[リストへもどる]
一括表示
タイトルヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演 『♪今年もありがとうコンサート』
記事No1863
投稿日: 2009/12/14(Mon) 14:22
投稿者STUDIOPeppermint
参照先http://studiopeppermint.dip.jp/
関西随一のヴィヴァルディおたく、西村恵一コンサートの
お知らせです。
ヴィヴァルディの魅力を堪能していただけます。
肖像画ももちろん登場します!


日時 2009年12月28日(月)19時

場所 ベテルホール

神戸市東灘区御影町西平野字西松本133-4
(阪急御影駅下車 西へ徒歩8分)

入場料 一般\2,000 小学生以下\1,000

タイトルRe: ヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演 『♪今年もありがとうコンサート』
記事No1864
投稿日: 2009/12/14(Mon) 20:26
投稿者ペパーミント
> ヴィヴァルディの魅力を堪能していただけます。
> 肖像画ももちろん登場します!

大阪に続いての神戸でのコンサートなんですね。ヴィヴァルディの肖像画というのがすごく気になりますし・・・行ってみたいですが。

それにしても、「Studio Peppermint」さんとは・・・何という偶然・・・。

タイトルRe^2: ヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演 『♪今年もありがとうコンサート』
記事No1865
投稿日: 2009/12/14(Mon) 23:55
投稿者カーザヴェーチャ
先月に続いて今月もコンサートを開かれるのですね。おめでとうございます。
今回は、ヴィヴァルディファンとして2009年を締めくくるにふさわしい
作品2出版300周年記念コンサートとか。盛会を心から祈念いたしております。
関西方面にお住まいの方。ぜひ、いらっしゃって、感想をお聞かせください。

タイトルRe^3: ヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演 『♪今年もありがとうコンサート』
記事No1875
投稿日: 2009/12/29(Tue) 14:23
投稿者ペパーミント
12月28日、西村さんのコンサートへ行ってまいりました。シスターハウスのサロンでのコンサートでした。

今年出版300年となるヴァイオリン・ソナタ集 作品2から 第1番ト短調、第4番へ長調、第6番ハ長調、第9番ホ短調、第8番ト長調、第10番へ短調、第12番イ短調 の順で演奏されました。素晴らしい演奏だったので、もっともっとヴィヴァルディファンの皆さんに聴いてほしい〜というのが私の正直な感想です。

「ヴィヴァルディの肖像画」ありました!立派な額におさめられ、演奏の間、飾られていました。額はとても重いけれど、るんるん♪と持ち運ばれるとのことです。ヴィヴァルディの絵だからでしょうね。30年近く前描いていただいたそうです。ボローニャにある肖像画を模した油彩画でした。

そして再来年は、作品3出版300年、そしてヴィヴァルディ生誕333年なので、私にとって特別な年なんです。ともおっしゃってました。

「今年もありがとうコンサート」と題されたこのコンサートを観られ、私も感謝感謝で2009年を終えられそうです。皆さんもよいお年を!

タイトルヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演 Youtube配信中です
記事No1877
投稿日: 2009/12/31(Thu) 23:38
投稿者STUDIO Peppermint < >
参照先http://studiopeppermint.dip.jp
ヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演
『♪今年もありがとうコンサート』に来てくださった皆様
寒い中どうもありがとうございました
コンサートの模様はYoutubeにてアップロードしています
またお暇なときにでも覗いてみてくださいね!
詳細はSTUDIOPeppermintホームページか
Youtubeサイト中でも「西村恵一」で検索すればヒットします
よろしくお願い致します

タイトルRe: ヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演 Youtube配信中です
記事No1880
投稿日: 2010/01/01(Fri) 17:20
投稿者カーザヴェーチャ
STUDIOPeppermintさん、
You tube を拝見しました。弓をたっぷり使った非常に安定した演奏で、良い感じですね。
演奏中に会場の幼い子供の声がしたのも好感がもてました。日本人はクラシックとかバロックというとすぐ襟を正したがるのですが、
もっともっとリラックスして楽しめばよいと常々思っております。特に、聴衆の中にも優れたアマチュア演奏家が多く混ざっていた
バロック時代の演奏は、おそらく小声で感想を述べ合ったり、感動すれば周りの人と顔を見合わせたりとかなり自由だったのではないでしょうか。

ずっと昔、まだアンジェロ・エフリキアンが存命のころ、ピエタ教会で入場料が恐ろしく安いチャリティー・コンサートがありました。
会場が満席になると主催者は子供たちに祭壇の階段に腰かけて良いという指示を与えました。子供たちは我先に階段に駆け寄り
合奏団を囲むようにめいめいが好きな場所に陣取りました。その間、合奏団のメンバーたちは椅子にかけて子供たちの動きを
微笑みながら見ていました。全員が席を占めたころを見計らって、エフリキアンがさっと指揮棒を振りおろすと、
ヴィヴァルディのシンフォニーアの美しい旋律が堂内を満たしていきました。子供たちは階段にもたれかかったり肘を突いたりして
目の前の合奏団を見上げて静かに聞き入っていましたが、あの情景をふと思い出しました。

西村さんのますますのご活躍を祈念しております。

タイトルRe^4: ヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演 『♪今年もありがとうコンサート』
記事No1879
投稿日: 2010/01/01(Fri) 16:46
投稿者カーザヴェーチャ
>ペパーミントさん、
コンサートの詳しい情報をありがとうございました。
なごやかな会場の雰囲気と西村さんのヴィヴァルディに傾ける情熱がひしひしと伝わってきます。
今年がペパーミントさんにとって素晴らしい年でありますようお祈りしています。

タイトルRe^5: ヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演 『♪今年もありがとうコンサート』
記事No1883
投稿日: 2010/01/06(Wed) 03:27
投稿者ペパーミント
ありがとうございます。ピエタ教会のコンサートのお話も素敵ですね。今年がカーザヴェーチャさんにとって良いお年となりますようにお祈り申し上げます。本年もよろしくお願い致します。

タイトルRe^6: ヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演 『♪今年もありがとうコンサート』
記事No1884
投稿日: 2010/01/07(Thu) 03:57
投稿者カーザヴェーチャ
明けましておめでとうございます。

今、読み返してみて気がついたのですが、元日早々タイプミスをしていたのですね。さっそく訂正しておきましたが、

「入場料が恐ろしく安い」が「入場料が恐ろしい」となっていました。そんなコンサート間違っても行きませんよね。失礼しました。

では、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

タイトルRe^7: ヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演 『♪今年もありがとうコンサート』
記事No1887
投稿日: 2010/01/09(Sat) 03:39
投稿者ペパーミント
明けましておめでとうございます。

このお正月考えたこと…やっぱりヴェネツィアへ行ってみたいなあ〜と。BBS 1 でテレゼッタさんからのヴェネツィア便りもあって…。しかし、飛行機苦手・その他の事情で、私には難しく・・・それで、カナレットの絵などを見て、サンマルコ大聖堂をスケッチしたりしています。本当は、実際に自分が見て感じたヴェネツィアを描きたいのですけどね!

と、こんな私ですが、今年もよろしくお願い致します。

タイトルRe^8: ヴィヴァルディ 作品2 出版300年記念公演 『♪今年もありがとうコンサート』
記事No1888
投稿日: 2010/01/10(Sun) 11:24
投稿者カーザヴェーチャ
>飛行機苦手・その他の事情で、私には難しく・・・
飛行機が苦手で海外旅行に踏み出せないでいらっしゃる方が結構多いようですね。最大の難関だと思います。

>それで、カナレットの絵などを見て、サンマルコ大聖堂をスケッチしたりしています。
ありがたいことに、ヴィヴァルディの同時代人がそのころのヴェネツィアを、英語のカメラの語源となったカメラ・オスクーラを使って、
かなりの風景がを残してくれていますので、ヴィヴァルディの時代に戻ったような気分をあじわうことができますね。