ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 江戸の敵を長崎がとる(完)
投稿日: 2012/10/08(Mon) 12:35
投稿者カーザヴェーチャ

大変お待たせしました。サイトでの活動の再開です。

3.フェッラーラでの3つの蹉跌

1736年といえば、リアルト橋近くの家に同居していた父親のジョヴァンニ・バッティスタがこの年の3月14日に亡くなっています。
幼い息子にヴァイオリンの手ほどきをし、レグレンツィを始めとする演奏家仲間との幅広くも豊かな交流が音楽学校として機能し、
息子がヴァイオリンに天賦の才能を発揮し始めてからは、協演者として肩を並べて活動をし、息子が器楽作曲家としての名声を
アルプスの向うにまで確立すると、サンタンジェロ劇場を通じて作曲家としてだけでなく興行主としてもオペラの世界に開眼させ、
第一線の演奏家としての立場を退いてからは、息子の自筆譜を丁寧に清書する作業に専念し、ウィーンの宮廷をめぐる野心には、
老齢にもかかわらず7ヶ月もウィーンからドレスデン、プラハへかけての旅行に同行するなど、仲の良さは勝小吉・麟太郎父子を題材にした
子母澤寛の『父子鷹』を地で行くようでした。長年にわたり陰になり日向になってヴィヴァルディを支えてきた父親の他界は、
守り神そのものが去ったかのようで、その後ヴィヴァルディは波のように押し寄せる不運に翻弄されていくことになります。

その始まりが、この年にフェッラーラのボナコッスィ劇場から舞い込んできた誘いでした。この劇場は少し変わっていて、
経営はフリーランスの興行主に委託され、上演する作品も、1730年代初頭からは、土地の作曲家たちが書いた作品をベースに、
アルビノーニやガスパリーニの弟子のジョヴァンニ・ポルタ(1677-1755)のアリアを入れ込んだパスティッチョで主でした。
劇場に招聘状を送らせたのは、フェッラーラの最有力貴族の家系のひとつである、ベンティヴォーリオ・ダラゴーナ侯爵家の若き当主、
グイード(1705-59)です。この侯爵家とヴィヴァルディのつながりは、前回書いたように、父親のルイジ(1666-1744)の代まで遡りますが、
子息のグイードがヴィヴァルディとコンタクトを取るようになったのは、ヴィヴァルディの1722年から24年までのローマ滞在中で、
後援者の一人になったと考えられています。そうした関係にある侯爵の提案を入れたボナコッスィ劇場の支配人は、
ヴィヴァルディにカーニヴァル期用にオペラを二本用意するように依頼します。そこでヴィヴァルディは、ヒットしたことのある
『オリンピアーデ』と『ジネーヴラ』の2曲を骨を折りながら手直しますが、手直しが仕上がったと思ったところへ、
手直しして上演して欲しいのは、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのナポリ派のオペラを代表するヨハン・アドルフォ・ハッセ作曲の
『デメートゥリオ』と『インドのアレクサンダー大王』の二作だという連絡が入ります。寝耳に水の話に強く抗議しますが、
結局は劇場側の希望を入れざるを得ませんでした。1730年代に入ってからは、純粋にヴェネツァ派のオペラ・セリアだけでなく、
ナポリ派の作曲家のアリアをちりばめたパスティッチョも作曲していたヴィヴァルディですが、急な変更に憮然としたことでしょう。

翌1737年秋にも同じ劇場から依頼を受けたヴィヴァルディは、今度こそはと次の年の (ヴェネツィア暦ではカーニヴァルのあとに
正月が来るので、ヴェネツィアでは年内の)カーニヴァル期の出し物をいろいろ準備しているところへ、ヴェネツィア駐在の
ローマ教皇大使に召喚され、フェッラーラのローマ教皇特使のトンマーゾ・ルッフォ枢機卿が、ヴィヴァルディがオペラの上演のため
再びフェッラーラの町に入ることを禁じた旨申し渡されます。まさに晴天の霹靂でした。入市禁止の理由としてルッフォ卿があげたのは、
司祭でありながらミサをあげないことと、歌手アンナ・ジローと友達関係にあることでした。教区付きの司祭ではなく、
服装も一般市民と変わらない平服でよい在俗司祭であったヴィヴァルディは、ミサも呼吸器系の持病から免除されていましたし、
アンナとは二人きりの付き合いではなく、傍には常に20歳年上の異父姉妹のパオリーナが影法師のように付き添っていましたし、
姉妹はサンタンジェロ劇場のすぐ裏手に住んでいて、同居などありえません。単なる誤解だからすぐに解けると思ったのでしょう、
侯爵に手紙で救いを求めたのですが、聖職者の徹底的な綱紀粛正の旗を高く掲げてフェッラーラに就任してきたばかりのルッフォ卿は、
頑なに聞く耳を持ちませんでした。ベンティヴォーリオ家も一族に枢機卿を出していて、若き当主と同姓同名の先祖の一人(1577-1644)は、
イタリア大司教でもあり、異端審問所におけるガリレオ・ガリレイの裁判で判事のひとりとなるほどの大人物でしたが、
そうした家系の出であることも一顧だにせず、ヴィヴァルディのフェッラーラにおける活動禁止の措置を変えませんでした。
この頑なな態度の裏には、同年、トレヴィーゾで甥っ子のピエトゥロ・マウロが引き起こした一大スキャンダルがあると考えられています。
結局、謂れの無い中傷で体面を汚されただけでなく、莫大な負債まで背負わされてヴェネツィアに退くしかありませんでした。

「フェッラーラの呪い」は、皮肉にもルッフォ卿がフェッラーラの地を去ってから、頂点に達します。1738年4月26日に、
ルッフォ卿は枢機卿所轄のローマ司教区ポルト=サンタ・ルフィーナへと転出することになりました。奇しくもその前任者は、
ヴィヴァルディのよき理解者でありパトロンだったピエトゥロ・オットボーニ枢機卿だったとは、運命のいたずらを感じます。
ヴィヴァルディは、再度の捲土重来を期して、大当たりの実績をもつ『スィロエ』と『ファルナーチェ』の改訂に着手します。
ところが、『スィロエ』が期待を裏切る不評で終わったため、劇場側はヴィヴァルディに短い通知を送って来ただけで、
次に舞台にかかることになっていた『ファルナーチェ』をお蔵入りにすることに決め、その代わりに急遽ハッセの
『ビテュニア王アッタロス』をかけたのでした。あれほどまでの自信作だった『スィロエ』が不評を買った原因は、
ヴィヴァルディ自身が1739年1月2日付きの侯爵への手紙の中で悲憤しているとおり、伴奏のチェンバロを担当した
(つまり指揮者だった)ピエトロ・アントニオ・ベレッタが、勝手にレチタティーヴォを書き換えたためでした。
フェッラーラ大聖堂の楽長で、自身もオペラ作曲家であり、評判の良いヴァイオリニストであったことを考えると、
そこにはベレッタの悪意が働いたとしか思えません。それとも志半ばで転地しなければならなかったルッフォ卿の差し金でしょうか

しかし、これで不運に終止符が打たれたわけではありませんでした。推敲に推敲を重ねた『ファルナーチェ』がお蔵入りになり、
打ちひしがれているところへ、追い討ちをかけるように、いつも頼りにしている舞台デザイナーのアントニオ・マウロから、
(ややこしいことに甥っ子の苗字と一緒ですが、二人は関係ありません)現代の内容証明に似て、それよりも法的な拘束力のある
スクリットゥーラ・ジュディツィアーレscrittura extragiudizialeが届いたのです。意地の悪いことにヴィヴァルディの満61歳の誕生日に投函され、
翌日1739年3月5日に着いたものでした。文面は一種の告発状で、自分を良いように楯代わりにしているが、フェッラーラでの不首尾で生じた
莫大な借財を負うべきは劇場側でなく、事実上の支配人を務め、製作責任者であったヴィヴァルディであるという内容でした。
マウロは、自分が被った費用は、ヴィヴァルディが全額支払うべきで、断れば自分を騙した証拠と、天をも欺くその悪辣ぶりを
白日の下にさらすぞと脅してきました。ヴィヴァルディも即座に反撃に出て、受信から一週間後の3月12日に、マウロに対し、
公証人の認証を経た手紙を送りつけます。その中で、ヴィヴァルディはマウロの訴えを勝るとも劣らぬ激越な表現ではねつけてから、
マウロこそ大嘘つきで、300スクードを着服するやフェッラーラを逐電したため、哀れにも演奏家、ダンサー、バレーの振付師たちが、
明日の糧にも困る状態に追い込まれているではないかと責め立てました。そしてすべてお見通しの神の審判が下る前に、
共和国政府がお前に対して聖断を下すだろうと難詰しました。
こうした3年続きの期待外れの失望と金銭上のごたごたに、ウィーンに旅立つ決心(と言っても転居ではなく、
それまでのようにしばらくの間の滞在)が付いたのかもしれません。


4.『ファルナーチェ』の蘇り

ところで、ルッキー二脚本の『ファルナーチェ』は、その後、別の登場人物の名前を冠した『ベレニーチェ』のタイトルで、
バロック時代のオルランディーニ(1676フィレンツェ-1760フィレンツェ)、ポルタ(1675ヴェネツィア-1755ミュンヘン)、
コルセッリ(仏語名クルセーユ)(1705ピアチェンツァ‐1778マドリー)から古典派のトラエッタ(1727ビトント-1779ヴェネツィア、
ポールポラやドゥランテの弟子)、ミスリヴェチェク(1737ホルニー・シャールカ-1781ローマ、「チェコ・オペラの父」、
モーツァルトに大きな影響)、ピッチンニ(1728バーリ-1800パリ、レオやドゥランテの弟子)など多くの作曲家が手がけました。

しかし、ヴィヴァルディの『ファルナーチェ』が再び上演されることはありませんでした。そうやってどんどん時代は下り、
ヴィヴァルディがオペラ作曲家であったことすら忘れ去られていきましたが、20世紀半ば突如としてヴィヴァルディ・ブームが起こり、
次々と作品が音盤となって世界を巡っていくようになります。そして『ファルナーチェ』もついにCDとなりました。
1991年のことです。ARKADIAからリリースされたこの2枚組みのCD[CDAK110.2]がベースにしているのは、
部分的に欠けているとは言え、三幕まで揃っているパヴィア版(1731年)でした。しかし、ジェノヴァでのライブ録音は、
CDとなるより9年も前の1982年ですので、バロック・オペラがよく分かっていなかった時代の代物です。
使用している楽器も、演奏解釈も、歌唱法も、楽譜にない旋律をオーボエの演奏で加えるというトンデモ技も、
今聞くと恐ろしいばかりの時代錯誤の連続で、とても満足できる内容ではありません。もっとも、こういう先達の
試行錯誤と楽譜研究のおかげで、今日私たちは作曲当時に近い形で演奏を味わえることを忘れてはなりませんが…。

次に出たのは、このマッシモ・デ・ベルナール指揮のCDに比べたら、楽器と言い、演奏解釈と言い、歌唱法と言い、
同じライブ録音とは思えないほどの音の美しさと言い、雲泥の差のサヴァールのCDです。(スペインのカタルーニャが生んだ
このヴィオールの名手の苗字の本当の読み方はカタルーニャ語でサバイなのですが、サヴァールで定着しているので、
こちらのほうを使います。まあ、オードリー・へバンがヘップバーンになるお国柄ですから。ヘボン式ローマ字のヘボンと
1950年代を代表するアメリカ美人が同じ苗字だと知っていた小学校の先生って、当時どれほどいたのでしょうか?)
この3枚組みのCDがリリースされたのは2002年。マドリーにあるサルスエラ劇場でのライブ録音はその1年前の2001年でした。
ただし、ベースとしたのはデ・ベルナールと同じくパヴィア版(1731年)です。しかもフランチェスコ・コルセッリという
ピアチェンツァ生まれのフランス系イタリア人の作曲家の作品が、挟雑物のように混じっていて、そのスタイルの違いに、
聴いていて白けてしまいます。なぜ、そんなことになったのかと言うと、コルセッリは1735年にマドリーの宮廷楽師となり、
1739年に奇しくも自作の『ファルナーチェ』をマドリーのブエン・レティーロで上演したからというわけです。
スペイン人にすれば1737年に名カストラートのファルネッリがスペインの王室歌手になるなど、イタリアとの縁を
噛み締めたいのでしょうが、そんなことはヴィヴァルディ・ファンにはどうでも良いことです。けちなことを言わずに、
コルセッリの『ファルナーチェ』を別途リリースすればよいのに、それではプロデューサーが付かなかったのでしょうか。

そうした中、ついに真打登場です。それが今回のファソーリスの『ファルナーチェ』なのです。それもヴィヴァルディが
丹精込めて改訂したものの、ついに陽の目を見なかったあの1738年版(フェッラーラ上演予定は1739年)の録音です!
生真面目なファソーリスらしく、ドゥラメアと共同執筆で、いかにして楽譜から音を復元してCDにしたかを、
紙幅の許すかぎり懇切丁寧に解説しています。行間からその熱意がひしひしと伝わってきます。二人が悩んだのは
おそらく、お蔵入りの知らせに落胆した余り、書く気が失せてしまったらしい第三幕の扱いをどうするかでした。
第一幕と第二幕しか現存していないフェッラーラ版の録音にあたって、ファソーリスはいくつかの選択肢を考えました。
一つは1731年に上演されたパヴィア版の第三幕をそのまま使うことでした。問題はパヴィア版の主役の声域がテノールで、
1739年に上演予定だったフェッラーラ版では、タイトルロールはカストラートのジェレミア・ダルセッテが務めたようで、
声域がメゾソプラノになっていることでした。(この若いカストラートは駐ヴェネツィア・スペイン大使の庇護を受けていて
ベンティヴォリオ侯爵がヴィヴァルディに推奨した人物ですから、断るわけにはいかなかったのでしょう。)それでは、
木に竹を接ぐような格好になってしまいます。そのため、パヴィア版の第三幕をそのまま使う案は消えました。
もう一つの解決策は、第三幕を欠いたまま録音するという方法でしたが、第二幕まで念入りに推敲を重ねたヴィヴァルディの
作品への思い入れを考慮すると、あまりにも素っ気ない解決法で、このCDのポリシーにそぐわないということでボツ。
第三案として浮上したのが、いかにもヴィヴァルディが作りそうなレチタティーヴォを新たに作り、アリアに関しては、
ヴィヴァルディの他のオペラから、それぞれの場面にふさわしいアリアを引っ張ってくるという案でした。
実際にヴィヴァルディ自身も行っていたので、もっともふさわしい方法として第三案で行くことが決まりました。
このフェッラーラ版の復活録音は、イタリア人がイタリアで行なったのではなく、イタリア系スイス人がスイスのルガーノで
行なったことから、スレッドのタイトルを「江戸の敵を長崎が討つ」にした次第です。

蛇足になりますが、ヴィヴァルディは、準主役のタミーリ役に、ヴェネツィア、パヴィア、マントヴァでも同じ役を演じてきた
アンナ・ジローを、もちろん抜擢することにしていました。このシーズンに、アンナ・ジローは『スィロエ』ではエミーラ役を、
ヴィヴァルディ編曲のハッセの『アッタロ』では、アルスィノエ役も演じていました。その一方、まさに傑作中の傑作と言ってよい
ファルナーチェのアリア、"Gelido in ogni vena"(すべての血管を氷のようにつめたい血が流れ)がパヴィア版にあったのに、
フェッラーラ用の盤ではもっと地味なアリアに置き換えられているため、おや?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
このアリアは、もともと『スィロエ』のために作曲されたアリアなので、同じシーズン中の別のオペラで続けて歌われるのを
ヴィヴァルディは避けたのかもしれません。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー