ヴィヴァルディ 掲示板 疑問・質問
[リストに戻る]  [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 江戸の敵を長崎がとる(1)
投稿日: 2012/04/25(Wed) 02:14
投稿者カーザヴェーチャ

1.ヴィヴァルディと『ファルナーチェ』の出会い

 ルッキーニがナポリの作曲家レオナルド・ヴィンチ(1690-1730。レオナルド・ダ・ヴィンチではありません)のために、
『ファルナーチェ』を書いたのが1724年。ローマのアリベール劇場で上演されました。一方、ヴィヴァルディは、
前年の1723年に同じくローマのカプラーニカ劇場で『テルモドン川のエールコレ(ヘラクレス)』を上演していました。
そしてこのヴィンチの『ファルナーチェ』が上演された1724年には、カプラーニカ劇場で『ジュスティーノ(ユスティヌス)』と、
『愛と憎しみに打ち克つ美徳、すなわちティグラーネ(ティグラネス)王』の2本が上演されました。
3本共にカーニヴァル期間に舞台にかかったのですが、ローマのカーニヴァルはヴェネツィアのように約半年も続くほどの
長期間なものではなかったので、ヴィヴァルディはそのままずっとローマに滞在していたのか、あるいは演奏旅行で
イタリアはもとよりヨーロッパ各地を回っていたのかは不明です。ただし、ヴェネツィアでのオペラ活動の再開は
1725年の『愛における偽りの勝利』までないので、少なくともヴェネツィアには戻っていなかったようです。
もし、そのままローマに長期滞在していたとすれば、間違いなくヴェネツィア出身で、郷里ヴェネツィアでは同じカステーロ区に
館を構えていたオットボーニ枢機卿のサロンに足繁く出入りし、ローマ派やナポリ派をはじめヨーロッパ各地からの
音楽家や政治家、文学者、詩人、画家たちと交流を持ったことでしょう。実際、オットボーニ枢機卿の引き合わせで
駐ヴェネツィア大使(1721-31)としてヴェネツィアに赴任していたジェルジ伯ジャック=ヴァンサン・ランゲと知り合い、
カンタータの作曲を次々と依頼されることになりました。その最初の作品が『グローリア(栄光)とイメネオ(祝婚歌)
‐雲上のわが王宮より‐』で、1725年9月4日にフォンテーヌブロー宮殿の一角にある三位一体礼拝堂で執り行われた
ルイ15世(1710-74)とポーランドの王女マリア・レシチニスカ(1703-68。フランス語読みマリー・レクザンスカ)の
婚儀を祝して作曲されたものです。ヴェネツィアでの上演は婚礼から8日後の9月12日でした。その後、二人の間に
双子の王女が生まれると『平和と軍神マルスの同盟』の作曲を依頼されます。この作品の上演については
このBBS2no.2171のスレッドで詳しく述べたとおりです。

話の脱線ついでに書きますと、ヴィヴァルディゆかりのカプラーニカ劇場は、その後いろいろな経緯があって、
1767年にカプラーニカ家からオッティーニ伯爵家にわたり、更にネグローニ家が1790年に遺産相続し、
経営難から1852年に実業家のトルローニアが買い取り、トルローニアはすぐにカプラーニカ侯爵家に譲渡し、
侯爵は建築家セルヴィに依頼して劇場をリフォームするも、家計の事情から1881年にやむなく閉鎖。
その後、1922年から2000年まで映画館として使われていました。2005年に会議場となって現在に至っています。
ときどき演奏会場としても使われているそうですので、興味がおありの方は一度足を運ばれてはいかがでしょうか。
一応、イタリアのWikipediaに出ている写真を張っておきます。
//it.wikipedia.org/wiki/File:Colonna_-_palazzo_e_teatro_Capranica_1673.JPG

さて、話の枕がすっかり長くなりましたが、ヴィヴァルディのオペラ作品について、本文754ページに及ぶ上下二巻の
浩瀚な研究書を出版したシュトゥロームによると、実は『ジュスティーノ』の上演にあたって、ヴィヴァルディがルッキーニに
ベレンガーニの台本の特にアリアの部分に手を加えるうえで、詩人として協力してもらったらしい形跡があるそうです。
そうした付き合いの中で、次第に自分もヴェネツィアの聴衆にあった『ファルナーチェ』を作曲したくなったのではないか、
と推測しています。実際、それから2年後の1726年12月26日に、フィレンツェのペールゴラ劇場で、ヴィンチのを原作に、
パスティッチョの『ファルナーチェ』が初演されましたが、この中でヴィヴァルディのアリアが3曲歌われています。
一曲は1725年にヴェネツィアのサンタンジェロ劇場で初演された『愛における偽りの勝利』から、もう一曲は
『ジュスティーノ』から持ってきたもので、これは作曲者の意図と言うよりも、タミーリ役の女性歌手の持ち歌に
なっていたものです。しかし、残りの一曲はジラーデが第二幕第十場で歌うアリア"Quel tuo ciglio languidetto"は
その後そのまま真作の『ファルナーチェ』に残ったので、ヴィヴァルディがペールゴラ劇場のパスティッチョ用に
作曲したものと考えられています。(このパスティッチョには、ブラネッロ(ブラノ島の子)という通称で呼ばれていた
ガルッピも一枚かんでいて、オーケストラボックスでチェンバロを演奏しただけでなくアリアも最低一曲は作曲したそうです。
後期バロックからロココにかけて活躍する次代の若手たちとも、ヴィヴァルディはしっかりと結びついていたのですね。)
そして、いよいよ翌1727年のカーニヴァル期間に、サンタンジェロ劇場で、ルッキー二の台本による真作第一作目の
『ファルナーチェ』が上演されたのです。なぜ第一作目なのかは次回のスレッドに回させていただきます。


- 関連一覧ツリー (■ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー