[リストへもどる]
新着記事

タイトル1739年以来279年ぶりの再演
記事No2333   [関連記事]
投稿日: 2018/11/22(Thu) 02:33
投稿者カーザヴェーチャ
イタリアのマントヴァでは、今夜9時からサンタ・マリーア聖堂で、タルボットの長年にわたる
研究の成果として、ヴィヴァルディが最後に宗教曲を託された1739年4月14日のピエタ教会での
晩祷を忠実に再現した世界初の演奏会が開かれます。演奏はアッカデーミア・デッリ・イン
ヴァギーティ合奏団とリチェルカーレ・アンサンブル室内合唱団で、指揮はサルデッリです。
1739年に改作のRV611『マニフィカート』を中心に、5曲の詩編、RV596『コンフィテボール
・ティビ・ドミネ(主よ、あなたに感謝します)』、RV604『イン・エクスィトゥ・イスラエル
(イスラエルはエジプトを去り)』、RV795『ベアトゥス・ヴィル(幸いなるかな)』、
RV803『ニスィ・ドミヌス(主が家を建てられるのでなければ)』、そしてRV609『ラウダ
・イェルザレム(エルサレムよ、主をほめたたえよ)』が演奏されます。ヴィヴァルディが
ウィーンに向けて死出の旅に出る2年前の渾身の作品群で、まさに万華鏡の美しさであると、
パンフレットに書かれています。入場料は、日本では信じられないほど安さなのですが、
イタリアでは当たり前の15ユーロです。特筆すべきは、ソプラノに日本人歌手、保科瑠衣さんが
加わっていることです。 

タイトルRe^11: オペラと器楽曲の新譜登場
記事No2332   [関連記事]
投稿日: 2018/11/04(Sun) 18:57
投稿者カーザヴェーチャ
通りすがりさん、早速の情報をありがとうございます。

ダントーネ率いるアッカデーミア・ビザンティーナによる『ジュスティーノ』のリリースは、
スレッド「naiveのVivaldi Edition再始動!」no.2264で池之端さんがイギリスの音楽雑誌へ
リンクを貼って紹介されていましたが、意外と早かったですね。ただ、タワレコもhmvも
大抵入荷が遅れるので毎回やきもきします。

『ジュスティーノ』はヴェラルディがアレッサンドロ・ストラデッラ室内合奏団を率いて
2002年にBongiovanni からリリースしていますので、16年ぶりのレコーディングになります。
このオペラは私のお気に入りの一つでして、独立してレコーディングされるようになってから、
広く知られてきている、ヴァイオリン協奏曲RV387の第二楽章のトゥッティの主題と関連のある、
第一幕第八場のアナスタスィオのアリア“Vedro con mio diletto “ (喜びをもって会わん)や、
第十四幕のアリアンナのアリア“Mio dolce amato sposo”(私の愛しいあなた)、第三幕第四場の
レオカスタのアリア“Senza l’amato bene”(愛する人なしに生きるのは)は特に気に入っているので、
どんな仕上がりか楽しみです。

タイトルRe^10: オペラと器楽曲の新譜登場
記事No2331   [関連記事]
投稿日: 2018/11/03(Sat) 14:58
投稿者通りすがり
作品番号は誤りでしたか。
オペラといえば、「ジュスティーノ」RV717もリリースされるようです。

ttps://www.hmv.co.jp/artist_ヴィヴァルディ(1678-1741)_000000000017791/item_『ジュスティーノ』全曲-オッターヴィオ・ダントーネ&アッカデミア・ビザンチナ、デルフィヌ・ガル、ヴェロニカ・カンジェミ、他(2018-ステレオ)(3CD)_9331891

タイトルRe^9: オペラと器楽曲の新譜登場
記事No2330   [関連記事]
投稿日: 2018/10/30(Tue) 14:51
投稿者カーザヴェーチャ
通りすがりさん、

どうも大変お待たせしました。現物が届いてから正確なことをお伝えしようと思っておりましたが、
入荷がずるずると遅れて昨日やっと届きました。収録されているのは間違いなくRV728ですが、
アマゾンのページではAnh.84となっていましたね。何かのミスだろうと思います。DVD添付の解説書の
イタリア語原版も英語翻訳版にも、Anh.84は現在RV819として登録されていると書いてありますし。

タイトルRe^8: オペラと器楽曲の新譜登場
記事No2329   [関連記事]
投稿日: 2018/10/19(Fri) 22:35
投稿者通りすがり
RV 728「オルランド・フリオーソ」ですが、下記ページを見ると、作品番号が「RV Anh. 84」となっています。
これは誤りなのでしょうか。

ttps://www.amazon.co.jp/gp/product/B07H7WSQFZ/ref=dm_ws_sp_ps_dp

タイトルRe^6: 室内楽のコンサート
記事No2328   [関連記事]
投稿日: 2018/09/30(Sun) 12:16
投稿者カーザヴェーチャ
なかなか聴きごたえのあるコンサートでした。合奏団リーダーの縦笛(英語でリコーダー、ドイツ語でブロック・フレーテ、
イタリア語でフラウト・ドルチェかフラウト・ア・ベッコかフラウト・ディリット、日本語ってほんと大変です)奏者の
国枝俊太郎氏の演奏は、すべて自家薬籠中の作品の演奏という感じで安心感に満ちていました。柔らかく温かみのある
音色も心地よかったです。あの難しいと言われるバロック・ファゴットを顔色一つ変えず、さらっと奏した永谷陽子女史も
見事な出来栄えでした。しかし、他を差し置いて素晴らしかったのは、チェロの永瀬拓輝氏の演奏でした。通奏低音にも
きちんと表情をつけましたし、チェロ・ソナタの演奏はまさに圧巻でした。ヴィヴァルディの弦楽のための作品の演奏で
最も大事な点は、正確無比な音作りです。そうすれば楽器が自ら歌いだし、楽器本来の艶やかな響きが湧き出てくるのです。
そこをクリアしてこそ、初めて運弓による表情付けが行われるものと思います。永瀬氏は、その点をしっかり踏まえていて、
作品の解釈も聴衆の心を強く惹きつけるものでした。この方は、将来、バロック・チェロの第一人者になるかもしれません。

池之端さん、お会いできて本当に良かったです。演奏会後に珈琲店でヴィヴァルディについていろいろと深く語り合えて、
私にとっては貴重な一日となりました。どうもありがとうございました。


タイトルRe^5: 室内楽のコンサート
記事No2327   [関連記事]
投稿日: 2018/09/29(Sat) 21:53
投稿者池之端
ヴィヴァルディの室内協奏曲を集めた貴重な演奏会でした。特に、前半のチェロ・ソナタRV40、後半のRV95「ラ・パストレッラ」が面白かったです。
カーザヴェーチャさん、会場では色々お話させていただきましてありがとうございました。頓珍漢なことも言っていたかと思いますが、ご容赦ください。 カフェ・オレ(特典?)ご馳走様でした。

タイトルRe^4: 室内楽のコンサート
記事No2326   [関連記事]
投稿日: 2018/09/28(Fri) 19:18
投稿者カーザヴェーチャ
では、どうぞよろしくお願い致します。明日のコンサートを楽しみに致しております。

タイトルRe^3: 室内楽のコンサート
記事No2325   [関連記事]
投稿日: 2018/09/28(Fri) 13:14
投稿者池之端
お言葉に甘えて会場でお見かけしたら挨拶させていただきます。
私も特典ございませんので、ご安心ください。

タイトルRe^2: 室内楽のコンサート
記事No2324   [関連記事]
投稿日: 2018/09/27(Thu) 11:15
投稿者カーザヴェーチャ
コンサートにいらっしゃる場合は、私の面はFacebookですでに割れていると思いますので、
機会がありましたらご遠慮なくお声をおかけくだされば幸いです。チケットが安くなるなどの
特典は何もございませんが。