ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 江戸の敵を長崎がとる(3)
投稿日: 2012/09/05(Wed) 18:08
投稿者カーザヴェーチャ

長いこと中断してしまい、申し訳ありませんでした。今回は、各バージョンのエピソードについて書き込みます。

@RV711-A
初演:1727年(ヴェネツィア暦ではまだ1726年)カーニヴァル期
場所:ヴェネツィア、サンタンジェロ劇場

タミーリ役はまだ15歳の少女だったアンナ・ジローに白羽の矢が立ちました。この後、プラハとトレヴィーゾでの公演を除いて、
タミーリはアンナ・ジローの持ち役となります。この1727年の初演は大当たりを取り、作家兼学者兼在俗司祭アントニオ・コンティ(1677-1749)は、
ルイ14世の回想録を書いたことで知られる女流作家ケーリュス伯爵夫人(1673-1729)に送った同年2月23日付の手紙の中で、
このカーニヴァル期にかかった三作のオペラに触れて、次のように述べてています。
「グリゾストモ劇場にかかった今度のオペラ(ジョヴァンニ・ポルタの『アルディーゾ』)は、舞台装飾の素晴らしさから言えば
この前のオペラ(ニコラ・ポールポラの『メリデとセリヌンテ』)を上回る出来ですが、詩文がひどいうえ音楽も退屈で一幕ぐっすり眠ってしまいました。
私がこれぞオペラだと思ったのは、サンタンジェロ劇場にかかっている新作(ヴィヴァルディの『ファルナーチェ』)です。
これは絶対にあるまいというエピソードがひとつ入っているのが玉に瑕ですが、台本はまあまあの出来です。作曲したのはヴィヴァルディで、
変化に富んだ曲で「勇ましさ」と「優雅さ」を表現しています。彼の教え子の声は、取り分けて美声というほどではありませんが、
驚くべき歌唱力の持ち主です。」


ARV711-B
再演:1728年 秋季
場所:ヴェネツィア、サンタンジェロ劇場

タイトルロールをはじめキャスティングに変化があったのと、アリアに多少の変更があった程度で、初演時とあまり大きな差はありませんでした。


BRV711-C
初演:1730年 春季
場所:プラハ、スポルク劇場

プラハでは1730年から32年にかけて、ヴィヴァルディはアントニオ・デンツィオに託す形で自作のオペラを5本上演していますが、
『ファルナーチェ』はその第一号の作品です。ヴィヴァルディは5月4日にはヴェネツィアに戻っていますが、4月はまだプラハにあって、
リハーサルに立ち会っていたと考えられています。ヨハン・ヨゼフ・フォン・ヴュルツビュ伯爵が入手したリブレットには、
伯爵のメモが書き込まれていて、それによると、観客の間でちょっとした小競りあいがあって上演が中断される珍事が起きましたが、
公演は大当たりしたとあります。

上演中の小競り合いというと、1727年6月6日にロンドンの劇場で起きた場内乱闘事件を思い出します。その日はボノンチーニの
『アスティアナッテ』の千秋楽で、王立音楽院が呼んだ、後にハッセの妻となるファウスティーナ・ボルドー二と、ヘンデルをてこずらせたため
窓から放り出されそうになった、ライヴァルのフランチェスカ・クッツォーニが、舞台でつかみ合いのケンカを始め、それぞれのファン層が
舞台に駆け上がって大乱闘となったあの事件です。詳しくBBS3no.1478のスレッドをお読みください。残念ながら、伯爵のメモには、
プラハでの小競り合いがどのようなものだったかについての記述がないようです。

1727年のヴェネツィア公演とはキャストが大幅に入れ替わりましたが、それによってスコアに大きく手が入ることはありませんでした。
タイトルロールは1727年のヴェネツィアでの初演と再演ではアルトでしたが、移調してテノール歌手のデンツィオが勤める一方、
アクィリオの役がなくなり、そのアリアのいくつかはジラーデにまわされました。アクィリオの代わりに、台本にない道化役の召使
グリッローネが加えられました。グリッローネのパートを作曲したのは音楽監督のマッテオ・ルッキーニだったと考えられています。


CRV711-D
初演:1731年5月
場所:パヴィア、オモデーオ劇場

二年間外国で暮らしていたヴィヴァルディは、イタリアへ帰郷するにあたり、このオペラの上演に戦略的な意味合いを持たせたと考えられています。
パヴィアのオモデオ劇場での上演は、仕事としては地味でしたが、当時ハプスブルク家の統治下にあったミラノに近く、土地の大学からも近いため、
公演の成否がイタリア内外に影響を与えることも期待できます。オペラは、デルフィーナ・カッレット・ヴィスコンティ夫人に献呈されましたが、
それによりハプスブルク家とのつながりが強化され、「ロレーヌ公爵閣下の楽長、ヘッセン・ダルムシュタット方伯フィリップ公殿下の楽長、
リヒテンシュタイン侯爵ヨゼフ・ヨハン・アダム公殿下の楽長」と、リブレットの表紙を飾る肩書が3つ並ぶこととなりました。
ロレーヌ公爵家、リヒテンシュタイン侯爵家共にハプスブルク家支流なので、1730年から1731年にかけてのおそらく父親を伴ったウィーン滞在中に、
両家のこの二人の王子が何かと便宜を図ってくれたのではないかと考えられています。

パヴィアでの公演では、タイトルロールにヘッセン・ダルムシュタット方伯公お抱えのテノール歌手アントニオ・バルビエリが起用されました。
タミーリ役の19歳のアンナ・ジローを初め、若手を中心としたキャスティングでしたが、特筆すべきは、ヴィヴァルディの16歳の甥っ子で
テノール歌手のピエトゥロ・マウロ(1715-92)が、アクィリオ役として舞台に立ったことでした。この甥っ子のために、ヴィヴァルディは
アリアを2つ新調しています。残念ながら、現存しているのはそのうちの1曲”Penso che que’begl’occhi”だけですが、
コロラトゥーラやアッポジャトゥーラがちりばめられていて、技量を遺憾なく発揮できるようにしてあります。


DRV711-E
初演:1732年1月26日またはそれ以降
場所:マントヴァ、アルチドゥカーレ劇場(俗称:コーミコ劇場)

同時期に、ヴィヴァルディはさらに二本もオペラを上演しています。RV714『忠実な妖精』とRV733『セミラーミデ(セミラミス)』です。
特に前者は新築された劇場の1月6日のこけら落としのために作曲を依頼されていたもので、心血を注いだ作品でした。
場所も後者は『ファルナーチェ』と同じマントヴァのアルチドゥカーレ劇場なのに、前者はヴェローナのフィラルモーニコ劇場でした。
リハーサルまで考えると、よくもまあ精力的に活動したものだと驚かされます。マントヴァとヴェローナは現代の道でも44キロ離れているので、
せいぜい時速10キロ程度の馬車では、移動に半日はかかります。そのためか、マントヴァ版の『ファルナーチェ』は、ヴェネツィア版と
パヴィア版をうまくブレンドしたものをベースに、ポンペオが歌う”La sorte incostante”と ”L’innocente pargoletto”、
それにタミーリが歌う”La madre, lo sposo”の3つのアリアを新たに加えたに過ぎません。


ERV711-F
初演:1737年 カーニヴァル期
場所:トレヴィーゾ、ドルフィン劇場

タイトルロールの甥っ子のピエトゥロ・マウロと、タミーリ役のマルガリータ・フランキが興行主となり、若手からなる一座が上演しました。
この女性歌手はなかなか筆が立つ人で、パトロンであるトレヴィーゾの貴族夫人を謳いこんだソネットをリブレットの献辞としています。
当時は、ファウスティーナ・ボルドーをはじめ、女流歌手が座長を務めて女性のパトロンに後援を依頼することがよくあったそうです。
ただし、10年前のヴェネツィアの初演版をベースにしたこのトレヴィーゾ版に、ヴィヴァルディが直接関与したかは疑問のようです。

この公演では、しかし、甥っ子がとんでもないスキャンダルを引き起こしてしまいます。一座の若い歌手とできちゃった婚をしたのですが、
何と、それまで彼女の母親とも同時に関係を持っていたことが発覚し、一大スキャンダルとなって噂がいっぺんに広まりました。
身から出た錆のピエトゥロ・マウロは、その後も一座を率いて各地を回りますが、1741年に伯父アントニオの訃報に接したのを機に生活を改め、
すでに筆写譜業を営んでいた兄のもとで筆写譜屋として再出発します。その後、斯界でみるみる頭角を現し、ついに年代記作家グラデニーゴが、
その業績を称えるまでになりました。しかし、このスキャンダルは翌年、敬愛する伯父を深く傷つけることになっただけでなく、
ひいては『ファルナーチェ』そのものをお蔵入りさせてしまうのです。


FRV711-G
初演:1739年 カーニヴァル期(上演中止)。
場所:フェッラーラ、ボナコッスィ劇場

この『ファルナーチェ』は1738年と書かれた自筆の全曲スコアが残っていますが、第三幕は散逸したか、作業が中断したまま書かれなかったかで、
現存していません。タイトルロールはジェレミア・ダルセッテが、タミーリ役はアンナ・ジローが務めることになっていました。
アンナは、前年に同じ劇場でRV735『ペルシア王スィロエ』ではエミーラ役を演じ、急遽お蔵入りとなった『ファルナーチェ』の代わりにかけられた、
ヴィヴァルディが編曲したハッセの『ビテュニア王アッタロス』ではアルスィノエ役を演じました。タイトルロールを務めた若いカストラートは、
パトロンが駐ヴェネツィア・スペイン大使で、大使と交友関係にあったフェッラーラのグイド・ベンティヴォーリオ・ダラゴーナ侯爵(1705-59)が
ヴィヴァルディに推薦したのだと考えられています。フェッラーラはヴェネツィアの南西86キロ(現代の道程で112キロ)にある教皇領の町です。
ベンティヴォーリオ侯爵家は土地の有力貴族で、ヴィヴァルディとのつながりは、もともとグイドの父親ルイジ(1666-1744)との間にできたもので、
ヴィヴァルディがルイジ・ベンティヴォーリオ・ダラゴーナ侯爵に宛てた1715年5月25日付の手紙が残されています。

スコアが現存するパヴィア版と比べると、フェッラーラ版は単なる改訂ではなく、作曲家自らが1739年1月2日付の手紙で侯爵に述べているように、
実質上、書き換えに近いものでした。また、演奏上の細かい指示も楽譜に書き込まれていて、例えば、ファルナーチェの最初のアリア
”Ricordati che sei”には「思い切りアレグロで、弓を弦に強くあてて弾くように」とあり、”Nell’intimo del petto”では、
ホルンのソの音が13小節にわたって持続するように、「ホルンのこの持続低音は欠かせない。そのため2本のホルンを常にピアノでユニゾンで吹き、
交互に息を継げるように」ときわめて具体的に指示を与えています。(ファソリス盤のライナーノーツの英語訳は書き出し部分が不十分です)

同様に、レチタティーヴォにも細心の注意が払われていて、新たに作り変えたり、旋律線を思い切り変えたり、リズムに変化を与えたりしています。
また、多くのレチタティーヴォ・アッコンパニャート(弦楽の伴奏つきレチタティーヴォ)を書き換えたり、新たに加えたりしています。
ピラミッドに隠れるようにタミーリに言われて尻込みした幼い王子が、勇気を振り絞ろうとするところでは、弦楽の伴奏が止みますが、
長い持続和音でレチタティーヴォを伴奏するヴィヴァルディの手法は、当時のイタリア・オペラでは比較的に珍しかったそうです。
とりわけ傑作といえるのがタミーリのアリア、”Dite che v’ho fatt’io”(言って。私があなたに何をしたというの。)です。
ライナーノーツでドゥラメアとファソーリスは、スコアにふんだんに盛り込まれた職人技を見れば、フェッラーラの通奏低音奏者のベレッタが
余計な手出しをしたことにヴィヴァルディが激高した理由がよくわかる、と述べています。

リブレットにはプラハ版を除いて「子供」と書かれていますが、一言もせりふがないので、舞台に「子供」を登場させなくても、
タミーリがせりふの最後に「愛しいわが子よ。そこに隠れておいで」に至るまで、子供がまるでいるかのように演技したのではないかと考えられています。

フェッラーラ版の16あるアリアのうち、8つはパヴィア版のどのアリアとも対応しません。残りの8つはかなり思い切って手を入れたものを含めて、
パヴィア版をもとに改訂したものです。新しく加えられた8つのアリアのうち4つは、ヴィヴァルディのほかのオペラから持ってきたもので、
第一幕の最後の場面でタミーリが歌う”Or di Roma forti eroi”(いまやローマの屈強の英雄が二人)と、ポンペオの”Non trema senza stella”
( 星の見えぬ夜など恐れぬ)の2つは、フェッラーラ版のために新たに作曲されたアリアです。あと2つのアリア、第二幕第五場の
”Perdona, o figlio amato”(許しておくれ。かわいい息子よ)と、第二幕第九場の”Dividete, o giusti Dei”(正しき神々よ、分け与え給え)も、
以前のバージョンから持ってきたものですが、”Dividete, o giusti Dei”はマントヴァ版にだけありません。

ところで、”Dividete, o giusti Dei”はロンバルディア・リズムが特徴的ですが、英語版のライナーノーツにカッコ付きでScotch snapとあり、
スコットランドにも同じリズムがあることを初めて知りました。snapは「枝などがポキッとかパチッとか折れる音」ですが、
確かに<16分音符+付点8分音符>の組み合わせでこの音が表現できます。「ポキッ」も「パチッ」も言葉の持っているリズムはロンバルディア・リズムです。
そう言えば、スコットランド民謡の”Comin thro’ the rye”にロンバルディア・リズムが現れますね。(性におおらかなスコットランドの人々は、
この歌で麦畑での野合をほのめかしているのに、何をトチ狂ったか、明治政府は『故郷の空』という唱歌にして、スコッチ・スナップの箇所も
すべて月並みな付点つきリズムに変えてしまいました。明治政府の知性と教養が窺えますね。)

パヴィア版のアリアの改訂について言えば、ファルナーチェの最初のアリア、”Ricordati che sei”(自分が誰か弁えよ)は、より技巧的になり、
A=B=Aのダ・カーポ・アリアのBの部分がもっと充実しています。第一幕第八場でアクィリオが歌う”Penso che que’ begli’occhi”(あの美しい双眸が)には、
低音部で一番声が通る音域と持続音の再配分を考慮した歌詞の再構築が見られます。とりわけ秀逸なのは第一幕のタミーリの最初のアリア
”Combattono quest’alma”(この心を攻めたてる)で、曲の構想をパヴィア版にある程度依りながらも、メロディー素材と器楽編成法はまるで別物です。
ライナーノーツの著者ドゥラメアとファソーリスは、この実に見事な出来栄えのアリアの存在は、ストラヴィンスキーの尻馬に乗って、
同じ曲を何度も作曲したとヴィヴァルディを批判する者たちへの痛烈な反論になると述べています。

これほど丹精を込めて彫琢した作品が、なぜお蔵入りの憂き目にあわなければならなかったのかについては、スレッドを改めて述べることにします。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー