[リストへもどる]
一括表示
タイトルヴィヴァルディ・フェスティヴァル(1)
記事No2250
投稿日: 2017/12/15(Fri) 11:33
投稿者カーザヴェーチャ
2017年4月18日。夜9時からのコンサート会場は旧市街にあるサン・フィリッポ・ネーリ教会付属集会所Oratorio di San Filippo Neriでした。
オラトリオといえば音楽付き宗教劇をつい思い浮かべてしまいますが、もともとは「祈祷所」という意味で、
このオラトリオも隣接する教会の「祈祷室」でしたが、祈祷のほかにも議論を行ったり、音楽を奏でたりしていたので、
現在は、講演会や演奏会、討論会などの目的で使われていて、回廊部分は現代美術のギャラリーとなっています。
興味がおありの方は、教会の以下のサイトにいらっしゃると、ページ左下に小さな動画のウィンドウがあります。
ttp://www.sanfilippotorino.it/oratorio.htm

このオラトリオの元祭壇と向き合う部分の頭上に聖歌隊席がしつらえてあり、そこには1821年作製のパイプオルガンが
鎮座ましましています。「ヴィヴァルディとその周辺」というタイトルのこの晩のコンサートの演奏プログラムは、
このオルガンの演奏者とバロック・トランペット奏者の二人のためのものでした。
原曲がもともとオルガンとトランペットのために作曲されたものは、ジョヴァンニ・ブオナヴェントゥーラ・ヴィヴィアーニの
『トランペットとオルガンのためのソナタ』からの2曲だけで、あとはトレッリのトランぺット協奏曲ニ長調も、アルビノーニの作品9第2番の
オーボエ協奏曲ニ短調も、アレッサンドロ・スカルラッティのカンタータ『愛の園』のシンフォニーア(トランペットが活躍します)も
弦楽合奏部分はすべてオルガンが代役を務めました。
ヴィヴァルディの作品はバッハによる編曲が2曲(RV299が原曲のBWV973とRV310が原曲のBWV978)だけでした。
聖歌隊席での演奏は、元祭壇部分に張られた大きなスクリーンにテレビカメラで映し出されていました。

入場料無料ということで、開演10分前に着いたのにオラトリオから人があふれ出ていて、ようやくの思いで入り口近くに
立つことができました。演奏はというと、トランペット奏者はほとんどミスがなかったのですが、オルガン奏者は、
音を飛ばしたり、鍵盤を押し間違えたり「えっ、一杯ひっかけて来たの?」と聞きたくなるぐらいでした。
まあ、タダですから、文句を言えた義理ではありませんでした。

タイトルヴィヴァルディ・フェスティヴァル(2)
記事No2253
投稿日: 2017/12/04(Mon) 02:28
投稿者カーザヴェーチャ
早いもので、前回の書き込みから半年以上経ってしまい、まことに申し訳ありません。その間、いろいろとご心配をおかけ致しました。

さて、フェスティヴァル滞在の2日目は、たっぷりとホテルの朝食をとってから、会場の国立トリノ大学図書館に向かいました。
自筆譜をはじめとする貴重な資料が展示されている会場は、ホールを入って左正面の緩やかなスロープを下ったところにありました。
すでにお気づきのことと思いますが、図書館とヴィヴァルディ・ホールの画像は、トップページから入るfacebookに貼ってあります。
25巻にまとめられた膨大な数の自筆譜の一部が展示されているに過ぎませんが、実際に目のあたりにした感激は一生忘れられません。

伝記とはトピックを次々と書き連ねるものですが、人目を惹く内容だからトピックなのに、ともすればそれを全体にあてはめて考えがちです。
その一つに、ヴィヴァルディは速筆だったため、音符が嵐にあったように書きなぐってあるというのがあります。確かにそうしたものもありますが、
展示されている楽譜のほとんどはきれいに書かれていて、推敲の結果、ここはいらないと判断した個所は、斜線を細かく交差させて消してあり、
まるで斜め組み子に組まれた竹垣のようです。オペラ作品も展示されていましたが、音符の下の歌詞も丁寧に書き込まれていて、
一語一語きちんと読むことができます。自筆譜をじっと見ていると、時の流れで紙面が黄ばんでさえいなければ、傍らに立っている私に
作曲したてを「どうです、これ?」と手渡されたような、不思議な思いがしました。

夕方の五時半から、図書館右手端にあるヴィヴァルディ・ホールで、リアナ・ピュッシェルという若手による研究発表がありました。
タイトルは「アントニオ・ヴィヴァルディ、何たるパスティッチョ!」で、「バロック・オペラの美学を理解するための覚え書き」という
副題がついていることから、RV731『忠実なロズミーラ』(1738)のような他の作曲家のアリアを織り込んだパスティッチョについて語ると思いきや、
どういうわけか、ヘンデルのオペラ作品を中心に話を進めるため、発表途中に席を立つ人の姿が目立ちました。

夜8時から、レージョ劇場でオペラRV719「ダリオ(ダレイオス)の戴冠」の上演がありましたが、後ほどスレッドを改めて書き込むことにします。

タイトルヴィヴァルディ・フェスティヴァル(3)
記事No2255
投稿日: 2017/12/09(Sat) 00:49
投稿者カーザヴェーチャ
オペラRV719「ダリオ(ダレイオス)の戴冠」の初演は、1717年1月23日、ヴェネツィアのサンタンジェロ劇場においてでした。
この時期は一年中でもっともオペラの上演が盛んで、たいてい期間中に2本は上演され、作曲家も腕によりをかけた作品を世に出しました。
カーニヴァルの時期は年によって移動しますが、1717年はことのほか早く、ちょうどその年にローマに遊学中だったジョージ・バークリー
(アイルランドの哲学者・司教。ニュートンとの数学をめぐる論争で有名。カリフォルニア大学バークリー校は彼の名前に因みます)が、
1月8日の日記に「カーニヴァルになったら、行列がよく見えるバルコニーがあるから、自邸に来るよう枢機卿に誘われた」と書いています。

さて、それから300年の歳月が流れ、場所も変わって、トリノなるレージョ劇場で本格的再演が執り行われました…と書きたいところですが、
幕が上がってビックリ仰天。しばらくは開いた口が塞がりませんでした。

オペラのあらすじはこうです。時は紀元前6世紀。ペルシアの皇帝が亡くなり、太守たちの支持を受けている貴族出身のダリオと、
臣民からの信望が厚いオロンテと、軍の支持を背景とするアルパゴの3人が、帝位をめぐって争います。ダリオは血で血を洗うのを嫌い、
ライバルの二人に皇帝の長女のスタティラと婚姻を結んだ者の勝ちとしようと持ちかけます。この提案は神託を通じ太陽神の承認も得ました。
ところが、長女が八方美人でお人好しなのに引き換え、次女のアルジェネは野心家で、魚のサヨリのようにうわべは美しくとも腹は真っ黒。
その次女がダリオに横恋慕してしまい、まとまりかけた長女との婚姻をぶち壊そうといろいろと画策するため、事態は紛糾していきます。
しかし、結局、最後に正義が勝ち、ダリオとスタティラは結ばれて共に帝国を統治することになり、悪事露見した次女は重い罰を受けます。

当然、古代ペルシアの舞台背景に当時の衣装をまとった人物が登場すると思いきや、何とそこは現代の中近東。カダフィ大佐を思わせる
肖像写真が掲げられたり、太い石油パイプラインを背景にドラム缶が転がっていたり、事務所では扇風機が回り、姉妹の養育係を務める
哲学者ニチェノの発言を、テレビのクルーがテレビカメラや棹付きマイクを持って追いかけ回したり、戦闘場面でガスマスク装着の兵士が
機関銃を構えたりという具合で、セリフは18世紀の原本のまま、話だけすっかり現代になってしまっていて、最初のうちはめまいの連続でした。
しかし、だんだん慣れてくるとウィットにとんだ面白さがうかがえ、とくにいよいよフィナーレに近づく第三幕第十四場で、
ダリオがスタティラを妻とすると高らかに宣言する場面で、スタティラは一言”Confermo.”(さようですとも)と同意するのですが、
この言葉は、現代の日常生活で、例えば券売機の画面などで「はい」「いいえ」を選ぶときに使われるので、ダリオがスタティラに
まるで目の前に券売機のモニターがあるかのように、人差し指で押すようにしぐさで促し、スタティラもちょっと間を置いてポンと
人差し指で押す真似をしてこのセリフを言ったものですから、場内は大爆笑でした。

帰り際に、あわや売り切れになるところだったパンフレットを買い求めて、この舞台を担当したレオ・ムカートの意図を読んでみると、
国家元首が死去し、その相続をめぐって、国民代表と将軍とハイソな政治家が三つ巴で争い、そこへ無邪気とも寛大ともとれるおぼこが、
恋のひと悶着を起こすとなれば、なぜ2000年以上前の話にしておく必要があろうか、現代でも十分ありうる話ではないか、そこで、もっとも
現代的な中近東をイメージして、場所をアラブの砂漠地帯に設定した、長きにわたり地中資源の石油で豊かな暮らしをする王族と、
彼らを支える労働者の日常がそこにあるからだ、というのが理由だそうです。そうかと言って、オペラのバロック精神を傷つけてはならないので、
リアリズムに走りすぎないように努力したとも述べています。

思い切った衣装と言い、大道具と言い、ムカートもいろいろ思い悩んだようですが、何度も楽譜とリブレットを見ているうちに、
ヴィヴァルディがちょっとくらい遊んでもいいよと言ってくれたような気がして、大胆な構想を練り上げたと述べています。
音楽的には指揮者のダントーネの意向もあり、レチタティーヴォに一切手を加えず、アリアもダ・カーポを守ることにしたそうです。

最後になりましたが、指揮者はnaiveから2013年にこのオペラのCDを出した[OP30553]オッターヴィオ・ダントーネですが、
オーケストラはアッカデーミア・ビザンティーナではなく、レージョ劇場専属オーケストラでした。配役は、ダリオ役がアンデルス
(スウェーデン語ではアンダーシュのようですが)・ダーリンに替えてカルロ・アッレマーノになっている以外は、
スタティラ役のサラ・ミンガルドやアルパゴ役のベロニカ・カンヘミなど、CDのメンバーとまったく同じでした。