ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 江戸の敵を長崎がとる(2)
投稿日: 2012/06/21(Thu) 03:37
投稿者カーザヴェーチャ

2.パスティッチョの『ファルナーチェ』とその背景

前回はレオナルド・ヴィンチの『ファルナーチェ』をもとにパスティッチョが作られ、1726年12月26日に、
フィレンツェのペールゴラ劇場で初演され、その中でヴィヴァルディのアリアが3曲歌われたが、
そのうちの2曲はタミーリ役の歌手マルゲリータ・グァランディが持ち歌として歌い、他の1曲は
ヴィヴァルディ自らがこのパスティッチョのために新たに作曲し、後にこのアリアは自作の『ファルナーチェ』で
使っているというお話をしました。実は、その背後にはペールゴラ劇場の興行主であったフィレンツェの貴族、
ルーカ・カズィミーロ・デッリ・アルビッツィ侯爵(1664-1745)との関係がありました。1727年から1739年まで
侯爵がヴィヴァルディに宛てた手紙が52通残っていますが(当時は秘書官か執事が書簡を筆写し保管していました。
残念ながら、侯爵に送られたヴィヴァルディの手紙は1通も残っていません)、それによると、侯爵は1726年8月に、
ヴィヴァルディにヴェネツィアの観客にふさわしい『ファルナーチェ』を新たに作曲するよう勧めています。
翌1727年1月25日に、同じ劇場でRV722『イペルメストゥラ(ヒュペルメストゥラ)』(楽譜はすべて散逸)が
初演されましたが、2週間後にヴェネツィアで自作の『ファルナーチェ』の初演を控えていたヴィヴァルディは、
自らフィレンツェに赴くことができず、アルビッツィ公爵にすべてを託して上演されたと考えられています。

3.7つのヴィヴァルディ作曲『ファルナーチェ』

リオムのカタログでも、この7つを区別するため、RV711のあとにハイフンでAからGまでアルファベットを加えています。

@RV711-A
初演:1727年(ヴェネツィア暦ではまだ1726年)カーニヴァル季
場所:ヴェネツィア、サンタンジェロ劇場
リブレット:現存 楽譜:散逸

ARV711-B
初演:1727年 秋季
場所:ヴェネツィア、サンタンジェロ劇場
リブレット:現存 楽譜:散逸

BRV711-C
初演:1730年 春季
場所:プラハ、スポルク劇場
リブレット:現存 楽譜:散逸

CRV711-D
初演:1731年5月
場所:パヴィア、オモデオ劇場
リブレット:現存 楽譜:部分的に自筆譜を含むスコア現存

DRV711-E
初演:1732年1月26日またはそれ以降
場所:マントヴァ、アルチドゥカーレ(俗称コミック)劇場
リブレット:現存 楽譜:散逸

ERV711-F
初演:1737年 カーニヴァル季
場所:トレヴィーゾ、ドルフィン劇場
リブレット:現存 楽譜:散逸

FRV711-G
初演:1739年 カーニヴァル季を予定していたが、上演されずにお蔵入り。
場所:フェッラーラ(予定)
リブレット:現存 楽譜:全曲自筆譜によるスコア現存

要するに、7つのバージョンがあると言っても、現存しているのはCとFしかありません。
次回はそれぞれのバージョンのエピソードと、いよいよ話の核心ですが、なぜお蔵入りになったのか、
その頃のヴィヴァルディのヴェネツィアにおけるオペラ作曲家としての地位や評価はどうだったのかについて書き込みます。
(今日から、また少し留守しますので、少々お待ちください。どうぞ、悪しからず。)


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー