヴィヴァルディ・フェスティヴァル(3)
記事No2255   [関連記事]
投稿日: 2017/12/09(Sat) 00:49
投稿者カーザヴェーチャ
オペラRV719「ダリオ(ダレイオス)の戴冠」の初演は、1717年1月23日、ヴェネツィアのサンタンジェロ劇場においてでした。
この時期は一年中でもっともオペラの上演が盛んで、たいてい期間中に2本は上演され、作曲家も腕によりをかけた作品を世に出しました。
カーニヴァルの時期は年によって移動しますが、1717年はことのほか早く、ちょうどその年にローマに遊学中だったジョージ・バークリー
(アイルランドの哲学者・司教。ニュートンとの数学をめぐる論争で有名。カリフォルニア大学バークリー校は彼の名前に因みます)が、
1月8日の日記に「カーニヴァルになったら、行列がよく見えるバルコニーがあるから、自邸に来るよう枢機卿に誘われた」と書いています。

さて、それから300年の歳月が流れ、場所も変わって、トリノなるレージョ劇場で本格的再演が執り行われました…と書きたいところですが、
幕が上がってビックリ仰天。しばらくは開いた口が塞がりませんでした。

オペラのあらすじはこうです。時は紀元前6世紀。ペルシアの皇帝が亡くなり、太守たちの支持を受けている貴族出身のダリオと、
臣民からの信望が厚いオロンテと、軍の支持を背景とするアルパゴの3人が、帝位をめぐって争います。ダリオは血で血を洗うのを嫌い、
ライバルの二人に皇帝の長女のスタティラと婚姻を結んだ者の勝ちとしようと持ちかけます。この提案は神託を通じ太陽神の承認も得ました。
ところが、長女が八方美人でお人好しなのに引き換え、次女のアルジェネは野心家で、魚のサヨリのようにうわべは美しくとも腹は真っ黒。
その次女がダリオに横恋慕してしまい、まとまりかけた長女との婚姻をぶち壊そうといろいろと画策するため、事態は紛糾していきます。
しかし、結局、最後に正義が勝ち、ダリオとスタティラは結ばれて共に帝国を統治することになり、悪事露見した次女は重い罰を受けます。

当然、古代ペルシアの舞台背景に当時の衣装をまとった人物が登場すると思いきや、何とそこは現代の中近東。カダフィ大佐を思わせる
肖像写真が掲げられたり、太い石油パイプラインを背景にドラム缶が転がっていたり、事務所では扇風機が回り、姉妹の養育係を務める
哲学者ニチェノの発言を、テレビのクルーがテレビカメラや棹付きマイクを持って追いかけ回したり、戦闘場面でガスマスク装着の兵士が
機関銃を構えたりという具合で、セリフは18世紀の原本のまま、話だけすっかり現代になってしまっていて、最初のうちはめまいの連続でした。
しかし、だんだん慣れてくるとウィットにとんだ面白さがうかがえ、とくにいよいよフィナーレに近づく第三幕第十四場で、
ダリオがスタティラを妻とすると高らかに宣言する場面で、スタティラは一言”Confermo.”(さようですとも)と同意するのですが、
この言葉は、現代の日常生活で、例えば券売機の画面などで「はい」「いいえ」を選ぶときに使われるので、ダリオがスタティラに
まるで目の前に券売機のモニターがあるかのように、人差し指で押すようにしぐさで促し、スタティラもちょっと間を置いてポンと
人差し指で押す真似をしてこのセリフを言ったものですから、場内は大爆笑でした。

帰り際に、あわや売り切れになるところだったパンフレットを買い求めて、この舞台を担当したレオ・ムカートの意図を読んでみると、
国家元首が死去し、その相続をめぐって、国民代表と将軍とハイソな政治家が三つ巴で争い、そこへ無邪気とも寛大ともとれるおぼこが、
恋のひと悶着を起こすとなれば、なぜ2000年以上前の話にしておく必要があろうか、現代でも十分ありうる話ではないか、そこで、もっとも
現代的な中近東をイメージして、場所をアラブの砂漠地帯に設定した、長きにわたり地中資源の石油で豊かな暮らしをする王族と、
彼らを支える労働者の日常がそこにあるからだ、というのが理由だそうです。そうかと言って、オペラのバロック精神を傷つけてはならないので、
リアリズムに走りすぎないように努力したとも述べています。

思い切った衣装と言い、大道具と言い、ムカートもいろいろ思い悩んだようですが、何度も楽譜とリブレットを見ているうちに、
ヴィヴァルディがちょっとくらい遊んでもいいよと言ってくれたような気がして、大胆な構想を練り上げたと述べています。
音楽的には指揮者のダントーネの意向もあり、レチタティーヴォに一切手を加えず、アリアもダ・カーポを守ることにしたそうです。

最後になりましたが、指揮者はnaiveから2013年にこのオペラのCDを出した[OP30553]オッターヴィオ・ダントーネですが、
オーケストラはアッカデーミア・ビザンティーナではなく、レージョ劇場専属オーケストラでした。配役は、ダリオ役がアンデルス
(スウェーデン語ではアンダーシュのようですが)・ダーリンに替えてカルロ・アッレマーノになっている以外は、
スタティラ役のサラ・ミンガルドやアルパゴ役のベロニカ・カンヘミなど、CDのメンバーとまったく同じでした。

タイトルRe: naiveの新譜 Dorilla in Tempe
記事No2254   [関連記事]
投稿日: 2017/12/04(Mon) 02:38
投稿者カーザヴェーチャ
池之端のヴィヴァルディ好きさん、
オペラの新譜情報をありがとうございます。やっと、書き込みを再開しましたので、また改めて書き込みますが、
RV709『テンぺのドリッラ』は、1993年にアルベール・べッツィーナ率いるニース・バロック・アンサンブルが
録音[PIERRE VERANY: PV794092]して以来、24年ぶりの新盤登場です。
今月20日以降国内でリリースされるとのことで、大いに楽しみですね。

タイトルヴィヴァルディ・フェスティヴァル(2)
記事No2253   [関連記事]
投稿日: 2017/12/04(Mon) 02:28
投稿者カーザヴェーチャ
早いもので、前回の書き込みから半年以上経ってしまい、まことに申し訳ありません。その間、いろいろとご心配をおかけ致しました。

さて、フェスティヴァル滞在の2日目は、たっぷりとホテルの朝食をとってから、会場の国立トリノ大学図書館に向かいました。
自筆譜をはじめとする貴重な資料が展示されている会場は、ホールを入って左正面の緩やかなスロープを下ったところにありました。
すでにお気づきのことと思いますが、図書館とヴィヴァルディ・ホールの画像は、トップページから入るfacebookに貼ってあります。
25巻にまとめられた膨大な数の自筆譜の一部が展示されているに過ぎませんが、実際に目のあたりにした感激は一生忘れられません。

伝記とはトピックを次々と書き連ねるものですが、人目を惹く内容だからトピックなのに、ともすればそれを全体にあてはめて考えがちです。
その一つに、ヴィヴァルディは速筆だったため、音符が嵐にあったように書きなぐってあるというのがあります。確かにそうしたものもありますが、
展示されている楽譜のほとんどはきれいに書かれていて、推敲の結果、ここはいらないと判断した個所は、斜線を細かく交差させて消してあり、
まるで斜め組み子に組まれた竹垣のようです。オペラ作品も展示されていましたが、音符の下の歌詞も丁寧に書き込まれていて、
一語一語きちんと読むことができます。自筆譜をじっと見ていると、時の流れで紙面が黄ばんでさえいなければ、傍らに立っている私に
作曲したてを「どうです、これ?」と手渡されたような、不思議な思いがしました。

夕方の五時半から、図書館右手端にあるヴィヴァルディ・ホールで、リアナ・ピュッシェルという若手による研究発表がありました。
タイトルは「アントニオ・ヴィヴァルディ、何たるパスティッチョ!」で、「バロック・オペラの美学を理解するための覚え書き」という
副題がついていることから、RV731『忠実なロズミーラ』(1738)のような他の作曲家のアリアを織り込んだパスティッチョについて語ると思いきや、
どういうわけか、ヘンデルのオペラ作品を中心に話を進めるため、発表途中に席を立つ人の姿が目立ちました。

夜8時から、レージョ劇場でオペラRV719「ダリオ(ダレイオス)の戴冠」の上演がありましたが、後ほどスレッドを改めて書き込むことにします。

タイトルnaiveの新譜 Dorilla in Tempe
記事No2252   [関連記事]
投稿日: 2017/11/24(Fri) 20:47
投稿者池之端のヴィヴァルディ好き
秋が駆け足で過ぎて師走目前となってしまいました。
さて、最近はモダン楽器の演奏も素晴らしいと気づきまして、
I Solisti VenetiやBudapest Stringsのシンフォニア集を見つけてきて聴いていましたが、ついさっきアマゾンでヴィヴァルディの新譜は出ていないかとチェックしたところ、naiveから
Dorilla in Tempe : Fasolis / I Barocchisti
が12月にリリースされるそうです。
1734年再演のパスティッチョのようですが、
https://naive.lnk.to/DorillaPcTlc
でアリア3つだけ試聴できました。
以上、ご報告まで。

タイトルRe: 無題
記事No2249   [関連記事]
投稿日: 2015/02/21(Sat) 00:08
投稿者カーザヴェーチャ
花魁羊飼いさん

盛況をお祈りしています!
楽器をお弾きになるファンの皆様。ぜひご参加ください。

タイトル無題
記事No2248   [関連記事]
投稿日: 2015/02/20(Fri) 13:52
投稿者花魁羊飼い
♪♪♪今年も神戸で「アントキのヴィヴァルディ祭り2015」が開催されます♪♪♪


【日時】2015年3月4日(水)18:30開演
【会場】神戸市産業振興センター ハーバーホール
【入場料】前売り:一般2,000円、高校生以下1,500円
      当日 :一般2,500円、高校生以下2,000円
☆全席自由
※未就学児もチケットが必要です。


《第1部》
・2つのヴァイオリンのための協奏曲 ト短調 RV517
・チェロ協奏曲 ハ長調 RV399
・フルート、オーボエ、ヴァイオリン、ファゴットのための室内協奏曲 ニ長調 RV95“羊飼いの娘”
・フルート協奏曲 ニ長調作品10-3 RV428“ごしきひわ”
・ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 イ長調 RV546

《第2部》
・ファゴット協奏曲 イ短調
・2つのヴィオラ・ダモーレのための協奏曲 ニ短調 RV535
 ※原曲「2つのオーボエのための協奏曲」
・オーボエ協奏曲 ニ短調作品8-9 RV454
・2つのフルートのための協奏曲 ハ長調 RV533

《第3部》
会場の皆様と一緒に演奏します。
プロ、アマ、初心者等問いませんので、ぜひ楽器をご持参ください。
♪歌劇「ダリオの戴冠」シンフォニア ハ長調 RV719第1楽章
♪ヴァイオリン協奏曲 イ短調作品3-6 RV356第1楽章

タイトルRe^5: Concerti dell'addio
記事No2246   [関連記事]
投稿日: 2015/01/28(Wed) 02:03
投稿者カーザヴェーチャ
奇しくも、今日HMVから注文しておいたCDが届きました。早速、曲を聴きながらライナーノーツを食い入るように読んだのですが、
あいにくと、今私たちが取り上げているテーマについては一言の言及もありませんでした。それと、どういうわけか、
見開きの目次の右下に、ヴィヴァルディがヴィンチグェーラ・コッラルト伯爵の使いの者に出した領収書の写真
(冒頭にAdi 28 Giunio 1741 Vienna 1741年6月28日 於ウィーン)があるのに、解説では14日になっているのです。
おそらくイタリア語原文の単純ミスだろうと思いますが、英語もフランス語もドイツ語もみな右ならえになっています。

> 楽譜が自筆譜ではなく筆写譜であったとすると、
> ヴェネツィアから持ってきた手持ちの楽譜という可能性が高そうですね。
> また、これらの曲を、ウィーンで演奏することを考えていたのかもしれません。

これらの曲は自筆譜がすべてトリノに保管されているので、おそらく筆写譜をあらかじめ作らせておいてから旅に出たか、
あまり考えられませんが、滞在費が心もとなくなってから筆写譜屋の甥に手紙を出して、自宅に置いてある自筆譜から
新たに筆写譜を起こさせたものを定宿に送らせたのかもしれません。いずれにしろ、日本語の前宣伝からイメージされる
最晩年にウィーンで作曲されたものではないことは確かです。

> 確認したところ、そこまでは言われてなかったようです。
> 正しくは、「相当後期の頃の作品のひとつと目され、」でした。

すみません。舌足らずな書き方をしたために、誤解を生じさせてしまいました。


CDの内容に話を移させていただきますと、これは年頭からすごい名盤が出たものだと、手放しで喜んでおります。
円熟期を迎えたビオンディの演奏は、本当に一音一音心を砕いた音作りになっていて、演奏の命と言われる、
右手の弓捌きも非常に精緻で、同じ音型は異なった弓使いで表情を豊かにしています。トゥッティを含めた
全体のアーティキュレーションもどれも納得のいくものばかりです。まるでヴィヴァルディの形見であるかのように
(イタリア語の「さようなら」のアッディオAddioは、もう二度と会わない場合に使います。よく知られているアリヴェデルチ
Arrivederciはもともと「再び会う」という意味なので、ふつう別れのあいさつではこちらのほうを使います。
つまり、Concerti dell'addioとは「最後の協奏曲群」ということです)、一曲一曲をいとおしんで丁寧に弾く姿勢に、
ヴィヴァルディの音楽への深い理解とあふれんばかりの愛情を感じさせます。
ソロとトゥッティの絶妙な呼応の中に立ち現われる詩的な世界に、時を忘れてしばらく陶然としました。

ビオンディ自ら筆をとった解説は、作品ごとに述べるのではなく、ヴィヴァルディのヴァイオリン音楽の真髄を
さまざまな角度からとらえて述べ、「たとえばRV371の第二楽章5小節目からのピアニッシモの扱いは…」
のような書き方になっているので、解説自体、非常に詩的な香りがします。「曲を売却しながら、ヴィヴァルディは、
今日もなお、人々が自分の音楽を研究し、夢中で演奏し、そして何よりも深い愛情を注いでくれていることを知って、
少しは心が慰められたことだろう」と、解説の末尾をするりと現代にワープさせて終わるセンスの良さは抜群です。

タイトルRe^4: Concerti dell'addio
記事No2245   [関連記事]
投稿日: 2015/01/27(Tue) 22:10
投稿者名無し
> 伯爵の城館に伝わってきたコッラルト・コレクション(表紙がInventario per la Musica(音楽目録))に含まれる
> この16曲の筆写譜は、現在はBrnoブルノのモラヴィア博物館Moravske(アクセント付きe) Muzeumが所蔵しています。

売却された曲の作曲年代の推定に加え、楽譜が自筆譜ではなく筆写譜であったとすると、
ご指摘にあった、ヴェネツィアから持ってきた手持ちの楽譜という可能性が高そうですね。
また、これらの曲を、ウィーンで演奏することを考えていたのかもしれません。

> >以前、本サイトで、RV273は相当後期の作と推定されると解説されていましたので、
>
> BBS2No.2142のことでしょうか?そのように解説した記憶がないのですが…。この作品の作曲推定年はリオムでも表記がありません。
> いずれにしても、魂を揺さぶられる作品ですね。

確認したところ、そこまでは言われてなかったようです。
正しくは、「相当後期の頃の作品のひとつと目され、」でした。