[リストへもどる]
新着記事

タイトル『失われた手稿譜』への補助(12)
記事No2301   [関連記事]
投稿日: 2018/05/17(Thu) 00:55
投稿者カーザヴェーチャ
140ページ、2行目。
少なくともスカルラッティの名前は知っていても、ドゥランテやカンプラとなると首をかしげる
読者のためにも、ここは訳注が必要ではないでしょうか。

フランチェスコ・ドゥランテ(1684-1755)。ナポリ楽派創始者と言われ、宗教曲や声楽曲を
中心に器楽曲もかなり残しています。ルソーは自著『音楽辞典』(パリ、1762年)のなかで、
「ヨーロッパ、いや世界でもっとも偉大な和声の大家」と絶賛しています。父親がバッハの
弟子だったドイツの作曲家ゲルバー(1746‐1819)も、自著『新版音楽家の歴史と伝記に
関する百科事典』(1790、1792)の初版では、和声家筆頭をドゥランテではなく、アレッサンドロ・
スカルラッティだとするハッセの意見を紹介しながらも、改訂版(1812、1814)では、ハッセの
辛口批評をルソーや、音楽史家で作曲家のバーニー(1726-1814)らの称賛に替えてしまい、
ドゥランテをナポリ楽派の創始者と認めています。

アンドレ・カンプラ(1660- 1744)。フランス歌劇の改革に貢献した作曲家で、リュリとラモーの
間の世代に属します。オペラの世界だけでなく、ルイ15世治世下の王立音楽アカデミーや
ヴェルサイユの宮廷礼拝堂でも活躍しました。


147ページ、9行目。
テアトロ・ディ・トリノ → トリノ劇場

なぜカタカナにしたのかよく分かりません。トリノ・レージョ劇場と間違われるのを心配した
のかもしれませんが、この個所では、だれが出資したのかまでを詳しく述べているので、
訳注を付ければ済むのではないでしょうか。

トリノ劇場は、1857年創建のスクリーベ劇場が、何十年も経営難に苦しんでいたのを、
フィアット副社長グアリーノが出資して建物の装いを新たにし、名前を改めて1925年に
再出発させたものですが、グアリーノの金融帝国が瓦解し、わずか5年で幕を閉じました。
その後、1942年から43年にかけての連合軍による度重なる空爆で、建物は周りの壁を
残すだけの廃墟となってしまいました。


149ページ、1行目。
カルドゥッチと聞いて、ああ、あのカルドゥッチかと思う読者は、相当イタリア文学に詳しい
方だと思います。ここにもぜひ訳注がほしいところです。

ジョズエ・アレッサンドロ・ジュゼッペ・カルドゥッチ(1835‐1907) は、1906年にイタリア人で
初めてノーベル文学賞を受賞した、国民的詩人と認められた詩人です。


152ページ、13行目。
正気を失ったオルランドを見つめる樵のように、

ルドヴィーコ・アリオスト(1474-1533)の『オルランド・フリオーソ』(1516)(狂えるオルランドが
日本での定訳)を基にした脚本で、ヴィヴァルディは1714年に2本(RV 819、RV 727)、
1727年に1本 (RV 728)オペラを作曲しています。ヴィヴァルディはRV728の第二幕で、
恋慕う相手が結婚し、森の中の木に新婦として新郎と共に名前を彫ってあったのを見つけ
怒り狂うオルランドに、長大なレチタティーヴォをあてて悲痛な心の内を語らせています。
サルデッリ自身も、このRV728を2008年にcpoから三枚組CDでリリースしていますので
[cpo77095-2]、ヴィヴァルディつながりの譬えを持ち出したのでないでしょうか。

タイトルRe^5: naiveのVivaldi Edition再始動!
記事No2300   [関連記事]
投稿日: 2018/05/08(Tue) 01:07
投稿者カーザヴェーチャ
> 数百もある協奏曲には唯一のものは無かったということなのでしょうか?
>それとも協奏曲の方には言及していないだけなのでしょうか?

ここで言っているのは、宗教曲とオペラに関しては、わずかの例外を除いて、フォア・ジョルダーノ・コレクションにしか
残されていないということで、協奏曲については何も触れていません。

いくつかの例外というのは、宗教曲とカンタータで、例えば、比較的最近までガルッピ作と思われていた
RV795「ベアトゥス・ヴィル」RV803「ニスィ・ドミヌス」RV807「ディクスィットゥ・ドミヌス」はドレスデンに、
RV595「ディクスィットゥ・ドミヌス」とRV610b「マニフィカト」はプラハに、RV617「サルヴェ・レジナ」は同じく
チェコのブルノにあります。モテットでは、RV624 「カーレ・ローゼ・レスピラーテ」はロンドンに、RV627 「イン
・トゥルバート・マーレ」とRV632 「スム・イン・メディオ・テンペスタトゥム」は ドレスデンに、RV634 「ヴォス
・アウレ・ペル・モンテス」はアッシジにあります。カンタータにも同じことが言えます。

一方、器楽作品にも、このコレクションにしか伝わっていないものがあります。例えば、通奏低音はオプションの、
2つのヴァイオリンのためのソナタRV68 、RV70、 RV 71 、RV 77や話題に出た弦楽合奏曲のRV167などがそうで、
かなりの数になります

> いつか3度目の正直でヴィヴァルディ詣でをしたいと思っています。

ぜひ、いらっしゃってください。

タイトルRe^4: naiveのVivaldi Edition再始動!
記事No2299   [関連記事]
投稿日: 2018/05/06(Sun) 19:41
投稿者池之端
> このアルバムに関する試聴では、NPOのThe Baroque Music Foundation(バロック音楽財団)の以下の
> ホームページで、RV167の第1楽章とRV118の第1楽章だけですが、試聴できます。RV167の第1楽章の
> テーマは、ヴァイオリン協奏曲RV222の第三楽章の第一主題と同じです。ただし、RV167は変ロ長調で
> 出だしの音がファなのに対して、ニ長調のRV222はラが出だしの音なので、少し低めの印象があります。

実はCD第1曲目RV167を試聴した時、通奏低音群による洒落た前奏におやっと思っていたら、さんざん話題にしていたRV222の第3楽章テーマが鳴り出して魂消ました。

その紹介していただいたバロック音楽財団のホームページにTHE STORY OF THE VIVALDI EDITIONというのがあって、今更ながらですが、NAÏVEのVIVALDI EDITIONってそういうものだったのかと知りました。
ところで、気になったことがあります!
その第2パラグラフなのですが(以下のとおり)、
Known as the Foà and Giordano collection, after the donors who made the purchase possible, this assemblage of music scores contains nearly 450 works by Vivaldi: hundreds of concertos for various instruments and much vocal music, both secular and sacred. With few exceptions, it is the only source we have of his sacred music and operas, and until recently much of this music had never been heard by today’s public.
これによると、フォア・ジョルダーノ・コレクションには数百の協奏曲と多くの声楽作品が含まれていて、わずかの例外を除いて、宗教曲とオペラのスコアはこのコレクションのものが唯一である、と読めるのですが、数百もある協奏曲には唯一のものは無かったということなのでしょうか?それとも協奏曲の方には言及していないだけなのでしょうか?


> ・オルランドです。また、このホームページのヴェネツィアのスキアヴォーニ河岸を描いた絵の右から
> 二番目のオレンジ色に見える建物が、当時のピエタ慈善院です。現在はメトロポール・ホテルとなっていて、
> 入り口の列柱は今でもホテルのロビーで使われています。

私は、以前に2度ほどヴェネツィアをふらふら(文字通り!)したことがあるのですが、当時はヴィヴァルディの偉大さに気づいておらず、いつか3度目の正直でヴィヴァルディ詣でをしたいと思っています。

タイトル『失われた手稿譜』への補助(11)
記事No2298   [関連記事]
投稿日: 2018/05/05(Sat) 23:33
投稿者カーザヴェーチャ
121ページ、5行目から6行目。
スペインや両シチリア王国にまで

ヨーロッパの王家の歴史は複雑に絡み合っているので、できれば訳注で簡単に説明してあると読者は助かります。

スペインはゲルマン系西ゴート王国の末裔であるトラスタマラ→オーストリアの分家であるハプスブルグ→
フランスの分家であるブルボンと王家が変わり、ブルボン本家はフランス革命で消滅しましたが、分家のほうは、
スペイン王家として今日まで引き継がれています。

一方、ナポリとシチリアはトラスタマラ朝末期にスペインの属国となり、代々分割相続する形で、スペインの
ハプスブルグ家へ引き継がれます。スペイン王位継承戦争(1701-14)の結果、スペインの王室が
ハプスブルグ家からブルボン家に変わると、1735年にスペイン王の第5子カルロス公がナポリとシチリア
両方の王になり、両シチリア王国が誕生します。しかし、1759年に異母兄のスペイン王が死去し、
このカルロス公がカルロス3世(1759-88)としてスペインの王位を継ぐことになり、両シチリア王国を
再び切り離して、二人の息子をそれぞれナポリ王とシチリア王として即位させました。

実は、このパルマ公国を統治していたのも、スペイン王位を継承する前のカルロス公でした。母親の実家が
パルマ公国を統治するファルネーゼ家で、男子相続が途絶えたため、カルロス公が公位を継いだのです。
やがてナポリとシチリアの王位を継ぐ際に、パルマをオーストリアのハプスブルク家に譲渡しましたが、
オーストリア継承戦争の結果パルマを再び手に入れます。1748年に弟のフィリッポが公位を継ぐことになり、
パルマにもブルボンの分家が立つことになりました。122ページの9行目で、パルマ公国のデュ・ティロ侯爵が、
カノニチ司祭に「ブルボン家に様々な形で尽くして」と言った背景には、こうした歴史の流れがあったのです。

余談ですが、スタンダールの代表作『パルムの僧院』のパルムとは、パルマのフランス語名です。


同ページ、11行目。
カノニチ司祭

マッテオ・ルイジ・カノニチは、1727年にヴェネツィアで生まれ、16歳で両親の出身地であるボローニャで
イエズス会士になり、その後、修辞学や哲学を修め、1757年にパルマで司祭となると、1761年から67年まで
貴族の子弟のための寄宿学校でアカデミクスacademicus(学問の師)となります。とにかく大変な収集家で、
パルマでは本とメダルを収集しましたが、1768年にイエズス会がナポリとパルマで弾圧を受けた際に没収され、
ボローニャに逃れていたカノニチには、ほんのわずかな礼金が払われただけでした。ここからがこの小説と違う
ところですが、1773年にさらにイエズス会に弾圧が加わると、ヴェネツィアに退いて、今度はコインや彫像、
出版本、写本などを、フィレンツェ、ローマ、ナポリまで足を延ばして集めます。ヴェネツィアでごっそりと
入手したのが、ヤコポ・ソランツォの蔵書でした。


同ページ、後ろから9行目。
知識人アカデミー → 貴族アカデミー
家庭教師 → 舎監 

原文のAccademia dei NobiliのNobiliは「貴族」で「知識人」ではありません。元来アッカデーミアとは、
選り抜きの知識人の集まりなので、「馬から落馬」のように意味が重複してしまいます。カノニチはパルマで
上に書いたように貴族の子弟を集めた寄宿学校に奉職していたので、ここでは原文のprecettoreは
「家庭教師」ではなく「学監」の意味です。もっとも、サルデッリの勘違いか意図なのか分かりませんが、
カノニチの個人的な称号のacademicusをアッカデーミアと結びつけています。史実はAccademia dei Nobili
ではなく、convitto dei nobili(貴族の寄宿学校)の一角にあったAccademia degli Scelti(選良アカデミー)です。

ここでは、以下のサイトを参照しました。
ttp://www.treccani.it/enciclopedia/matteo-luigi-canonici_(Dizionario-Biografico)/
ttp://www.librideipatriarchi.it/canonici-matteo-luigi-gesuita-e-bibliofilo/
ttp://bav.bodleian.ox.ac.uk/news/hebrew-manuscripts-from-the-canonici-collection-at-the-bodleian


同ページ、後ろから3行目。
ドゥカーレ宮殿 → 公爵邸

ややこしいのですが、ドゥカーレducaleには「duca(公爵)の」という意味と、「(ヴェネツィア共和国または
ジェノヴァ共和国の)doge(統領)の」という二つの意味があります。日本では「パラッツォ・ドゥカーレ」や
「ドゥカーレ宮殿」というと、もっぱらヴェネツィアの統領宮を指すようなので、この個所は、パルマ公国の
君主である公爵の屋敷と訳したほうが紛らわしくないのではないでしょうか。


122ページ、最後の行から123ページ、最初の行。( )はルビ。
劇場前の石を敷き詰めた道(サリッザーダ・デル・テアトロ) → テアトロ通り

ヴェネツィアでは「道」の呼び方がさまざまだという話を(1)で書きましたが、今日、サリザーダは単なる
「通り」という意味でしかありません。18世紀には、この通りに面してサン・べネト劇場がありましたが、
20世紀の初めに「ロッシーニ座」という映画館となりました。21世紀に入ると複合商業施設化が始まり、
それまでスクリーン1つの映画館だったのが、2012年に3つのスクリーンを持つシネコンに生まれ変わり、
名前もチネマ・ロッシーニから新たにムルティサーラ・ロッシーニとなりました。

タイトルRe^3: naiveのVivaldi Edition再始動!
記事No2297   [関連記事]
投稿日: 2018/05/05(Sat) 00:13
投稿者カーザヴェーチャ
これはまた最新情報をありがとうございます!それもドイツのサイトという意外なところからで驚きです。

ナイーヴ(naive classique)はこの頃はホームページよりも、フェイスブックに力を入れているようですが、
ザトゥルンのようにかなりの収録曲が視聴できる用意はないようです(生憎と私のPCでは聴けません)。
その代わりに、ごく短い動画ですが、アッカデーミア・ビザンティーナのリハーサルの様子と、ダントーネの
インタビューを上げています。インタビューは「テンペのドリッラ」を指揮したファソリスのも聞けます。

このアルバムに関する試聴では、NPOのThe Baroque Music Foundation(バロック音楽財団)の以下の
ホームページで、RV167の第1楽章とRV118の第1楽章だけですが、試聴できます。RV167の第1楽章の
テーマは、ヴァイオリン協奏曲RV222の第三楽章の第一主題と同じです。ただし、RV167は変ロ長調で
出だしの音がファなのに対して、ニ長調のRV222はラが出だしの音なので、少し低めの印象があります。
ttp://baroque.thevivaldifoundation.org/

ところで、この財団のトップは、長年ヴィヴァルディ・エディションを担当してきた最高責任者のスーザン
・オルランドです。また、このホームページのヴェネツィアのスキアヴォーニ河岸を描いた絵の右から
二番目のオレンジ色に見える建物が、当時のピエタ慈善院です。現在はメトロポール・ホテルとなっていて、
入り口の列柱は今でもホテルのロビーで使われています。

タイトルRe^2: naiveのVivaldi Edition再始動!
記事No2296   [関連記事]
投稿日: 2018/05/01(Tue) 21:09
投稿者池之端
この5月にAccademia Bizantina/ Ottavio Dantoneと、Alessandro Tampieriによる
Vivaldi: Concerti Per Archi III e Concerti Per Viola D'amore
2枚組がリリースされます。ビオンディじゃありませんでした。
https://www.saturn.de/de/product/_accademia-bizantina-dantone-ottavio-tampieri-aless-vivaldi-concerti-per-archi-iii-concerti-per-viola-soloinstr-cd-2413898.html#technische-daten
で一部試聴できます。

タイトル『失われた手稿譜』への補助(10)
記事No2295   [関連記事]
投稿日: 2018/04/27(Fri) 03:09
投稿者カーザヴェーチャ
91ページ、本文1行目。( )はルビ。

フランス通り(コルソ・フランチャ) → フランス大通り(コルソ・フランチャ)

コルソcorsoはトリノやミラノでは大通りを表します。固有名詞化しているのでルビ付きなのは納得です。


92ページ、後ろから5行目。

コンメンダトーレ、 → コンメンダトーレ受勲者の

イタリアの勲位についてはすでに(7)で書きましたが、なかなか慣れないものです。読点「、」で続けるよりも、
きちんと「受勲者の」と補ったほうが、読者に親切ではないでしょうか。


94ページ、後ろから2番目。

カトラリー → スプーンやナイフ・フォーク類

cutleryという語がいつ外来語として定着したか分かりませんが、国語辞典でもあまり出て来ない単語です。
巷ではカラトリーと言い間違えることもあるとか。何よりも読者になるべくわかりやすい言葉に言い換えたほうが、
親切ではないでしょうか。


104ページ、6行目。

濃い緑色を帯びた → 濃い緑色を帯びたように見える

濃い緑色を帯びた顔色では修道院長は爬虫類ということになってしまいます。日本人にはピンと来ませんが、
15世紀の絵画では、薄いピンクがかった肌の色を浮き立たせるため「ヴェロネーゼの緑」を背景に置いたそうです。
その背景の緑色がそのまま肌の色にうつったように見えるほど、顔色がどす黒く見えたということだと思います。

タイトルRe: (3)補遺の補遺 ホットニュース
記事No2294   [関連記事]
投稿日: 2018/04/27(Fri) 02:38
投稿者池之端のヴィヴァルディ好き
(これは以前、2017/12/25(Mon) 20:52No.2263でしたが、不具合によりこちらに移動しましたー管理人 カーザヴェーチャ)

「ダリオ」DVD(しかも日本語字幕付き)発売、お知らせありがとうございます。
ダントーネは「調和の霊感」Op.3やYoutubeで「勝利のユディータ」を聴いて以来、
この人はヴィヴァルディの第一人者ではないだろうかと思い込んでいるので、楽しみです。

タイトルRe: ヴィヴァルディ・フェスティヴァル(3)
記事No2293   [関連記事]
投稿日: 2018/04/27(Fri) 02:36
投稿者池之端のヴィヴァルディ好き
(これは以前、2017/12/25(Mon) 20:37No.2262でしたが、不具合によりこちらに移動しましたー管理人 カーザヴェーチャ)

ヴィヴァルディ・フェスティヴァルの続報、たいへん興味深く読ませていただきました。
ダントーネ指揮の「ダリオの戴冠」、たいへん期待していたのですが、現代の中近東に舞台を移しているそうで、
演出家がハッスルし過ぎて本来のオペラの音楽鑑賞を邪魔するのは閉口です。残念なことだと思いましたが、
Youtubeで一部観ることができました。https://www.youtube.com/watch?v=xnkIk9NrgsY
ドラム缶に配管ですが、全体的には控えめな舞台装置なので、このくらいであれば、私は大丈夫です。免疫できてます。

タイトル(3)補遺の補遺の補遺
記事No2292   [関連記事]
投稿日: 2018/04/27(Fri) 02:34
投稿者カーザヴェーチャ
(これは以前、2017/12/19(Tue) 13:50No.2261でしたが、不具合によりこちらに移動しましたー管理人 カーザヴェーチャ)

レージョ劇場の名前ですが、regio(王立の)を字義通りに捉えて「王立歌劇場」と訳されるときもあります。
実際に、今度リリースされるDVDにもこの名称が使われています。しかし、イタリアは今でも高齢者には爵位付きで
呼ばれることを拒まない人もいますが、共和国であって王国ではないので、「王立」という名称は紛らわしいため
「レージョ劇場」と訳しました。

実は、1740年の柿落し以来、イタリアの歴史とともに名称も様々に移り変わったのです。カルロ・エマヌエーレ三世治世下の
サルデーニャ王国サヴォイア王家のものですからRegio「王立」、1797年のナポレオン軍侵攻によりフランス支配下に
置かれてからは、翌1798年にNazionale「国立」、1802年にフランス語名になりGrand Theatre des Arts「大芸術座」、
その2年後にはTheatre Imperial「帝国劇場」(文字化けしないように両方ともアクセント符は省略してあります)、
1815年のウィーン議定書で各国の王権が復活すると、再びサヴォイア家のものとなり、Regio「王立」に戻ります。

一方、国の形は次々と変わり、1861年に同家のヴィットーリオ・エマヌエーレ二世が北部イタリアを統一して、
イタリア王国が誕生します。首都は当然サヴォイア王家の都トリノでしたが、4年後にフィレンツェに移されました。
1870年の普仏戦争で教皇領を併合、翌1871年からローマが首都となりました。第二次大戦後の1946年に国民投票で、
王政から共和制に移行しイタリア共和国となりましたが、劇場の名前Regio「王立」はそのまま存続しました。