[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe^3: Dixit Dominus, RV 594
記事No2341   [関連記事]
投稿日: 2019/03/04(Mon) 00:41
投稿者カーザヴェーチャ
> RV 807の曲は、2011年に大田区民ホールでの演奏を思い出しました。
2011年11月3日、蒲田アプリコでの東京室内声楽アンサンブル定期演奏会のことですね。
その時のことは、このBBS3のtomokoさんがお立てになったスレッド、「RV807Dixit Dominus
他演奏会」no.2129〜no.2138に描かれていますが、通りすがりさんも同じ会場に
いらっしゃったのですね。あれは本当に素晴らしい演奏でした。

タイトルRe^2: Dixit Dominus, RV 594
記事No2340   [関連記事]
投稿日: 2019/03/03(Sun) 19:39
投稿者通りすがり
RV 807の曲は、2011年に大田区民ホールでの演奏を思い出しました。
こちらの最後のフーガにも感銘を受けました。
動画サイトの演奏がCD化されたらうれしいですね。

タイトルRe: Dixit Dominus, RV 594
記事No2339   [関連記事]
投稿日: 2019/03/03(Sun) 03:38
投稿者カーザヴェーチャ
終曲Sicut erat in principio(初めにありしごとく)は、四声の二重合唱のために書かれているので八声のフーガになります。
ゆったりとした下降音型ではじまるテーマは、不思議な安定感が全体を貫いていて、建築様式のロマネスクやビザンティン
のように水平的な広がりを見せるようです。一方、ずっと後に書かれ、21世紀になってもガルッピ(1706-85)の作品と
思われていたRV807 『ディクシット』の終曲Sicut erat in principioは、RV594よりもはるかに精緻な対位法で書かれていて、
ゴシック建築の強い垂直性を感じさせます。ヘンデルの同名のHMV232との聴き比べも一興です。ヘンデルのほうが年下なのに、
作品が与える印象はヴィヴァルディのに比べると、もっと中世の教会の香りが漂ってくるようです。

この動画は昨年1月27日に、アムステルダムにある1888年建立の王立コンサートホール(オランダ語名、コーニンクレイク・
コンセルトヘバウよりも、英語名のロイヤル・コンセルトヘボウで広く知られていますが)で、ジュリオ・プランディ率いる
ギスリエリ合奏・合唱団が、創立15周年を記念して行ったコンサートをライブ収録したものですね。ギスリエリ合奏・合唱団は
18世紀の作品を専らとするイタリアの演奏団体で、この演奏も非常に質の高いもので、もしヴィヴァルディの作品でも
CDが出るようでしたらぜひ入手したいです。貴重な情報をありがとうございました。

タイトルDixit Dominus, RV 594
記事No2338   [関連記事]
投稿日: 2019/03/01(Fri) 11:10
投稿者通りすがり
動画サイトにDixit Dominus, RV 594の演奏がありました。
最後のフーガは8声部でしょうか、圧巻だと思います。

ttps://www.youtube.com/watch?v=aKRadU-n104

タイトルRe^3: SardelliとMartynovのラ・ストラヴァガンツァ
記事No2337   [関連記事]
投稿日: 2019/02/10(Sun) 23:38
投稿者カーザヴェーチャ
>よく使うギリシャの店からCDが届きました
もう届いたのですね。タワーレコードやHMVよりずっと早いですね。

> 各声部が丁寧に表情付けされて、特に今まであまり気づかなかった低声部の動きがとても面白いです。通奏低音も凝っていてテオルボまで時に抒情的に響きます。
試聴して、私も同じ感想を持ちました。各声部を立体的に処理していて、細かいところまでよく配慮されてますね。

>何はともあれ、La Stravaganzaの名盤の登場に乾杯!です。
『調和の霊感』で自信を深めたヴィヴァルディが、いよいよ出版譜でも独奏協奏曲という時代の先端を行く形式を
前面に押し出した決意がうかがえる曲集です。視聴の段階ですが、これは名盤という予感でわくわくしています。

タイトルRe^2: SardelliとMartynovのラ・ストラヴァガンツァ
記事No2336   [関連記事]
投稿日: 2019/02/09(Sat) 20:09
投稿者池之端
よく使うギリシャの店からCDが届きました。古代ギリシャの遺跡の絵葉書をいつも添えてくれます。それにしても世界中の店を選べる世になろうとは!ネット社会の恩恵です。
そのSardelliのLa Stravaganzaですが、新たな名盤の登場と思います。
各声部が丁寧に表情付けされて、特に今まであまり気づかなかった低声部の動きがとても面白いです。通奏低音も凝っていてテオルボまで時に抒情的に響きます。
ヴァイオリンAnton MartynovはSardelliのヴァイオリン協奏曲でもソロを弾いているのですね。息ぴったりのはずです。
La Stravaganzaがこれほど多彩な音楽の集まりだったのかと再認識させられました。どれも30歳前後のヴィヴァルディの生き生きとした最良の音楽と言えましょう。
実は緩徐楽章についてはあまり遅いテンポの演奏だと焦れてしまうこともあるのですが、この演奏ではじっくり充実した時間の流れを感じます。
まとまりのないお話になってしまいましたが、何はともあれ、La Stravaganzaの名盤の登場に乾杯!です。

タイトルRe: SardelliとMartynovのラ・ストラヴァガンツァ
記事No2335   [関連記事]
投稿日: 2019/01/22(Tue) 21:14
投稿者カーザヴェーチャ
池之端さん、お久しぶりです。本年もどうぞよろしくお願い致します。

いよいよ出ましたね。まだ、Modo Antiquoのウェブサイトでは触れられていませんが、以下のサイトで視聴したところ、
満を持してリリースしたアルバムのようで大いに期待できます。
ttp://www.e-onkyo.com/music/album/cds777802/

私は、古い所ではフェリス・アーヨのイ・ムジチ盤(LP)、ヴァレーズのフランス器楽合奏団(LP)、同じくモダン楽器では、
イタリア合奏団、古楽器ではイタリア合奏団のもう一つの姿であるグッリェールモのラルテ・デッラールコ、
ポッジャーのアルテ・デイ・スオナトーリ、そしてビオンディのエウロパ・ガランテを持っています。

年末年始の忙しさにかまけて、すっかりサイトのほうを怠けておりましたので、そろそろ新盤の感想を書き込まなくては、
と思っておりました矢先の新譜情報。ありがとうございました。

タイトルSardelliとMartynovのラ・ストラヴァガンツァ
記事No2334   [関連記事]
投稿日: 2019/01/21(Mon) 15:23
投稿者池之端
ご無沙汰しちゃっております。池之端です。
遅れ馳せながら、本年もよろしくお願いいたします。

嗚呼、Anton Martynov独奏、Sardelli+Modo Antiquoで
Op4のLa Stravaganzaの新譜が出ていました!
私は作品番号付のヴァイオリン協奏曲集ではLa Stravaganzaが最も好きでして、速攻で注文しました。
I solisti Veneti
Watkinson独奏 City of London Sinfonia
ピリオド楽器では
Huggett独奏 Hogwood+AAM
Biondi独奏 Europa Galante
の演奏をよく聴いてますが、特に好きなBiondi盤はイギリスで出版された楽譜によるもので、No.12 RV298などが含まれておらず、残念に思っていましたが、新たな名盤が出たのではないかと期待しています。

試聴でます。
ttps://www.allmusic.com/album/vivaldi-la-stravaganza-mw0002103795

タイトル1739年以来279年ぶりの再演
記事No2333   [関連記事]
投稿日: 2018/11/22(Thu) 02:33
投稿者カーザヴェーチャ
イタリアのマントヴァでは、今夜9時からサンタ・マリーア聖堂で、タルボットの長年にわたる
研究の成果として、ヴィヴァルディが最後に宗教曲を託された1739年4月14日のピエタ教会での
晩祷を忠実に再現した世界初の演奏会が開かれます。演奏はアッカデーミア・デッリ・イン
ヴァギーティ合奏団とリチェルカーレ・アンサンブル室内合唱団で、指揮はサルデッリです。
1739年に改作のRV611『マニフィカート』を中心に、5曲の詩編、RV596『コンフィテボール
・ティビ・ドミネ(主よ、あなたに感謝します)』、RV604『イン・エクスィトゥ・イスラエル
(イスラエルはエジプトを去り)』、RV795『ベアトゥス・ヴィル(幸いなるかな)』、
RV803『ニスィ・ドミヌス(主が家を建てられるのでなければ)』、そしてRV609『ラウダ
・イェルザレム(エルサレムよ、主をほめたたえよ)』が演奏されます。ヴィヴァルディが
ウィーンに向けて死出の旅に出る2年前の渾身の作品群で、まさに万華鏡の美しさであると、
パンフレットに書かれています。入場料は、日本では信じられないほど安さなのですが、
イタリアでは当たり前の15ユーロです。特筆すべきは、ソプラノに日本人歌手、保科瑠衣さんが
加わっていることです。 

タイトルRe^11: オペラと器楽曲の新譜登場
記事No2332   [関連記事]
投稿日: 2018/11/04(Sun) 18:57
投稿者カーザヴェーチャ
通りすがりさん、早速の情報をありがとうございます。

ダントーネ率いるアッカデーミア・ビザンティーナによる『ジュスティーノ』のリリースは、
スレッド「naiveのVivaldi Edition再始動!」no.2264で池之端さんがイギリスの音楽雑誌へ
リンクを貼って紹介されていましたが、意外と早かったですね。ただ、タワレコもhmvも
大抵入荷が遅れるので毎回やきもきします。

『ジュスティーノ』はヴェラルディがアレッサンドロ・ストラデッラ室内合奏団を率いて
2002年にBongiovanni からリリースしていますので、16年ぶりのレコーディングになります。
このオペラは私のお気に入りの一つでして、独立してレコーディングされるようになってから、
広く知られてきている、ヴァイオリン協奏曲RV387の第二楽章のトゥッティの主題と関連のある、
第一幕第八場のアナスタスィオのアリア“Vedro con mio diletto “ (喜びをもって会わん)や、
第十四幕のアリアンナのアリア“Mio dolce amato sposo”(私の愛しいあなた)、第三幕第四場の
レオカスタのアリア“Senza l’amato bene”(愛する人なしに生きるのは)は特に気に入っているので、
どんな仕上がりか楽しみです。