[リストへもどる]
新着記事

タイトルヴィヴァルディ・フェスティヴァル(5)
記事No2268   [関連記事]
投稿日: 2018/01/25(Thu) 16:07
投稿者カーザヴェーチャ
 午前の部が終わって。適当なレストランがないか付近を歩きましたが、今回の旅で一番苦労したのはトリノの食事でした。
フィアットがFabbrica Italiana Automobili Torino(トリノ・イタリア自動車工場)の頭文字であることが示すように、
トリノは自動車産業に支えられた豊かな都会で、豪壮かつシックな近代建築群が明るい美しさを誇る町であるとともに、
イタリア統一運動揺籃の地として、教師に引率された生徒たちが全国から引きも切らず集まる町であるにもかかわらず、
観光都市でないというだけの理由から、商用以外の旅行者にとっては、なんとも居心地の悪い街です。その1つが食事。

高級レストランか、経営者も客もいかにも貧しそうな移民の、店頭のメニューによるとドリンク付きでピッツァか故国の料理の
セットを出す安食堂しか見当たりません、旅行者でもひょいと気軽に入れそうな食堂がなかなか見つからないのです。
地元に知り合いがいないのが本当に悔やまれました。空き腹を抱えて歩くうちに、「旅人」気分がすっかり失せて、
ブルーな「よそ者」気分になってしまいました。

実際、イタリア旅行の案内書でトリノを扱っているものなど皆無ではないでしょうか。レージョ劇場、エジプト博物館、
理不尽なほど高くそびえる塔をもつモーレ・アントネリアーナ内の国立映画博物館、甘党の聖地バラッティ・エ・ミラノ
Baratti & Milano本店のカフェなど、ヴィヴァルディ・ファンでなくても一度は行く価値がある街なのにもったいないです。

無事にちょうどよい店を見つけて昼食を済ませ、ゆっくり散策してから会場に戻ると、午後の部の準備を終えるところで、
壇上ではチェンバロを伴奏に、バロック・ヴァイオリンの若い演奏家が、難しいフレーズの最後の練習をしていました。
曲は作品2ヴァイオリン・ソナタ第1番です。期待に胸が高鳴りました。

最初の発表者はフランチェスコ・ファンナ氏で、遠い昔『四季』が初めて録音された1930年代後半頃のレコードを取り上げて、
当時はいかにおどろおどろしい演奏が行われていたかを聴かせてくれました。これはピアニスト兼作曲家でヴィヴァルディの
発掘の初期段階でいろいろと活躍したアルフレード・カゼッラの演奏方針だったようで、ヴィヴァルディはまだごく一部の学者の
間でしか知られていなかった時代だから通用したそうです。しかし、カゼッラは別個の曲の楽章を勝手にシャッフルしたりして、
問題の多い人物だったそうです。

一方、原典尊重主義の立場で、ヴィヴァルディの膨大な量の楽譜の整理研究に取り組んだのは、トリノ大学のアルベルト・
ジェンティーレ教授と大学図書館長のルイジ・トーリの2名でしたが、ジェンティーレはユダヤ人だったために、ナチスと
同盟していたムッソリーニの下では研究活動に大幅な制限がかかり、トーリが一人で奮闘せざるを得なくなったそうです。

一方、楽譜をマイクロフィルムに収める作業は、ファンナの父親であるアントニオ・ファンナと、ヴァイオリニストにして
指揮者、作曲家のアンジェロ・エフリキアンの二人が、休日を返上して精力的に取り組みました。トリノにはフィアットで
通ったのですが、このフィアットがオンボロで、30キロ進むごとにエンストする。そのたびにエフリキアンが車の下にもぐって
修理しながら進んだと父親が言っていたそうです。二人はリコルディ社に楽譜の出版を持ち掛けますが、出版が始まったのは、
戦後の1947年3月になってからのことでした(この年は、二人がイタリア・アントニオ・ヴィヴァルディ協会を設立した年です)。
楽譜は年に25冊のペースで出版していき、1977年には器楽作品が終了、78年からは声楽作品の出版が始まったそうです
(少々補いますと、ここまでは草色の楽譜で、第三段ともいうべきRV700番台から海松色になりレイアウトも大きく変わりました)。

タイトルRe: naiveのVivaldi Edition再始動!
記事No2266   [関連記事]
投稿日: 2018/01/10(Wed) 03:23
投稿者カーザヴェーチャ
池之端のヴィヴァルディ好きさん、

暮れのお忙しいときに、この素敵なクリスマスプレゼントをありがとうございました。
年末年始は何やかんやに取り紛れてレスを差し上げられず、大変失礼いたしました。

私も『ジュスティーノ』が大好きで、2002年にボンジョヴァンニからリリースされたエステヴァン・ヴェラルディのと
どう料理の仕方が違うか比べるのが楽しみです。ビオンディによるヴァイオリン協奏曲集も早く聴きたいものです。

タイトルヴィヴァルディ・フェスティヴァル(4)
記事No2265   [関連記事]
投稿日: 2018/01/10(Wed) 03:16
投稿者カーザヴェーチャ
さて、トリノ滞在三日目は、「ヴィヴァルディの全季節−批判的研究と演奏上の慣例から見る作曲家」という共通テーマで、
ヴェネツィアでの所用の遅れから急遽出席できなくなった1名を除く計7名が、1時から3時までのランチタイムを挟んで、
午前と午後それぞれ3時間以上にわたってヴィヴァルディ・ホールでさまざまな研究発表を行ないました。

発表者の中には、以前メールのやり取りをしたことのある、ヴァイオリニストにして作曲家兼指揮者として活躍する一方
(RV718『グリゼルダ』の世界初録音をArkadiaから、同じく世界初録音のRV795『ベアトゥス・ヴィル』をAgoraから
出しています)、イタリア・アントニオ・ヴィヴァルディ協会の会長を20年間務めているフランチェスコ・ファンナや、
細かいフォントでびっしり書き込んだ膨大な数の脚注を随所にちりばめた『アントニオ・ヴィヴァルディ』の著者で、
イタリア南部のカラーブリア大学准教授のエジーディオ・ポッツィ、そして池之端のヴィヴァルディ好きさんが、
「naiveのVivaldi Edition再始動!」のスレッドで紹介していらっしゃるPresto Classicalの記事にも登場する、naiveの
ヴィヴァルディ・エディションの代表として、CD刊行に精力的に取り組んできたスーザン・オルランドもいました。

やはり、特に面白いと思った発表はこの3名の発表でした。午前の部のトリを務めたスーザン・オルランドは、
パリからの参加でしたが、「ヴィヴァルディ・エディション」が盛んだったころはトリノ在住でした。この日の発表は、
まさに「ヴィヴァルディ・エディション」に関わるもので、演題は「ヴィヴァルディ・エディションというCD企画」でした。
内容は、あれほど盛んだったCD化が、なぜここしばらく停滞していたかについての内幕話でした。

曰く、国立トリノ大学図書館が所蔵する約450曲のヴィヴァルディの手書きの楽譜を先頭に立って整理し、
10のグループに分けてきたアルベルト・バッソの指導の下、ヴィヴァルディ・エディションすなわち
「ピエモンテの宝」シリーズを54アルバム(そのうち16アルバムはオペラ)を刊行してきたが、
ファゴット協奏曲第三巻をもってストップしている状態だ。停滞の原因は、MP3でダウンロードするのが
リリースの世界的傾向となってしまい、CDの出版が思うように進まない点にある。世界最大手のデニス・
デジタル・ディストリビューションからもオファーがあるが、ナイーヴとしては、まだあと25アルバム
(うち3アルバムはオペラ)をリリースしたいと思っている。秋には10アルバムをリリースしたいとのこと。

しかし、結局、この時点ではまだ名前の挙がらなかった『テンペのドリッラ』と、Presto Classicalで言及されている
ファゴット協奏曲集の完成盤と、ビオンディを起用したヴァイオリン協奏曲集、それに企画進行中のダントーネ指揮による
『ジュスティーノ』の4アルバムで、とてもではありませんが年内に10アルバム刊行の予定達成は難しかったようです。
ポップスならいざ知らず、MP3によるバロックやクラシックの楽章ごとの切り売りはいかがなものでしょう。いやいやポップスだって
歌詞や曲の背景、演奏者など解説の種は尽きないでしょう。レコードやCDの良さは解説がついてくるところにあります。
ウェブ上の切り売りでは楽曲などの解説は無理ではないでしょうか。これが安きに流れる一種の「大衆の反逆」とすれば、
紛れもないその一人として、とても悲しく、残念に思います。

タイトルnaiveのVivaldi Edition再始動!
記事No2264   [関連記事]
投稿日: 2017/12/25(Mon) 21:28
投稿者池之端のヴィヴァルディ好き
しばらく新譜が出ていませんでしたが、naiveで新たな企画があるようです。
Sergio Azzoliniによるファゴット協奏曲の完成、それとダントーネで「Giustino」だそうです。「ダリオの戴冠」DVDで喜んだのも束の間、これまたお気に入りの「Giustino」とは!

PrestoclassicalというイギリスのCD屋さんのサイトで「知りました。
https://www.prestoclassical.co.uk/classical/articles/1977--interview-susan-orlando-on-naives-vivaldi-edition

この記事でヴィヴァルディの自筆譜に触れてまして、カーザヴェーチャさんの報告を羨ましく読んだばかりでしたので、なかなかの偶然だと思った次第です。

タイトルRe: 補遺の補遺 ホットニュース
記事No2263   [関連記事]
投稿日: 2017/12/25(Mon) 20:52
投稿者池之端のヴィヴァルディ好き
「ダリオ」DVD(しかも日本語字幕付き)発売、お知らせありがとうございます。
ダントーネは「調和の霊感」Op.3やYoutubeで「勝利のユディータ」を聴いて以来、この人はヴィヴァルディの第一人者ではないだろうかと思い込んでいるので、楽しみです。

タイトルRe: ヴィヴァルディ・フェスティヴァル(3)
記事No2262   [関連記事]
投稿日: 2017/12/25(Mon) 20:37
投稿者池之端のヴィヴァルディ好き
ヴィヴァルディ・フェスティヴァルの続報、たいへん興味深く読ませていただきました。
ダントーネ指揮の「ダリオの戴冠」、たいへん期待していたのですが、現代の中近東に舞台を移しているそうで、演出家がハッスルし過ぎて本来のオペラの音楽鑑賞を邪魔するのは閉口です。残念なことだと思いましたが、Youtubeで一部観ることができました。
https://www.youtube.com/watch?v=xnkIk9NrgsY
ドラム缶に配管ですが、全体的には控えめな舞台装置なので、このくらいであれば、私は大丈夫です。免疫できてます。

タイトル補遺の補遺の補遺
記事No2261   [関連記事]
投稿日: 2017/12/19(Tue) 13:50
投稿者カーザヴェーチャ
レージョ劇場の名前ですが、regio(王立の)を字義通りに捉えて「王立歌劇場」と訳されるときもあります。
実際に、今度リリースされるDVDにもこの名称が使われています。しかし、イタリアは今でも高齢者には爵位付きで
呼ばれることを拒まない人もいますが、共和国であって王国ではないので、「王立」という名称は紛らわしいため
「レージョ劇場」と訳しました。

実は、1740年の柿落し以来、イタリアの歴史とともに名称も様々に移り変わったのです。カルロ・エマヌエーレ三世治世下の
サルデーニャ王国サヴォイア王家のものですからRegio「王立」、1797年のナポレオン軍侵攻によりフランス支配下に
置かれてからは、翌1798年にNazionale「国立」、1802年にフランス語名になりGrand Theatre des Arts「大芸術座」、
その2年後にはTheatre Imperial「帝国劇場」(文字化けしないように両方ともアクセント符は省略してあります)、
1815年のウィーン議定書で各国の王権が復活すると、再びサヴォイア家のものとなり、Regio「王立」に戻ります。

一方、国の形は次々と変わり、1861年に同家のヴィットーリオ・エマヌエーレ二世が北部イタリアを統一して、
イタリア王国が誕生します。首都は当然サヴォイア王家の都トリノでしたが、4年後にフィレンツェに移されました。
1870年の普仏戦争で教皇領を併合、翌1871年からローマが首都となりました。第二次大戦後の1946年に国民投票で、
王政から共和制に移行しイタリア共和国となりましたが、劇場の名前Regio「王立」はそのまま存続しました。

タイトル補遺の補遺 ホットニュース
記事No2260   [関連記事]
投稿日: 2017/12/18(Mon) 00:52
投稿者カーザヴェーチャ
驚きました。噂をすれば影が差すとやら。何とこのフェスティヴァル中のレージョ劇場での上演がDVDとなって、
Dynamicからリリースされました。日本での発売はHMSによると来月25日からのようです。

フェスティヴァル中の上演は、4月13日、14日、私が見た19日、そして22日の4日間でしたが、初日はEuroradio
(日本では何でも英語読みするのでユーロレイディオなのでしょうか?)のEuro3でラジオ中継放送されると
プログラムに書かれていましたが、まさかライブ録画されていたとは知りませんでした。DVDには日本語字幕も付くようです。

池之端のヴィヴァルディ好きさんからも情報を頂いた『テンペのドリッラ』の入荷がかなり遅れていて、
来月20日リリースの予定だそうですから、新年早々ヴィヴァルディのオペラが前後して出ることになりそうです。

タイトル (3)補遺
記事No2259   [関連記事]
投稿日: 2017/12/17(Sun) 02:33
投稿者カーザヴェーチャ
『ダリオ(ダレイオス)の戴冠』について、こぼれ話を少し紹介します。

カーニヴァル期のオペラは、前年の12月28日が幕開けでしたから、年をまたぐことになりますが、
これは現代人から見ての話であって、当時のヴェネツィア共和国では、翌1月はまだ年が明けていません。
現代の暦法とは異なる太陰暦に近い暦法、イタリア語でモーレ・ヴェネトmore venetoと呼ばれる
暦法が行われていたからです。当時、元日は1月1日ではなく3月1日でした。これはローマ時代から
脈々と受け継がれてきた暦法です。つまり、ヴェネツィア共和国の人々にとって、カーニヴァルは
年内の行事だったのです。

日本を顧みれば、明治成り上がり政府が、暦を西洋暦に置き換えたまでは良かったものの、
暦の本来の役目である年中行事の指針にまで目が行き届かず、御一新とやらから来年で
150年経つというのに、2月まで咲くはずのない梅の枝にウグイスの鶯宿梅の年賀状だったり、
年が明けてから節分の豆まきをしたり、梅雨の最中に七夕をして雨を心配したりしています。
それを誰も奇妙に思わないところが実に奇妙です。音楽の世界で言えば、大河ドラマなど時代劇のBGMに
西洋音楽が流れても誰も「はあ?!」と思わないのに、インディアンと騎兵隊の戦闘や三銃士や海賊が
剣を抜いて戦う場面で、三味線の大薩摩が流れ始めたら、「絶対変だ!」「おかしい!」「どうかしてる!」
となるわけで、こうした文化的な感覚マヒがすごく変で気持ち悪いです。もちろん、ソポクレスの悲劇
『オイディプス王』が基になった鬼才パゾリーニ監督の『アポロンの地獄』(1967)の中で突然流れ出す、
舞楽「陵王乱序」の横笛の音のように、意図的に効果(ここでは古代ギリシアの雰囲気)を狙えば話は別です。

話がそれてしまいました。閑話休題。さて、1717年(モーレ・ヴェネトの1716年)のカーニヴァル期に、
サンタンジェロ劇場が最初に舞台にかけたのが、フォルトゥナート・ケッリーニの『貞女ペネーロペ』でした。
ところが、三日目に劇場内は混乱の巷と化しました。チェンバロを弾いて指揮をしていたケッリーニが、
上演中にもかかわらず、突然席を立ったか思うと、オリジナルのスコアを回収するなり、どこかへと
立ち去ってしまったのです。怒ったのは歌手たちです。出演料が未払いだという理由で、歌い続けるのを
拒否しました。事は簡単に収まらず、ついに共和国十人委員会が動きだす事態となり、同委員会の代表が
歌手たちにカーニヴァルの期間が終わるまでは歌うように通告する一方、収益はすべて差し押さえとなり、
ケッリーニに対しては、スコアを返却するように1月5日に司法当局から命令が出されました。
しかし、そのままでは続演できず、かと言って劇場を閉めるわけにも行かず、その頃はまだ
『ダリオの戴冠』が出来上がっていなかったため、前年(モーレ・ヴェネトでは同年)の1716年の秋季に
大当たりしたRV700『ポントス女王アルスィルダ』の改作版を舞台にかけて、次作の完成まで
何とか持ちこたえさせたのでした。

ところで、レージョ劇場の私の席の後列には、どう見てもまだ16、7歳にしか見えない若者数人が、
まるで社交界デビューのように着飾って並んで席を占めていました。幕が開くまで普通の高校生のように
おしゃべりに夢中でしたが、開演を知らせるブザーが鳴るとすっと静まり、上演中は小声で感想を述べあっても、
スマホをいじるとか居眠りするとかの不作法は一切見られませんでした。女子はイブニングドレス、
男子はダークスーツで、髪形も身なりに似つかわしいものでした。この子たちも、おそらく別の日は
クラブで大声ではしゃいだり、ロックなどの音楽に髪を乱して身を委ねることもあるのでしょうが、
大人に一歩近づく機会としてTPOをわきまえた格好で劇場に来る。社会も若者たちのそうした意志に
報いるに相応しい華麗な場を提供する。世代にわたる社会的・文化的奥深さを心から羨ましく思いました。

タイトルRe: バロック・ダンスパーティ―の企画
記事No2258   [関連記事]
投稿日: 2017/12/15(Fri) 12:41
投稿者カーザヴェーチャ
baroqueさん、初めまして。「赤毛の司祭」へようこそ!

これはまた楽しそうな企画ですね。バロック舞踊のガボットやメヌエットを当時の様式で踊るのでしょう。優雅ですね。いいですね。
貸衣装があれば、ハロウィンが爆発的なブームになったように、日本人は江戸の昔から仮装パーティーが大好きですので、大受けすると思います。
この企画、今度はぜひ首都圏での開催もご検討ください。及ばずながらお手伝いさせていただきたいと思います。