[リストへもどる]
新着記事

タイトルRe: 無題
記事No2249   [関連記事]
投稿日: 2015/02/21(Sat) 00:08
投稿者カーザヴェーチャ
花魁羊飼いさん

盛況をお祈りしています!
楽器をお弾きになるファンの皆様。ぜひご参加ください。

タイトル無題
記事No2248   [関連記事]
投稿日: 2015/02/20(Fri) 13:52
投稿者花魁羊飼い
♪♪♪今年も神戸で「アントキのヴィヴァルディ祭り2015」が開催されます♪♪♪


【日時】2015年3月4日(水)18:30開演
【会場】神戸市産業振興センター ハーバーホール
【入場料】前売り:一般2,000円、高校生以下1,500円
      当日 :一般2,500円、高校生以下2,000円
☆全席自由
※未就学児もチケットが必要です。


《第1部》
・2つのヴァイオリンのための協奏曲 ト短調 RV517
・チェロ協奏曲 ハ長調 RV399
・フルート、オーボエ、ヴァイオリン、ファゴットのための室内協奏曲 ニ長調 RV95“羊飼いの娘”
・フルート協奏曲 ニ長調作品10-3 RV428“ごしきひわ”
・ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 イ長調 RV546

《第2部》
・ファゴット協奏曲 イ短調
・2つのヴィオラ・ダモーレのための協奏曲 ニ短調 RV535
 ※原曲「2つのオーボエのための協奏曲」
・オーボエ協奏曲 ニ短調作品8-9 RV454
・2つのフルートのための協奏曲 ハ長調 RV533

《第3部》
会場の皆様と一緒に演奏します。
プロ、アマ、初心者等問いませんので、ぜひ楽器をご持参ください。
♪歌劇「ダリオの戴冠」シンフォニア ハ長調 RV719第1楽章
♪ヴァイオリン協奏曲 イ短調作品3-6 RV356第1楽章

タイトルRe^5: Concerti dell'addio
記事No2246   [関連記事]
投稿日: 2015/01/28(Wed) 02:03
投稿者カーザヴェーチャ
奇しくも、今日HMVから注文しておいたCDが届きました。早速、曲を聴きながらライナーノーツを食い入るように読んだのですが、
あいにくと、今私たちが取り上げているテーマについては一言の言及もありませんでした。それと、どういうわけか、
見開きの目次の右下に、ヴィヴァルディがヴィンチグェーラ・コッラルト伯爵の使いの者に出した領収書の写真
(冒頭にAdi 28 Giunio 1741 Vienna 1741年6月28日 於ウィーン)があるのに、解説では14日になっているのです。
おそらくイタリア語原文の単純ミスだろうと思いますが、英語もフランス語もドイツ語もみな右ならえになっています。

> 楽譜が自筆譜ではなく筆写譜であったとすると、
> ヴェネツィアから持ってきた手持ちの楽譜という可能性が高そうですね。
> また、これらの曲を、ウィーンで演奏することを考えていたのかもしれません。

これらの曲は自筆譜がすべてトリノに保管されているので、おそらく筆写譜をあらかじめ作らせておいてから旅に出たか、
あまり考えられませんが、滞在費が心もとなくなってから筆写譜屋の甥に手紙を出して、自宅に置いてある自筆譜から
新たに筆写譜を起こさせたものを定宿に送らせたのかもしれません。いずれにしろ、日本語の前宣伝からイメージされる
最晩年にウィーンで作曲されたものではないことは確かです。

> 確認したところ、そこまでは言われてなかったようです。
> 正しくは、「相当後期の頃の作品のひとつと目され、」でした。

すみません。舌足らずな書き方をしたために、誤解を生じさせてしまいました。


CDの内容に話を移させていただきますと、これは年頭からすごい名盤が出たものだと、手放しで喜んでおります。
円熟期を迎えたビオンディの演奏は、本当に一音一音心を砕いた音作りになっていて、演奏の命と言われる、
右手の弓捌きも非常に精緻で、同じ音型は異なった弓使いで表情を豊かにしています。トゥッティを含めた
全体のアーティキュレーションもどれも納得のいくものばかりです。まるでヴィヴァルディの形見であるかのように
(イタリア語の「さようなら」のアッディオAddioは、もう二度と会わない場合に使います。よく知られているアリヴェデルチ
Arrivederciはもともと「再び会う」という意味なので、ふつう別れのあいさつではこちらのほうを使います。
つまり、Concerti dell'addioとは「最後の協奏曲群」ということです)、一曲一曲をいとおしんで丁寧に弾く姿勢に、
ヴィヴァルディの音楽への深い理解とあふれんばかりの愛情を感じさせます。
ソロとトゥッティの絶妙な呼応の中に立ち現われる詩的な世界に、時を忘れてしばらく陶然としました。

ビオンディ自ら筆をとった解説は、作品ごとに述べるのではなく、ヴィヴァルディのヴァイオリン音楽の真髄を
さまざまな角度からとらえて述べ、「たとえばRV371の第二楽章5小節目からのピアニッシモの扱いは…」
のような書き方になっているので、解説自体、非常に詩的な香りがします。「曲を売却しながら、ヴィヴァルディは、
今日もなお、人々が自分の音楽を研究し、夢中で演奏し、そして何よりも深い愛情を注いでくれていることを知って、
少しは心が慰められたことだろう」と、解説の末尾をするりと現代にワープさせて終わるセンスの良さは抜群です。

タイトルRe^4: Concerti dell'addio
記事No2245   [関連記事]
投稿日: 2015/01/27(Tue) 22:10
投稿者名無し
> 伯爵の城館に伝わってきたコッラルト・コレクション(表紙がInventario per la Musica(音楽目録))に含まれる
> この16曲の筆写譜は、現在はBrnoブルノのモラヴィア博物館Moravske(アクセント付きe) Muzeumが所蔵しています。

売却された曲の作曲年代の推定に加え、楽譜が自筆譜ではなく筆写譜であったとすると、
ご指摘にあった、ヴェネツィアから持ってきた手持ちの楽譜という可能性が高そうですね。
また、これらの曲を、ウィーンで演奏することを考えていたのかもしれません。

> >以前、本サイトで、RV273は相当後期の作と推定されると解説されていましたので、
>
> BBS2No.2142のことでしょうか?そのように解説した記憶がないのですが…。この作品の作曲推定年はリオムでも表記がありません。
> いずれにしても、魂を揺さぶられる作品ですね。

確認したところ、そこまでは言われてなかったようです。
正しくは、「相当後期の頃の作品のひとつと目され、」でした。

タイトルRe^3: Concerti dell'addio
記事No2244   [関連記事]
投稿日: 2015/01/27(Tue) 01:03
投稿者カーザヴェーチャ
> 現在の日本円ではおいくらぐらいなのでしょうか?

ヴェネツィア発祥の貨幣ドゥカートには金貨と銀貨がありますが、ハンガリー・ドゥカートが、果たして、
ヴェネツィアのドゥカートと同じ金や銀の含有量だったか一寸わかりかねますので、大まかにしかお答えできません。
ヴェネツィアの金貨なら純金3.44グラムの含有量だったそうです。本日のキロバー建ての純金1グラムの相場が5千円強なので、
12ドゥカートはだいたい6、7万円ということになると思いますが、その時代にどれほどの購買力があったかを正確に知るには、
その時代の経済のしくみや社会構造を深く調べないとなりませんので、この数値はあまり参考にならないかと思います。

> また、すべての曲の所在は明らかなのでしょうか?

チェコのBrtnice(ブルトゥニチェ。ドイツ語名のピルニッツのほうが日本では知られているようですが)にある
伯爵の城館に伝わってきたコッラルト・コレクション(表紙がInventario per la Musica(音楽目録))に含まれる
この16曲の筆写譜は、現在はBrnoブルノのモラヴィア博物館Moravske(アクセント付きe) Muzeumが所蔵しています。
このことはタルボット(2011)もホワイト(2013)もそれぞれの著書の中で述べていることなのですが、
ここにどうもすっきりしない謎が残ります。と言うのも、リオムのカタログには一部しか載っていないからです。
これはとても奇妙なことで、不完全な形でもRV番号が付けられ、自筆譜Autographや筆写譜Abschriftの項には、
楽譜の所蔵場所が略号で示されているのですが、チェコのモラヴィア博物館を表すCZ-Bmを手掛かりに探しても、
該当するシンフォニーアが見当たりません。Rv Anh.の項目にも見当たりませんでした。

>ところで、このCDでは、RV273も録音されているようです。

あっ、すみません。書きもらしていました。

>以前、本サイトで、RV273は相当後期の作と推定されると解説されていましたので、

BBS2No.2142のことでしょうか?そのように解説した記憶がないのですが…。この作品の作曲推定年はリオムでも表記がありません。
いずれにしても、魂を揺さぶられる作品ですね。

タイトルRe^2: Concerti dell'addio
記事No2243   [関連記事]
投稿日: 2015/01/25(Sun) 22:19
投稿者名無し
> この人物の秘書から総額12ハンガリー・ドゥカート(英語ならダカット、ドイツ語ならドゥカーテン)を、
> ヴァイオリン協奏曲15曲とシンフォニーア一曲の代金として支払われています。

現在の日本円ではおいくらぐらいなのでしょうか?
また、すべての曲の所在は明らかなのでしょうか?

ところで、このCDでは、RV273も録音されているようです。
以前、本サイトで、RV273は相当後期の作と推定されると解説されていましたので、
この協奏曲集の中では、作曲時期が晩年に近いのかもしれませんね。

タイトルRe: Concerti dell'addio
記事No2221   [関連記事]
投稿日: 2015/01/01(Thu) 03:07
投稿者カーザヴェーチャ
> 最晩年にコッラルト侯爵という人物に売却された協奏曲を演奏したCDが出るようです。
> CDのタイトルが悲しいです。

1月10日発売と言うことで、私も予約しました。ヴィヴァルディは亡くなる1月前の1741年6月28日に
この人物の秘書から総額12ハンガリー・ドゥカート(英語ならダカット、ドイツ語ならドゥカーテン)を、
ヴァイオリン協奏曲15曲とシンフォニーア一曲の代金として支払われています。

今年の2月29と3月1日にパスティッチョRV726『メッセニアの神託』がビオンディ率いるエウロパ・ガランテの手で
神奈川県立音楽堂で開館60周年記念の一環として上演されます。すでにCDが出ていますが、
演技付きの舞台上演とのことで、期待に胸をふくらませております。このオペラの上演は
日本だけではないでしょうから、おそらく「最晩年の不遇の中のヴィヴァルディ」を強調したくて、
このアルバムを企画したのではないかと勝手に想像しております。

> 解説では、晩年に作曲された曲ばかりのように書いてありますが、そうとは言い切れないと思いますが…

ご指摘のとおりで、どれもヴェネツィアから持ってきた手持ちの楽譜の中から売却したものと思われます。
作曲年代についてリオムの新カタログでは、RV189が17年頃から28年頃、RV259(作品6の2)が17年頃、
RV286『聖ロレンツォの祝日のために』が17年頃から27年頃、RV367が20年頃から24年頃としています。
リオムが推定していないRV371もRV390も比較的に新しい作風ですが、最晩年つまりウィーン滞在中に
作曲したものとは言い切れないと思います。誰が書いたのか存じませんが、HMVの前宣伝にある
「晩年のヴィヴァルディの作風の証人であり、次代のタルティーニやロカテッリへと続く」という部分が
何を根拠としているのか大いに疑問を感じざるを得ません。例によってマーキュリー社が輸入して、
おかしな日本語訳付きで販売するのなら、あの誤訳王・創作王の専属翻訳屋さんの仕業かもしれません。
何しろコッラルト伯がいつのまにやら昇進して侯爵になっているぐらいですから。あな恐ろしや。


> ただし、晩年に作曲家自身により補筆がなされたものかもしれませんので、CDが出るまで分かりませんね。

ライナーノーツを読むのが楽しみです。

タイトルConcerti dell'addio
記事No2220   [関連記事]
投稿日: 2014/12/30(Tue) 17:55
投稿者名無し
最晩年にコッラルト侯爵という人物に売却された協奏曲を演奏したCDが出るようです。

www.hmv.co.jp/artist_ヴィヴァルディ(1678-1741)_000000000017791/item_『別れの協奏曲集〜後期ヴァイオリン協奏曲集』%E3%80%80ビオンディ、エウローパ・ガランテ_6140331

CDのタイトルが悲しいです。

解説では、晩年に作曲された曲ばかりのように書いてありますが、そうとは言い切れないと思いますが…
ただし、晩年に作曲家自身により補筆がなされたものかもしれませんので、CDが出るまで分かりませんね。

タイトル新譜『ヴェネツィアのクリスマス』
記事No2219   [関連記事]
投稿日: 2014/12/17(Wed) 12:18
投稿者カーザヴェーチャ
今年の後半になって、嬉しいことに、これまで録音されることのなかった作品が、立て続けに2枚のCDとなって世に出ました。

その1枚目が、ヴィヴァルディの他にハッセとトレッリ、それにペロッティと言うほとんど知られていない作曲家の作品を集めた
“Venetian Christmas”(ヴェネツィアのクリスマス)という題名のアルバムです[BIS:2089]。冒頭を飾るのが、クリスマスにふさわしく、
ヴァイオリン協奏曲RV270『安らぎ:いとも聖なるクリスマスのための協奏曲』の第二楽章で、愛弟子アンナ・マリーアのために
特別に書かれたRV270aです。RV270では弦楽の和音進行に終始しますが、こちらは4分音符1個と8分音符1個の繰り返しが
基本的なリズムの8分の6拍子の曲です。『きよしこの夜』が同じリズムなので、より一層クリスマスらしく感じられます。
実際に、名手アンナ・マリーアが楽譜のまま演奏したのか、それともいろいろ装飾を加えたのか想像するのも楽しいですね。
ライナーノーツによると、併せて収録されたRV774(ただし、このアルバムではヴァイオリンに代えてサルテリオ(プサルテリー、
サルタリー、プサルテリウムとも))と共に、『アンナ・マリーアの音楽帳』の中から見つかったのだそうです。

このアルバムで次に紹介されているのがヴァイオリン協奏曲RV266です。ライナーノーツによると、1730年代つまり
後期活躍期に作曲された作品で、劇場音楽や、宗教音楽、描写音楽そして名人芸における体験の狂詩曲風な集大成だそうです。
ヴィヴァルディの作品で静かな喜びや甘美さを表すのに良く用いられるト長調という調性(『安らぎ』、『恋人』など)が、
第一楽章と第三楽章の落ち着いたテンポ、それに随所にちりばめられた間合いと相俟って、独特な雰囲気を醸し出し、
厳かにして雅やかな印象を与えるとあります。この曲がいずれの日にか録音されるのを待ちわびていた私は、
早速リコルディ社の楽譜を片手に、期待に胸を膨らませて耳を傾けました、ソロを受け持つエヴァ・ゴリンスカの演奏は、
1960年代から70年代に活躍したモダン楽器による合奏団の演奏のように、装飾をかなり控えたほぼ楽譜通りの演奏ですが、
古楽器が紡ぎだす柔らかくしなやかな音の彩で十分豊かに表情を付けていますし、これはこれでクリスマスらしく、
独奏者を目立たせない慎ましい演奏解釈として、とても好感が持てます。

そう言えば、18歳の青年ヴィヴァルディが、サン・マルコ大聖堂で行われたクリスマス・コンサートで、臨時の団員のひとりとして、
父親と一緒に演奏したのを思い出しました。その姿は、やがて超絶技巧で大向こうをうならせる名手になるなど想像もつかない、
楚々としたものだっのではないかな、そんなことをぼんやり考えながら聴いていると、突然「おやっ」と思う事態が発生。
第一楽章の29小節目の2拍目から、楽譜にない旋律が流れだしたのです。長さにして2小節と1拍分です。
ひょっとして、これだけでは済むまいと、大げさに身構えていると、43小節の後半から44小節の前半の旋律が繰り返され、
45小節の2拍目から46小節全体にかけて楽譜と全く異なる旋律に置き換えられていました。55小節もそうです。
さらに95小節と96小節の間に割り込むように、10小節にもわたる新たな旋律が加わり、また元に戻ったと思う間もなく、
101小節と102小節は別のバージョンになり、とうとう104小節後半から最後のトゥッティまでまったく別の旋律です。
第二楽章はリコルディ社版と同じですが、第三楽章の189小節と190小節の間に2小節分の旋律が加わえられ、
209小節と210小節の間および219小節と220小節の間に、それぞれ1小節半の旋律が新たに挿入されています。
あわててリオムの新カタログを調べてみると、この曲は随所にヴィヴァルディ自らの手による補筆、削除、別バージョンなどの
さまざまな書き込みがあると注記に書いてあり、なるほどと納得しました。

では、不満か、と言えば、とんでもない。まったく逆です。解説を書いているフーレが原譜を校訂したのでしょうが、
リコルディ社版のマリピエロによる校訂版よりもずっと素晴らしい。このフーレと言う人、ヴァイオリニストとしてよりも
日本ではむしろダンサーとして知られていて、それだけでもまるでジャン=マリー・ルクレールの再来のようで面白いのですが、
実は、スペインのARS ANTIQVA 社からNueva Edicion Critica Vivaldi(新校訂版ヴィヴァルディ作品集)という企画の下に、
生前出版されなかった作品を中心に、すでに180曲近くの校訂版を世に問うている端倪すべからざる人物なのです。

タイトルRe^3: Il Diario di Chiara
記事No2218   [関連記事]
投稿日: 2014/12/17(Wed) 00:59
投稿者カーザヴェーチャ
> このCDには収録されていませんが、RV222のヴァイオリン協奏曲も「キアーラのために」という副題がついているようです。
> RV372と同時期の作品なのでしょうか。

どうも、大変ご無沙汰しまして申し訳ありません。キアーラは1718年に生まれているので、
RV222の作曲年を1720年から1724年としているリオムの推定は正しくないのではないかと思います。
第三楽章のトゥッティの主題は、RV167の弦楽合奏曲の第一楽章のトゥッティのとほぼ同じなのですが、
こちらの作曲年は1720年から1724年または遅くとも1736年としているので、RV222も1730年代の後半に
推定してもよいのではないかと思います。

> このRV222の第2楽章のシャコンヌですが、長調なのに、どこか悲しく感じられました。
> 演奏の仕方によるのかもしれませんが...
短調の部分が比較的に長いということもあるかもしれませんね。それにしても、このシャコンヌの
最後の部分はバロック時代の作品には思えないほど近代的ですね。