[リストへもどる]
一括表示
タイトル Orlando finto pazzo(あらすじ)
記事No901
投稿日: 2017/12/15(Fri) 13:38
投稿者カーザヴェーチャ
今回は要約する時間が無いので、ベタ訳します。悪しからず。

 ドラマは、オルガナ王国の心臓部、魔女エルスィッラの魔法の城と庭園で繰り広げられる。アンジェリカ・からエルスィッラが治める王国を破壊するよう頼まれた、(フランク王国の)シャルルマーニュ皇帝直属の十二騎士の一人オルランド(ローラン)が、敵地に乗り込むところから劇は始まる。そこにはすでに、助言者ブランディマルテ、仲間で女に身をやつしたグリフォーネ、そしてグリフォーネの元恋人の男装の麗人オリジッレがいた。彼女はまだグリフォーネを愛していたが、彼は彼でエルスィッラの妙薬を司る巫女ティグリンダに心を寄せていた。そして、ティグリンダはというと、近衛隊隊長のアルジッラーノに恋していたが、アルジッラーノはエルスィッラを恋慕っていた…。
〔第一幕〕
 ブランディマルテ、グリフォーネ、オリジッレは夜陰に乗じて、エルスィッラの領内に潜入する。折しも、魔女エルスィッラはアルジッラーノとティグリンダを付き従え、冥府の神プルトーンの神殿の神官と地上と冥府を支配する女神ヘカテに仕える巫女に囲まれ、魔王デモゴルゴンとプルトーンを祀る神殿に昇るところだった。エルスィッラはオルランドの力を打ち砕くよう剣を魔力で鍛え上げ、自ら騎士に任じたアルジッラーノに魔剣を託す。儀式が終わり、一連の恋のごたごたと勘違いが始まる。ここで、嫉妬深いオリジッレは一計を案じ、グリフォーネは彼女の姉妹のレオディッラだと触れ込む。
エルスィッラの城を取り囲む山々を曙が紅く染める。城は岩に彫りこまれた城門で閉ざされ、黄金の大枝が生い茂る一本の木が城門を守っていた。アルジッラーノを打ち負かしたオルランドが魔法の木を破壊すると、場面は、樹木でできた東屋が点在する、谷の形をした素晴らしい庭園へと様変わりする。妖精や牧神たちの一団が、粗削りな楽器をかき鳴らしつつ歌いながら、森に包まれた小さな丘を下ってくる。エルスィッラが突然やって来て、目の前にいるのがオルランドだとは知らずに、この闖入者にさっさと魔法をかけて眠らせてしまう。これを目撃したブランディマルテはエルスィッラの前に姿を現す。ブランディマルテにたちまち心を奪われた魔女エルスィッラは、彼に説得されて、味方にしようとこの見知らぬ囚人を釈放する。一人になったエルスィッラは、新たに芽生えた恋の味と希望を再び見出した喜びをかみしめる。
〔第二幕〕
恋のごたごたは女装ないし男装を正面に打ち出して展開し、オリジッレは今やオルダウロと名乗る男として通っている。一方、オルランドとブランディマルテは計画を討議した結果、最終攻撃をかける日没までは、エルスィッラにオルランドの正体を明かさないということになった。ところが、オルランドはアルジッラーノの目の前で、自分の名前とオルダウロの本名を口にするという、とんでもないヘマをしでかしてしまう。ブランディマルテは、この騎士は気が狂っていて自分のことをシャルルマーニュ皇帝直属の十二騎士と思い込んでいるのだと言って、その場を切り抜けようとする。助言者の狙いがわかったオルランドは、思い切り狂ったふりをして支離滅裂なことを口走る。しかし、手の内を見抜いたアルジッラーノはエルスィッラに注進し、さらにグリフォーネの正体も明かす。グリフォーネは投獄されるが、オルランドを裏切ることだけは拒む。グリフォーネの抵抗に業を煮やしたエルスィッラは、敵をたたきのめす他の方法を考える。
〔第三幕〕
オルダウロことオリジッレが、牢獄の壁を打ち破って幽閉されていたグリフォーネを助け出すことで、波乱に満ちた一連の恋の騒動が新たに始まる。心底己が力に不安を感じたエルスィッラは、プルトーンの神殿の神官らと女神ヘカテの巫女たちに囲まれる中、地獄の神々に祈願して、オルランドを探し出すのに助力を頼む。エルスィッラは、彼の愛するアンジェリカの生き写しを創造して、洞窟にオルランドをおびき出そうとする。オルランドはブランディマルテを従えて洞窟に入る。すぐにエルスィッラの存在に気が付いたブランディマルテは、策略を見透かした上でオルランドのふりをして、偽のアンジェリカを相手に睦言を述べる。自分が恋をした相手が他ならぬオルランドだったと誤解したエルスィッラは、怒りと嫉妬の炎を燃えあがらせる。まだ気違いのふりをしている本物のオルランドは、アルジッラーノへ身柄を預けられるが、支離滅裂な要求をしてはアルジッラーノを困らせる。
 オルランドとブラディマルテはエルスィッラの前に引き立てられるが、この時、太陽が西に没する。つまり魔女が降伏する時間となったのだ。オルランドは鎖を引きちぎると、アルジッラーノから武器を取り上げ、ブラディマルテを自由の身にし、魔法の柱を破壊してエルスィッラの魔力を瞬く間に消し去ってしまう。こうして場面は一変して篝火が照らし出す庭園となり、そこではエルスィッラの魔法の犠牲となった騎士たちが、次々と目を覚ましていく。エルスィッラは復讐を誓うと逃げ去った。オルランドはアルジッラーノを許してティグリンダと結ばせ、続いてグリフォーネとオリジッレを娶わせる。再び手に入れた幸福を皆が祝う。(完)