ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^4: ストラスブールでのファルナーチェ
投稿日: 2012/06/21(Thu) 04:03
投稿者カーザヴェーチャ

ペパーミントさん、

じっくりと楽しませていただきました。ありがとうございます。

登場人物の衣裳から小道具まで、いろいろと意表を突く興味深い舞台ですね。
衣裳は過去と現代がミックスしていて、ローマ時代風の甲冑を着けたファルナーチェを除いて、
男はみな現代のジャケットが組み込まれていますし、ファルナーチェの剣は、
形から見て19世紀あたりの軍隊用のサーベルですし、女性陣は見ようによっては
中世のロングドレスとも現代のコンサート用ロングドレスともとれる衣裳を着ているので、
何とも落ち着かない気分になりました。

でも、一番面白かったのは、登場人物には必ず同じような姿かたちの踊り手がついて、
間奏部で登場人物の心の動きを表現していたことです。それは決して余計な存在ではなく、
歌唱と所作では表現しきれない部分を、抽象レベルで補完しているところが見事です。
ために、このビデオは、オペラでありつつもバレー作品としても立派に成立しています。

圧巻は何と言っても、息子の命を奪ってしまったことを後悔して嘆き悲しむ(実際は死んでいなかったのですが)、
ファルナーチェのアリア"Gelido in ogni vena"「体中の血管を氷のような血が流れ」を歌い上げた
ツェンチッチ渾身の歌唱力と演技力でしょう。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー